一年間ありがとうございました!

f0088569_225189.jpg

  お正月の骨休めに伊豆半島を旅した。相模湾に浮かぶ大島が正面に見える熱川温泉で
  朝を迎えた。日の出前の海面を海鳥が群れを成して飛び交う朝を迎え感動した。
f0088569_2283492.jpg

  この旅立ちの第一歩は三浦半島・浦賀(現久美浜)に印した。今から150年前ペルー提督
  が4はいの黒船で開港を迫った記念の土地です。坂本竜馬も江戸から見に来たと言う地!
f0088569_22122790.jpg

  公園に建つ記念碑。文字は伊藤博文の書かれたものだそうです。もっと海の広がる所
  かなと思っていたのに房総半島が余りに近くに見えたので・・・ちょっと意外でした!
f0088569_2215824.jpg

  そこから関東の人達の別荘地、ホテルの多い半島を廻って「城ヶ島」へ抜けました。
  島と言っても今は橋続きです。橋の下に碑が建っていました。

  「雨が降るふる 城ヶ島の磯に 利休ねずみの 雨が降る」 北原白秋の詩が
  彫ってありました。この二つの観光地を後にして伊豆半島に入りました。
f0088569_22191661.jpg

  1月だと言うのにブーゲンビリア、菜の花そして↑ アロエの花々が咲き乱れていました。
  瀬戸内も暖かいところですが矢張り黒潮の恩恵を受ける南国は又違った景観でした。
f0088569_22222613.jpg

  生きたあわびを海賊焼きにしてバターを塗って食べました。焼く時はとっても残酷で・・・
  それなのに食べた時の美味しかった事。このことが旅行中の一番の思い出になっていて・・・
f0088569_22253160.jpg

  それとコレ! 宿の最上階に有る露天風呂からの眺め↑ 見えるのは伊豆大島。
  この日は右手奥に「三宅島」がかすかに見えました。
f0088569_2231482.jpg

  十国峠からの富士山を期待していたのに・・・↑コレは新幹線の中から撮りました。
  
最後に!
  今年も残すとこ僅かとなりました。3月から始めたブログです。旅行好きの私です。
  最後も矢張り旅の写真で締めくくりたいと思いました。さてどこに・・・ と思ったとき
  矢張り富士山がいいかな、と思いました。

  こんな拙い私のブログにお越しいただいて嬉しく思って居る私です。
  心よりお礼申し上げます。これからも頑張って続けていかれたらなぁ~と思っています。
  どうぞ宜しくお願い致します。皆様健康に気を付けて、風邪など引かない様に・・・ネッ^^
  今年一年間ありがとうございました。新年もまたどうぞ宜しくお願い致します ~**☆**~

その他
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-26 22:55

クリスマス!

  ♪クルマじゃないよ~ ボクはクマ・クマ・クマ~♪ 浮かれて居る私は(テンション上がって
  宇多田ひかるの童謡を歌いながら夜の町を走った!駅裏の美術館まで10分!
f0088569_23164951.jpg
´
  「福山光のフェスタ・2006」
  クリスマスまでの十日間ほどライトアップが綺麗よ・・・と友達が教えてくれた。でも夜は
  出られない。「イブは24時まで延長よ」だって!!それで店を早や締めして出かけた^^
f0088569_23201247.jpg

  飲料の空きボトルを繋いで照明を当てている。遠くから見てなんと美しい事。
  それにしても若いアベックの多い夜の会場^^いいなぁ~!寒くってもミニスカートじゃん!
f0088569_23225319.jpg

近くで見ると・・・チョットね?夜目、遠目、傘の中・・・いや、現代は高級車の中かな?

