名前

ももえちゃん!
  「今日店開いてる?ホンマ!今から行くけんね」と言って切れた。え~~っと?この声は?
  頭のてっぺんから出てきそうな高かぁ~いキー!!! 誰かなぁ~~?
f0088569_21273564.jpg

  来る人、くるひとに「電話掛けた人」って訊ねたが皆さんノーだった。暫くして
  最中を下げてきた人。ももえちゃん!あっ!そっか^^電話の主はももえちゃんの声だわ。
f0088569_2130425.jpg

  名前は可愛い(?)けど、ももえちゃんはおん歳84歳、自称48歳と逆を言う。
  可愛い声で歌を歌ってくれます。赤いお上がり(娘のお下がりの)の服を上手に着こなす。
f0088569_21532689.jpg

  「百恵ちゃん」のイメージが強いので名前を呼ぶ時抵抗がある。で、今日は聞いて見た。
  ももえちゃんは桃の花が満開の時生まれたらしい。そうだったのか!正ししくはモモエとか
f0088569_21373313.jpg

  俄かにみんなで納得しました。こういった何かに因んだ名前は多く有りますね。私の
  長男は昭和43年生まれ、明治から数えて100年目に生まれました(1968年)
f0088569_21402989.jpg

  明治元年は1886年です。呉時代隣り合って仲良くして頂いた男の子。明治から数えて
  百年という事で2文字を戴き「百治・ももはる」と命名しました。百君って呼んでいました。
f0088569_21501096.jpg

  名前と地名は読めなくても恥ではない。一回は聞きなさいと言って来ました。「渡辺 1」と
  言う名前の同級生が居ました。じえったい読めないですよ。「たていち」だって^^;;
f0088569_21552642.jpg

  名前にまつわるお話も結構有りますね。またの機会に^^

mamarinnさんの写真です。
[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-31 22:05

暑(あじぃ~)いでんなぁ~(--;;)

もぉ~、わやくちゃやわぁ~!!! 
f0088569_8204741.jpg

  ミーはこのどぶ川の様なマリー川に住んでます!いつもは川の中で泳いでマ!
  川岸にはナ、こないな美しな花々が咲いてマ!みんなはナ、余り見向きもしまへんな^^;;
f0088569_826684.jpg

  この花かて、川沿いにいっぱい咲いてまんがな~。時々見てな。
f0088569_8284378.jpg

  川のそばに住むガバイばあちゃん?チャウチャウ!marriばあちゃん、やっかましいでぇ~
f0088569_8302817.jpg

  今日はあんまり暑いんで、川から上がってきましたがナ。ハイ・これがミーだす!
  このマリー川に住んで何年になるかなぁ。この一週間の暑さで水から上がって来ました。
f0088569_8333824.jpg

  畑にはトマトが真っ赤に熟れていました。花々も美しかった。チョウも飛んでたなぁ~!
f0088569_8355821.jpg

  いつもは水の中じゃが・・・陸の風景もエエもんじゃなぁ~~**~☆
f0088569_8372829.jpg

  のんびり眺めておったんじゃ!それなのに。marriばあちゃんに見つかってもぉ~て^^;;
f0088569_8385222.jpg

  あのばあちゃん、見かけほどつよぉ~無いよ。「亀じゃ、カメじゃぁ~」って!
f0088569_8395682.jpg

  卒倒しそうなゼッキョーを挙げて逃げてったよ。イイヤ、直ぐ戻ってきた。手にカメラ提げて
f0088569_842362.jpg

  コワソーな、でっかいおばさん引き連れて。怖いよ~、一寸どいて。キャー!パチリ!!!
  そのおばさんがミーを川の傍まで運んでくれた。目印の花のところまで大急ぎで歩いた。
f0088569_8481529.jpg

  ほんの夕涼みに陸に上がっただけなのに。「早いなぁ」って驚くmarriばあちゃんの声を
  聞きながら大急ぎで川に帰った。ポチャンは「あばよ!」って挨拶だよぉ~ん^^
f0088569_8505093.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-30 08:14

