杉坂史跡

急に寒くなってきました。
  ひとり旅もいいが、いつも、誰にも、行き先を告げずに出る。行った先でこれまた・・・
  好奇心の 赴くままに突き進んで入っていく。人っ子一人居ない森の中でもグングンと!
f0088569_2217356.jpg

  怖くないの? 怖いよ。誰かにいきなり肩を鷲掴みされるような、いきなり誰かが前に
  立ちはだかりはしないかと。ビクビク歩く道は多いよ^^;;それでも進んでいくワタクスです
f0088569_2223941.jpg

  道路わきに車を止めて、坂道をトロトロと登るといきなり深い杉林が口をあけた。
  行く手を十月の柔かい日差しがさして手招きしてくれる。ヤッパ、行かずばなんめぇ~^^
f0088569_22255711.jpg

  ここは中国山地の深い山の中、今でこそ高速道が近くを通っているがその昔の関所跡
  後醍醐天皇が隠岐の島に流される時ここ姫路と美作の県境を通ると思ったらしい?
 
  その人は児島高徳ところが一行は船坂の峠(もっと南)を抜けていたので計画は失敗
  そして有名な院庄の桜の木に刻んだ漢文が歴史に残された
f0088569_22333462.jpg

  こんな山の中にひっそりと立派な碑文が建っていた。走っていてこういった史跡に合うと
  回り道して寄ってしまう私です。昔しっかり歴史の時間に習った岡山県の歴史です。
f0088569_22501792.jpg

  どうして帰り道は早いんじゃろう? お寺めぐりはこんな道ばっかりじゃったなぁ~!
  また、お四国さん行こうかなぁ~と巡礼の事考えながら降りて来ました。  



公園のプラタナスが赤く色づいてきました。
f0088569_232503.jpg

真っ青な空に美しく映えていました。そ言えばアサガオさんも頑張ってるよ^^
f0088569_2335356.jpg

アサガオって上に伸びていくのよね。こんな風に下がるのかい?
f0088569_2343930.jpg

今日はお日様ぽかぽかのベンチが心地よかったよ。
f0088569_2354616.jpg

裏の田圃も明日は稲刈りだってさ!こうして勝手口からの黄金色ともさようなら^^;;
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-22 23:06