膝の治療について

巧く説明出来るかな?
  外へ出るともう日が沈んでいた。こんなに長い時間院内に居たんだ、改めてそう思った。
  朝予約時間にあわせてこの病院に来たのは10時頃だった。7時間も居たんだわ。
f0088569_1047359.jpg

  来た道は雨の中、小走りに玄関へ駆け込んだ。帰り道は慣れない松葉杖でポトリポトリ。
  こんなことになるなんてソーゾーもしてなかったよ。マッ!入院は免れたから・・・いひひ^^

  なが~い一日を思い出しながらお話しましょうね。

  今年の2月、転んだことが始まりで。膝に水が溜まった、ヒアルロン酸の注入、水中歩行
  この年寄り(都合のいい時はこういいます)を、左足の膝は悩ませ続けてきました^^;;

  ここ2ヶ月、階段も交互上がり←(当たり前) 痛む頃は赤ちゃん上がりで片足づつで・・・
  当たり前に上がったり降りたり出来てたのに。キコキコといたむのよ!!!

  その痛み方が骨の上2箇所。その箇所を押すと飛び上がるような痛み。打身を押えた
  様な。巧く説明できないが。コレはレントゲン撮らなきゃ分からないこと。

  主治医のカレ(普通はセンセイと言います)に相談しました。大きな病院にFAXを送り
  直ぐに時間を取ってくれました。市内でも1,2を争う大病院です。よっしゃぁ~!

  受付のお姉ちゃんの案内で整形外科の待合室に来て吃驚!30人位座っていますーー;;
  ウワァ~!(待たされるナァ)そのうち気がつきました。名前を呼ばれて中待合に入って
  いく人が一人では無いみんな誰かが付いてはいる。だから人数は半分に減っていく勘定

  待っても、待っても呼ばれない。
  トイレも言ってから行けといわれた。いつ呼ばれるか分からん。携帯も圏外!

  エエイ!こうなったら店は臨時休業・・・と腹を決めた。でも張り紙も無しで、いきなりの
  無断休業。こういうのだいっ嫌い!しゃぁ~ないな、長い人生こういう事もありじゃ^^;;
f0088569_10481835.jpg

 
  結局名前を呼ばれたのは予約時間をオーバーした・・・約束も何も有ったもんじゃない時間
  心のどこかで「そりゃァ~当たり前よ。名医を指定して居るんじゃもん」と妙に納得。

  ひと目で気に入った。とっても話を良く聞いてくださり見立てもしっかり。いいセンセ!
  レントゲンとMRIを撮る様に。即予約。3時撮影とか!いくぞ!するぞ!聞くぞ!

  はなし、長くなるナァ~!一旦切ろうかな!続けちゃおうかな!mmm・・・・?  

  レントゲンは早かった。立って撮るのと寝転んで撮るのと。カメラが足の部分へ自在に
  寄ってきて巧く取れるようになっていました。

  MRIは1時間掛かります。用意された衣類をつけます。技師の方に問診されます。それが
  「金具は無いですか、指輪・ネックレス、入れ歯は、コンタクトレンズ、刺青、」と
  まぁ~人間って裸に成ってもいっぱい付着物が有るもんデスナァ~と苦笑しましたっす^^

  ワタクスってなんて恥知らずでしょう!耳栓で音楽流してくださるので、大きな音なんか♪
  グー・スゥーって眠っていたんですよ。20分と30分で2箇所撮りました。すいやせん^^;;

  「変形性膝関節症」っていう名前戴きました。0脚から来る症状で今回は膝の下の骨が
  骨粗鬆症で中で骨折していたらしいです。「一週間入院しますか。歩かないで下さい」

  「いやだ」と我が侭を言って帰ってきました。お供に松葉杖を付けられました。様子を見て
  入院ってことになるうやも!先では手術しかないってーー;;
f0088569_10544876.jpg

  長いお話、お付き合いくださりありがとう。当分横着させていただきやっす^^
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-27 10:59

金木犀

小鳥たちの食卓
  裏の田圃の風景、一変してしまいました。たった一時間やそこらでこのように!
  昨日までの黄金色の稲穂が主役を終えた後は小鳥さんたちのいこいの場に変身^^
f0088569_9522624.jpg

  風に吹かれてユラユラと。雀はつるんで行動します。たくさんいます。窓を開ければもっと
  鮮明に、綺麗に撮れるのに^^;; 窓越しにパチリ♪
f0088569_9541883.jpg