しょうゆ豆

四国の名物
  年に2回、讃岐の国から「しょうゆ豆」が届く。讃岐・琴平に叔母(母の妹)が住んでいて
  贈ってくれます。これまでは不自由な足で店まで出向き吟味の味を送って来てました。
f0088569_826865.jpg

  しょうゆ豆は「煮豆」ではありません。焙煎したそら豆をしょう油タレに漬け込んだものです
  四国を訪れた人々がお土産に求める讃岐ならではの郷土食品です。
f0088569_8315189.jpg

  父は高松の出身でした。好き嫌いの激しい人でしたがこのしょうゆ豆には目が無かった
  です。母は豆を炒ってタレに漬けそれは美味しい我が家の味を作ってくれてました。

  その昔霊場めぐりのお遍路さんが接待に貰った豆を炒っていました。そのとき飛び跳ねた
  豆が傍にあった醤油の壺に飛び込んでしまいました。

  所が後で取り出して食べてみるととっても美味しかったのです。炒り豆の香ばしさと沁み
  こんだ醤油の香りがとっても合い、以来村人に伝え郷土料理として定着しました。
f0088569_837715.jpg

  それぞれの家庭で手作りされ代々受け継がれてきていたしょうゆ豆。高度成長時を迎え
  お惣菜がスーパーなどで量販販売されるようになって、手間のかかるこの豆はだんだん
  家庭ではつくられなくなりました。
f0088569_8483784.jpg

  私がしょうゆ豆を大好きなこと知っていて、美味しいメーカーを吟味して。叔母はいつも心
  掛けて送ってくれます。箱が届くと亡き両親と叔母と四国が思い出と共に広がります。

  四国の、讃岐の、香川の事を余り知らなくても・・・きっとお土産のしょうゆ豆ご存知かと?
  顎の力を発達し、咀嚼力は脳の活性化に効果が有ってお奨めの食品らしいです。
f0088569_8563983.jpg

  豆と一緒に小豆島の素麺も届きました。歩けなくなった叔母が嫁に任せたのでしょう?
  今年はこれまでに無い銘柄のものです。箱の向うに不自由な叔母の姿が見えてきます。

  息子夫婦に孫夫婦、そこにひ孫が生まれました。一軒うちに四世代同居しています。
  近くに新道が付いた時、四世代で「橋の渡り初め」をしました。それが新聞に載りました。

  叔母はその切抜きを自慢そうに見せてくれて、また大事に仕舞い込みました。それは
  去年未だ足が丈夫で歩ける頃、ウチへ泊まりに来た時の事でした。会いたいなぁ~!
  母の顔とソックリな器量よしの(?)笑顔が浮かぶしょうゆ豆。お盆に行ってみようかな!
f0088569_96415.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-29 09:09

旅の宿

公共の宿
  月に一度は旅先で寝る。シゴトから離れて泊まる宿は一泊1万円前後と決めている。
  なに・・・掛け流しの温泉が有ればもうそれでゴクラク・ゴクラクだ!!!だから公共の宿です!
f0088569_8433050.jpg

  ウチの近くにも公共の宿がある。2キロも行くと市内を一望に見渡せる丘の上に立つここは
  「備後ハイツ」 日帰り風呂も楽しめます。春は桜が満開。今はビヤガーデン!
f0088569_8495237.jpg

  「お風呂と昼食バイキング」千円なのです。行って来ました。水中歩行は毎日頑張って
  います。お風呂代は300えんです。って訳で昼食は700円になるかなぁ~~。
f0088569_8522128.jpgf0088569_8524493.jpg
















  お客様は少ないです。欲張りなワタクスは何度も足を運んで取りに行きます。
  いざ・・・座って食べるダンになって。なぁ~んも欲しくなくなりました。食欲ゼロ?
f0088569_8571254.jpg

  実は大したもんないんです。みんなでわいわい言って、取り合って食べるから美味しいん
  です。「それ、どこにあったん?」「これも美味しいよ」ぬぁ~んてワイワイが^^;;
f0088569_8591084.jpg

