倉敷美観地区

あれから・・・8ヶ月!
  昭和のはじめ、彼は早稲田大学の学生だった。先生から世界の絵画を観たいなら倉敷の
  「大原美術館」へ行け、といわれたそうな。あの時代の事、彼は夜行列車に乗って倉敷へ
  やってきた。何度も何回も!
f0088569_235584.jpg

  旅行者にはふた通りあるという! 観光名所をあれも見た、これも見たとひと通り見て素通り
  ひとつのものを見出して、のめりこんで、通いつめ果てはそこに住み着いてしまうタイプ!
f0088569_003967.jpg

      大原美術館前で行商をする人 向う隣の赤いテント「エルグレコ」

  美術館で絵画を観終えると隣の喫茶店「エルグレコ」に入って一杯のコーヒーで粘った。
  他の人の注文の品物を欲しそうに眺めていたのかな・・・マスターは頼みもしないのに
  トーストを呉れた。申し訳ないので店のお手伝いをした。
f0088569_07576.jpg
 
                   蔦の絡まる喫茶店・エルグレコ

  残り物のコーヒーで大切に拭くテーブルが京都の有名な漆塗りの作家物、その彼を通じて
  漆器仲間の先生方・・・ビンボー学生はその後もそれはたくさんの旅を全国各地巡る事と
  成ったが倉敷とはそういった出会いをしたのが始まりだそうです。その学生は永六輔さん!
f0088569_0161879.jpg

  倉敷美観地区のお話はこれで2回目かなぁ~? 前回はこちらです^^なぁ~んて。
f0088569_9245169.jpg

  倉敷駅を下りて、可愛らしいみやげ物が並ぶ商店街を抜けると10分もしないで着きます。
f0088569_9272163.jpg

  どの店にも入ってしまいそう・・・
f0088569_9282224.jpg

  キョトキョト 時間が直ぐに経っちゃいます。
f0088569_929447.jpg

  たくさんの写真を撮って来ました。
f0088569_931307.jpg

  自分好みで掲載しました。
f0088569_9381522.jpg

  帰りの車の中で聞きました。「7円の旅・誰かとどこかで」 カーラジオから聞こえてきたのは
  作家・永六輔氏の声。彼が倉敷を好きになって通い始めたいきさつを ↑
f0088569_9425691.jpg

  次回はじえったい、エルグレコに寄ってお茶を飲んで帰るぞ!!!
[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-31 00:16

24時間営業のスーパー

便利さになれて!
  年末に旅した島はコンビニが無かった!私たちはいつの間にかお店と密着した日々を
  送るようになっていて・・・便利さに慣らされてしまっているように思った!
f0088569_2220251.jpg

  ウチの近所に2号線を挟んで2軒のコンビニが来たのは・・・もう十年位前かなぁ~!
  一軒はウチの並びに成るのでしょっちゅうお邪魔した。人目につく所で本を読んで楽しんだ
f0088569_22242734.jpg

  車の流れも多く、良く流行るのかなぁと思っていたが、余り客の入りは良くなかった。
  丸2年間頑張って閉店した。契約期間だけ頑張ったけど、赤字続きだったと店長が言ってた
f0088569_22273242.jpg

  それに反して、向かいのお店はも少し頑張った。凄く流行っていたようだけど・・・
  5~6年も営業っていたろうか! 別の場所に引っ越していった。今はどちらの建物も無い
f0088569_2229503.jpg

  私たちは便利だから、車で走っていて見かけるとヒョイと入って重宝している。でもこうして
  近くで見ているとそんなに楽そうでないのが商売の裏事情のようです。
f0088569_2232997.jpg

  市内には24時間営業のスーパーが20店舗(?)位有る。これが又広くて、清潔で、品豊富  で年中無休なので重宝しています。当地方が全国で最初の営業とか・・・聞いてます!
f0088569_2235094.jpg

  夜中に不意のお客様、明日早朝のお弁当、学校へ持っていくノート、百均の商品と・・・
  このスーパーへ行くと何でも揃います。それは便利ですよ^^
f0088569_2248456.jpg

  この時間帯に働く人が居て、安全が保たれていて、そんなに多くの店が頑張っていてくれて
  私たちは恵まれた時代に生きている事を感謝せざるを得ない思いで一杯です。
f0088569_22511531.jpg

  先日渡った「安芸灘大橋」です。蒲刈島は現在呉市です。


[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-29 23:02

歩け・歩け!

