一月も終わり

今月は二回も雪が降っちゃった^^
  どんより曇った大空に凧がひとつ(いっぴきって言うかな?) 上がってました。
  最近余り見かけ無くなったような。も少し上手く撮れたらいいのになぁ^^;;
f0088569_9322270.jpg

  一月はいく。お正月気分もあっという間で。明日から2月に入ります。そうでした!
  お待たせしました。お風呂でしたなぁ~!それが・・・そんな・・・まぁまぁ(モジモジ)
f0088569_9352244.jpg

  ここの温泉は40度も無くって。冷泉なので少し温めます。それでも温泉はオンセン!
  湯に浸かると肌に膜が張ったようなぬめりが有ります。それを拭うとツルリとして^^
f0088569_9375815.jpg

  露天風呂は離れになってます。浴衣を引っ掛けてこんな竹の廊下を歩きます。
f0088569_939867.jpg

  中は禁煙になってますので。ここで煙草をすってくださいデス^^;;
f0088569_940577.jpg

  「ガラリ」戸の音です。いえ、中がガラリと。だぁ~れも居ないのです。ハイ、貸切です^^
f0088569_9413663.jpg

  掛け湯です。ここでも「匠」の昔の人々の暮らし、ゆとりを感じます。はい・パチリ!
f0088569_9431763.jpg

  総檜創りの大きな浴槽です。プールぐらいの広さが有ります。滑らないように~~~。
f0088569_947142.jpg

  あ~~あぁ~~!きもちいいぁ~~!!! ふと見ると大好きな垢、いや・・・赤が!
f0088569_9485329.jpg

  さざんかのような。もっと・・・近くへ。カメラ!カメラっと!!! ヤッパリ山茶花でした^^
f0088569_9501536.jpg

  この温泉はもうひとつ竹林の中の大きな露天風呂も有ります。(それは去年掲載済み)
f0088569_952882.jpg

  たいした事も無いのに期待させてすんません。近くの千円のお風呂でしたーー;  

お好み焼き
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-31 10:00

ブログ友達 

しぶき氷って?
  こんばんわ^^ いや・・・こんにちわかな^^ どっちでもいいか^^;;旅行が多いけど  
  いつもいい加減な特派員してまっす。こういった性格なんです(--;;)

  今日はこのいい加減な特派員が「しぶき氷」を披露したくって!!! カキ氷なら知ってるって。
  そうなんよ!知ってる人は知ってるけれど、知らない人はそれなりに^^;; 
  ハイ、ワタクスも初めて知りました!それはブログ友のあけらさんから見せて貰ったんです
f0088569_2225410.jpg

  猪苗代湖の湖上を渡る風の悪戯、シゴトです。名前の通りしぶきです。磐梯山からの冷い
  風で吹きつけられた飛沫が木に飛びついて作る氷の芸術品です。

  彼女のブログからは厳しい福島の冬が伝わってきます。寒いのは嫌ッ・・・なんて^^;;
  いけないワタクスがこの「しぶき氷」には度胆を抜かれました。行って見たくなりました!!!
f0088569_22112516.jpg

  こちらは5年ぶりの大雪です。それが・・・先週の月曜日にも降って積もったんです。
  こんなに、5センチ以上も積もるともうもう、大変です。カメラが忙しいです^^;;
f0088569_2216970.jpg

  見慣れたウチの裏の川も、田圃も、真っ白の世界!景色が一変してしまいました!
f0088569_22173583.jpg

  こんな日は何処へも出かけず、カモメの水兵さんのアクロバット見て過します。
f0088569_22183848.jpg

  そいえば、今日は露天風呂を掲載する約束でしたなぁ~~!いい加減な特派員です^^;;
f0088569_22221352.jpg

  で・・・何の話してたかしら?カモメさんって、羽広げたら大きぃ~なるんね^^♪
f0088569_22234584.jpg

  ブログって良いですね!北から南から、色んなお友達が色んな情報下さって^^
  「あけらさん、しぶき氷ありがとう!上手い事、皆さんに紹介できたかしら^^!」
    皆さん、akeraさんところ、飛んで行ってみて下さいね^^

