<   2007年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ハナミズキ

フォークソング
  毎日演歌に混ざってフォークソングが掛からない日は無い。団塊の世代は何らかの形で
  この曲と関わって思い出の中に親しみを込めて歌っている。・・・が私には憎っくき曲だ!
f0088569_8581161.jpg

  あれはもう20数年前になるかなぁ~。在る朝忙しいモーニングタイムを終え向かいの広場
  に目をやって車のない事に気がついた当時は喫茶店をしていて(向かいに)駐車場を
  借りていました。「車が無い」と言うとお客様が 「そんな時は警察しかないでしょ」という。
  そんな問題じゃないと軽く踏んでいたがそうじゃなかった。ヤッパリ盗まれていたのです。
f0088569_8455352.jpg

  そういった彼はGSの店長さんだったので直ぐに知り合いのディーラーから同種のサニー
  (当時はサニーに乗っていました)を一台回してくれました。助かった!
f0088569_8484612.jpg

  警察に盗難届けを出した。同種のサニーを借りてはいたが免許証まで失くして何かと
  不自由していた。一週間ほどして山口の下関の警察署から電話が掛かってきた!
f0088569_922649.jpg

  「お宅の車盗まれてませんか?こちらに保管して有りますので取りに来てください」と言うじゃ
  あ~りませんか!ヒエェ~下関かよぉ~!なんとまぁ遠い所まで。「乗って帰れますか」
  キーを壊して直結して走って来た様だから・・・乗れますよと言います。
f0088569_974965.jpg

  休みを待って新幹線に乗って下関まで引き取りに行きました。「ドアはロックしていました。
  でも簡単に開けられるのです。「盗難車は犯罪に使われるか、乗り潰してポンコツにしてから
  捨てられるかしますよ。この車は民家の塀沿いに3日間も放置されていました。住人から
  通報があって引き取りました。貴方は盗難に遭ったんですか」とお巡りさんはニコニコ^^;;
f0088569_9172445.jpg

  我が愛するマイカーは車体も無傷で一週間前に姿を消した時と全く同じ姿で待っていました
f0088569_9494516.jpg

  運転席に腰掛けて車内を見回した。ガソリンを入れていたのであろうか白いポリタンクが
  ひとつ、指紋を残さない為か軍手が二つ(犯人は二人だったのかな)残っていたのみ。
f0088569_9244636.jpg

  下関からの長い道中、音楽テープでも聞こうかなとカセットをカチャッ!!! ぬぁんと・・・
  流れてきたのはフォークソングだった。犯人の唯一の残した物件!私の大好きな
  「神田川」「22歳の別れ」その他・・・ オーノー^^;; 聞きながら帰ったよ^^;;
  ずぅ~っと(--;;) その時以来フォークソング憎っくき曲になってしまったのだ。あはは^^
f0088569_932965.jpg

  警察は何もしてくれなかった(当たり前か)運賃、キーの取替え、そして心に受けた悔しい
  傷跡(?)サニーは燃費がいいので文無しの若者の足に使われたのかも・・・と言うのが
  キーを直結して、にこやかに送り出してくれた警察官の言葉でした。チャンチャン^^;;
[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-29 09:39

餌付けをする老人

大型連休に突入!
  noraちゃんって明日から9日間も休むんです。良いなぁ~~^^;;
  日頃から「遊んで居る」ようなワタクスの仕事ですが・・・連休を横目に無休で働きます。
         「春日池公園」 ミヤマキリシマ越しに見る太鼓橋 ↓
f0088569_23115089.jpg

  たった2日間だけでも小夏さん所は息子さんが帰ってくるんだって!チョッピリ羨ましいデス
  とはいえ仕事を持つ身では構ってやれず小さな孫を連れての息子家族の帰省は心配です。
f0088569_2315273.jpg

  新聞には行楽地のニュースが踊るように、目も鮮やかに載っています。甘いお誘いですね。
  ワタクスは整形外科のセンセーが気に入って今日も行って来ました(--;;)
f0088569_23211482.jpg

