俳句

嵯峨野・落柿舎
  野菜畑の向うに一軒の茅葺の屋根の家が見える。来る時には、気付かなかった。
  大勢の人が家の前の立ち写真を撮っていた。行こうかな・・・と思った。

  なんだ、落柿舎(らくししゃ)じゃないかと思った。何度きても、ここは素通りしていた。
f0088569_13395712.jpg

  ふと入る気になった。表でわぁ~わぁ~と言うばかりで中に入る人が少なかったからです
  入っても直ぐ裏に出てしまいそうな小さな家でした。でも緑が一杯で落ち着く庭園でした

  そこここに「投句箱」が設置してある。一句捻ってポイと入れられる様なワタクスではない
  母だったら2~3句出るだろうなぁ。亡くなった母は俳句が趣味だった。家の中、そこら中
  どこでもメモ用紙が置いてあって チラシの裏の白い紙に、怪しげな句が書いてあった。

  読んでみたら、なんや、誰でもかけそう・・・なんてまずい句だったような。
   「嫁した娘の 残し忘れた 花ばさみ」         昭和60年6月21日
   「せみしぐれ 黄泉の旅路を 急ぐ良人(つま)」   昭和61年8月27日
f0088569_13564715.jpg

  投句箱の俳句から季刊誌に掲載された句を2~3拾ってみました。
 
    大好きな ステテコ白い おじいちゃん   (よしさかもえか・8)
    走り来る 車夫の歯白く 梅雨あがる    (京都市・仲原)
    わらぶきの 屋根の先には たわわ柿   (宝塚市・大西)

  ヤッパ、巧いなぁ!凄いなぁと思った。母もうまいじゃん^^;;自分は無理じゃなぁ^^;;
f0088569_1495976.jpg

  入り口の人に聞いた。「落柿舎って何っ」て聞かれたら一口でどう答えたらいい?

  芭蕉の弟子の向井去来の別荘でした。芭蕉も3度訪れていますよ。
  何となく軽薄な質問をしたワタクスを嗜めるような目で見ながら教えて下さいました。
  聞くは一時の恥・・・ってどこででも恥多いオバタリアンして居ます。

  落柿舎って名前の由来は。エェ~っと!その昔(去来さんの時代)
  庵には柿の木が40本あり、商人が立木ごと柿を買い取ろうとしたところ、
  夜中に風が吹いて多くの実が落ち、青ざめて駆けつけた商人に庵の主が代金を返した。
  
 
f0088569_14231863.jpg
 
  柿のみがたわわにぶらさがっていた。いい時に来たと思った。

  最後に一句
     「柿主や 梢はちかき あらし山」   向井去来
f0088569_14254127.jpg


奥嵯峨野
[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-30 14:32

染まりそう!

常寂光寺は外国人も少なくって
  朝早く家を出た。嵐山までは270キロ。市内が混むのよね。覚悟ですが・・・
f0088569_1037335.jpg

  早くに着きました。ヤレヤレ^^前回は自転車を借りて走ったっけ。まぁ~歩こうか!
f0088569_10354741.jpg

  お目当ては常寂光寺の山門。ここを上から撮るのです。ドキドキしてきます。

  ところが・・・。何と言う人出。写真なんて撮れないよぉ~。やっと!
f0088569_10393141.jpg

  2~3日遅かったな。昨日までの雨のヤツめ。マッ、腕もなんだし。。。ムニャムニャ~。
f0088569_10405876.jpg

  落ち葉なんて、じぇんじぇん集めないのかなぁ~。積るに任せてるのかなぁ?
f0088569_10421037.jpg

  そこはかとなく。良いんだわぁ~!
f0088569_10432839.jpg

  これも京都なんよねぇ~。秋なんよねぇ。
f0088569_10442219.jpg

  大きぃカメラでお日様とモミジを並べて撮ってる小父さんと並んだ。「オセーテ下さい!」
f0088569_10472768.jpg

  かくかくしかじか・・・。ふぅ~ん!って一枚パチリ。太陽が一杯!!!
f0088569_10484129.jpg

  とにかく人が多い。若い人からお年寄りまで。モチロンカメラを抱えた人の多いこと!
f0088569_10513615.jpg
 

嵐山逍遥
[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-28 10:57

極上の秋

行って来ました。京都へ!
  写真とは、全くカンケーねぇ~、いつものお喋りでやんす^^
f0088569_23261043.jpg

  昼間、可愛いイチゴのイラスト入りの封書が届きました。信州の佐久ねぇ~~??
  だれかなぁ~。封を切るのももどかしく。。。大急ぎで。バリバリ^^;;

