寒立馬(6)

二つの岬に立つ!

寒立馬と書いて「かんだちめ」と読みます。
「かんだち」と言うのはマタギ(狩人)の間で、
カモシカが厳寒の中、身じろぎもせずにたたずむ姿をそう呼んでいた

今日は、本洲最北端の下北半島・尻屋崎に厳寒の中に立つ馬「寒立馬」の話です。
f0088569_938139.jpg

下北半島のこと、又の名前をマサカリ半島って言うのだって。
チョット地図を見てね(私にはキリンさんのように見える)
本州最北端のこのマサカリに良く似た半島には二つの岬が有りますね。
f0088569_8312512.jpg

向かって左端は(不適切な表現)西側はマグロの一本釣りで有名な大間崎
数年前NHKの朝ドラで一躍有名になった町ですね。写真は・・・後回しにしてっと^^♪
その日は、津軽半島からフェリーに1時間ほど乗って、脇野沢まで着きましたね。
仏ヶ浦、大間崎、恐山と回って薬研温泉のホテルに入りました。

行きたかった下北半島、最北端の地「マサカリ半島」の旅で、どのツアーにも入ってない所
それが右端・尻屋岬なんです。ここまで来て行けないの?
薬研温泉から車で1時間も掛かります。下北半島観光は東半分は入ってないのです
f0088569_852980.jpg

このツアーはここからキリンさんの首の部分「はまなすライン」を2時間掛けて次の目的地八甲田山に向かいます。尻屋崎へは寄らずに帰るのです。行きたぁ~い!!!
f0088569_858451.jpg

そこで・・・。私は考えました。行けます!行きます!寒立馬に会って来ますとも!

タクシーを頼みました。
5時の朝日に向かって早朝4時前のスタートです。
これまで日本海、津軽海峡と見て来ましたがこれから見るのは太平洋です!
尻屋崎は難破岬と呼ばれ、昔から船乗りから恐れられていました。
果たして。寒立馬の遊動と灯台が撮れるかなぁ??
f0088569_9125775.jpg

東風が吹いてお米が取れないという土地です。道中は殺風景な風景が広がっていました
冬は寒くて住み辛いだろうなぁ・・・と、窓外を見ていました。
f0088569_9411821.gif

バス停の放牧地入り口・ゲートはクローズされていて開門は7時と書いて有りました。
もう一箇所有るからって。はやる心を抑えて回しました。
f0088569_9293886.jpg

そこも閉まってました。
待ってくれてたのは5時の昇る朝日でした!感動の瞬間でした!

お馬さんには会えないよ。考えてみればこの広い岬の牧草地!
今では30数頭しか居ないって言う寒立馬!
f0088569_933843.jpg

そこへ、突然、現れたのです!ウッソー^^♪
f0088569_9383584.jpg

「会えました」
最初、見つけたのは2頭でした。バシャバシャ撮ってたら。
続いて3頭が寄ってきました。友情出演です。直ぐそばなんですよ!
f0088569_9431457.jpg

「帰りましょう」そう呼ばれました。しぶしぶ・・・ハイって!
f0088569_9443253.jpg

トコトコ歩く!仲良く寄り添って!
みなさん、ありがとう!朝早くから会いにきてくれて!
嬉しかったよ!!!バイバイ^^♪

下北半島ってマサカリより、馬の顔に見えませんか!
尻屋岬は寒立馬の耳に見えてくる、帰ってからそう思うようになったワタクスなんです



勿論、マグロを食べました!
それからウニですね。これはヒゲ(ツノかな?)動いてました!
f0088569_9531186.jpg

とっても、とっても晴れていました。
手の届きそうな所に函館の街が見えました!
f0088569_9541576.jpg

学校も買い物も・・・函館へ行くそうです!フェリーが就航してました。
f0088569_9544662.jpg

最北端の碑です。
f0088569_9551426.jpg

隣り合って石川啄木の歌碑も有りました。
遠く来たなぁ~、ここまで来たか!そう感じる歌碑です。とってもいい青空です!
f0088569_9564676.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2010-09-27 08:25