  ヒアルロンサンという液(薬)を太い針で、ブスリと注入してくれました。「チョット痛いですよ」と
  優しい声で、する事はキツイ!!! 膝の骨の栄養剤(潤滑油)だって!
f0088569_23263111.jpg

  今日の写真は近くの公園です。昔地域の灌漑用水用にため池が在ったのです。その池を
  巡らせて木々、お花、遊具と多目的な市民の公園になっています。それは広大なものでした
f0088569_2329447.jpg

  友達から「ミヤマキリシマ」が満開だよと聞きつけ、大好きな花なので飛んでいきました。
  鳩が足元に寄ってきます。それはたくさんの鳩です。
f0088569_003741.jpg

  野良猫が通り過ぎる時は流石に飛んで移動します。足の悪いおじいちゃんが歩いて
  来ました。鳩は一斉にその人の周りによって行きます。「ソレ・ソレ」とおじいちゃんがひとり言
f0088569_23344676.jpg

            おじいちゃんの手から餌を啄ばむ鳩ちゃんたち!
  ぬぁんと!!! 鳩たちはおじいちゃんの手から上手に餌を頂いているではあ~りませんか!
  そのことより・・・ソレをしっかりカメラに収めたワタクスの上手な事!てへへ^^
f0088569_23392354.jpg

  6月にはアヤメが美しいそうです。近くにこんな広くて心やすらぐ市民のいこいの場所が
  有ったなんて!30年も住んでいて恥しい。大勢に人が歩いていました。日頃からの健康を
  しっかり維持している人達に学ばされて帰って来ました。
f0088569_23423420.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-27 23:46

額入りの卒業証書

キサス・キサス・キサス
  私が「千の風」になる死に際は家族と、どういう別れ方するんだろうね~
  これが映画の感想・・・で~す。
  友達からこんなメールが届いた。
f0088569_23354250.jpg

  いつか予告編で「オレと オカンと ときどきオトン」と言う副題の映画「東京タワー」を見て
  いた。樹木希林の母親役が見たくって待っていた。友達は私がもう見たであろうかと、
  メールして来た。それでこんな↑ 言葉が届いたのだ
f0088569_0223412.jpg

  リリーフランキーの自伝らしいけど、こんな息子が居るわけはない・・・とも書いていた!
  エエとこの奥さん(私の事)は、おかんという単語に抵抗があったが急ぎ映画館に走った!
f0088569_23534645.jpg

  無軌道な生き方をする夫に家を出られ、おかんは女手ひとつで息子を大学まで出す。
  水商売を続けながら母は息子の卒業証書を額に入れてそれを誇りに生きている。
  また・・・この息子が自堕落で無意味な生活を30歳頃まで続けるが、ひとかどの者になる。
f0088569_23563339.jpg

  物の弾みで東京に引き取ってそこそこの親孝行が出来るようになったある日、オカンが
  スキルス(胃癌)で入院してしまう。樹木樹林(オカン役)の好演が素晴しい!
f0088569_063571.jpg

  オカンとオトンの出会いの曲は「キサス・キサス・キサス」だ。東京タワーの見える麓の病室
  でオカンはオトンへの狂おしいまでの愛を息子に託して~~~
f0088569_0262275.jpg

  私は主人公の母親になりきって最後まで同調しながら見ました。良かったよ^^
[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-26 00:27

最近拾ったこぼれ話

巡り来る春!
  近所に大型スーパーが来るという。そこは銭湯有り、映画館有りとかなりの大型店の様子
  「そんな所に勤められたらいいなぁ~」 転職を狙っていたUさんはそう思った。
  今から3年前の事です。 
f0088569_2238010.jpg

  毎日のように「求人募集」が新聞に入る。目を凝らして探すがどこもひとつ引っ掛かる事
  それは年齢が合わないことだった。そんなある日自分にピッタリの店の求人が有った。
f0088569_2241367.jpg