雪景色
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-29 22:44

竹の美

和の藝術!
  日帰り温泉に行った。そこは竹林に囲まれた日本庭園の美しい所だった!
f0088569_20131552.jpg

  露天風呂に繋がる小道にあって、コーン・コーンと音が爽やかだった。
f0088569_20142515.jpg

  調和が取れてて・・・計算ずくめ。楽しみながら創ったんじゃぁないかな^^
f0088569_20163831.jpg

  周りを見回して気がついた。目隠しも、家具も・・・
f0088569_20174322.jpg

  なんでも、かでも・・・竹尽くし!!!
f0088569_20194087.jpg

  甕(かめ)のふた。ボーフラもわかないかも?
f0088569_20203395.jpg

  カーブをつけるの、難しくないのかなぁ~?
f0088569_20211711.jpg

  日頃は気もつかぬ蓋です。カメラを持ったればこそのシゴト^^;;
f0088569_20241262.jpg

  植木鉢だって、作れるのね!アイデアが素晴しい!
f0088569_20253693.jpg

  昔の人は創造豊かで、感性が高いんですね。作れそう・・・って思うのは後からの事。
f0088569_2027634.jpg

  ワタクス、竹の中で育ったかぐや姫でもないのに!なんだか帰ったようで落ち着きます
f0088569_20281124.jpg

  お湯も良かったです。明日は山茶花を愛でながらの露天風呂を紹介しましょう^^♪
f0088569_20303633.jpg
 
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-28 20:30

海上の安全を願う

阿伏兎(あぶと)観音様
  けわしい海食崖が続く沼隈半島の南端阿伏兎岬は奇勝と知られ岬の突端の断崖に建つ
  磐台寺観音堂は阿伏兎観音と呼ばれ、昔から海上交通の人々の信仰を多く集めてきた。
f0088569_1910555.jpg

  鞆の浦から西へ、車で10分も山越えに走ると「磐台寺」に着く。波に侵食された岩の上に
  石垣を積み立てられたお堂はここから海上の安全を見守って1000年も昔から建っている
f0088569_1914368.jpg

  下を覗くと足が震える。切り立った所に建つ。
f0088569_740489.jpg

  古くから尾道と鞆の海上交通の要衝として栄えた海峡は別名「口なしの海」と呼ばれる
  行く手を遮られる「出口の見えない海」として恐れられ、いつしか、「出口無しの海」から
  「口無しの海」とも「梔子(くちなし)の海」とも呼ばれるようになったとか。
  
f0088569_19195488.jpg

 ↑南に開ける「燧灘(ひうちなだ)」です。のどか~な一日^^♪日向ぼっこしました。

  眼下をゆったり曳航されてゆく大きな御座舟(?)大きぃ船が小さい船に曳かれて可愛い
 ↓タグボートに曳かれて行く砕石運搬船らしいです←amamianguideさんからの助言
 
f0088569_1924437.jpg
 
  お友達が来るとここへはよく案内します。近くにお魚さんが美味しい店が有るのです。
f0088569_19321729.jpg

  風光明媚で絶景のこの場所は映画、テレビのロケーションに何度か使われています。
f0088569_19352976.jpg

  久しぶりに晴れて暖かい一日、半島の先っちょまで出かけました。夏みかんが眩しかった
f0088569_21503373.jpg


美味しかった^^
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-26 22:05

旅の行者さん

もう・・・20年も前の、昔の話です!
  朝陽に手を合わす、この当たり前の事を殊更に念を入れるようになった出来事が有ります
  また、例のワタクスのくだらない思い出話です^^;;昭和61年の事です。
f0088569_22215370.jpg

  松も取れお正月気分も抜けようかと言う一月も末のある晩。その夜も今日の様に寒い
  一日でした。早めの時間、もう閉めようかなと思って暇な店番していました。
f0088569_22253717.jpg

  「お茶だけでも良いですかな」と一人のおじさんって言うか、初老のおじいさんが入って
  きました。(今の私ならおじさんと思うけど、その時はおじいさんに見えました)

  どうぞと言ってから気がつきました。彼は手には錫杖、背中には箱状のものを背負った
  一見長旅の行者さんに見えました。
f0088569_22323870.jpg

  火の側へどうぞとストーブの前に来て貰いました。何処まで行くのと聞くと、高野山まで
  へぇ~!遠い所まで。何処から来たの?去年の秋、11月に熊本のふる里を出ました。