  写真が2枚出てきました。四人の端っこにワタクスが笑っています。
  合成写真かなぁ~?この人達知らないなぁ。 誰からかしら。
f0088569_23323832.jpg

  一年前、与那国島の民宿で一緒だった○○です。覚えて居るかな・・・ 

  あぁ~、そっかぁ、そういえば彼女だ!Iさんです。毎年末この島へ乗馬に来るんだって

  あの時女性ひとり旅に同感してくださり励ましてくれたこと、無謀に見えた事も
  この出会いを通じて無駄でなかったこと、あの夜のメンバー(8人)のフィーリングが見事に
  マッチングして良い思いでとなりました

f0088569_2345480.jpg

  フム、フム。そうだった、あの夜は島にしかないきつい60度だっけ?焼酎に火をつけ
  そのあと、皆でチョッピリ飲みっこしたっけ。楽しかったなぁ~^^

  今後を過す活力源になりました。宝です。。。 楽しかったですね♪
  出会ってくださり・・・ありがとうございました!

f0088569_23591580.jpg

  石垣の民宿はどこも夕食は一緒に頂きます。皆でわいわい食事を囲むのです。

  その宿でもワタクスは飲みながら仕切ってしまいました(--;;)オーナーママは勝手から
  手を拭きながら、こっちの話が面白い・・・と駆け込んでは引っ込みます。
f0088569_23553881.jpg

  皆さんの住いを聞きながら、楽しくお話を続けただけなのよ。その夜は全員女性客でした
  この旅行の為に一年間せっせと働いたって話はみんなに共通していました。

  「今年の冬休みも与那国ですか」って、囲みで書いて有りました。
  与那国ってお隣が台湾の南海の孤島です。行く・・・つぅ~たって、遠いよね!

  もしかして、この時期、今年も・・・お誘いのお便りだったのかなぁ~?
f0088569_043247.jpg


金閣寺
[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-27 00:14

善意の学校

みんなの力、一つに!
  今日は生憎の雨ね、昨夜の番組見た?島田伸介が司会の「絵画オークション」なんよ
  あぁ~。カンボジアに学校を建てようって言うのよね。
f0088569_1918440.jpg

  あれって・・・昨夜だけじゃァ無かったみたい!そうそう、今回は最終回スペシャルだった

  100人のタレントさんの書いた作品を持ち寄りオークションにかけるのよね。
  伸介さんの巧みな話術で笑いの中に作品がドンドン売れていくのよ^^
f0088569_1921151.jpg

  カンボジアではもう、校舎が完成していました。
  屋根の高い、涼しい校舎には綺麗なトイレと、図書館が完備していましたよ。

  校舎の壁には、100枚タイル。オークションで売られた作品の絵が張られていました。
  (あれは・・・縮小して、同じサイズで、タイルに焼き付けていたのかなぁ~?)
f0088569_19264475.jpg

  タイルを張ったのはボランティアの無償の職人さん。彼のお子さんが
  生まれてまもなく難病にかかってね。2歳までの命って言われました!

  それなのに・・・・10歳まで生きたのね。自宅のベッドで一生を終えた子供さん。
  行きたくても通えなかった我が子の事、学校がなくて行かれないカンボジアの子と同じ
f0088569_19354875.jpg

  100枚目のタイルは可愛いわが子の笑顔で埋まりました。ホント、愛らしい子供さん!
  お父さんはタイルにチュッ^^ 「チュして!」といつも言われてたとか^^♪

  一枚の絵が2千円から700万円まで、トータルにして1億7千万円の収入になりました
  この番組、数回に分かれて放映したみたいです。凄い番組ですよ!
f0088569_19401869.jpg

  感激の涙の中に番組は終わりました。芸能界の方々は多種多彩の才能の持ち主ばかり
  観終わった後、いつもながら、ひとり言、涙の多かったワタクスでした。 

More
[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-24 19:33

急な冷え込み

紅葉はピーク!
  寒い朝、思いたってモミジを見に行く事にした。毎年同じ所へ時期を見計らって出向く。
  三原の仏通寺には未だ早かろうか。では・・・ワタクスのヒ・ミ・ツの場所へ。
f0088569_844491.jpg