  鳩さんの美味しい食卓なんです。これからのシーズン毎日繰り返される景色です!
  はとの集団は4~50羽かな。ひとしきり食事した後は空を一斉に舞い始めます。
f0088569_9563199.jpg

  そんな風景が撮れる様になったら載せますね。今は電線マン、いえ電線鳩しか撮れない。
  光線の加減が悪い、曇り空がいけない・・・ってことにしておきますね^-^
f0088569_959079.jpg

  窓を開けました。金木犀の香りが部屋中に飛び込んできます!うわぁ~~!シアワセ^^
f0088569_10313738.jpg

f0088569_10315571.jpg

  ゲンキでのんびりと,,こうして鳩や雀の写真撮って眺めていられるこの良き人生哉!!!

サービスエリア
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-25 10:20

コンバイン

働き者だじぇ^^
  ここに住むまで稲刈り、田植え見たこと無かった。ワタクスはいいとこのムスメでした^^;;
  生まれ育った町は産業が栄え、農業とは余り縁が無かっただけ・・・と言うのがホントの所
f0088569_20422586.jpg

  今朝、裏の田圃にゴンゴン言って機械が入ってきました。一回だけしっかり見ようっと!
  「おじさん、耕運機はエエ仕事するなぁ~!」言うたらコレはコンバイン言うんよと言われた
f0088569_20445686.jpg

  30年前引っ越してきた時おじいさん、おばあさん二人がいつも野良仕事していました。
  でも、いつも殆ど機械が入っていました。昔の農作業しか知らないのでラクチンに見えたよ
f0088569_20474663.jpg

  おばあちゃんとは直に仲良くなりました。息子が二人居ってもう直ぐ帰ってこの田圃の事
  手伝ってくれる。長男は東京の商社勤め、次男は当地の銀行の支店長さんだと^^
f0088569_2051119.jpg

  「お宅も息子さんかいの?嫁は地元のを貰わにゃぁ、ここには戻って来ませんぜ。家はの
  こちらのムスメを貰おたんじゃ。盆暮れにゃぁ~揃おていつも帰ってくるんよ」
f0088569_20561871.jpg

  ほいじゃが・・・そがぁ~に巧げにこちらの娘が嫁にナァ~と言ってたのは20年も昔の事
  た~くのセガレは向うでチャッチャと恋愛結婚してこちらになんぞ帰っては来ないぞ!
f0088569_20584195.jpg

  田圃の長男夫婦は帰ってきてチャンと後を次いで裏の田圃も守りをして居る。両親は
  おじいちゃんが亡くなってひと月もしない間におばあちゃんも無くなった。もう10年前の事
f0088569_2104665.jpg

  残された田圃は二人の息子がしっかりお米を作っている。とっても楽しそうに作っている。
f0088569_2115024.jpg

  初めて見た頃のおじいちゃん、おばあちゃんは未だ70代だったのかナァ~!
  だって・・・ワタクスも30代だったんよ。それから40代、50代・・・あぁ~~(--;;
f0088569_213872.jpg

  コンバインは三列も刈って、袋に頭を入れて、藁は切り刻んでカブの上に撒き散らす。
  コレだけの広い田圃を1時間少々で刈り終えてしまった。ジッと見守っていました。
f0088569_2113496.jpg

  時には傍をチラつきながら、または2階に駆け上がって全体を撮ったりと。最後の一株を
  刈り終えた時。コンバインの運転席からおじさんはワタクスに向って手を振った!
  なんでやぁ~~~? でも楽しかったよ。ふぅ~~^^;;  

蓮根の収穫
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-23 21:27

杉坂史跡

急に寒くなってきました。
  ひとり旅もいいが、いつも、誰にも、行き先を告げずに出る。行った先でこれまた・・・
  好奇心の 赴くままに突き進んで入っていく。人っ子一人居ない森の中でもグングンと!
f0088569_2217356.jpg

  怖くないの? 怖いよ。誰かにいきなり肩を鷲掴みされるような、いきなり誰かが前に
  立ちはだかりはしないかと。ビクビク歩く道は多いよ^^;;それでも進んでいくワタクスです
f0088569_2223941.jpg

  道路わきに車を止めて、坂道をトロトロと登るといきなり深い杉林が口をあけた。
  行く手を十月の柔かい日差しがさして手招きしてくれる。ヤッパ、行かずばなんめぇ~^^
f0088569_22255711.jpg

  ここは中国山地の深い山の中、今でこそ高速道が近くを通っているがその昔の関所跡
  後醍醐天皇が隠岐の島に流される時ここ姫路と美作の県境を通ると思ったらしい?
 
