♪ この木 なんの木 きになる木 ♪

早く元気になってよ。
  友達のお母様は八十代。春先の入院から快くなったと思ってたのに又もや骨折入院。
  それが・・・なんでもないような転び方で「老人性圧迫骨折」とか言うらしい。
f0088569_13252925.jpg

  その彼女・千代子さんは趣味で絵を描いたり、歌を詠んだりしています。それで、毎月
  自作の色紙が 2枚届きます。何となく温かくってほんのり嬉しくなるような作品なんです。
f0088569_13282538.jpg

  カエルさんだったり、茄子、アジサイとかいった絵なんですがとっても微笑ましい。
  毎月手を受けて待っていたワタクス。という事で最近は余り届きません。
f0088569_1331446.jpg

  でも・・・これまで頂いていた作品の中から、季節感の合った素敵な色紙を選びます。
  そして今月も飾っています。絵を見ながら・・・一日も早く良くならないかなぁと思っています
f0088569_13343062.jpg

  ネッ!!! 本当に可愛らしい絵でしょ。こんなのがまだまだ一杯有るんですよ^^
  早く元気になって下さいね。又かわった色紙をまってま~す^^ うふふ^^♪

  いつも出かけるスーパーの隣は公園です。「美味しそうな木」が有ります。
  何かの実なのかナァ~? 遠くで見ると赤い葡萄が一杯垂れ下がっていて美味しそう^^
  なんの木かなぁと思いました。全体で見るとこんな木です。
f0088569_13401042.jpg
  

渡り蟹
[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-30 15:14

ひこばえ

竹は節有りて 風雪に強し
  もう上がって寝ればいいのに・・・って早い夜は思います。それなのに、あぁそれなのに
  今夜もこうしてPCに向き合っています。これって中毒症状かも^^;;
f0088569_2312880.jpg

  先日のお墓参りで随分逞しいものに出会いました。いじらしくって涙が出そうになりました
  お盆に掃除をしたとき、思いっきり根っこから切られたんでしょうか?切り株なんです!
f0088569_2341168.jpg

  「ひこばえ」がグングン出ています。
  「ひこばえ」とは木の切り株から新たに出て来た若木(芽)を言いますね。

  漢字で書いたら「孫(ひこ)生え」って書くらしいです。この木は切り口が更に10センチほど
  根元に深き刻まれていました。あの暑い夏を経て新芽がこんなに伸びています!

  斧の切り口の痛々しさ、それにもましてたった50センチほどに切り残された株から実に
  ひと月の間にここまで成長したなんて。お~~!戦後の日本のような逞しさかな!
f0088569_23132937.jpg

  逞しいといえば彼女達です。母と同年齢の人々と昼食一緒になりました。皆が喋る言葉
  ナント懐かしいお国言葉です。啄木じゃ有るまいし。故郷の なまり懐かし 停車場に~

  話の内容は解かりません。やたらめったら「ちゃん」付けで話が進んでいます。お~~、
  将来のワタクスたちグループを見るような思いがしました。
f0088569_23202856.jpg

  私も戴きました。「下津井定食・1050円」です。この後彼女達はお風呂に入るのかな!
  戦前戦後を生き抜いて今このひと時を元気に共有出来る幸せ!!! あ~・平和っていいな

  どの人が母に似て一番近い人かな?アッ、それにしても岡山弁の語り口の甘さよ。
  なぁ~なぁって聞こえてくる。とっても楽しそう。勝手に写真撮ってごめんなさいね^^;;

  どなたも過酷な時代を生き抜いてきた人達ばかり。ジグザグの道を歩んできたはず。
  家庭も、病気も、子供たちの問題も皆節目・節目を作りながら生きて来たんよねぇ~~。
f0088569_23515565.jpg


そして・・・今
[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-28 23:38

仲良き事は美しき哉

命日
  「して見せて 言うて聞かせて させてみて 褒めてやらねば 人は動かぬ」って言うわね
  子育てもその通りだと思う。この年になってつくづく思うよ!!!
f0088569_2122309.jpg

  いつもながらの・・・自慢話!まぁ~そう嫌がらずに聞いてね。案外楽しいかも!