  彼女は元々料理が得意だった。その求人は鮮魚屋さんの「惣菜部」の求人案内だった。
  ヤッパリ年齢が合わない。50歳までの人・・・彼女は大きくオーバー、57歳にもなる。
f0088569_22434421.jpg

  どうしても勤めたかった。いかにも自分に合っている、ここしかないと思った。諦めなかった
  直接その会社の係りの人に電話した。年を聞いただけでダメですと断られたそうな。
f0088569_22471156.jpg

  ここからが彼女は、普通の人(?)とは違っていた。「どうして電話だけで断るのですか?
  会って話してみて呉れないのですか」と強引に迫った。じゃァ~会おうとなったという。
f0088569_22511334.jpg

  彼女の性格はとっても明るく、はっきりものをいう人柄です。自分の意見を持っていて会話の
  即答、受け答えの鋭さが会えばひと目で解かる(私にはそう見える)人です。
f0088569_23531884.jpg

  その場で即採用となりました。自分から希望しただけあってテキパキと次々に編み出す
  惣菜は売り上げもよく、こうして3年間勤め上げました。来年2月には還暦で定年です。
  面接してくれた人は上司として当初一緒に働いていましたが今は役職についてエライさん
  になっています。そんな彼に先日呼ばれました。何か落ち度があったかなと伺ったそうです
f0088569_2371444.jpg

  「来年定年したらどうするの」と聞かれどこか良い所があれば探して行こうかと思っている
  と言うと「このまま続けて働いて呉れないか。ウチはあと5年間は働けるぞ」と言いました。
  
  働く場を与えてくださった事も嬉しいけれど、それ以上にこの3年間を評価して呉れた事
  そのことの方がどれだけ嬉しかったか!!! そういって私に話してくださいました。
f0088569_2311151.jpg

  聞いていてなんだか嬉しくて心がほっこり、ほっこり温もって来ました。なりふり構わず
  自己主張のできるUさんの事、私は自慢に出来る友達の一人です!
[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-24 23:15

春悟秋凍

病院にて
  ここ数年近くの医院で高血圧の治療に通う以外病院とは余り縁がない。今回は膝の事で
  久々に総合病院へ出かけた。健康であることを感謝するばかり。
f0088569_22502553.jpg

  ドアを開けて驚いた。待合室は大勢の患者さんで一杯だった。みんなどこかが悪いのは
  解かるけど。それにしても大勢の人が(若い人からお年寄りまで)思い思いに掛けて
  待っていた。中には外国人の人も居た。一人で来ていたが言葉は通じるのかなぁ~

  時間が掛かりそう!その辺りに置いてあった本をパラパラめくってみる。「春悟秋凍」
  中国のことわざらしいこの四文字熟語。なんて読むのか忘れたけど・・・意味は
  秋から冬に季節が変わる頃厚着をすると、本格的な冬の寒さについてゆけない
  逆に春だからと言って薄着にしてしまうと体を冷やし風邪をひいてしまうよ、と言うことらしい


  そういえばこの頃、雨が多くて薄着をして居ると確かに風邪を引きやすくなっているなぁ~
  良い事を読んだなぁ・・・サテメモ用紙は・・・っと!こんな場合私は携帯電話を使う。

  覚えて置きたい事を打ち込んで「保存メール」にメモしておくのです。手帳を持ち歩かない
  のでいつもこういった記録の仕方をしています。結構助かっていますよ^^
f0088569_2310711.jpg

  女の人は大抵一人で来て診察を終え、薬をもらって帰っていくが、おじいちゃんは奥さんか
  お嫁さんがついてきて甲斐甲斐しく世話をして貰って出て行く。甘えん坊さんだ!

