<   2007年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

出発(たびだち)

押し迫ってきましたネ^^
  日も暮れてとっぷり宵闇が迫ってきた頃店のドアを押して彼が入ってきた!
  いつも呼ぶように「○○ちゃん」ってワタクスの事言います。もう27年間!
f0088569_22515767.jpg

  「引越しが終わりました」片手でドアを閉めながら・・・外での立ち話になりました^^;;
  こんな客商売をして居ると、いつも満足にお話が出来たためしがありません。

  夏ごろ「家を建てるんよ」と云ってました。居心地の良い借家で気が付けば20年以上。
  もう家なんて・・・と思っていたらどうやら家主が立て直しをするらしい。
f0088569_22552193.jpg

  それをしおに思い切ってマイホームを、って事になったらしい。「チョットおそかったなぁ」
  なんていいながら頑張ったようだ。二人の娘も今春には高3と中3に進級
f0088569_22593651.jpg

  彼・Yは18歳の頃からウチへ出入りしている。会社が近くに有って毎日食事によっていた
  私の事を「お母さん」と呼んで出入りしていた。やがて結婚して少し離れた所に引っ越し
  たが家族同様のお付き合いをして来た。長男は「お兄ちゃん」と呼んで成長きくなった。
f0088569_233627.jpg

  私も息子のように思って接してきた。知らない人にはメンドーだから「甥っ子」と言ってきた
  最初の子が生まれた時も家族三人産院からウチへ帰って来た。誕生日といっては呼ばれ
  初浴衣を着せたといっては店に来た。七五三の時は一緒に写真を撮った。
f0088569_2375081.jpg

  息子と離れ住んでいる分、全てを息子代わりに演じてくれた。孫二人もパパと同じく
  私の事「○○ちゃん」と名前で呼んでくれて家族した。あれよあれよと大きくなった^^
f0088569_23101174.jpg

  あっという間に27年が過ぎていった。そこに居ると言うだけで心強い息子だった。
  新居で新年を迎えるのだという。なんてうかつなワタクスなんだろう。
f0088569_2312181.jpg

  全てが終わってから親子四人で別れの挨拶に来たーー;; 絶句して物が言えなかった
  我が身にかまけて・・・ナンツーことを。いそがしいを口実に。すまん^^;;
f0088569_23141644.jpg

  旅行から帰って、キチンと挨拶に行こう そう思った。アルツハイマー進んだなぁ~^^;
  Y家族に新しい出発の日が来た。幸多かれと祈りつつこの日を「心の記念日」に加えます
f0088569_23234430.jpg


挨拶
[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-26 22:57

アカスリ

オモニの思い出
  写真とちっともカンケーねぇ~お話ばかり掲載してから、って友だちに言われました。
  そんなこんなで一年も終わろうとしています。↓慈姑のから揚げです。
  当地で獲れるから・・・こういった贅沢な(?)食べ方が出来るのです^^
f0088569_23285523.jpg

  「柚子湯の日」銭湯に行きました。これで一年間風邪を引かないそうです。ヤレヤレ☆
  いつも横目で見ていた「韓国アカスリ」をしようと思いました。なんせ・・・衝動なんです

  丁度お姉さんが通り掛っただけなんです。スッポンポンで呼び止めました。出来ますよと
  にこやかなお答え!料金は後払いってことで商談成立。デ又また写真とカンケーねぇ話

  部屋に通されベッドに寝ました。顔に蒸しタオルが当てられマッサージ、目隠しされて
  足は誰かもう一人の人が洗って呉れてます。その荒いのなんの!物体扱い^^;;

  「初めてですか」いいえ釜山でしました。矢張り銭湯に常駐のおばさんにして貰いました。
  あの時も全くその気も無くってしたアカスリでした。話せば長くなります。しましょうね^^;;
f0088569_23413318.jpg

  4年前「関釜フェリー」に乗って釜山へ行きました。テレビで釜山のショッピング番組を見て
  行きたくなったのです。旅行社に頼みチケットを購入して下関まで行きました。