  今日もお墓参りに行って来ました。毎月2回は出かけます。これは↑上の言葉通り
  人の背中で学んだことなのです。ここに移り住んでから出来たお友達ですが、とっても
  躾が良くって私の良き師がいます。彼女がいつもそうやっていたのです

  それまでの私常識知らずの術知らず(今もそうですが)何か事が起きたらその都度聞いて
  習っての猿真似の人生でした。慶弔は特にそうですね。土地の風習も有ります。
f0088569_21294980.jpg

  私の両親はとっても喧嘩が好き^^;; 私達兄妹は年中罵り合いの中で育ちました。
  中のいい夫婦を見ると不思議でした。きっと見えない所で喧嘩してるんだと思っていました

  私は父が大嫌い・苦手でした。早く家を出て別れたいと思っていました。どんな男と
  結婚しても我慢できるじゃろうなぁと姉と云ってました。・・・まぁまぁの夫でした?
f0088569_2143189.jpg

  でも、結婚して段々にわかってきたことです。父はとっても良いお父さんだったってことが。
  夫を通して知った男性心理は私の考えを大きく変えて行きました。
f0088569_21453268.jpg

  30年前夫の墓地を迷わず実家のある児島に求めました。当時の私はヒョイと気まぐれに
  お墓参りに行きます。いつ行っても綺麗に掃除してあり花が活けて有りました。全てあの
  大嫌いだった(逃げ出した)父の仕業でした。

  父は20年前脳梗塞で呆気なく亡くなりました。75歳の若さでした。なんで、どうして?
  翌年母が後を追うように亡くなりました。ウッソー!あんなに喧嘩が趣味じゃッたのに!
f0088569_215854.jpg

  それでね!父も母も命日が「27日」なんよ。父は8月で母は3月と月は違います。
  実家には墓地が無かった。それで私の夫の隣で仲良く眠っています。そこへ行けばいつも
  全員に手を合わせることが出来るのです。私も一箇所でしっかりお喋り出来ます。
f0088569_2215057.jpg

  お友達はご先祖様・両親をとっても大切にします。言い事は見習わなくっちゃァ~。私は
  こうして月に2回お墓に参るようになりました。父が参ってくれてた様に真似しています。
f0088569_2252748.jpg

  姉も母よりふた月早く、同じ平成元年に亡くなりました。そしてこの5月は兄でしょ。
  あの世で喧嘩するの仲裁が要ったのかなぁ~?その分私が寂しいって事分かっるかなぁ
f0088569_22173190.jpg
 

満開のさくら
[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-27 22:27

流行り歌

ご存知ですか?「朝花」を

勝手に掲載することお詫びいたします。 ごめんなさい^^;;  
  昨年末奄美旅行をした。話せば長くなるけど・・・道先案内人はtokorinさん!  
  スケジュール・セッティングはFORTUNEさん。ガイドはamamianguidoさん!
f0088569_23465636.jpg

  初めて訪れる島です。ブラジルのpatinhaさんの「奄美恋しや」に乗せられました???
  以上4人中お会いしたのはamamianguido・「き」さんだけです。余裕の旅立ちでした!
f0088569_23504572.jpg

  初めての土地でタイヘンなおもてなしを受けました。厚かましくも「き」さんの家に招待され
  ドカドカ侵入したワタクスなんです。私らしいといえば・・・そんな様な^^;;
f0088569_0204823.jpg

  話が前後しますが。奄美って、人々がとっても温かいんです。初めてと言う気がしません
  レンタカーを借りて島内を走り回りましたが。なんと自然豊かで伸びやかな所なんでしょう

  着いたその日からもう、とっくの昔からの人・・・みたいな顔してのしていた私だったような
  ハイビスカスが咲き乱れ、ブーゲンビリアが風に揺れます。青い空と海、広いトウキビ畑。

  そして金作原という森の中を案内してもらいました。手付かずの自然が残っていました。
  それからカヌーでマングローブの林を探索と言う初体験もしました。
   (今年初めのブログに掲載させていただきました。話がダブってすいやせん^^;;)
f0088569_0175727.jpg

  さてさて・・・前置きが長くなりましたが。
  「き」さんの家でワタクスは浦島太郎(花子)の様な歓迎を受けました。奥様の手料理で
  鯛やひらめのおおごっつぉ~!明日は大晦日と言う年末の慌しい夕餉に!