  その人は児島高徳ところが一行は船坂の峠(もっと南)を抜けていたので計画は失敗
  そして有名な院庄の桜の木に刻んだ漢文が歴史に残された
f0088569_22333462.jpg

  こんな山の中にひっそりと立派な碑文が建っていた。走っていてこういった史跡に合うと
  回り道して寄ってしまう私です。昔しっかり歴史の時間に習った岡山県の歴史です。
f0088569_22501792.jpg

  どうして帰り道は早いんじゃろう? お寺めぐりはこんな道ばっかりじゃったなぁ~!
  また、お四国さん行こうかなぁ~と巡礼の事考えながら降りて来ました。  

十月は母の手のひらのぬくもり
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-22 23:06

ひと休みしませんか?

贅沢なひととき!
  毎日人間ジャングルの中で明け暮れて。セカセカし過ぎていませんか?
  ちょっと、ひと休み^^ こんな椅子ですが・・・。どうぞどうぞ^^
f0088569_9242817.jpg

  私の住む瀬戸内の町から、日本海を抜けるには、どんなコースを通っても160キロは・・・
  中国山地を一跨ぎ、なんて軽く言うけど結構いくつもの山を抜けるんですよ。
f0088569_9265811.jpg

  何時(なんじ)までに着かなきゃぁ~。 なんて無いのにただただ飛ばす性格です。
  でも・・・この峠では誰かに呼び止められたような!ちょっと、憩んでいきなよ^^ って!!!
f0088569_929644.jpg

  どこかの・・・峠なんですよね。でも名前も知らない、どこを切り取っても絵葉書の様な
  こんな景色を独り占め、風を感じ、大地の息吹を戴ける所に立ちました!
f0088569_9305133.jpg

  誰も居ないんです。クルマの一台も通らないのです。くっきりと晴れ渡ったあの山脈の
  向うが・・・きっと日本海だと思います?イエ・そうです!
f0088569_9331254.jpg

  フゥ~~! 空気が美味しいような、そんな気がしました。停めて良かった。
  実は幹線を外れてこのコース選んだのは私の気まぐれです。いつもやります^^;;
f0088569_21212576.jpg

  オルゴールのチャイムがなります。澄んだ空気の中美味しい空気を一杯戴いたのに!
  我に返って時計を見るとお昼・正午のタイムでした。キューと成るワタクスの燃料タンク。
f0088569_941319.jpg

 ♪ 美しい景色よ!サラバじゃ! 又の会う日を~。ぬぁ~んて美味しいトコロ目指して ♪  

またまた、おまけ!
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-21 09:51

休日

目一杯楽しんでます!
  基本的には月に2回休みます。第一と第三の火曜日。でも・・・不定期的に休みます。
  先日の上京なんぞは結構計画的ですが。大体我が侭な休み方が続いています^^;;
f0088569_2337145.jpg

  前日、月曜日の午前中に旅行社に電話すること多いです。ツアーに混ざりこむのです。
  今回もお昼過ぎに電話しました。
f0088569_23384147.jpg

  「姫路の太陽公園に行き栗拾いします」そっかぁ~栗拾いか!リンゴがいいかも!
  急にそんな考えに落ち着きました。温泉付きが好きなんです。よっしゃぁ、岡山じゃな^^
f0088569_23405337.jpg

  広島県は冷泉しか無いのです。その点岡山は一杯温泉有ります。美作三湯(美作・湯原
  湯郷)コレまで一度もいった事の無い湯郷に一人で行く事に決めました。
f0088569_2343444.jpg

  近いのでゆっくり行けばいいさ・・・とアチコチ寄り道しました(後述)早めに宿に着きました
  山の中腹に有ってグルリを高い山に囲まれていました。アッ、ここはもしかして!