  港では当たり前に出国手続きをしました。言葉が解からなくってここで引き返そうかと・・・
  でも乗りかかった船(洒落じゃない^^;;)行きましたよ。2等船室に乗って(テレビ通り)

  「犬も歩けば棒に当る」ですね。船内で韓国人のオモニ・おかあさんと友だちになりました
  ねえさん一人で釜山まで何しに行くかってんで、ショッピングよ、一日遊んで次の日帰る
 
  簡単に行かれます。そうなんです。夜の6時過ぎに下関を出て翌朝釜山について、その夜
  又夜の便で帰って 来られるのです。だから2日間とも船泊なんです。
f0088569_23524128.jpg

  色んな情報が得られるから広い部屋がいいって言ってたのでこの部屋にしましたが3人
  しか居なくて、大した情報も無く。それでもオモニと知り合いになれて通訳が出来ました。

  大分県の行橋のオモニは韓国人ですが帰化して呉服屋さんをしています。こうして年に
  数回買出しに釜山まで。大阪の丼池へ行くより近くて安くて便利だとか。

  と言うわけでオモニはねえさん・ねえさんと言って可愛がって呉れました。次の日同じ目的
  なので全てが楽しく上手くいき、初めての釜山なのに思いっきり買い物が出来ました
f0088569_01976.jpg

  「ねえさん、韓国に来てアカスリ行かにゃぁ」と無理やり連れて行かれました。人に素っ裸
  洗わせるなんて、ワタクスとしたことが。いいとこの奥様はとっても躊躇しましたス^^;;

  言葉の通じない韓国のおばさんが有無を言わさず上を向け、下を向けと指図して・・・
  コチとらは裸の身、しおらしく言われたとおり洗って頂きやした^^;; 出たわ、出たわ!

  脱衣所でオモニと会った時は嬉しくて実の親子の様な感情が湧きました。やれうれしや!
  一万三千ウオン払えって言われて1300円払いました。安かったよ。ホテルだと1万円!
  その後韓国へは何度か行くけど、ガイドさんを通すとかなり高額をきかされます。
f0088569_0135064.jpg

  帰りもオモニと一緒の便。二人部屋でシャワーを浴びながら和気あいあいで帰って
  来ました。税関の所まで送ってくれました。涙が出る別れでした。

  その後電話でお付き合いしてます。高齢でもう息子さんが行ってるらしいです。戦後の
  辛かったことをちっとも話さず立派な方でした。尊敬しています。

  チョット手洗いマッサージも付いていましたが、年末に衝動で入ったアカスリ、一年のアカ
  しっかり落として気持ちよかったです。3千円でした^^
  今夜も写真カンケー無い ♪そんなの関係ねぇ~、そんなの関係ねぇ~~♪ でした^^;;  

[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-24 00:21

職人ワザ

ご苦労さん!
  雨音で目が覚めました。久しぶりの雨です。テレビをつけました。
  土曜日なのに、早朝なのに、みのもんたさん、ぐわんばってます。凄いです。

  天気予報を見ました。西日本は今日も明日も傘マーク。最近は地図を見ながら
  あのひと、この人の地方を追っているワタクスです。
f0088569_8212185.jpg

  起き上がって川べりの東側の障子戸をあけました。川に雨が降っています。
  あ~~、今朝は日の出がみえないな、鴨の夫婦も来てないや^^;;

  この障子の張替えしといて良かった、昨日は冷蔵庫を片付けたもん♪ ルンルン♪
f0088569_8253163.jpg

  店の高い位置に、二階の屋根よりチョッピリ高い所に一個のネオンが有ります。
  「7」と言う文字、ひとつのセブンで「ワンセ○○」って言うらしいです。元々この下に大きな
  看板がついていました。それを取っ払ったのは13年前。今はこの7だけで頑張ってます
f0088569_8311546.jpg

  電球の球、全部で47個点いています。雨風に弱く球が次々に切れていきます。年に一度
  年末に球換えをします。先日変えました。なんせ・・・高い所です。プロの人の登場です
f0088569_836191.jpg

  先日も「光フレッツ」の時、こんな車が来ました。箱に乗って操作します。高い所も簡単!
  下から「写真撮るでぇ~^^♪」って! ハイ!ワタクスは名物特派員ばあやダッス^^;;
f0088569_8405786.jpg