いつ頃から始めたのかなぁ~だれが考えたんじゃろう?いつものひとり言を言いながら見て歩いた。幻想的で美しかったよ。

年寄りには暗い足元が怖くて・・・転びでもしたら言うて行く所がないーー;

今夜は特別かな?子どもたちの声もする夜の11時前!一人で来る人私だけ!



f0088569_23282697.jpg

  企業の協賛展示品・イメージキャラクターが可愛かった!
f0088569_23363472.jpg

  これは何をイメージしてるのかな。夕方電話の向こうで孫の賑やかな声がしたが
  見せてやりたいなぁ~っと思った。(今からケーキをカットするとか言ってたなぁ~)
f0088569_23391614.jpg

  空中に張った糸状の布(?)を妖しげな光線で際立たせていた。また・・・建物の壁を
  スクリーンのして猫の動画が数匹歩いていた。綺麗に写ってなかった(ショボンーー;;)
f0088569_23424631.jpg

  入り口・正面の大きな楠木にビーズで御簾様に囲みがしてあった。これだけのビーズを
  通すには、何人で何日がかりかと思った。フェスタの「顔」かなぁ~!

花より団子
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-25 00:08

♪好評につき・・・600円定食♪

  今日は「冬至のかぼちゃよ」と小付けに煮付けの小鉢がついた。
  冬場のビタミン補給、風邪や中風の予防にこの日食べる習慣が付いたらしい?
f0088569_2355244.jpg

  カンボジアから伝わってきたから「かぼちゃ」保存が利くからこの時期カロチンの補給かな!
  体内でビタミンAに変わり風邪等の感染症の抵抗力をつけるらしい?
f0088569_2316717.jpg

  今日はおでんが食べたかったの^^ 肉じゃが定食はいつもの600円の美味しいお店!
  大根とこんにゃく、それにお肉をお皿に盛って戴いた。もっと欲しいけどお腹と相談ーー;;
 
  ママから冬至のお話を聞いて今日は「ゆず湯に入るのよ」と言われた。風を防ぎ肌を強く
  する効果がある・・・って!そ言えば友達が呉れてたわ^^↓お湯に混ぜるんだったわ。
f0088569_232245100.jpg

  一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日「冬至」 帰りにスーパーに寄ったらナント・・・
  かぼちゃもゆずも店頭で主役をしていました。ふうぅ~~^^
f0088569_23265877.jpg

  冬至は湯に浸かって病を治す「湯治」にかけているとか
  厳しい寒さの中でも健康で暮らせるようにと昔の人の知恵ですかね。
f0088569_2332224.jpg

  冬の百合の花も又格別に美しかったです。
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-22 23:36

インディアンサマー

f0088569_12383026.jpg

 ぽかぽか暖かい日が続いています。小春日和ですね。雪の話なんて・・・
  冷たい雨が降った後、よく晴れ上がった暖かい日が来る。これをインディアンサマーと言う!

  昔 インディアンたちはこの時期。厳しい冬を迎える為に「冬支度」をしたらしい。
  日本では「小春日和」というこの頃、お日様の温もりが嬉しい季節ですね。
f0088569_9402177.jpg

  スーパーの店先では「葉牡丹」が並べてありました。この店はいつも大安売り!
  この一株が200円なんです。色が悪い(写真が下手)ですが紅白一株ずつ買いますね。
f0088569_9424021.jpg

  店内は正月用品の準備「数の子」のコーナーなんか買わんかな~のムードつくり?
  年末になるとこの前は人が一杯で混雑しますよ。今では年中無休三ヶ日も開いてるのに^^
f0088569_946252.jpg

  年中無休・24時間営業という市内の大手のスーパーさん(日本では最初のお店)レジ風景
  頭はサンタ帽で頑張っていました。クリスマスまでもう少し。子供さんたち嬉しいなぁ~^^
f0088569_950154.jpg

  ショッピングの仕上げの昼食。「おふくろ定食」六百円なり。小イワシのテンプラを頂きながら
  おっと・・・写真を!タコの刺身は別注文で奮発したのダ!テヘへ^^;
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-20 10:07

晩秋? 初冬!

f0088569_94512.jpg

  「おばァちゃん あのね・・・」って6歳ぐらいの男の子に声掛けられた。
  表へ出ると川岸で石を投げてる男の子が3人居てその中の一番小さい坊やの声だった。
f0088569_97222.jpg