女王滝 
  今夏お友達が同窓会をする。蒲刈と言う島に渡るの、海は綺麗、お魚は美味しい・・・
  それってどこどこ? ふぅ~ん近いなぁ~!明日休んで行ってこようか?
f0088569_993883.jpg

  次の日火曜日(私の休み)だったので早朝飛び出した。島へ行く前に空港ICで下りた。
  ここには数年前「毛利元就」のタイトルバックに使われた「女王滝」があるのです。
f0088569_859296.jpg

  広島空港の隣にある森林公園、だぁ~れもいない空っぽの駐車場にクルマ停めて・・いざ!
  山道に入る入り口近くにこんな棒が立てかけて在る。フツーの人なら見向きもしないだろう
  私には嬉しい天然の杖^^ 中の一本を握ってニコニコ^^
f0088569_9122295.jpg

  ポッカリと口をあけた森の入り口は明るい日差しが「おいでおいで」をしてくれているよう^^
  遊歩道と言うよりは登山道と言った岩場の道を25米下まで下りる。「マムシに注意」の看板
  がアチコチに立っていてブキミ^^;; あ~イヤだ!こわいよぅ~と思うけどルンルンと歌った
f0088569_9183913.jpgf0088569_9203096.jpg











  女王様が白袴を広げたような姿から命名された「女王滝」正面からと 横から。
  落差が25米と書いてあった。毛利元就のドラマはもう10年位前になるかなぁ~?
f0088569_9271228.jpg

  ここまで下りてくるとジエットの轟音も聞こえてこない。鳥たちが無防備に近くに飛んできて
  鳴き声で歓迎してくれる。見上げた空の美しい事!
f0088569_9362387.jpg

  アッ・・・そうそう滝の写真だった!うぅ~ん。余り巧く撮れて無くって!
f0088569_9331446.jpg

  花崗岩の石の間を流れる水は、空港から落ちてくるのか綺麗ではなかった。コソッと音が
  した。見上げると誰か降りてきた。山の中で出会った人にホッとした(?)
f0088569_9413592.jpg

  赤い葉っぱだ! 未だ綺麗だ! と上を見上げる。
f0088569_943333.jpg

  誰にも見られないけど・・・「おまえも、とっても綺麗だよ!」 なんて!
f0088569_9453063.jpg

  杖を返してまむしに会わなかった事に感謝して山にバイバイした^^
f0088569_1012239.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-27 09:50

旅行談義

安いなぁ~!
  今日は病院の予約日。出掛けに郵便受けを覗いたら○○旅行社からダイレクトメールが
  届いてた。待合室で読も~ォって持って出ました。
f0088569_22552815.jpg

  先々月行った山口県の「角島」がカニのお土産つきで6千円ほどで行かれる。帰りは萩に
  廻って来るんだって!丸一日遊ばせて貰って6千円だなんて^^;;
f0088569_22584080.jpg

  距離にしたら大阪に行く位だから日帰りに無理な行程ではない。私は高速代、ガソリン代
  計算した事無いけど・・・ツアーのなんて安いこと。どういう計算してんのかなぁ~~。
f0088569_23207.jpg

  あるとき、「京都大原3千円!」というツアーに参加した。これは「おんなひとり」の歌詞に謳う
  きょ~と~ おおはら さんぜんいん(京都大原三千院)に引っ掛けてのネーミング!
f0088569_239183.jpg

  途中でお土産やさん、お漬物やさんなどにしょっちゅう寄ります。皆ドカドカ買います。
  女性は買い物好き。旅費が安いじゃん・・・って頭がどこかに作用するなぁ^^;;
f0088569_23125094.jpg

  紫陽花の花も綺麗だったし、お寺も程ほど時間を取ってくれてた。お土産屋さんも一杯
  試食させてくれたし。あ~~安かった。又行こう! この旅でそう思った。
f0088569_23153789.jpg