  点いている球は10個もありません。お客様はこのネオンを見ながらやってこられます。
  「あと○○個」と言い合って、やる気の無い経営者をいびります。;さびれた店ダス^^;;
f0088569_8432629.jpg

  若い二十代のお兄ちゃんのお蔭でスッキリ・シャッキリ点きました。綺麗です!
  店を訪れる人々は「点いたね」と言い合って、まるで自分の事のように喜んで下さいます
 
  この光が冴えるのはなんといっても夜になってです。実は昼間も点けっ放しなんです。
  じぇ~んぶ点いた美しい明かりを見せたのですが。それは自分の目で見に来てください
  ・・・とまぁ~営業口調になりましたぞ!!! これでいい年を迎えられます~~**☆**~~
f0088569_8572794.jpg


看板
[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-22 08:31

お見舞い

病とたたかう!
  コツコツと足音が高く聞こえます。早朝の病棟は人も少なく不思議な静寂が流れます
f0088569_11274826.jpg

  今年になって何人の人を見舞う私でしょう。嫌だ・いやだといいながらこうして見舞います
f0088569_11594791.jpg

  友達の病気は肝臓です。タバコは吸いますがお酒は飲まない人でした。今は見るのも嫌
  煙草なんか吸えない・・・って言ってました。そういうもんかなぁ~!
f0088569_11313279.jpg

  「お正月は外泊許可を3日間貰った」と嬉しげな顔で笑った。この前来た時は座って喋った
  今日はそれもせず横になったままだった。口にしないが弱っているな・・・と思った。
f0088569_11342492.jpg

  こんなに顔が長かったかなぁ~、目は大きかったかなぁと肉の落ちた顔を見つめる。
  お互い言いたい事を言い合ってきた二人だが、ベッドを中にして曳くものがある。
f0088569_1138910.jpg

  「正月はどうするんなら?」と聞くのでいつもどおり海外旅行よと言えば、四国の向うか
  なんて・・・頼りない笑顔。ベッドの人にならん内に行きたいトコ行っとくんよと舌を出す。
f0088569_1141532.jpg

  傷つき病んだ人を前に言いたいことを投げつけながら、こちとら様もいつもの元気はない
  お医者様の回診をしおに部屋を出た。出た途端肩で息を吸った(--;;)
f0088569_11445453.jpg

  来た時は少なかった待合室に人が溢れ返っていた。大きな荷物を抱えてエレベーターに
  駆け込む人、ギブスの足で歩く人、車椅子に乗った人に押す人・・・あ~~!
  元気で一年を終えられることを感謝せずには居られなかった。もう一回位見舞えるかな!
f0088569_11491074.jpg


慈姑(くわい)
[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-21 11:53

年の瀬

椅子の行方
  今日もいい天気。この時間お日様は高く昇っている!今朝の朝日は7時15分頃に昇った
f0088569_8571780.jpg

  気持ち・・・何となく片付けなんて気が働く。あれこれ処分しているとと粗大ゴミが出てきた
  ちゃんと市の資源処理場が有ると聞き出かけていくことにした。
f0088569_934738.jpg

  聞くところによると料金が掛かるとの事。「家庭ごみ」と言うと無料らしい。
  今日処分したいのは椅子が3脚、どうしても営業用にみえるなぁ~?
f0088569_97151.jpgf0088569_9876.jpg









  すぐそこ、という感覚で出かけたが6キロを過ぎたフェリー乗り場からドンドン沖へ向って
  それでも、初めての道は中々に遠い。
f0088569_9114130.jpg

  10キロほど走ったろうか。目の前に海が開けてきた。アッ、カメラを持ってくればよかった
  手持ちのカメラで沖を撮った。キラキラ光って遠く四国の島々が見えた。
f0088569_9152465.jpg