  これがおすすめだった!「古代米」ビタミンどっさり、ミネラルいっぱいだってよ^^♪

  食欲無いって! これだけ食べといてよく言うよ。そして・・・お風呂です。おっきいよ^^
  プールみたいに広い風呂で、トドは歩きます。素っ裸でドンドン歩きます^^;; 裸ですぞ!
f0088569_95375.jpg

  帰ったら、鞆の浦の美味しいてんぷらがドッサリ届いていました。キャッハー^^
f0088569_96799.jpg

  採れ・とれのミニトマトもどっさり。捥ぎたての日向のにおい、温もりのするのをこれまた
  パクパク! 今日は何度体重計の上に乗ったことか^^;;

ほおずき
[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-28 09:18

思わずニンマリ!

旬のもの!
  幼馴染の霞ちゃんはふたつ年下。父親が戦死して母方の祖母と3人近所に住んでいた。
  成績が飛びぬけて良かった。加えて目元も涼しげな美しい子供だった様に覚えて居る。
f0088569_22443360.jpg

  私にはふたつ違いの弟が居た、コイツは飛びっきり人が良いけどのんびりさん。何事も
  自分の世界に遊んで。成績もいまいち。マッ、私の弟だからそんなもん^^
f0088569_22473522.jpg

  霞ちゃんとは戦時中の生まれ、貰い乳をして「乳兄妹」として育った。栄養失調の小さい弟
  二人はとっても仲良し。勉強も教えてもらい学校の行き帰りの面倒も全て見てくれていた。
f0088569_22511240.jpg

  太くて丈夫そうな霞ちゃんが中学生になって間無しに死んだ。亡くなってから棺が裂ける
  程膨れた。後になって白血病だと聞いた。幼い私にはその時の事が思い出せない。
f0088569_2253551.jpg

  貰い乳して、ガリガリに痩せていた弟の方が太くて頑丈に育ち、一人っ子の大切な娘の
  霞ちゃんが死んだ。今頃になって小母さんの気持ち解かる私です。

  霞ちゃんはほおずきの出る頃、いつも上手に口の中で鳴らしていました。中味をくりぬいて
  上手に作れない私。今日貰ったほおずきを見て大昔の頃の事を思い出しました。
f0088569_2323546.jpg

  今日はまた「初物」のイチジクを戴きました。何でも直ぐその場で分けて食べる私ですが
  このイチジクだけは独り占めですね。もうもう・・・目が無いんです。だ~い好きなんです。

  自分家の木から捥いだのかな?買ったのかな? 温室育ちじゃ無いよ! 旬の物だよ!!! 
[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-26 23:08

朝早くから~~

選挙カーがうるさいよ!
  こんな事言っちゃァ~いけないのよね^^;; 大切な参議院選挙の日が近いのよね.
f0088569_1085023.jpg

  先日の続きデス。鞆の浦の「仙酔島」の朝日です。余りの美しさに仙人も酔ってしまった
  と言うこの島。沼隈半島にあります。市内からクルマで10キロ程、近いですよ!!!
f0088569_93715.gif

  沼隈半島の、東(地図上では右)の付け根の町は福山、西の町は尾道ですね!
  私の家は、地図右上の端っこに「山陽道」と有りますね。この山という文字の辺りです。
f0088569_9201894.jpg

  山陽自動車道を直下、南下すると2号線に出ますね。ここから鞆の浦まで15キロ程
  なんです。鞆の浦から西へ廻ると島があります。ここがあの白い橋の掛かった田島です。
f0088569_9213192.jpg

  田島の隣に百島(ももしま)があります。隣り合っていますがこの島は尾道市になります。
  「氷雨」の作曲家・とまりれん氏はここの出身、島内には「氷雨御殿」があり有名です。
f0088569_923957.jpg

 沼隈は大きな造船所が有ります。総理大臣にまでなった宮澤喜一氏は此処の生まれです
f0088569_9271450.jpg

  朝もスッカリ明けて来ました。クルマも増えてきました。蝉の鳴き声もしてきましたよ!
f0088569_9295285.jpg

  橋の下を覗くとゾォ~としました。おじさんが豆粒みたい! 今日も暑くなりそうだ!
f0088569_9403819.jpg
  

桃談義
[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-25 09:47

青空が嬉しい!