  味を占めた仲間達で更に安い旅に申し込んだ。その年(2002年)にちなんでお正月に
  「出雲大社・初詣2002円」という格安旅行。なに・・・片道160キロほど。軽い軽い^^
f0088569_23184376.jpg

  ところが・・・この旅では難行苦行。トイレは長蛇の列、再々寄るお土産屋さん。渋滞には
  巻き込まれるわ。足腰、背中が痛い、こんな筈じゃなかったのにも・・・手遅れ。
f0088569_23212661.jpg

  京都は高速道を使う。これはトイレの心配は余り無い。渋滞も左程なく時間も読める。
  体の節々も悲鳴を上げない。そういうことに気づいた。値段の性ばかりではない!
f0088569_23502866.jpg

  旅行社の色んなからくりは有ろうけども、とにかく安くて楽しい旅はパンフレットにぎっしり
  詰まっている。行かれもしないのにこうしてたくさん来る色彩豊かなパンフレットを見ている私
f0088569_23332040.jpg

  とはいえ、私は年間10回以上(数えた事は無いが)旅するがいつもひとりです。ツアーに
  入って居ては気に入った所で停めてもらえない、時間を切られる、何かと協調性も無く
  我侭な性格は、計算できない贅沢なひとり旅を続けていますね。
f0088569_23422359.jpg

  5年前安芸灘大橋がついて島が陸に成りました。みかんの花が咲いている・・・その脇に
  ↑こうしてレモンの花も咲いていました。結実した実もたわわに実っていた蒲刈島の風景を
  お送りしました。松涛園の建物、庭園も立派でしたね!最期に美しい海をもう一枚。
f0088569_23545998.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-25 23:50

おせっかいなアタシ

人工呼吸! 
  いま 瀬戸の島々はみかんの花が咲き乱れ、甘酸っぱい香りに包まれているだろうなぁ~
  グラディエーションの海が綺麗だろうなぁ!そうだ、いっちょ行ってみよぉ~と!!! 
f0088569_10263044.jpg

  気まぐれ一人旅はいつもの事。小さなバッグに着替えようのパンツいっちょ放り込んで
  さて・・・瀬戸の島にドライブとしゃれ込みました。
f0088569_10321265.jpg

  五月晴れの瀬戸の海は大いに満足の行く旅になったが!その事は置いといて・・・
  私のお節介の性格は大きな仕事をひとつ仕出かしたのだ。その話が先^^
f0088569_10351382.jpg

  このまま帰っても良いや・・・と時計を見ると3時過ぎ。地道(一般道)とトンコラ走っていると
  眠くて眠くて。もう1~2時間も駆ければ帰り着きそうな所で温泉の文字が飛び込んできた。
f0088569_10383394.jpg

  朝一で森林公園に入った。マムシに気をつけながら「女王滝」まで歩いた。頑張った!
  それから島へ渡ってみかんの花の写真を撮った・撮った!
f0088569_10511591.jpg

  眠たいのと、汗ばんだ肌が気になり・・・ハンドルを湯坂温泉郷へ切っていた。
  事件はそのホテルの夕食時に起きたのだ。
f0088569_10424194.jpg

  私の向かいのテーブルに老夫婦が座っていた。主人が背中を向けて私は奥さんの顔を
  真向かいに正面から見る様な感じ。食事が終わってご主人が席を立つ。奥様を迎えに来て
  驚いた。蒼白な顔をした奥さんは口を真一文字に結んで死んだようになって椅子に背を
  持たせ掛けたまま動かない。ご主人がホッペをパチパチ叩いているが眠ったように動かない
f0088569_10515261.jpg

  その頃になって私は気付いた。これは普通ではない。彼女は脳溢血で死ぬかもしれない
  そんな思いが走った。直ぐにそばに行って脈拍を調べた。ご主人が「お医者様ですか」
  と聞いた。とんでもない。貴方が一人で心細さそうだったからここにいます・・・と言って
  救急車を手配した。奥様は口では呼吸もできず腹がかすかに波打っていた。
f0088569_10583053.jpg