  ゴミ処理場だなんて。スマートで綺麗で立派な建物が今日の椅子の行くところ^^
f0088569_9175042.jpg

  「家庭ごみです」と言うと車ごと重量を測ってくれ、許可証を貰って通行可^^
f0088569_919639.jpg

 ↓車をバックさせて大きく口を開けた地下に放り込みます。覗き込んでみると深い地下に
  ゴミの山。それをこのおおきなクレーンが鷲摑みして分別に移動します。
f0088569_9225732.jpg

  何年間も頑張ってくれた椅子が地下に小さく放り込まれた。ここで終焉を迎えるんだ!
f0088569_9255443.jpg

  外へ出るとお日様が眩しかった。河口堰を撮った。世羅の大地に大河の一滴を落とし
  大きな太い芦田川になる。そしてこんなに太い大きな流れになって瀬戸内海に流れ込む
f0088569_929940.jpg

  これまで知らなかったことを今日は頑張ってやってみた。やれば出来る。
  「そんなの関係ねぇ~」 って言われそうな写真を掲載^^;; てへへ(^-^) 

プレゼント
[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-20 09:11

朝露踏んで

袖刷りあうも・・・
  毎年暮になると北海道から新巻鮭が届く。そうです。北国にもひとり友達が居るんです。
f0088569_10203123.jpg
 
 お歳暮の続編、今朝の裏の風景見ながらお話しましょうね。
f0088569_1021493.jpg
  
  今から5年前北海道旅行しました。よく行きます。その時は宗谷、知床、根室と岬巡り
  でした。11月上旬の北国はこちらの2月の様な厳寒の地でした。
f0088569_10214415.jpg
 
  旅の終わりの日、日高山脈を越えて千歳空港入りします。最後の買い物とトイレ休憩を
  兼ねて「日勝峠」という所でお土産屋さんに寄りました。
f0088569_10221671.jpg
  
  駐車場で焚き火に当って暖を取っていると、一人の従業員の人が通りかかりました。
  「どちらから?」広島からよっていうと、モミジ饅頭が美味しいのよね。幼い頃
  おばぁちゃんに戴いて食べたの。美味しかったわ~と目を細めて言いました。

  普通だとそれで終わりです。さっき懸命にお土産を進めていた彼女の姿が素敵だった事
  そのことが私の頭にちょこっと有って。

  「送ったげるよ。住所書いて」と言うと、いいえそんなぁ~といいながら彼女はそこらの紙に
  書いてくれました。・・・帰ってから直ぐ送りました。
f0088569_933271.jpg

  折り返し封書が届きました。花壇に囲まれた明るい家の写真を添えた礼状が。
  「こういった、軽約束はしょっちゅう有ります。でも、これまで本当に送ってくださった方は
  初めてです」と有りました。そうかもしれない!

  でも私は寒い峠の店で懸命に頑張ってる彼女の姿に心打たれたのです。
  おばあちゃんと食べたというモミジ饅頭の思い出に打たれただけなのです。
f0088569_9455933.jpg

  その旅は、今となってはとっても貴重なる思い出の旅になりました。彼女はその思い出を
  繋ぐとっても素敵な友となりました。

  出会いはそんなちっちゃなきっかけでした。でも、以来今日の日まで5年間お付き合いが
  続いてています。その年から毎年届く新巻鮭は、北海道の思い出と香りを運んでくれます
f0088569_950354.jpg

  今朝は早く目が褪めました。先日からチョコチョっコ見かけるカルガモが気になって
  川をみると朝焼けが綺麗です。防寒着を着てカメラを持って出て行きました。
  いつも見慣れた風景が違う顔して待っててくれました。

  朝露を踏んで、彼岸花の葉っぱを見つけ、田圃はもう耕していることに驚き、鴛鴦を追い
  手も足も冷たくなるんですね。早朝の道って!!! そのうち雲間からお日様が顔を出し^^
  久しぶりに新鮮な朝の空気を吸いました。今朝は今冬2番目の冷え込みだそうです。
f0088569_9582931.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-18 09:28

まごころを添えて!