  道に雪の塊がどす黒くなって転がっていました。昨夜は寒かったなぁ~。
  近くに市場が有るんです。きっと北国から来た車の屋根から落ちたのでしょう。
f0088569_8465563.jpg

  車を置いて。池のそばを歩きます。木々は水が好きなんかなぁ。湖畔に傾いて・・・
  写真を撮るようになって知りました。ここののモミジは葉っぱが薄くて小さいなぁって!
f0088569_849215.jpg

  今来た道を振り返った。明るい光を頂いてまるで、湖面にカーテンを引いたような。
f0088569_8503483.jpg

  ここで「湯豆腐」を頂きます。これが密やかなるワタクスの「秋の贅沢」と名づけています
f0088569_8542095.jpg

  モミジの下でコットン、コットン。水車が音立てて廻っています。客はワタクス一人。
f0088569_8555252.jpg

  水の周りは木々も低く、色合いも寒色のように感じました。
f0088569_8592677.jpg

  大好きな赤。
f0088569_90140.jpg

  黄色も一杯。これらが混ざると・・・!
f0088569_903719.jpg

  そこへ緑が入ってきます。これがなんとも絶妙なんです!!!
f0088569_91411.jpg

  楽しい、独り占めの紅葉を頂いて帰ってきました。
f0088569_96163.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-22 08:58

ちょいと一服

お互いに気をつけましょうね。
  給油のG・Sにあと1キロの辺りから車はノロノロ運転になった。反対車線はガラガラ!
  カーラジオから楽しい会話が流れ、山々は美しく紅葉してきて、退屈しのぎにはなった
f0088569_123269.jpg

  「お兄ちゃん、この渋滞はいつから?なんで?」とガソリンを注いでいる人に聞いた。
  新しい店が今日開店!朝からずっとですよとニコニコ教えてくれた。
f0088569_124587.jpg

  その店は、ここから未だ6キロも先に有る。ひぇ~~!こんなに混んでて・・・。
  「でも洗剤一個100円デェ。昨日チラシに載ってた」ホンマかぁ、女房に電話しよう。
  男の子、二人はそんな会話をしながら給油してくれた。予定変更、向きを変え帰って来た
f0088569_129278.jpg

  先週末、若い男性客がカウンターに座った。この顔に見覚えが有る。何年か前NHKの
  「のど自慢大会」の予選に出た子だ。あの時見ず知らずの当店へブログを見て来たっけ
f0088569_1214148.jpg

  元気だった。今夜はまたなんで?と聞くとポケットからハガキを出した。又受かっちゃった
  エェ~!ウッソー!三原市(隣町)で近々「のど自慢大会」が催されるって事は聞いてます
f0088569_12205559.jpg

  予選会に250組選ばれます。これが又・・・難関と聞いてます。何千通ものハガキの
  中から。余程文章力があるのでしょうね。「あれから2年です」と。

  あの時たしか「熱き心に」って難しい曲を歌いました。予選で落ちてしまいました。今回は
  「兄弟船」若い子が~?ウン、多分選曲で選ばれたのかも。なんて書いたの?
f0088569_1226923.jpg

  亡き父がよく唄ってましたとか。ハガキの半分に曲にまつわるエピソードを書き込む
  このことが予選を通過する大切なお仕事。続いては有る程度の歌唱力。あとはキャラ!
  一番だけを何回も何回も唄って帰りました。リズムは出来上がったから大丈夫なんだけど
f0088569_12312323.jpg

  先日の美山旅行、友達がドタキャン。「代わりにKさんに行ってもらうから」
  それでKさんは初めての参加となりました。明るくてはきはきしてカッコよかった。
f0088569_12354459.jpg

  最初から、初めてなのに温泉にも一緒に入っちゃった。来年も入れてねと言って分かれた

  今日ドタキャンの彼女から連絡が入った。昨夜Kさんの家が漏電が原因で全焼したって!
  エッと絶句してしまった。それから俄かに怖くなってきた。彼女の笑顔がチラついた
f0088569_12411017.jpg

  この数日とっても寒い日が続いた。これから年末が来るっていうのに。フゥ~(--;;)
  「お願いします。隣の家に類焼しないようにしてください。ウチは焼けてもいいんです」
  彼女は消防の人に懸命に懇願していたそうです。そんな真似はできないなぁと思った!
f0088569_12444854.jpg


More
[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-20 12:35

秋の美山

お喋りはご馳走!
  「ハイ、私が雨女です。行く先々を禊(みそぎ)の雨で迎えます。ですが・・・降りた時には」
  車内でKは明るく言った。その通りであった。どこまで行っても雨具は要らなかった!