  「僕もこの石、川向こうへ投げてもいい 」あ~~・良いよ。投げてごらんと言いながら
  チョットぼく!今「おばちゃん」って言った?」「おばぁちゃん」と言った。と聞き返した!
f0088569_9101612.jpg

  「おばちゃん」と言ったよ・・・と脅えながら応えた。お~~ヨシヨシ良い子だ。
  これまで一度もおばぁちゃんと呼ばれてなかったので・・・ここでもセーフ!!! あはは^^;
f0088569_9134868.jpg

  「遠くまでよう投げるなぁ」と要らぬお世辞を言いながら「ここの石はウチの石じゃけん
  余り投げたら減るからようけ、投げたらイケンよ」と言って中へ入った。
f0088569_9162477.jpg

  暫くすると一番年嵩の10歳位の子供が店に入ってきて100円玉を差し出し拾ったと言う。
  車の後ろに有ったんじゃからおばちゃんのお金よ。チョーダイといって取り上げた???
f0088569_9214150.jpg

  レジから別の100円玉を出して「これはおばちゃんが上げる。あんたの拾ってきた100円は
  交番へ届けて置くね。拾ったお金は届けるのよ」といって封筒に入れた。
f0088569_9234712.jpg

  子供たち3人は石投げをしていたが・・・気が付けばもう姿は無かった。
  暖かい師走の日曜日の出来事でした。↑写真は店の街灯と残った冬のはなみずきの一葉

追記
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-18 09:38

いらっしゃい・サンタさん!

あけてびっくり玉手箱
f0088569_22343398.jpg

  箱を開けるといきなり飛び出しました。ビックリ!最後にサンタさんが「ヤァー」って!!!
f0088569_2247222.jpg

  宅配便屋さんが大きな箱を持ってきました。でも軽そうでした?
f0088569_2238476.jpg

  去年も届いた。あ~由美ちゃんからだ・・・箱を開けながらお友達が言った。
  もう空けなくても分かってしまった。大きなふうせん人形のサンタさん!

  去年とどいた時はそれはドでかい箱に驚いた。届いたその日からクリスマスのその日まで
  みんなでしっかり楽しんだ。箱の中に「サンタのえさ」という2本のスプレーが入っていた。

  2~3週間もするとお腹をすかせてしわ皺に弱ってくる。それで・・・説明書きを見ながら
  赤ちゃんにミルクを飲ますようにシューとスプレーで空気を入れてやる。またシャキッとする
f0088569_22451713.jpg

  由美ちゃんって私が娘のように可愛がってる友人の娘さんです。ちゃんなんて言ってるけど
  もう30も半ば・・・それがとってもしっかり者でワタクスにお説教なんぞをするエライヤツ^^;

  去年のサンタさんが有ったっけ・・・と思いながら横着者の私、えさを買ったり食べさせたり
  そんなことを考えるだけで頭痛がしてくるので忘れた振りをしていた。あはは(クシュン)

  ゆみちゃん 岡山に居て私の事見えたんかなぁ~?? バレバレじゃんーー;

喜望峰とビクトリア滝
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-15 23:04

下津井・長浜城

  ふる里・児島にその昔お城が有ったなんて知らなかった!下津・長浜城は室町時代築城
  現在は「祇園神社」なって居る。浄山という海抜22米の小高い山の上に在った。
f0088569_23282586.jpg

  先日お墓参りの帰りに「まだかな橋」を見に行った。下津井は江戸時代末期北前船の
  汐待ちの港で栄えた所、源平合戦の頃にはここにお城が有ったそうな!まだかな橋とは
  5分くらいの所。 ↑祇園神社からの瀬戸大橋
f0088569_23331930.jpg