開けて嬉しい玉手お歳暮
  この頃、毎日のようにお歳暮が届く。北海道の新巻鮭、清水のお茶、選べるギフト
  可愛らしいシクラメンの花。これはとおく神奈川から箱入りで届きました。
f0088569_8133786.jpg

  皆さん、毎年送ってくれるものは決まっています。毎回商品券のひともいます。
  でも・・・どなたも決まっています。品物を開けながら、その人の顔が浮かんできます。

  今日は特派員の写真を見ながら話を進めて行きましょう。この6月塀にぶち当たった
  半年後にきれいになったお隣の駐車場の工事の模様を!
f0088569_8211563.jpg

  送ってくださる人のお話は後回しにして・・・っと。私はいつも、毎年同じものを送らせて
  戴いてます。当地方で出来る広島菜のお漬物、毎年これに決めています。

  もう30年来の親友がお漬物の会社に勤めています。この会社の広島菜漬けがその昔
  「農林大臣賞」を受賞したとかいう、とっても美味しいふるさと商品を作っています。
   (この説明間違っているかも?でもとっても美味しいんですという事は間違ってない!)
f0088569_8302950.jpg

  北海道から九州のお友達に、この数年みんなだれもこの広島菜を送っています。
  皆さん、とっても喜んでくださいます。息子家族なんて催促をしてきます。
f0088569_8353043.jpg

  この毎年決まった自分だけの思いいれのお歳暮自己満足していてふと最近気付きました
f0088569_8385178.jpg

  親友・Sさんは私の送り先の人の全てを熟知してくれてます。どういった経緯の相手か
  一人ひとりをこの十数年の間に充分に知っててくれてます。
f0088569_840428.jpg

  宅配便の箱を開ける人の顔を熟知している箱の中にひとりずつおまけが付くのです。 
  箱を開けたときガム・お菓子がポロリ・・・これはワタクスの孫のところの宅配便!

  美味しい広島菜の隣に大好物のキムチ、これは大阪の親友宅!
  Sは自分が送る心算で、相手の好みを把握してひとりずつに送ってくださいます。
f0088569_917110.jpg

f0088569_849568.jpg

  プロの仕事 これはどこで働いても磨かれた、洗練されたものが有りますね。
  貰ってうれしい、送って楽しい。アッ・・・壊して哀しい、新しくなって嬉しい「塀」でしたわ^^

  細かい気配りの出来る女性的なSさんは、職場でもその働きぶりは遺憾なく発揮されて
  います。今日も元気でみんなのお母さん的立場でこの年末商戦を働いていますよ^^
f0088569_8543635.jpg
  

見てね^^
[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-16 08:30

光は速い?

朝から忙しかったよ!
  独身のワタクス、今日は若い男を二階に上げたのよ!!! それも・・・3人。ここだけの話!
f0088569_22175365.jpg

  朝ドラを2本、楽しんでいました。「8時半に行ってもいいですか」って電話。ドキッ!
f0088569_22191667.jpg

  ワ・ワタクス、未だ寝巻きなんダス~~^^;; ア~~!お片づけしなくっちゃぁ!!!
「光フレッツの工事です。1時間ほどで終わります」なんだーー;; そうだった。今日だった
f0088569_22215059.jpg

  高い所もチョチョイのチョイ! 箱に入って難なく工事。窓からワタクスをチラチラ
  ンな事無い。中の人と連絡し合って慣れたもの。プロってすごいねぇ~!
f0088569_22263815.jpgf0088569_22274165.jpg









    あっという間に終わりました。ここから新規の設置で・・・もう一人の人が参加。
  これまた、あっという間に終了! なんと電線がグチャグチャ一杯、テーブルの上も一杯
f0088569_22313784.jpg

  窓の外はスズメが一杯! これじゃぁ~スズメの学校じゃ^^;;
f0088569_22325319.jpg

  川は木の葉が一杯! 2日続きの雨で葉っぱが散ったのかな、誰かが流したのかな?
f0088569_22352211.jpg

  それなりに美しい!ADSLから光フレッツに変えたけど!前とじぇんぜん変らないよ^^;;
f0088569_22371864.jpg

  「良かったなぁ」ってことにしときましょう!!! こんなお話でゴメンくさい^^;;