  急いで大きく深呼吸をした。彼女の鼻をつまんで「フゥ~」と息を吹き込んだ。何度も何度も
  フゥ~とやった。合間に水を含んで飲ませた。そのうち彼女はゴクンと水を飲み息をした。
  真一文字に閉じていた口が開いて自分で呼吸を始めた。
f0088569_112356.jpg

  震えているご主人のそばに立っていてあげました。私の周りは大きな人垣が出来ていました
  遠くで聞こえていたピーポーの音がホテルの前で止まりました。
f0088569_1141040.jpg

  「こりゃぁ~ホテルが感謝状出さにゃぁ!」と一人のおっさんが言いました。その声で一辺に
  肩の力が抜けました。私の一瞬の人工呼吸が良かったみたいです。
f0088569_11175917.jpg

  1時間ほどしてフロントから電話が掛かってきました。「三重県・松阪の○○です。今夜
  病院に一泊すれば明朝帰れます。妻は意識が戻りました。ありがとうございました」
  そして、朝部屋に訪ねてきてこれから病院(妻を迎えて)へ寄って帰りますと言って挨拶に
  見えられました。この年まで生きてると色々あらぁ~な!てへへ^^
f0088569_11122910.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-23 11:12

犬好きですか?ネコ好きですか?

チロ
  母の日のプレゼントに、変わった花を貰った。花の様な犬だった!
f0088569_23555838.jpg

  造花のカーネーションに目・鼻を入れたものだ。よく似た犬が息子宅に居た。
  両手の中に入りそうな子犬「クッキ」はトイ・プードルというらしい?
f0088569_23575817.jpg

  昨秋息子宅でクッキに迎えられた。座るなり私のバッグをかじり始めた(舐めていた)
  頭をコツンと軽く殴ったら息子に背中をどやされた。イッテーとふくれた。

  私より犬が大事なんね・・・と言うと小さくて直ぐ骨折するんだよと謝られた。息子は犬が
  好きで小学生の頃公園から捨て犬を拾ってきたことが有る。名前をヂロといって飼い始めた
f0088569_0412612.jpg

  可愛い盛りを過ぎたその犬はれっきとした雑種。夕方表で遊んでいたら近所のおっつあんが
  通りかかった。町内会のその人は名前を伍郎という。ゴローさんコンニチワ。コラッ・ヂロー
 
  これではいけないな・・・てんでヂロの濁点(点々)を取ってチロと改名。以来11年後居なく
  なるその日まで我が家の大切な家族となりました。
f0088569_010107.jpg

  犬って飼い主に似るって言いますね。チロはとっても賢かった。スマートで男前なのか
  犬仲間でもそれは大層もてた。アチコチでチロの子供が増えました。
f0088569_0141591.jpg

  と・となり(隣の隣)に子供さんのいないご夫婦が越してきた。我が家の犬以上にチロを
  可愛いがって呉れます。散歩と言っては首輪を外し、連れて帰ってはゴチソーを与え
  とっても可愛がって呉れます。こんなにおとなしい犬は放していてもいいのよといって
  とうとう放し飼いの癖がついてしまいました。
f0088569_0211510.jpg

  車の往来の激しい所で放し飼いとなるとそれは百戦錬磨、受けた傷も数々、更には信号を
  わたる犬とまで名物の犬となりました(?)駅前でチロの子を見たは良いとしてそのうち
  「井原の方でもチロの子が居たよ」なんていわれるようになりました(行動半径が広がった)
f0088569_0272295.jpg

  チロの話すると長くなります。眠くなったので又回を変えて書きますね。あの賢くて可愛い
  チロは6月の在る夜老体をよろよろさせて出て行ったきり帰ってきません。
f0088569_0301377.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-21 00:30

バラが咲いた、薔薇が咲いた!