  亡くなった妻の供養で毎日歩いています。3月の末までに高野山に着けば良いのです。
  宿は?どこぞで泊めて貰います。人の情にすがってここまで来ました。
f0088569_22375392.jpg

  いつも歩いているけど車に乗せてもらう日も有ります。空車のバスが止まって乗せて
  くれた事、山道で日暮れて麓まで乗った車、お寺に泊まった夜のお話。
f0088569_22403010.jpg

  お餅を焼いて食べながらお喋りに花が咲きました。おじいちゃん泊まりなよ・・・
  そんな言葉がスルスルとでてしまうワタクスです。
f0088569_2247211.jpg

  行者さんは一晩泊まりました。翌朝モーニングを食べてから杖を突き出て行かれました。
  これから毎朝お日様におじいちゃんの事祈るね。気をつけて無事な旅をって約束しました
f0088569_2251493.jpg

  その日は母の誕生日だったので実家に行きました。その話をすると両親は顔を見合わせ
  「この子は一体誰に似たんじゃろう」って笑いました。
f0088569_2253445.jpg

  今年はなにか良いこと有るかなぁ~って言うと「期待すると何も良い事無いよ」と父に嗜め
  られました。その夏父が呆気なく亡くなりました。それでこの年の、この出来事が
  忘れられない思い出となったのです。あのおじいちゃん無事に着いたのかなぁ~!
f0088569_22575227.jpg
 

小雪舞う公園で
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-24 23:10

今年も元気だ!

♪ 弾ける笑い声 ♪
  新年会をした。おんな達の食事会、お喋り会!
  年に数回集まる。もう20年以上続くダベリング会。中々楽しいよ^-^
f0088569_96058.jpg

  幹事さんが見つけてきたイタリアンのお店。でも会費は2千円少々!お喋りがメイン。
f0088569_965923.jpg

  いつも、そう!!! 一口手をつけてから・・・「キャァー!写真、しゃしん」
f0088569_975981.jpg

  このお店はシェフとその奥さんがフツーのお家でお店して居るんです。
f0088569_99831.jpg

  これが今日のメインです。種類も五つ位有って・・・みんなてんでんバラバラの注文!

  この後、抹茶のお茶とケーキかな、食べた!忘れた!最近直ぐ忘れる。
  この日も、昼食食べたの(イタリアン)忘れて、帰ってから又お餅を食べたーー;;
f0088569_9125836.jpg

  これは・・・いったい・・・何でしょう? ギリシャ土産のチョコレートです。
f0088569_91457.jpg

  箱もいれて、写真撮りなさい・・・と助手が煩いので、もう一回UP
f0088569_9153694.jpg

  彼女はギリシャ土産、みんなに石鹸と磁石(レイゾーコにぺったんの)呉れた^^
f0088569_9183978.jpg

  今日のお楽しみはここから!てんでに千円のプレゼント買ってくるのよ。
  それの交換会。もうこうなったらイタリアンもへったくれも無い!番号札と交換^^♪
f0088569_9244630.jpg

  飛び入りのシェフの歌「時の流れに身をまかせ」 テノールの美しい声でした。
  それに、ギター演奏が付きました。昼間からお酒を飲んでテンション高いワタクス^^

  ワタクスの今回のお年玉プレゼントは羽毛のポンチョでした。
  皆が工夫して揃えてくれたプレゼント!毛皮のハーフコートも有ったりして楽しかった!
f0088569_931329.jpg

  みんな、元気が一番。一人も欠けず参加した会になった。それが嬉しい会でした^^☆
         (加計呂麻島(奄美大島) 「ハウス in カケロマ」さん 撮影)

駐車場で
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-23 09:34

わしの目は10年先が見える!

大原美術館
  私たち夫婦が住んでる河岸にギリシャ神殿風の美術館が建っていますが、これは昭和
  5年、大原孫三郎氏が建てたものです。今から80年も前にこんな立派な洋風美術館が!
f0088569_21111010.jpg

  満州事変の後、国際連盟のリットン氏が調査に訪れ、ルノワール、モネ、ゴーギャン、
  ロダンと言ったヨーロッパの作家のコレクト・作品の多さに驚いたそうです。
f0088569_21144569.jpg