  さて、私の診察だが。ベッドに横になって足を見せてくださいと言われヌッとズボンを捲って
  出したが、黒くてシミだらけで皺を刻んでいることにギョッとした。もチット綺麗だと思っていた
  この足が、これまでの私の人生を支えてくれていた足だとは思うけど・・・若き医師の前に
  さり気なく出すにはチト気恥ずかしい代物だった。俄かに愛おしくなってきた。
f0088569_23282276.jpg

  考えてみればこんなことでも無ければ、こうもしっかり我が足をしげしげと見ることも無い。
  働き者の足だと思うよ。ごめんね^^;;こんなになるまで酷使して、そう思いました。
  もう少し頑張って貰うんだから・・・これからは大事にしようと思ったよ。
f0088569_23324791.jpg

  それにしてもこんなに沢山の薬どうして出すのかなぁ~(膝と降圧剤と両方だけど)
f0088569_23543716.jpg


旬の魚
[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-22 00:45

老化現象

まいったなぁ~!
  「溜まってますネェ。水を抜きましょう」カンタンにそういうと、続いて「ちょっと痛いですけど
  辛抱してください」そしていきなりブチュ!!!  今朝の事です。なんちゅ~こっちゃ^^;;
f0088569_22314069.jpg

  今年の2月、梅の花に見とれて不覚にも転びました。したたかに打った頭も胸部もしっかり
  レントゲン検査して大丈夫だったんです。でも足の痛みが長引いてねぇ~~。
f0088569_2235429.jpg

  いつも・・・痛む足を庇っていました。騙しだまし使っていた足に負担がかかり膝が腫れて
  来ました。自分でここまで管理してきましたが。とうとう今朝は曲がらなくなってしまいました
f0088569_22372890.jpg

  週末になると困るので思い切って病院へ行きました。待合室は患者で溢れかえりそう!
  先ずレントゲンを撮ります。結果が出たのでしょうね?名前を呼ばれました!
f0088569_22421454.jpg

  「整形へ行きましょうね、案内します」そういわれて付いて行きました。長い廊下を歩きながら
  先日手術した友人の事がチラッと頭を翳めました。入院って言われたらどうしょう!
  きっと・・・レントゲンの結果が良くないんだわ、そんな不安が一杯広がりました。  
  まるで屠殺場へ引かれる牛の様な格好で付いて行きました(きっとそう見えた事でしょう)
f0088569_2248297.jpg

  レントゲン写真を見ると左足の膝の内側部分の軟骨が磨り減っています←と先生が言う。
  私には解からん。この2ヶ月の間に溜まった水は15cc太い注射器に3センチも入っていた
  「綺麗な色をしていますよ」と云われても濁った液体が恨めしいだけの私。イッテェ~~!
f0088569_22572613.jpg

  と言うことでこの2ヶ月間引きずって歩いていた足が嘘のように痛みません。帰りはシャンと
  ファッションモデルの様にスマートに歩いて帰れました。あはは^^
f0088569_2393429.jpg

  膝から上の部分、腿の所の筋肉が無いから水が溜まりやすいのだそうです。
  しっかり付けて下さい、とトレーニングを受けました。当分の間通院と薬の服用です。
f0088569_23124241.jpg


ご褒美
[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-20 23:31

桃源郷

夢の世界
  昔々中国の晋の国に一人の漁師がいた。ある日山奥へ谷川に沿って船を漕いで遡った時
  かなりの上流で桃の花だけが咲き乱れる林が両岸に広がった!
f0088569_11552380.jpg

  その源を辿っていくと水源に突き当たった。その山に人一人通り抜けられるだけの穴が
  あった。奥から光がみえたので男は穴の中に入っていった。
f0088569_11583049.jpg

  山を抜けると驚いたことに広い平野が広がっていて、そこに立ち並ぶ家も田畑も池も
  桑畑もみな立派で 美しい所だった。
  行きかう人も外の世界の人と同じ服を着て、みな微笑みを絶やさず働いていた。
f0088569_124166.jpg

  男を見た村人たちは驚き話しかけてきた。自分は武陵からきた漁師だというとみな吃驚して
  家へ迎え入れたいそうなご馳走を振舞った。
f0088569_1263069.jpg