暑い夏がやってきたぁ~~**

  蝉の声を聞いたような! 雲の間からお日様が覗いている!
  あ~~!今日は良いお天気なんだ・・・と思っ時にはもう飛び出しているワタクス。
f0088569_7205351.jpg

  本土と島を結ぶこの橋は海上で大きく弧を描いてカーブして居る。この橋を渡るとそこは
  小さな島。橋が生まれてからの島の人々は随分と便利な生活をを享受していますね。
f0088569_7235734.jpg

  この先・・・行かれるかな?と細くなった道を海沿いにどんどん進んで行ってみた!
f0088569_7251197.jpg

  いつもそう! クルマが進めなくなるまで行ってみる、行かれなくなったら・・・バック^^;;
f0088569_7275732.jpg

  漁村で見かけたピンクの干し物!堤防の上に掛けてある。美味しそうで美しい!
f0088569_7411773.jpg

  行く道の・・・どこかで見かけた文字。「定置網観光船」なんて? 網かぁ~?
f0088569_74150100.jpg

  家を飛び出したのは6時前、この島の端っこの漁村で写真を撮って遊んでいても・・・
  時間は未だ1時間も経っていない。爽やかな夏の一日の始まりは風が心地よい^^
f0088569_7493258.jpg

  だれか人が居たらお話も出来るのに・・・今日の特派員は調査より景色にポォー!!!
f0088569_751590.jpg

  今度行った時一杯聞いてみるね!NHKの朝ドラ見なくっちゃァ~と大急ぎで帰って来たの
  「どんと晴れ」も良いけどその後の「さくら」がとっても爽やかで良いのよ!

  でも・・・ちょこっと早起きして、ひとっ走りすると。こんなに美しい朝の海に出会える!
  あ~~! なんて良い所に住んでいるんだろう。 梅雨が開けて良かった!

フクロウ・不苦労・福郎
[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-24 08:00

今年は80歳

ヒント いつでも、だれでも、どこでも・・・!
  夏休みの子供たちは早起きだ。朝は寝てなんか居られない。
  「ラジオ体操」に行かなくっちゃァ! 親たちも早起きしなくっちゃァ~~!
f0088569_14102372.jpg

  今から80年前、 昭和03年11月 1 旧ラジオ体操第一は、逓信省簡易保険局が昭和天皇
  ご即位の大礼を記念 して始められました。そうです!ラジオ体操は今年で80歳なのです
f0088569_1412332.jpg

  一時、休んでいましたが昭和22年に再開し今のようになったのは27年からの事だそう
  です。朝早く起きだし子供たちは首にカードを下げて集合場所まで出かけますよね。
f0088569_21283458.jpg

  子ども会の役員を受けた年、毎朝ラジオを持って公園へ行きます。
  オイチニ・オイチニと体を動かし早朝の空気を吸っての体操は良かったような?
f0088569_21312449.jpg

  いいえ・・・とんでも有りません。眠い目をこすって。決して遅刻はできない、休めない!
  その事から開放されたくて、お盆までという事に(短縮)決めました。
f0088569_21364362.jpg

  その年以来、毎年朝のラジオ体操はお盆までと当子ども会は受け継がれているようです。
  私のように横着なお母様方が多いのですね。そんな話も・・・早や2~30年も昔の事。
f0088569_2139563.jpg

  ラジオ体操の話なんぞして誤魔化していますが^^;; 美味しい写真を掲載してます。
  岡山の蒜山高原の200年前の庄屋を移築したお料理やさんで昼食を戴きました。
 
  ステーキの昼食は980円です。お肉が欲しくなるとここへ寄ります。たかぁ~い天井は
  太い梁が何本も渡してあって、飛騨の高山の商家と何処か似ています!!!

  上を見たり、お肉食べたり、写真とったり。忙しいアタクスです!帰ったら桃が届いて
  いました。箱入りの玉島の「白桃・白鳳(はくほう)」です。こりゃぁ美味しいよ^^
f0088569_21485394.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-22 21:51

いよいよ夏休みだ!