  川を挟んで大原家の別館「有燐荘」です。病弱だった須恵子夫人の為に建てたという
  屋根が黄緑色に輝く美しい家です。
f0088569_21173516.jpg

  その後第二次世界大戦のとき、倉敷のこの町は決して戦火に合わせてはいけないと
  なった建物それが大原美術館だそうです。エルグレコの「受胎告知」がこの美術館に有る
  なんて・・・それは不思議な位素晴しい事なのです。
f0088569_21244411.jpg

             ロダン 「カレーの市民」  正面玄関
  大原孫三郎氏は大原家の三男坊でした。学生時代東京で放蕩の限りを尽くしたとか。
  二人の兄たちが夭折したので21歳の時、あとを継ぎました。
f0088569_21271775.jpg

  大原家は豪農で使用人も2500人から抱えていました。早速、社宅から託児所、社内に
  尋常高等小学校を設立、奨学金で数十名の人々の面倒見る等多くの事に掛かりました
f0088569_2129391.jpg

             イサム・ノグチ 「山つくり」 分館正面
  そんな中に児島虎次郎氏が居ました。彼は優秀な洋画家でパリへ5年間の留学をさせ
  そこで、最初の留学の折25点の絵を買い付けた帰ったのが始りだそうです。
f0088569_21313229.jpg

  女学校の教室を二部屋借りて展示した絵画に連日全国から多くの人が集まってきました
  そののち・・・児島氏は再びパリへ勉強に行き、そこで印象派の絵画を買い捲りました
f0088569_21334932.jpg

  エルグレコの「受胎告知」が売りに出されていると聞いた時、余りの高価さにこの時ばかり
  は手紙を送ったそうです。直ぐ「買え」と返事が来たそうです。この決断が良かったのです

  エルグレコと言うのはスペイン語で「ギリシャ人」という意味です。彼のギリシャ名は
  ドメニコス・テオトコプーロスと言うのだそうです。

  知ったかぶりでペラペラ書いていますがこれは読んだままを書き写しています^^;;

  銀行の頭取、学校の設立、電力会社の設立。彼の63歳の生涯は何と言う華麗さでしょう
  一つ違いの児島氏も僅か43歳で亡くなられたとか。大正の時代を駆け抜けた二人です
f0088569_2201784.jpg

                セガンティーニ 「アルプスの真昼」

大雪^^?
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-21 22:12

勤まるかしら?

夫婦揃って一人前なんだから^^;;
  ハトさんったら!急に進行係振ってきちゃって!!! どうしましょう。朝早いのよね^^;;
f0088569_21364026.jpg

  marriさんったら、いつ来ても早い時間なのよね。未だ店だって開いてない9時前よ!
  おとぉ~さん、おと~さんったら!ガイドを手伝ってよ。
f0088569_2138268.jpg

  「倉敷は昔幕府の天領だったの、アチコチから商品が集まって、散っていったの。
  それで商人たちは競って白壁の倉庫を作ったのよ」アレ・・・どうしたの?
f0088569_2141472.jpg

  恥ずかしくって、顔を隠したの? エッ!私にもしろ・・・ってか!
f0088569_21444213.jpg

  そりゃあ~やれば出来ない事は無いけど。エッ、揃ってするのですか。お尻出して・・・
f0088569_8211474.jpg

  セーノー!!! 倉敷川でもここだけ水が湧き出しているのよね。
f0088569_2158496.jpg

  自分でも・・・よぉ説明できんのよ。なんで、こうなるの?誰かオセーテ^^;;
f0088569_2201921.jpg

  美観地区といえども、みんな生活している家並みなんです。
f0088569_2213016.jpg

  この時間帯は旅行者の人はあまり見かけませんね。大体どこも、9時からが多いです。
f0088569_2224772.jpg

  店先こんな大きな石。ウン、多分吹屋の磁硫鉄鉱石かも。紅柄を始め陶磁器の赤絵とか
  家屋・船舶の防腐剤となる石だと思います。昔高梁川を下って玉島港まで運ばれたのよ
f0088569_2211316.jpg

  さっきもフランス人の人が写真を一杯撮ってたっけ。大原美術館行くのかな?
  エッ!marriさんもいくの!いつも素通りなのに?ヤッパ!特派員するんだ^^
f0088569_22154441.jpg