  村人たちは漁師にアレコレと外の世界の事を尋ねた。
f0088569_1275811.jpgf0088569_1281651.jpg










  村人達が言うには、彼らは秦の時代の戦乱を避け、家族や村人ごと逃げた末、この山奥の
  誰も来ない地を探し当てた末ここを開拓したという。
f0088569_12114443.jpgf0088569_1215585.jpg









  当時の風俗のまま決して外へは出ず、一切の外界との関わりを絶って暮らしているという
  「今は誰の時代なんですか」と質問してきた。秦が滅んで漢が出来た事も知らなかったのだ
f0088569_12185695.jpg

  数日間にわたって村の家々廻りご馳走されながら外の世界のあれこれの知る限りを話し
  歓迎されたが、いよいよ自分の家に帰る事にして暇を告げた。
f0088569_12224051.jpg

  村人たちは「ここの事は余り外の世界で話さないでほしい」といって見送ってくれた。
f0088569_1224873.jpg

  穴から出た男は自分の船を見つけ、目印をつけながら川を下って家に戻り、この村の事を
  役人に伝えた。役人は捜索隊を出し探したが水源も桃の林も見つける事は出来無かった
f0088569_12261648.jpg

  ↑これは中国のお話ですね。台湾中部には桃源郷と言う観光地があるとか?
  
  先日行った「菊桃の里」を歩いていたら嬉しくて・・・こんな話思い出しました。うふふ^^
f0088569_1230587.jpg

  今朝早く起きて水汲みに行って来ました。今帰ったところ~~~。 ふぅ~^^
  県北の道は、高梁川を上流に向かって走ります。花々が美しくチラッとこんな事思ったのよ
[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-19 12:31

芝桜

ひとつ財布
  一人で飛び出すことが多いが時には友達同士、ツアーに入ったりの旅も多い!
  そんな時は一人いくらで全員のお金を寄せて「ひとつ財布」にして貰う。計算がし易い。
f0088569_1191291.jpg

  グループの中には必ず、会計を担当してくれる人が居る。モチロン私はドライバーさん^^
f0088569_11104612.jpg

  一台で走るときは4人が丁度良い。高速もガソリン代もこの財布の中から。
f0088569_11122459.jpg

  お天気のいい日にはサッと飛び出してお昼までには帰ってきます。
  黙っていれば良いモノを・・・お喋りのワタクスは直ぐにあっこ行った・ここ行ったってばらす。
f0088569_11215465.jpg

  今週は雨が降ったりやんだり^^;晴れを突いて芝桜を見に行った。県央の世羅は高原都市
f0088569_11163156.jpg

  一年を通じてはないっぱいの高原です。
f0088569_11184423.jpgf0088569_1119998.jpg












f0088569_1123281.jpgf0088569_11235020.jpg









  この小さな花びらが80万株寄って大きな「芝桜・花夢の里」が出来上がっています。
f0088569_1126560.jpg

  団体バスが何台も入ってくる頃、次の「菊桃ファーム」へ向かいました。
  ふじ園、ゆり園、チューリップ園、ラベンダーの丘等見どころ一杯のせら高原です。
f0088569_1144870.jpg

  次回は珍しい菊の花びらをした「菊桃園」を案内しましょうね。ホント・桃源郷へ迷い込んだ
  見たいに黄、赤、ピンク、白の世界でした^^うふふ(^^♪
[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-18 11:36

お城と桜

青春キップ
  今年の桜は長い間楽しめた。2月の暖冬で早いかなぁ~と大方の予想を裏切ってこの春
  四月の初めから、各地で美しい桜に出会うことが出来た!
f0088569_21392993.jpg

                     大阪城(木村氏撮影)
  JRで売り出された「青春キップ」とか云うのは一日中乗り放題だという。友人は一冊8千円で
  買った。どうやら5回分あって一日1600円で楽しめるという。
f0088569_21423728.jpg

                    岡山・烏城(木村氏撮影)
  今日は大阪、明日は岡山 はたまた岩国の錦帯橋と・・・毎日カメラ行!楽しんでいた。
  帰ったら私のパソコンに美しい桜のオンパレード。どっさり送ってくれた。
f0088569_21475652.jpg