  ついさっきまで降っていたのかなぁ~、雨上がりの清々しい道を歩きながら写真を撮った
f0088569_8562495.jpg

  還暦のこの春、Kは一大決心をして私達のところへ帰って来た。
  新しい職場を探し、家を見つけ・・・。それは並みの人では考えられない人生の選択
f0088569_901279.jpg

  休みを替って貰っての今回の参加。みんなと一緒で楽しそう!嬉しかったのはワタクスの
  ほうです。だって、こうして皆と一緒に旅行に行けるように様になるなんて^^♪

  春の桜の美しい頃、ワタクスは美山を訪れました。自転車に乗って走り回りました。
  みんな、みぃ~~んなと来たかったです。この美しい日本のふる里を見せて挙げたかった
f0088569_99946.jpg

 ↑この屋根を直していたっけ。三人の職人さんたちは皆30代の若いお兄ちゃんだった!
  秋にこうして再び見ることが出来るなんて。元気っていいなぁ!
f0088569_965978.jpg

  早朝おきて高速を飛ばし、広島から参加の友人夫婦も居ます。彼らとは海外旅行が縁で
  こうして旅行も5回目の参加です。ありがたや。今朝は4時に起きましたって♪

  後部席では数少ない男性陣が、頑張って飲んで騒いでいます。トイレへ行かない工夫して
  ウイスキー飲んでます。これはこれで又楽しそう! ↓お友達たちの背中です。
f0088569_9173439.jpg

  この後、天の橋立の見える南岸で蟹を食べました。股覗きはまたの機会に。
  温泉へ一直線。肌に膜を張るようなぬる湯にたっぷり浸かって満足、マンゾク^^☆
f0088569_9154728.jpg
  

バスの中から
[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-19 09:27

「キレイ!  シ・ゴ・イ、綺麗!!!」

美山しぐれ
  横山大観作「雨晴る」と言った光景が飛び込んできた。
  きっと、さっきまで雨が降っていたんだろう。山々を縫うようにして蒸気が上がっていた。
f0088569_1533416.jpg

  今日はバス一台を借り切って「茅葺屋根の里・美山」まで紅葉を楽しみにやって来ました

  今週と来週が一番バスの出番かなと。旅行社の彼が言いました。にもかかわらず・・・
  運転慣れたドライバーさんと添乗員さんでした。ワタクスは今日はガイド助手です^^;;
f0088569_1531333.jpg

  山陽道から舞鶴道へ。ハンドルが北へ向いた途端、窓外から紅葉が飛び込んで来ました
  一番前に座っている人が素っ頓狂な声で「シゴク綺麗」を連呼します。
  孫娘がスゴクをシゴクと言うらしいです。凄くを通り越してこりゃぁシゴクじゃぁ~と!
f0088569_14592574.jpg

  美山は京都府です。所が舞鶴道を降りてから1時間以上も山の中を走ります。
  日帰りコースにしては多少無理がある距離なんです。欲張りなワタクスです。

  高速道を降りる前に最終のトイレ休憩をとりました。ここ以外は何処もありません
f0088569_1564450.jpg

  所が駐車場に相前後して5台の観光バスが止まったのです。こりゃぁ~、大変!
  トイレラッシュです。行列が駐車場まで3列にはみ出してしまいました。
f0088569_15312874.jpg

  終わって帰って来たKが「ここは男性トイレを使わせて貰った方が」といいます。
  そんなことを言っても、恥ずかしがって誰も行こうとはしません。
f0088569_15253659.jpg

  こっち、こっちよと仲間を手招きしました。「今だけ男性よ。ここを使ってもいいよ」と。
  初めは逃げ腰だった人々も行列が出来ると麻痺してしまう。酔っ払いのワタクスは大声で
  「今日だけ、今だけ男です」と代弁してサポートする^^;;