  「雲海」が見られるな、と思った。俄然忙しくなったワタクス。夕陽の沈む位置を見て絶好
  ポイントを探す。屋上は断られた。案の定施錠していた。ベランダは大きな木が邪魔する。
f0088569_23474369.jpg

  明朝早めに起きて見つけよう。熱燗一本戴いてポテ・チン! グッスリ寝ました。
f0088569_23494196.jpg

  私の神様は優しい方、チャンと部屋から見れるよう、撮れる様ご配慮下さってるじゃァ~
  有ぁ~りませんか^^ それからの一時間の充実したこと!
f0088569_2354175.jpg

  東の山から西の山まで。180度の早朝の雲海をしっかり、しっかり撮りました。
f0088569_001293.jpg

  前の高い木々が黒い塊となって私の邪魔をします。でも・・・そんなことお構いなし^^♪
f0088569_014199.jpg

  温泉に浸かりに来たのに。こんなに棚ボタのおまけがついていたなんて。良かった^^
  大急ぎで帰ってきました。スンゴク得をしたような休日になりました^^♪

そして・・・昼間!
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-19 00:06

雲海

霧の海から帰ってきました! 
  休みの日って、時計が進んでんとちゃう^^;; あっと言う間に一日が飛んで行く!
f0088569_1155405.jpg

  目覚ましセットして無くても・・・5時前に目が覚めました。あっと驚きました!!!
  宿の部屋から目の前に大パノラマの「雲海ショー」なのです。
f0088569_11594089.jpg

  5時半から一時間、たっぷりと「雲海と日の出」を楽しみました。高い山のテッペンだけを
  残し 建物もゴルフ場も、家々もくるまも・・・みぃ~んな霧の中に沈んでしまいました。
f0088569_122946.jpg

  こんな中を帰ってきました。写真見たさに・・・大急ぎ^^
f0088569_1375682.jpg

  真ん中走っちゃァ衝突しちゃうじゃないか あぶない・あぶない霧の道!(あの車・対向車)
f0088569_1253865.jpg

  白い袋が一杯、引っ掛かってるみたい? コレ!「蜘蛛の巣」霧のシャワーを浴びたのさ!
f0088569_1275142.jpg

  電信柱も真っ白い模様になってるのよ。高速道に乗った頃は霧も晴れていました。
  でも山々はアチコチに孫悟空のキントンウンの様な雲がたなびいていました。
  大急ぎでコレだけアップしますね。続きは・・・またね^^♪

おまけ
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-17 12:14

秋祭り

♪ む~らの ちんじゅの かみさまの~~♪
  今どこの町でも「秋祭り」のシーズンですね。わが町の祭りはシンプルで大人しい祭りです
  
  私の生まれ育った児島はそれは秋祭りは勇壮で賑やかで心の残る行事でした。
  鴻八幡宮は琴浦地区の氏子を抱え今年も昔に変わらぬ祭りの日を迎えようとしています。
f0088569_9432280.jpg

  倉敷・児島の鴻八幡宮へ先日行って来ました。今年は13・14日がお祭り日とあって
  のぼりを立てたり掃除をしたりと・・・忙しそうに働いていました。

  この登り口の辺りに白い服を着て座り込み物乞いをしていた傷痍軍人さんの姿を思い出し
  ます。私の中の記憶はそのあたりから始まりました。
f0088569_9494846.jpg

  琴浦地区・18部落のだんじりが傾斜度20度のこの坂を登るのは。祭りの華2日目の事
  みんな両脇に立ってそのさまを手に汗握って見守っていたことでしょう。
f0088569_9535236.jpg

  狛犬が向かい合ってる厳かなる本殿に立って思い出しました。未だ18だった妹がここで
  結婚式を挙げたんだわ。卒業式の次の日だったわ!
f0088569_956428.jpg

  私はこんなに変ったのに変らぬ姿の狛犬さん。青空の下すっくと建ってます。
f0088569_958579.jpg

  あらら^^ こちらの狛犬さんの肩越しに瀬戸大橋は見えますね。こんな景色ももう・・・
  今から20年前からの事。石段の途中に立って言葉にならない感情が吹き上げてきました
f0088569_1002712.jpg

  思い出の中の八幡様はこのように様変わりしています。おさないころが走馬灯のように
  駆け巡ります。この日ばかりはお小遣いを貰ってきれいに着飾って出店を覗いて歩いた
f0088569_10191055.jpg

  鉦太鼓のお囃子が子供たち青年団の曳く縄に引かれて練り歩きながら登ります。
f0088569_10203966.jpg

  私の住む沖熊と堀江部落のだんじりが出会うと喧嘩になります。岸和田のだんじりと同じ
  怪我人の出た年が何回も有ります。この祭見たさに県外から皆帰って来たものです!
f0088569_10232215.jpg