                     大阪城(木村氏撮影)
  余りの出来栄えで一人取り込んでおくのが勿体無いので掲載しますね!
f0088569_21513462.jpg

  私も今春は長浜城 ↑ と彦根城 ↓ まで出かけたが湖北の桜は早すぎた^^;;
f0088569_21534737.jpg
 
                       彦根城・太鼓櫓
f0088569_2155223.jpg

  お城と桜って合いませんか!これぞ日本の春って思いますが!
f0088569_21563111.jpg

  わが町のお城は新幹線のコンコースから見えます。旅から帰ったときこのお城に迎えら
  あ~~帰って来た。と嬉しくなるお城です。
f0088569_2158422.jpg

  八重桜が咲き、ハナミズキ、ツツジと桜の花もそろそろ終焉を迎えようとしています。
  風に乱舞する花びらに今年の桜を愛でられた事を感謝して来年の花を期待している私です

姫路城
[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-16 22:04

オーロラ輝子の夫婦みち

悲しい歌が流れる!
 有線から懐かしい歌が流れていた。「コレッ・なんて歌」と聞かれる。「もう10年位前の歌」
 テレビドラマ、朝ドラ(NHK)で双子ちゃんが主役の大阪もんで・・・それそれ??
f0088569_9401673.jpg

  ドラマもさることながら挿入歌の「夫婦みち」は大ヒットした。その頃私はボランティアを
  始めた。友人の勤める病院で月・2回「デイサービス」のお年寄り達に歌を教える事です。
f0088569_9442860.jpg

  土曜日の午前中行きます。4階にあるその集会所は、カラオケのセットも揃って広くて明るい
  南側を新幹線が通り蔵王山も望める素敵な病院です。
f0088569_9484356.jpg

  懐メロを歌うのかなぁ~と思って行きました。そこにはそういった歌は山ほど揃えていました
  そうではないのです。皆の求めている歌は今流行の新しい曲だったのです。
f0088569_952725.jpg

  ご主人の介護で車椅子参加のAさんが「夫婦みち」が習いたいといいました。毎朝テレビで
  見ていて歌えたらと思う・・・と言います。へぇ~覚えられるかなぁ~と思った。
f0088569_9553659.jpg

  生徒さんは毎回3~40名、平均年齢80代の人達の多くは車椅子の人。前列には椅子に
  腰掛ける元気な人、お口も大きく開けてみんなテレビ画面を見ながら歌います!
f0088569_9584523.jpg

  Aさんは台詞がとっても上手い!一番を歌い終わるとマイクを持っていって必ず語って貰い
  ます。「駆け落ちまでした仲やない~~」はっきり上手に謳ってくださいます。
f0088569_1014285.jpg

  4年目頃経っていたでしょうか?介護のご主人が急死しました。愛媛の娘さん宅に引き
  取られる事になりました。その頃は寝たきりでレッスンには来てなかったです。
f0088569_1042760.jpg

  最後の土曜日、明日・日曜日は迎えの来るというその日Aさんをレッスンに連れてくる・・・
  と言います。なんと4階までベッドごと移動してきた看護師さんたちでした!!!
f0088569_1075879.jpg

  明日は去る病院のベッドでAさんは横たわったまま「夫婦みち」を歌って下さいました。
  これまでに・・・こんなに哀しくこの歌を聴いた事は有りません!みんなしんみり聞きました
f0088569_10134639.jpg

  このボランティアももう9年目に入りました。生徒さんは歯の抜けるように欠けては行きます
  また新しい人達の明るい歌声でいつも一杯です。桜の花を見るたびにAさんの事思います
  
  歌は思い出をみちづれにしています。どの歌にもその時代、その人達を抱えて私の中で
  流れています。その事を思いながら聞いた「夫婦みち」でした。  

写真の説明
[PR]

by kazumi1713 | 2007-04-15 10:27