まぁ~、その~~。
[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-14 22:32

家族

怖いなぁ~~!
  宇津井健が70代のおじいちゃんよ!それが又良く似合って^^
  しかも汚れ役、事故の後遺症で片足障害の役どころ、とってもはまっていたなぁ。
f0088569_8504411.jpg

  今日ね、また映画見て来たの。「マリと子犬の物語」って。もう3年前になるかなぁ?
  新潟県の中越地震。山古志村のお話です。震度マグ二チュード7度って怖いよ。

  去年の夏淡路島の地震記念館を見たことがある。実際に地震を受けた家庭の台所を
  作って見せていた。又模型の部屋で地震の揺れを体感した経験もした。凄く揺れた!
  それと同じ強度の地震がある日襲ってきたら・・・。怖いよ!

  ヘリコプターに乗って
  空から山並みの連なる山古志村へ入って行きます。この村は闘牛の牛さん、大きな鯉と
  長閑な田園地帯の広がる日本のふるさとを惜しみなくふんだんに魅せてくれる村です
  空から撮った棚田の瑞々しい事。美しい田園のふる里しっかり見せておいてからズタズタ
  地震の怖さを家屋の下敷きになるおじいちゃんと孫の表情から迫ってくるのです。
  主人公は村役場に勤めるお父さんとその家族。一年前のある日捨て犬を拾った兄妹
  マリと名づけられたこの犬が震災の村から復興の村へと大きく勇気付けた物語です。

  主題歌が良かった。平原綾香の「今、風の中で」と言う曲。聞いてみてね!
   (「マリと子犬の物語」↑ 開けてミュージックをクリックしたら聞かれます)
  
  それから、ヘリコプター!
  機内の真ん中がポッカリ開くのです。救命用のロープが下ろされ、抱きかかえられた人が
  スルスルと機内に抱えられて上がってきます。操縦する人の高度の技術を体感した様な
  凄いスリルと迫力。自衛隊の人々の頼もしいことと言ったら!
  着陸したら尻尾が開くのです。フェリーボートのように出口が出来て・・ 
  こんなの見たの初めて。ヘリコプターの救助をしっかり見ました。
f0088569_8522346.jpg


訪問者
[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-13 00:00

サンタの正体

「今年こそは摑まえてやるぞ!」
  毎朝、窓から朝陽が拝める。このことだけが我が家の自慢^^ この日も両手をパチパチ。
f0088569_92745.jpg

  足元でバサバサと。目を遣ると鳩の朝食タイム。皆さん電線から降りてきます。
  
  ハトの写真を見ながら・・・孫の話でも。またまたワタクスの無責任なるお喋りを^^;;
f0088569_953744.jpg

  クリスマスが近づくとばあやは忙しくなる。お金とこの身体。トイザラスへ走るのだ。
  さて、買い物はカタカナばかりのゲームソフトだったり人形とか???

  嫁に孫二人の欲しいものを聞く。今は携帯メール。そこに打ち込んだカタカナ文字の品物
  トイザラスへ行って見せる。店員さんは走り回って持ってきてくれる。
f0088569_911379.jpg

  若い親には、クリスマスの買い物は経済的に負担がかかる。ばあやの財布はゆるくなる。
f0088569_9134312.jpg

  毎年こうやって買い物に走っては楽しんで参加していた私。ところが・・・ 
  もう、買い物どころか、聞くことも億劫になってきた。全てこの横着な身体!
f0088569_9164742.jpg

  お金だけ送ってジ・エンド 嫁からメールが届いた。

  「上の子(小五)はゲームのソフト、娘(5歳)は羊毛ボールを作るキットなので・・・」
  そんなに掛からない。ありがとう!
f0088569_9351131.jpg

  子供達は未だサンタさんを信じています。
  「今年こそはサンタさんを捕まえる」と張り切っています。と書いてあった。
f0088569_9282848.jpg

  小学5年生になっても信じている孫!息子もそうだった。担任の先生から言われたっけ。
  「皆が一斉にサンタは親だ」って合唱しても「違う!」と言い張ってる息子さんよ・・・って!
  歴史は繰り返す。うふふ^^♪
f0088569_928565.jpg
 

みかん
[PR]

by kazumi1713 | 2007-12-11 09:32