  「き」さんが私を強引(?)に招待して下さったのには訳がありました。とっても素晴しい
  ゲストの方を二人お呼びして有ったのです。酒盛りが進むほどに・・・

  お~~!なんと三味線が出てきたでは有りませんか。静かなシジマの中に三味線に
  乗って島唄が流れます。初めて聞く奄美民謡を生で独り占めで聞かせて貰えるのです。
f0088569_032751.jpg

  よいすら節、行きゅんにゃ節、それから朝花節だったかな?ナンセ酔っ払ってました^^;;
  こんなまごころのおもてなしを初めての出会いの日に受けようとは。絶対奄美民謡は
  忘れないぞ・・・と思いました。この夜の事は全て夢のように幸せな出来事で忘れられない

  今月新譜で石川さゆり・35周年記念曲で「朝花」が出ました。島を旅していた作曲家の
  方が作ったそうです。これが又良い歌で。毎日流れます。みんな懸命に練習しています。
 
  「朝花」って楽曲のお蔭で、思い出の奄美が毎日ワタクスの隣に居座ってしまいました。
  あのコバルトブルーの美しい空と海の奄美大島、歌の世界で遊んでいるワタクスです^^
f0088569_0473595.jpg


フリーマーケット
[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-26 00:59

勇気の要ること

大津島・つづき
  ゆったり、のったりと時間が流れる。耳を澄ますと小鳥の声と波の音。どこに立っても・・・
  油を流したような、ないだ海が見える。あ~~ここは島なんだと思った!
f0088569_12203987.jpg

  えぇ~~!こんなトンネル抜けるの?ここを抜けるとどこへ出るの?後ろずさりする心
  トンネル内から賑やかな笑い声。大勢の人が居るらしい!じゃぁいっちょ走り抜けるか!
f0088569_12233387.jpg

  宇部から来られた婦人会の一団が向うから帰ってくるところとぶつかった。ホッ^^!
  涼しい風が入って来る。トンネルの向うから真夏日の景色が風と共に飛び込んできた!
f0088569_12254780.jpg

  このトンネルの長さ200m位は有ったろうか(基地跡の写真は前頁↓)
  基地跡を見た後「回天記念館」に廻った。 山の中腹にその建物は有った。ドキドキした
  誰も居なかったら帰ろうと自転車を押しながら思った。汗がポタポタ流れ落ちた。
f0088569_1236762.jpg

  両側の石碑は戦没者・145名の名前と出身地が刻んで有ります。ここを通らないと
  向うまで行かれません。懸命にサッサと通り抜けました。でもしっかり北海道、静岡なんて
  読んで居ました(ワタクスってどういった性格なんでしょう^^;;)
f0088569_12473629.jpg

  回天の長さは15m、「天を回らし 戦局を逆転させる」と言ったことで戦争末期に作られた
f0088569_13311354.jpg

  人口15万人のコンビナート都市と変貌を遂げた徳山市をここからいつも見つめている。
  館内は男性の見学者が多かった。遺書がたくさん展示されてあった。
f0088569_13351011.jpg

  館長さんが親切に説明してくださいます。先日も縁故者の方の名前を見つけて遺影の
  前で慟哭する姿に接した・・・とか。聞いていて哀しいものと怒りが込み上げて来ます。
f0088569_13375339.jpg

  大津島の港です。平和が良い。戦争なんて絶対繰り返してはいけないと思った。

山道で
[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-24 13:54

大津島

知らなかった!
  家を飛び出して1時間、岩国のSAPAで地図を広げていた私、錦川を上ってぶどう園に
  行こうかな~なんてぼんやり考えていた。今夜の宿は湯野温泉。山にするか、海にするか

  錦川を抜けてぶどう狩りか、フェリーに乗って島へ渡るか? 一瞬だけ迷いましたが・・・
  ヤッパリ海の好きなワタクス。錦川は紅葉の頃にしようっと^^ レッッ・ゴー!
f0088569_72828.jpg

  徳山(山口)はコンビナートの街、ここから定期船で40分、回天の島「大津島」が有ります
  先日の萩旅行の時、徳山を通った時ガイドさんから教えて貰ってました。でも、島へ渡る
  には勇気が要りました。先月毒ガスの島・大久野島へいった事が少し後押しになりました
f0088569_7395393.jpg

  人口500人、小さな美しいこの島で終戦近い頃、人間魚雷回天の訓練が行われていた
  のです。全国各地から若き兵士たちがここに集い、飛び立っていったのです。
f0088569_7422879.jpg

  さて・・・ワタクスの足はこの「はるかぜ号」です。島内はこれのお世話になりました。
  帰りの船の時間まで2時間ほどのスケジュールです。暑いあつい島の午後でした。
f0088569_745545.jpg

  この島から飛び立った若者たちの平均年齢は21歳と聞きました。あの日も・・・真っ赤な
  カンナの花が迎えて、送ってくれたのでしょうか。
f0088569_747779.jpg

  このトンネルを抜けると基地跡がある海に続いています。かなり広くて長く、私は自転車
  他の人々はお喋りしながら歩いて海へ出ました。
f0088569_749156.jpg

  こういう場所に立つと足が震うのです。かろうじて見学できたのも他の人々がいたからです
  若いアベックの人が居ました。訳も無くお喋りして「戦争」を語りました。
f0088569_7512128.jpg

  「誰かのために闘って死ぬ、なんてこと考えられない。おばちゃん、戦争の話して」と
  20代の若い連れに聞かれました。懸命に何かを語ろうと思いました。何も言えなかった!