自己紹介!
  戦時中、私は備前・瀬戸内・児島に生まれました。5人兄弟の真ん中子です(今は一番上)
f0088569_224610100.jpg

  「ケンコーそうな子じゃなぁ~」と言われて育ちました。
f0088569_2252298.jpg

  駆けっこはビリ、鉄棒も箱とびも大の苦手でした。
f0088569_2265242.jpg

  絵を書かせば花はチューリップしか描けない! こいのぼりは目刺しになりました!
f0088569_22483642.jpg

  スタイルは伊部(いんべ)徳利の様じゃ・・・と母が言いました。(伊部=備前焼き)←色黒
f0088569_22124111.jpg

  体重も小学生時代は、確かに50キロ位だった様な? 以来その数値からは程遠い人生!
f0088569_22144010.jpg

  親の見極めは早かった。「人間はこころ美人よ」と優しく囁いた^^;;
f0088569_2216147.jpg

  醜いアヒルの子はこうして世の中へ飛び出した!
f0088569_22201874.jpg

  目の悪い人が時々「あんた かわいいね」と言うて呉れる。俄かには信じられない!
f0088569_222436.jpg

  生まれてこの方、褒められた事がないから、けなされて当たり前^^;;
f0088569_22264478.jpg

  世間様を斜めに構えて眺めていたよ。子供を生んで少しずつ前向きに成った!
f0088569_22364690.jpg

  周りの人がどんどん自信と勇気を与えてくれた。私だって飛べた!
f0088569_2230559.jpg

  薔薇の花は色とりどり、形も色々、蕾も・・・開花の早い遅いも・・・**~
f0088569_22334421.jpg

  打たれ強い性格に生んでくれた両親に感謝しています。雑草の様な人間だと思います!
f0088569_22393391.jpg

  ↑ バラ園から出たところにねむの木がお日様に輝いていました。うわぁ~い!
[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-18 21:36

天職

我この道を行く!
  彼女の仕事は運送業。女ながら男性を使って女社長さん!とはいえ・・・自らもハンドルを
  握っては毎日東奔西走している。それも片手間に楽しんでいるという感じ・・・のPさん!
f0088569_8413349.jpg

  「用事は忙しい人に頼め」というが、私の周りには実に忙しい人達の多いこと!
  彼女たちは時間の配分が巧い。仕事と趣味の両立を見事にコントロールしてこなしている。
f0088569_8511917.jpg

  昨夜「和太鼓」の練習の帰りPさんが寄った。午前中は神戸へ行っていた。太鼓の練習へは
  広島の帰りに走りこんだと言う。そこへ電話が掛かってきた。「ハイ・ハイ!」
f0088569_8552553.jpg

  仕事?どこ・・・って聞くともう帰り支度をしながら「尾道行って荷を積んでから松江まで」
  明朝8時までの仕事が入った、なんて歌うように笑って答えた。
f0088569_859101.jpg

  明日は孫のオリエンテーリングで弁当がいるから作ってから出るよ。バイバイなぁ~んて!
  見上げた時計は10時を廻っていた。ウぅーン^^;; まいったなぁ~!
f0088569_923372.jpg

  年は私より確かに七つも若い。でも私にはあんなハードな仕事出来ない。それなら何が・・・
  友達と話した。経理か?ノー(数字に弱い) 看護師か?オーノー!(足腰が痛くて一日と
  持たない) ??ボケかかった頭で懸命に考えた。
f0088569_97197.jpg

  そして、この自分が今出来ることは何も無いという事に行き着いた。その事に行き着いた。
  私は今のこの仕事が一番合っているという事、いえこの仕事以外は何もできないと言う事!
f0088569_941957.jpg


 
  午前中児島に出かけた。友達が食事に誘ってくれた。
f0088569_9225785.jpg

  癒しの時間、無言の励ましを嬉しく頂いた。いつもの瀬戸大橋が新たな思いで見られた。
  帰ってからしっかり働きました。この仕事大好きなんです!
f0088569_9285553.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-17 08:43

プレゼント

母の日
  育て方を迷ったかなぁ~といつの頃からか思っていた。今月は初サラリーが出る月。
  友達から「あれを買ってもらった」「娘からプレゼントが届いた」なんて美味しい話、いつも
  聞かされてばかりの私でした。私にはそんなこと無縁の世界ですね。何も届かなかった。
f0088569_225733100.jpg

  かれこれ20年位前の「母の日」当時高校生だった息子が夜になって「高かったんでぇ」と
  言って一本のカーネーションを差し出した。そりゃぁその日は高かったろうなぁ~?
f0088569_2351848.jpg