  祭りの前の日、境内には仕度に追われるざわめきと秋空が広がっていました。
  足元にドングリが落ちていました。ほんわり温もりを頂き思い出のお宮様を後にしました。

椿の実かなぁ~!
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-15 10:29

人それぞれ

あなたならどうする!
  ビデオが出来てきた。8月末当店の「ピュアフレンズ・12周年祭」が会場を借りて催された
  百人以上の多くの参加者を招いて一日楽しい会を終えたのはもうひと月以上前の事!
f0088569_0345924.jpg

  思い思いの衣装で歌に踊りにと、盛りたくさんのイベントで思い出の一日を終えました。
  数日前上下2巻のビデオテープが届きました。ところが。思わぬ出来事!
f0088569_0371752.jpg

  これまで一度も無かったことに・・・何の手違いか全テープがシクジリ作品だったのです。
  画面がぶれて写らなかったのです。サぁー大変!知らないで皆さんに迷惑をかけました

  そのことを私に伝えるまでには十人十色とっても色々となりました。買って下さった方は
  40名ほどです。未だ半分の人にしか渡っていなかったのですが、皆さんの様子を^^
f0088569_0412887.jpg

  渡したその夜Aさんから携帯メールが届きました。見ていて画像が乱れました。ビデオ
  デッキが悪いのかとBさんに連絡取りました。お互いに同じシーンから見えなくなりました

  翌朝Cさんが2本持ってきました。見ていたら画像が揺れて見えなくなったので、預かって
  いたDさんのを了解を得てみました。ヤッパリ悪かった。今日はわざに持ってきましたと。
f0088569_0454986.jpg

  そこから私も大慌て。業者の人を呼んで、見て貰って今日確認を取りました。どうやら
  失敗作を作ってしまったのは業者の手落ち。そこで全てを回収することになりました。
f0088569_054463.jpg

  ビデオの操作を出来なくて未だ見てない人は良いとして。ビデオ機器に絡まって取れなく
  なった人、業者を呼んでビデオの故障を見てもらった人、こんな事言えないから我慢を
  しようと思った人・・・なんとまぁ色々な結果になったことでしょう!
f0088569_056622.jpg

  さて・・・わが身に返ってみて。この数年私は恥ずかしくって見たことが有りません。
  しっかり見てモニターして翌年に備えるべきです。分かっていても未だに実行できません

  画像が乱れて見えなかったとき自分なら、きっとビデオデッキが古くなって見えないんだわ
  そう思って見もしないかも!皆さんの色々な反応を知ったような思いがしました。
f0088569_13185.jpg


農家の庭先
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-14 01:10

本陣

参勤交代
  以前テレビでタレントの楠田枝里子さんが語っておられました。家の出口に温度計を
  掛けて置く。それを見てその日の服を決めるんだって。彼女理系だったよ!!!

  季節の変わり目、毎日着る物が半袖だったり長袖だったりと・・・日替わりです^^
  その日も重ね着をして出ました。矢掛の本陣へ行った日です。今日はその話です。
f0088569_23355866.jpg

  手前の門が御成門と言って大名が出入りした門。閉じて有りますね。一般の人は一番奥
f0088569_23372686.jpg

  中から見るとこんな感じの屋根付き門、丸くカーブしているのは唐風なのです。あの当時と
  しては凝っています。私たちは石井家の商家の門を潜ります。縄のれんがお迎えです。
f0088569_23395466.jpg

f0088569_23403713.jpg

  ボランティアの方が付いて説明しながら廻ってくれました。山陽道の18番目の宿場町とか
  三里先の宿場町までの同道する馬から人足からの手配はリレー形式で支えていたとの事
f0088569_23522636.jpg

  宿泊大名は年平均14家、本陣には側近35名位が宿泊しその他の人々は町全体に宿泊
  した。総勢500名以上とか。次ぎの宿場までのおもてなしを全て賄ったと言う。
f0088569_23531464.jpg

  何百頭もの馬の調達が一番困難だったと記されていました。考えてみれば人足も馬も
  長崎から江戸まで同道したわけでは無かったのです。繋ぎながら続けたのですね。
f0088569_9222034.jpg

  奥へ奥へと長いお屋敷でした。中庭には花々が咲き乱れていました。江戸時代の
  今から400年前の豪商の財力って計り知れないものを感じました。 

この日出会った花
[PR]

by kazumi1713 | 2007-10-13 00:24