  「知覧も行きました。江田島も」息子より若そうな男性が口を挟みました。そうよ、この島
  から目をそむけてはいけんのよ、と心で頷きながら語る言葉の無い私がそこに立って
  いました。半分嫌々しながらここまで来た私に渇が入りました。
f0088569_872293.jpg

  ヨッシャァ~ この勢いを駆って「回天記念館」へ行くぞ~!思いっきりペダルを踏みました
  次回は、目をそむけず見つめた戦争を綴ってみたいと思います。
  

海は美味しいぞ^^
[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-23 08:23

お笑い三題

笑って頂けるやら・・・?
  月に二回の火曜日、待ちに待ったワタクスの休み。毎回スケジュールの無いお休みです
  思いつきで出かけます。今回はチョッピリ出し惜しみ^^ 曼珠沙華やこんな話で。
f0088569_11205023.jpg

  其の壱 
  離島へ渡りました。1時間半も船を待ちます。それはもう~~・のぉ~んびり~~^^
  途中の島へ船が付きます。仲良しになっておじいちゃんが下りていきました。
f0088569_1123269.jpg

  座ってたお尻の辺りにケータイの忘れ物。一寸昔の型で長い旧式のヤツ!お~い・おい
f0088569_1125685.jpg

  引き返したおじいちゃん「わしゃぁ、携帯電話なんぞ持ってない。そりゃぁケータイじゃない」
  言われて見ると。オッ!確かに!ぬわんと、テレビのリモコンじゃッた^^;;アハ・ア~~。
f0088569_11331383.jpg

  其の弐  
  利口げに変った裾のキュロットスカート(股のわれたズボンの様なスカート)はいてました。
  何故かしら裾に切れ目が入ってリボンが付いています。年寄りがなぁ~んも、そんなん
f0088569_11371938.jpg

  宿のドアを止める飛び出したモン、そこにスカートのリボンが入って・・・なんもそんなトコ
  部屋の中へダダーンと転げて入りましたがナ。お~~今ワタクスは転げているのじゃと。
  チャンと確信しながら・・・この年寄りはドデンと思いっきり転びました。イッテェー^^;;
    (トドの「どんでん返し」と pomoちゃんに言われました^^;; あはは^^**♪)
f0088569_1142583.jpg

  其の参
  宿の温泉は硫黄の匂いたっぷりの、源泉掛け流し。↑朝一で撮りました。お湯が溢れて
  洗い場は洪水のようです。こりゃぁ~凄い贅沢なことでっせ。

  前日早目に付きました。夕方も夜もここは20名位の全員、裸の人(当たり前)で一杯です
  熱いので出てから椅子に腰掛けていました。「痩せてしもぉてから!30キロも減ったよ」

  私の後ろで悲しげに喚く声がします。なナント30キロも・・・周りからグループらしき人の声
  「ほんま!酷ぉ~痩せっちゃってからに」アハハ、アハハで大爆笑になりました^^;;
  太っとい、まるで小夏さんの様な人(許せ!小夏よ)が立っていましたよ^^ あはは^^♪
f0088569_11553275.jpg

  美しくも悲しい歴史の島へ行って来ました。瀬戸内にはまだまだたくさんの島が一杯!!!


[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-20 12:05

咲いてました!

お彼岸だから彼岸花
  昔小津安二郎監督「彼岸花」って映画が有ったなぁ~! 佐分利信 有馬稲子なんて?
  今の人達って知らないだろうなぁ。詳しい事は忘れたけど、山本富士子が可愛い役してた
f0088569_2240360.jpg

  今朝早く山道を走っていたら道端に赤く、今季初の彼岸花に出会った。うわぁ~~^^
f0088569_22412869.jpg
 
  みんなには嫌われるけど。私はだぁ~い好き!慌てて車を止めて撮りました。
  ウチの近所では見かけないけど・・・もう咲いてるんだ。気をつけてみるとアチコチに!
f0088569_22435043.jpg

  マンジュシャゲ 狐花 死人花 なんて忌み嫌われる呼び方されるのかしら^^;;
  リコリンという毒を持ってるから嫌われるのね?こんなに素敵な花なのにねっ^^
f0088569_22475896.jpg