  この橋のあった界隈は当時は岡山藩より人の往来が激しかったそうな。
  当時の賑わいのある古い町並みが多く残っている。(まだかな橋8/17掲載)

f0088569_23372877.jpg

「むかし下津井廻船問屋」この名前は長いけど立派なレストランの名前です。郷土の獲れとれのお魚の定食が安くて美味しく戴けるお店です(別に宣伝料は貰ってないが)1000~1500円で生きの良い魚、タコなどが戴ける。お奨めのポイントです。



f0088569_23445560.jpg

  備長炭で有名なウバメガシ(姥目樫・別名バベ)は海洋性でこの地ではこんなに太く
  大きな巨木となって群生しています。生垣に刈り込まれて神社を護っていました。
f0088569_23492465.jpg

  山茶花の生垣の向こうに見えるのは拝殿です。神主さんの奥さんと暫く立ち話!
  お城のしっかりした石垣も見せて戴きました。なんせ・俄か特派員ですので^^
f0088569_23534688.jpg

  蔦の紅葉が美しかったです。瀬戸大橋を眺めるポイントはたくさんあってもこうして
  神社の境内からの写真は珍しいことかも知れません。曇り空がザンネンーー;;
f0088569_23555410.jpg


余談
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-14 00:11

年月の重み!

 祥月命日
 
  勝手口を開けて吃驚した。菊の花氾濫!Mさんの仕業だ!
  そこらに有った壺に水を張って、勝手に置いていって呉れました。
f0088569_22112846.jpg

  「12日は亡き夫の祥月命日なんよ。お花チョーダイ。一杯有るんでしょ」と厚かましい私!
  昨日の事、いつも店の花を切らさず運んでくれるのを良い事におねだりしていました^^;;
f0088569_22143269.jpg

  燦燦と降り注ぐお日様の元、菊の花は零れんばかりに愛情を降り注いでくれ呉れていた。
  亡き母が「仏様に供える位の花を作れるような生活を送れ」といつも言っていたが・・・

  我が家には庭が無い。いや少しは有るが花つくりは大の苦手、小夏さん、ハルさんのお花を
  いつも眺めては楽しむのが精一杯の悲しい性格です^^;

  今から30年前僅か23日の入院生活で夫は亡くなりました。くも膜下出血と言う病死です。
  何の予告も無く突然に息子と二人残されました。街にはジングルベルが流れていました。
  
  その当時のお友達が言いました。「貴女は喪主の席に座る人じゃない!裏へ廻って私達を
  指図する人じゃないの?」そういって泣きました。悪い夢の中に居る私だったようです。

  その時もそうだったがいまもそう!いつも心優しき温かき友の支えで頑張れました。なに・・・
  時の流れは悲しみを洪水の様な勢いで押し流してくれるもんです。

  打たれ強い性格に生んでくれた両親に感謝しています。いつも誰かに凭れて生きてきました
  誰かがいつも助けてくれるんですよ。アッと気がつくと困難も去っているんです。うふふ^^

  どこの誰が祥月命日のお花を呉れ・・・なんて言うもんですか!買えってもんですよ!
  そこがワタクスのいけないところなんですダス^^;

  で、今日はお墓参りに出かけます。月に1~2回は通うこの道も祥月命日ともなると矢張り
  気合が(?)入ります。夫は30年経っても若き38歳、私は心だけ34歳の妻に戻ります。
f0088569_22384878.jpg

  お父さん、私はあの頃よりも燃える心で生きていますよ!!! いい友達が一杯よ!
  早く逝って損したね!!! カンラ・カラ・カラ^^ 
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-11 22:46

サンタはば~ば!

 おばあちゃんの呼称
  
  皆さん お宅ではお孫さんからなんて呼ばれていますか?(いらっしゃらない方はごめん^^;
  私の周りでは「ば^~ば」っていうのよく聞きます。又は「おばあちゃん」ですかねぇ^^

  エッ!私ですか?私は名前で呼ばれてます。○○ちゃんって^^ だからかわゆいよ!!!
  まるでお友達みたいですが慣れればどうってこたぁ・・・ナイヤね!
f0088569_074178.jpg