  ロダンの彫刻弐体がお迎えして呉れるよ。カレーの市民」と「洗礼者ヨハネ」のブロンズ像
f0088569_2219798.jpg

  「行ってらっしゃ~~い」 今度はもっと上手にガイドするから。また来てね^^♪
f0088569_22235246.jpg


それから・・・
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-18 22:27

いらっしゃいませ

なんと・・・寒いですねぇ!
  こんな寒い中、ようこそいらっしゃいました。今日の案内は私たちですね。marriさんは
  「ワタクス、口下手なもんで」って言ってますので♪ エッ!それって大うそですかぁ~^^
f0088569_22263756.jpg

  しつれい。今食事中なんです。エエ、蔦の実がとっても美味しいのよ!皆知ってた?
  そうよね。marriさんも知らなくって。お友達に聞いて初めて知ったみたいよ。
f0088569_22291141.jpg

  JR倉敷駅を背にして、南に100m位信号を二つ三つ位かな?左手に有るんですよ。
f0088569_223139.jpg

  倉敷美観地区、入って直ぐ右手に有名な大原美術館が見えてきます!上を見て、見て!!!
f0088569_22321981.jpg

  美術館の隣に在る有名な喫茶店「エルグレコ」この店は蔦の絡まる美しいお店。ココよ
f0088569_22363865.jpg

  それが・・・とっても美味しい実なのよ。ぶどうの実みたいな形してて。↓(パンフから)
   (甲子園の蔦と一緒、ナツヅタと言うんだそうです。山小屋さんに聞きました)
f0088569_22381261.jpg

  秋の紅葉は美しいけど。今ははだかで・・・蔦の葉さん、ゴメンなさいね。
f0088569_22404453.jpg

  去年の秋、11月も終わりだったから、彩が茶色っぽいけど、もう一枚見てね^^
f0088569_2242349.jpg

  若葉の美しい頃、5月のお店です。このお店はとっても有名なんよ。この時期は寂しいけど
  ボク達には、静かで楽しい団欒の時なんよ!美味しいよ^^♪ シ・ア・ワ・セ♪
f0088569_2248168.jpg

  白壁の町並みも見てもらいたかったけど。それは・・・次回に。白鳥さんにバトンタッチです
f0088569_22504392.jpg


ここも。
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-17 22:57

賠償問題

坂本竜馬のいろは丸事件!
  美しい鞆の浦の景観を見るには絶好の場所が有ります。その昔、仙人も酔ったという島
  仙酔島を正面に見ることの出来るお寺、福禅寺対潮楼ここの座敷から見る素晴しい景観
f0088569_20463662.jpg

  「吾妹子が見し鞆の浦のむろの木は常世にあれど見し人ぞなき」(大伴旅人)
        (わぎもこが みし とものうらの むろのきは とこよにあれどみし ひとぞなき)      

  このように、万葉集にも読まれている鞆の浦です。
f0088569_20494671.jpg
 
  私の行った日、住職さんが在寺されていていました。親切丁寧に説明して下さいました。
f0088569_20514413.jpg

  朝鮮通信史の宿としていた部屋には李邦彦書「日東第一形勝」の文字が残されています
f0088569_211610.jpg

  それまで自国が(朝鮮)大陸の東の果ての国と自負していました。所が汐町の港・鞆に
  泊まり目覚めた朝東から日が昇って(日東)来るでは有りませんか。朝陽の上る国第一
  景勝だと。そのことを書き残した、これは従事官李邦彦(イバンホン)の自筆だそうです。
f0088569_2184557.jpg

  潮待ちとは・・・東西の潮流が流れ込んできては船の進行を妨げます。それで船は引き潮
  を待つのです。北前船で賑わった港町です。
f0088569_211316100.jpg

  その昔、江戸時代の終わり頃、右端にチョッピリ見える走島(はしりじま)辺りで坂本竜馬
  の乗った「いろは丸」と紀州藩の「明光丸」が衝突しました。小さないろは丸は曳航される
  途中沈没してしまいました。これがいろは丸事件です

  当時としては珍しい賠償交渉、徳川御三家の体面にかけて紀州家は支払いました。
  当時のお金で7万両(現在では50億円) その時坂本竜馬も上がったと言う客殿でした。
f0088569_21262696.jpg

  住職さんのお話を聞きたいけれど、車をいい加減なところに止めているのでそこそこに・・・
f0088569_21274163.jpg


寒さに負けないぞ!
[PR]

by kazumi1713 | 2008-01-16 20:48