  カエンソウっていう雅な名前も有るんだって。私はこの呼び方が好き!!!
f0088569_22561113.jpg

  この時期・お彼岸には お日様が真東から昇って真西に沈みます。西に向って手を合わ
  事はご先祖様が居られる極楽浄土の有る真西に向って拝むことになるんだって!
f0088569_2364340.jpg

  明日はお彼岸の入りです。お墓参りに行かなくっちゃァです。そんなことを思いました。

車を走らせば!
[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-19 23:20

おんな友達

  この日曜日の昼食会、実を言うと私の時間に合わせて下さってます。ホントならディナー
  です。この最近夜の会食に出られなくなった私に合わせて昼食会になった仲間たちです。
f0088569_22263032.jpg

  それは昭和の時代の事です。最初10人位で夕食を囲んでワイワイやってました。
  年齢差は上の端から下迄10歳位の間で固まってたかしら?なんせ20年以上前の話で
f0088569_2229217.jpg

  専業主婦って一人も居なかったなぁ~!みんなてんでに仕事してました^^
  そのうち一業種・ひとりってことになって行きました。で・・・今は業種はてんでバラバラ。
f0088569_22315196.jpg

  増える事は有っても減ることの少ないグループは気が付けば20年以上続いています。
  何をするって事は無いのです。年に数回お食事会をします。それと最近は日帰り旅行!
f0088569_2240159.jpg

  これまでは子供たちの進学、就職、結婚、孫自慢と。成長に合わせての話題が多かった
  最近は健康の事が一番多いね。この場所に来ると何でもご開帳できるんです。
f0088569_2242132.jpg

  どこの家にどんな娘、息子が居て、孫が来た、帰ったの・・・なんでもお喋り出来るのです。
  時々他のテーブルの人が驚くような、はじけた笑い声が辺りを制する仲間たちです^^;;
 
  女友達が10人以上で20数年もお付き合いしているなんて!!!すごいなぁ~って思います
 
  廻り幹事さんが二人です。安くて美味しい店を見つけてきます。食べ物にはみんな拘り
  ません。お喋りがご馳走なんです。だから2~3千円でメッチャ美味しく続いています。
f0088569_22525926.jpg

  いつまでも元気で続けられたらなぁ~と思っています。今日も自慢話でごめんねーー;;
  明日はお休みです。なんだかこんなしょもない話したく成っちゃって。
f0088569_22581399.jpg


敬老の日
[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-17 23:10

私のファミリーは17人!

6人目の曾孫が生まれたんだって。
  こんなにまとまって雨が降るなんて!折角の三連休なのに・・・勿体無いなぁ~~^^;;
  家の傍を流れる川は増水して、色んなものが流れて来ます。
f0088569_21381041.jpg

  よっちゃんは今年79歳になります。視力は1、0 両目ともよく見えます。髪も一度も
  染めた事は無いと言います。それが真っ黒!今日、雨の日にやってきました。
f0088569_21402182.jpg

  「6人目のひ孫が生まれたんよ。今病院を見舞っての帰り。名前は私がつけました」って。
  孫の嫁さんが「敬老の日」のお小遣いを呉れたとかで・・・ホクホク顔^^ いいなぁ~。
f0088569_21445656.jpg

  結婚して7年目、夫は29歳で亡くなりました。よっちゃんは27歳一年生と4歳の男の子が
  残されました。最初は寮のご飯炊き、掃除に行ってました。収入が少なかったそうです。
f0088569_21474048.jpg

  そこでバイクを習って衣類の行商を始めました。これが当ったらしいです。商いが巧かった
  のでしょうね。たくさんのお得意さんを持っていたと言います。
f0088569_2150436.jpg
 
  そうやって・・・女手ひとつで二人の子供を育て上げ家も建てたのです。70歳まで働いた
  そう聞きました。子供二人・孫四人・曾孫六人。私のファミリーは17人だぁ~と言います。
f0088569_21523836.jpg

  いつも明るいんですよ。口癖は「私ってどうして上手いんでしょう」です。新曲を覚えたとき
  歌が上手く歌えたとき、ステージで格好をつけてバンザイしながらそういいます。
f0088569_21544196.jpg

  よっちゃんの口にはいつも負けるワタクスです。いやはや・・・明るい性格です^^

  元気で明るくこういった歳を取りたいものよと・・・来年80歳のよっちゃんを見ています。
  今日は「敬老の日」で招待されているけど私は忙しいから行かんかったよ、とニッコリ^^
f0088569_21581366.jpg

  ハイ!わたくしたちもよっちゃんに見習って元気な老後を迎えねばと思っています^^

さて、ここから本題に・・・
[PR]

by kazumi1713 | 2007-09-16 23:03