アメリカザリガニ
  雨ばっかり! もう梅雨開けないかなぁ~? とうとう夏休みに入っちゃったよ^^
f0088569_2157633.jpg

  バケツを左手に、右手には火箸を持って若いお父さんがミゾの傍にかがんでいる!
  「何を獲っているの」と聞くとザリガニよと言って、火箸で摘んで見せてくれた。
f0088569_21594155.jpg

  結構街中のスーパーの傍の側溝に住んでいるらしい!「たくさん取れたね。茹でて
  食べたら」って言うと「さっきの人もそういった」と微笑み返した。
f0088569_2221376.jpg

  男の子を成長きく育てるという事はこういったシゴトも含めての育児が入ってくる。
f0088569_2234458.jpg

  もう・・・30数年も昔、我が家の長男もいろんな生き物を獲って来たものだ。ある時
  押入れを開けて赤い紐の様なものを見つけたことがある。なんとイモリの干物だった。
f0088569_2261745.jpg

  若き母親(昔のアタシの事)が嫌うので、コッソリ押入れで飼ってたらしい!ギョギョだ!
f0088569_2275512.jpg

  これからひと月以上「夏やすみ」 ごキンジョが賑やかに成るぞ^^

昼食
[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-20 22:20

ハスの花

お盆が近づいて参りました!
  お墓参りに出かけた。目が覚めると・・・かあッ~とお日様が射していた。ラッキー^^
f0088569_23152356.jpg

  ウチから東へ20キロ、そこは岡山県の金光町(こんこうちょう)花卉産地!!!
   これだけ買って・・・いくらでしょう?土間に広げて楽しみました。
f0088569_2318273.jpg

  近くの花卉農家から持ち寄った、ここはJAの販売所。一把80円から200円位で
  売ってます。安いのでついつい買い込んでしまいます。これだけ買って1200円でした。
f0088569_2322517.jpg

  母は↑こんな花や桔梗、日々草と言った花が好きです。花屋さんの花より似合います!
  「自分のお墓に欠かさず飾れる位我が家で花を作る生活をしなきゃぁ」が口癖でした。
f0088569_232797.jpg

  玉島はレンコン畑が続きます。今は白い花が一杯咲いて楽しめます。このあたりはその昔
  水島コンビナートが来て土地を買占め畑の持ち主は俄かに「レンコン長者」に成った所とか

  走る窓から撮りました。何枚かの中から一番気に入りました。花見が出来るなぁ~^^
f0088569_23324863.jpg

  叔母(父の弟嫁)のウチへ寄りました。八十も半ば、会うと一番に抱き合います。恒例^^
  痩せて小さくなって昔のベッピンの面差しも無くなりつつ? とっても待っててくれてます。
f0088569_2335513.jpg

  先ごろ亡くなった兄(一つ年上・年子)の話を聞きたがります。叔母は長女の家に身を
  寄せて居ますが、昔は実家の近所に住んでいて私たちを可愛がってくれたんです。
f0088569_23382749.jpg

  どうしてかしら?目から「汗」が出てきます。拭いても拭いても。そのうち声になりました。
  ワァ~オゥ~って声を出しました。自分の声に釣られてワンワンになりました。

  「marri いっぱい泣けばエエんよ。よぉ~頑張った!お前はよぉする子じゃ。ええ子じゃ」
  そういって胸を貸してくれました。2ヶ月前も、今だって泣いたこと無かったよ。その私が。

  この・・・細くて老いた叔母の胸が欲しかったのか! 何処を今まで彷徨っていたのか!
  声に出してしまうとスッキリしました。片手の無いハンディを背負った若い兄の死が無念で
  これまでの持って行き場の無い寂しさが流されていくようでした。
f0088569_23455343.jpg

  喜怒哀楽の激しい性格のワタクス! 帰りはルンルンと歌いながら帰ってきました^^;;

最近のウメー定食
[PR]

by kazumi1713 | 2007-07-19 00:00