八甲田 田茂萢湿原(たもやちしつげん)7

標高1324mに立つ!
旅の終りは八甲田山
「大自然に抱かれた別天地田茂萢」トレッキングなのです。

ホテルを8時過ぎに発ちました。下北半島とはお別れです。
キリンさんの首の部分は結構時間が掛かりました。昼食は八甲田の山麓駅になりました。
f0088569_9294425.jpg

これから登る山です。右端の山のテッペンに小さくロープウェイ駅が見えませんか!
バス車内から撮りました。どこと無く大山(鳥取県)の風景に似ていました。
f0088569_9421822.jpg

明るく広いロープウェイ。標高差700m1324mの山頂駅まで向かいます。
寒いのでは・・・と厚着してましたが暑くて暑くて。上着は脱ぎました。
f0088569_9442511.jpg

上に上るほどにお岩木山がはっきりと見えてきます。こちらは西側夕陽の沈む方
f0088569_9453241.jpg

北側には青森の街(人口31万人)が見えてきました(拡大できます)
下北半島もしっかり見えます!最高のお天気です!
f0088569_9464545.jpg

丁度真ん中当りですれ違います。10分間の乗車です。
この地は「映画・八甲田山」で余りにも有名です。ラストシーンの緒形拳
回想シーンと苛酷な大雪の雪中行軍。そんな事が思い巡らされる風景でした!

奥入瀬や十和田湖には来ました。ここから見上げて「いつか来るぞ」と見上げていました。
母も来た山なんです。やっときましたよ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

母がこの山に登ったのはもう30年も昔のお話です。
母もそのときは町内の人々と一緒のバスツアーだったそうです。
母の隣には幼馴染の「ひーちゃん」が座っていました。二人の会話は切れることなく続いていたらしいです。仲の良い二人なんです。

「山田甲八」って、この土地じゃァ有名な人なんじゃね」と突然にひーちゃんの言葉。
路のアチコチの看板にやたら目に付く人の名前山田甲八?

母は一瞬悩みました。それからその指の先の文字を見て驚きました。
「八甲田山」を反対から読んだら「山田甲八」なんです。そう読めますね!
「大きな声で言わんのよ^^;;」と母は冷や汗!

旅から帰ってからの彼女の呼び名は「山田甲八さん」になりました。彼女の姓は田中さん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山頂駅にはボランティアの方が居られました。お願いしました。
f0088569_10282845.gif

8の字に2.1キロの山歩き、40分ほどでした。花や木の名前を教えて下さいました
付いていくのがやっと・・・の私の足でした。
f0088569_103543100.jpg

初秋でしょうか。
紅葉も、雪も、樹氷も見てみたいです。今は何も有りません!

今日の温度は山麓で10度、山頂駅は4度とありました。寒いだろうなぁ~!(拡大出来ます)
f0088569_10361757.jpg




山から下りて温泉に入りました。

江戸時代から湯治場で有名な「酸ヶ湯温泉」です。
ここには男女混浴の「千人の湯」が有ります。
f0088569_10404615.jpg

折角来たのだから。入りました!
かなり勇気が要りましたが、目隠しがあって入りやすかったです。
入れば
ここのお湯は乳白色で少々熱め。ジワッと酢が利いてくるようで。
殿方の堂々とした裸体を見ながらしっかり浸かったワタクスでした(^-^)キャハッ!!!
f0088569_10485524.jpg

朝一に寄った青森のお店の店頭に飾ってあったものです!(大きくして見てね)
[PR]

by kazumi1713 | 2010-09-29 09:29