  それでも、時々男性が入って来る。一瞬ためらうけど「どうぞ、どうぞ」と招き入れる
f0088569_15161948.jpg

  あの時の・・・皆さん、ごめんなさい。時間が無くて大変だったのです。でも助かりました
  それでも10分の休憩が30分過ぎてしまいました。こんなことって初めてです。

  エッ、ワタクスですか?ハイ、最後に使用しました。モチロン今日だけオ・ト・コです!
f0088569_15205415.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-17 15:23

晴れた海

繊維への道
  ドォー・ドォー。ミシンを踏む音が聞こえてきた。この音を聞いて成長(おお)きくなった私
  その日墓地の草取りをしていたら、下の家からミシン内職の音が聞こえてきました。

  私が生まれた頃は、学生服の町・児島だった。全国シェア8割を占めていた。
  九州・四国から女子工員さんが住み込みで働きに来ていた。
f0088569_10111637.jpg

  鷲羽山スカイラインから見た児島の町。真ん中の三角の島が香川県境です。
  写真向かって右側ー味野、町の中心地。左側琴浦地区(屋根の様な山は王子が岳)

  江戸時代温暖な気候で、入浜式の塩田で栄えました。海岸沿いの跡地は今道路、住宅と
  姿を変えています。三角の島の前に在る島・堅場島。私達はクジラ島と呼んでいました。
  あの島を正面に見るあたり、そこが私の生まれ育った所です。
f0088569_10174856.jpg

  こちら「水島コンビナート」今から50年程前ここに誘致されました。水島は児島と倉敷を
  結ぶ位置に有ります。鷲羽山スカイラインはその昔クサイ(臭い)ラインと呼ばれていました
f0088569_10252231.jpg

  この辺りに立つとどちらの風景も見ることが出来ます。
f0088569_10281091.jpg

  江戸時代干拓地だった児島は塩分の多い土地でした。そこで育ちやすい綿花の栽培が
  栄えたのです。北前船で運ばれたニシンのかすが肥料として綿花によかったのですね。
  それが現在の繊維の町への道となったのです。
f0088569_10343019.jpg

  トラック一台の女性に男が一人って言われる位、女社会で成長しました。ベッピンさんから
  売れてゆき、ブスのワタクスは県外にはじき出されました^^;;
f0088569_10471511.jpg

  昭和63年、瀬戸大橋が開通しました。以来四国への玄関口として、
  交通や物流の大切な役割を果たしています。
f0088569_10474475.jpg

  この位置からは橋が見えません。ワタクスが生まれ育った頃の風景が残されて居る様な
f0088569_10423147.jpg


珍客万来
[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-15 10:48

干しダコ

下津井港の風物詩
  ♪ 下津井港はョー 入りよて出よてョー まともまきよてョー まぎりよてョー
     トコハイ トノエ ナノエ ソレソレ ♪

  ふる里・倉敷児島の民謡です。鷲羽山の麓の漁港、下津井はタコの漁場でも有名です
f0088569_2048897.jpg

  漁船が行き交う上を、瀬戸大橋が掛かっています。車がしっかり通ってます。
  通行料が10月から、日曜祭日は終日半額になったって!一階部分を電車が通過中です

  のんびり釣り糸を垂れています。ここはいいポイントなんよ^^
f0088569_20522141.jpg

  走っていると「タコ干し」が飛び込んで来ました。初めての人には分からないでしょうね
  下津井漁港周辺では初冬の風物詩、干しダコ(干しだこ)作りが有名です。
f0088569_2112781.jpg

  竹で広げられた下津井名物のマダコが潮風にゆらゆら揺れて。躍ってるようです。
  何とも港町らしく、季節感と風情を感じさせてくれます。
f0088569_213257.jpg

  たった今竿に干されたのです。
f0088569_2129512.jpg

  ↑一週間干したもの。少し黒くなっていますね
  「おじさん、撮らせてね」忙しいから勝手にしてくれ・・・と、ちべたい返事。背中が温かい
f0088569_2152069.jpg

  「明石も有名よね」こっちの方がおいしいとにべも無い。ぶっきらぼうな言い方^^;;

  明石は産卵期を迎える前のタコを干してお盆に向け出荷。下津井は冬の気温差を
  利用してより旨みを凝縮した大きな干しダコを正月に向けて出荷している
f0088569_2225034.jpg


小道具
[PR]

by kazumi1713 | 2008-11-12 22:33