メタセコイアの並木道

ジプシー人生
ひと様が眠るような時間にゴソゴソ家を出る。どうして、なんで・・・って聞かれても。
この放浪癖は治りそうに無い。明日は休みだとなるとジッとしていられなくなるのだ。

その夜も出かける30分前までPCの前でアレコレ検索していた。ここぞと思うところはメモ、
電話番号もしっかり控える。可愛いマイカーのナビちゃんは「必殺仕事人」なんです。
ついさっきまでお店に立っていました。月曜日の夜は美容院関係の人達で賑わいます。
誰ぁ~れも、これから旅立つワタクスの事しりません。その日は三連休・最後の日深夜12時までに高速道に入れば1000円なのです。
f0088569_1024716.jpg

京都東まで入力、280キロかぁ、3時過ぎに着いてもなぁ~とひとり言。行き先は琵琶湖の北マキノ町のメタセコイアの並木道です。7年ほど前「冬のソナタ」にはまりました。あの主人公二人の歩いた並木道を歩きたかったのよ^^韓国に渡らなくっても、日本に在るのです!
f0088569_1074786.jpg

メタセコイアは雌雄同株の落葉高木で和名はアケボノスギ。化石として中国四川省で発見されるまでは生きているものは知られていなかった。生きた化石として有名。
検索したら日本にも有るって!しかも2.5キロに500本もの並木道だって!
f0088569_1010054.jpg

琵琶湖の向こうって。京都東で降りて北上するか、アッ、いやいや高速道・北陸道を使えば良いさ、なんつぅ~っても今夜は千円じゃないか。っていうんで京都を過ぎて名神を大津、多賀と過ぎて米原から北陸道に入りました。雨がザーザー土砂降り、伊吹山の手酷いゲリラ雨の歓迎を受け木之元でおりました^^;;
f0088569_10155294.jpg

降りると直ぐ古戦場「賤け岳」1583年、豊臣秀吉と柴田勝家の合戦の地です。
折角来たって言うのに雨の中、車で走って降りませんでした。この辺りは今から30年程前
親子三人旅したんです。持参のお結びで朝食を摂りました。
f0088569_10194251.jpg

車道に続いて、いきなり並木道が飛び込んできました。ここから南下すれば大原まで一本道という。メタセコイアの並木道は車で通り抜けるんです。だから、降りて撮りました。誰も居ない、車も来ない早朝の事です。ずっと何年間も憬れていた並木道に立ったのです!
f0088569_10272922.jpg

保護者に先導されて子供達が歩いていきます。夏期練習に行くのかなぁ。
そんな時間かと、時計を見たら7時過ぎでした。
f0088569_10291667.jpg

さて・・・とッ。木や小鳥や木の実や、マキノの町に背を向け京都・洛北へ
走り抜けたジプシーでした。続きはまたねっ^^☆
f0088569_10401784.jpg




f0088569_1033244.jpg

1000円プラス北陸道の1100円が追加かなぁ?
f0088569_10342487.jpg

余呉湖の夜明けです。この向こうが奥琵琶湖です。賎ヶ岳方面から見ました。
f0088569_10361341.jpg

湖北線かなぁ。メッチャ地理が混乱してまっす^^;;
f0088569_1037116.jpg

新緑と並び美しい冬のメタセコイアの並木道です。(パンフレットから)
f0088569_10382446.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2009-07-25 10:02