  ところで・・・小4の孫息子は未だにサンタさんを信じています。毎年お手紙を書きます。
  その手紙は神奈川から遠く広島のばあやの元に届きます。リクエストはおもちゃです。
f0088569_0112572.jpg

  ばあやはお手紙を持って何故か・・・「トイザラス」に走ります。サッパリ解からん手紙も
  トイザラスの人は優しいです。チャンと持ってきてレジへ行けといいます。

  レジでは笑っていると下さいます。ここでも何故か高額の金額を払っただけです^^;
  そして宅配便でヤマト運輸の「センター止め」で送らせていただきます^^;;
f0088569_02440100.jpg

  この変わった陶磁器のツリーは「ポーセラーツ」と言います。白い陶器に転写紙を張り
  窯で焼き付けるのです。今店にはこのポーセラーツのツリーが↑これらの花と入ってます
f0088569_0214616.jpg
今日、カウンターの花が変わりました。当店の花を飾る事を趣味としている無償のお花です。いつもながら開店より早めに来て飾り付けをします!もう30年来の友達でが、。あれこれ日頃の積もる話をしながら飾ってくれますよ。





f0088569_0223954.jpg大体生花が多いですが・・・この時期季節の事です!一線を引いたご主人と一緒に陶芸の趣味を始めて2年目、こうしてポーセラーツまで出来るようになったのですね。皆さんに見ていただけるのでこうして飾っても励みになるかなぁ~なんて、飾ってもらって態度が大きい私です^^






f0088569_0423940.jpg


サンタの事情
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-10 00:48

四合わせ(しあわせ)

「健康」「経済」「趣味」「友人」
 
  この四つを合わせて四合わせ・幸せと言います。語呂合わせですね。
  今の所どれも私はそこそこ持っていそうだ? みんなはどうかしら?
f0088569_23275398.jpg
 
  いきなり「趣味」からいきましょうか!↑これは来年の干支「いのしし・亥」です。
  年末になると友人から木目込み人形の干支が届きます。来年は亥歳です!

  今年も届きました。親子の亥・猪ですね。可愛いでしょ^^
  十年位前その歳は翌年が寅年とかといって習い始めの寅の置物が届きました。
f0088569_2348269.jpg

  友達は決して器用とは言えません。習い事始めたのよ・・・と言ってました。
  これを見た私は大喜び^^余程嬉しそうだったのでしょう翌年も届きました。


f0088569_23552599.jpgf0088569_2356314.jpg 雪ウサギとか言いましたが・・・この頃から太った本人にソックリな作品になってきました。辰なんてもうずんぐりむっくり!「フテー竜じゃなぁ~」と言いつつ受け取りました^^::



  こんな悪い口のワタクスに彼女は次の年もその翌年もセッセ・セッセと運んできました。
  そんなことが6~7年も続くと「もう干支じぇ~んぶ作ってやぁ」と欲張るワタクス。

  そこでこれまでの作品全てを取り出してきて・・・撮ってみました。
  埃を被ってはいますが、毎年の彼女の真心のこもった思い出の品々ですなぁ~(シンミリ)
f0088569_0103749.jpg
 
  太いの、小さいのと文句を言われつつそれでも彼女は創っては運んで下さいました。
  お蔭で後「子と丑」のふたつになりました。彼女は69歳になります。十年間ですぞ!!
f0088569_0151340.jpg
 
  因みにこれは昨年(今年)の作品「戌・いぬ」です。健康で経済的に護られ、趣味を
  続けてこそこの口の悪いワタクスという友人に運んで来られたのですよね(押し付け?)

  ワタクスの趣味は「旅行」と「おとこ」と言って憚らぬ人生をおくっていますが・・・
  こんなに十年も続けて無償の愛情を注いでくださる友に感謝を覚えずにはいられません^^

  慶子お姉さま毎年ありがとうございます。この「太目の猪の親子」また来年一年間大切に
  お店に飾らせていただきます。あとふたつ(ね・うし)も頼んます!!! うふふ^^♪

ここもプチッ!!
[PR]

by kazumi1713 | 2006-12-08 00:31