  以来大学時代も就職してからも・・・私には「母の日」は無かった。そんな息子が結婚した。
  その年から私には「母の日」が来た。なんと心優しい嫁から毎年花かごが届くようになった!
f0088569_2391537.jpg

  毎年神奈川から忘れず届く花をいつの間にか心待ちする様になって行った。
f0088569_23114146.jpg

  私は理由有って3人の男の子を育てました。生んだのは長男一人だけ。次男は2歳から
  育てました(詳しくは追々)3人目は高校の3年間甥(妹の次男)をみて来たのです。
f0088569_23171733.jpg

  今年は甥の嫁から宇野千代の日傘が届いたのです。凄く嬉しかったです。どの子も育児に
  追われ大変なのに・・・と思うと申し訳なさで一杯です。物を貰うと弱いアタシです^^;;
f0088569_23221084.jpgf0088569_23222776.jpg










  誰構わず見せては自慢しています。この甥っ子は出来た嫁で結婚以来毎年盆暮れの
  贈り物欠かしたことが有りません。男の子は嫁次第ですね!
f0088569_23244944.jpg

  勿体無いので直ぐたたんで箱に収めました。綺麗な日傘でしょ!とっても嬉しいです^^
  そして・・・今年の母の日のハイライトは次男からのプレゼント!来月いい人を連れて帰って
  来るんだって! 今からとっても待ち遠しいです~**☆**~

最近の母の日のカーネーションでした↑
[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-14 23:58

にいはお

揚子江の畔の町から
  大型連休も終わりました。この後纏めて一週間お休みを頂く心算で休み無く働いた私です。
  家庭の事情で連休明けの今日、旅行社にキャンセルの電話をしました^^;;(後日改めて)
f0088569_2332574.jpg

  今夜のお客様ははるばる中国から来られた人達です。わざわざ・・・カラオケを歌いに?
  そんなことぁ~無いよねぇ! 友人の案内で日本に商用で来られたのです。
f0088569_23345539.jpg

  道を尋ねたり、間違って入ってこられたり・・・と。これまでも外国人のお客様と接する機会
  も何度か有りました。以前ロス(米国)の人も来て歌ったりしたものです。それでも滅多に
  その様な事は有りません。だから今夜のお客様は珍しいし、楽しかったです!
f0088569_23425894.jpg

  トップバッターは女社長さん。若く見えますが40代の人です。「我只存乎称(ウォジーザイ
  フーニー)」と書いて中国語の「時の流れに身をまかせ」です。テレサ・テンで有名な歌です
  
  中国のメロディーは胡弓の様な楽器が入り、ホントもうしっかり中国の歌でした。
f0088569_23494991.jpg

  次いで二番目の歌手は付属品の会社を経営して居られるとか!恰幅の良い人でした。
  「北国の春」これまたペイグォージチュアンと、中国語で歌います。最近テレビで見かける
  がばいばぁちゃんの作者にどこと無く似ていて、親近感を持ちました^^
f0088569_23545493.jpg

  この方は徳島に3年間住んでいたとか!女社長さんの通訳で来日です。と言うわけで歌も
  テレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」をペラペラの日本語で歌ってくれました。

  どこの国にもデュエットソングは有るのですね。甘い掛詞の歌を二人で歌います。それでも
  昔の日本人のように慎ましやかで大人しいムードです。私たちの方が騒がしいですね。
f0088569_23591512.jpg

  歌本をめくると中国語の歌のコーナーがあります。それも結構な曲数です。それを3人は
  楽しそうに開いて中国語で(当たり前)お喋りしながら楽しい時間を過しました。

  カラオケという言葉は今、世界を席巻しているそうですがホントそうですね!言葉は通じ
  なくても私たちまで楽しい時間を過せたものです。

  もう十数年前シンガポールで「昴・すばる」をカラオケで歌ってる現地の人を見て驚いた
  ことが有りました。あの時はとっても感動したものです。
f0088569_0112316.jpg

  今日は暑い日でした。日中は27度も上がり一時は今年初のクーラーが入りました。
  もう・・・初夏ですね。連休を楽しんで皆さん其々に還って来ました。又ぐわんばるド^^♪
[PR]

by kazumi1713 | 2007-05-08 00:24