ほしとたんぽぽ

金子みすヾ
  掃除をしていたら絵本が出てきた。「ほしとたんぽぽ」という金子みすヾの絵本です。
  萩を旅行した時、仙崎まで廻り「金子みすヾ館」へ寄った時、孫娘に買ったお土産本!
 
 私と小鳥と鈴と

   私が両手をひろげても、
   お空はちっとも飛べないが、
   飛べる小鳥は私のやうに、
   地面(じべた)を速くは走れない。

   私がからだをゆすっても、
   きれいな音は出ないけど、
   あの鳴る鈴は私のやうに、
   たくさんな唄は知らないよ。

   鈴と、小鳥と、それから私、
   みんなちがって、みんないい。
f0088569_6405636.jpg

  20年も昔、「私と小鳥と鈴と」の詩に出会ってから大好きになりました。

  彼女は 明治36年(1903年)山口県大津郡仙崎村(今の長門市)に生まれました。
  大正末期すぐれた作品を発表し、西條八十に『若き童謡詩人の巨星』とまで称賛されるも
  昭和5年(1930年)26歳の若さで自らの命を絶つたのです。
f0088569_6485690.jpg

  上野紀子・絵 この絵本には15編の詩が掲載されています。
  
  ほしとたんぽぽ

   青いお空のそこ深く
   海の小石のそのように
   夜がくるまで沈んでる
   昼のお星は目に見えぬ

   見えぬけれどもあるんだよ
   見えぬものでもあるんだよ


   散ってすがれたタンポポの
   川原のすきにだぁまって
   春のくるまで隠れてる
   強いその根は目に見えぬ

   見えぬけれどもあるんだよ
   見えぬものでもあるんだよ


少し・・・早いですが。
[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-26 06:54

面倒なお話

銀行事情
  やんごとなき事情で振込みに行った。家の隣は銀行です。
  今朝は出先で。初めての銀行へ行きました。

  いつもならカードでチョンチョンと。隣の銀行で簡単でした。そのつもりで機械の前に立つと
  何度やっても「はじめから、やり直してください」って機械に言われます。
f0088569_1840206.jpg

  行員さんに聞きました。「おいくらですか、10万円以上は送金できません」と言われて。
  それから・・・。誰に、何で、いくら送る(振込み)のですかって^^;;

  かくかくしかじかでって。「絶対、振り込め詐欺じゃァ無いですね。相手は大丈夫ですね」
  じゃぁ、免許証を見せてください。本人であるという確認が要りますと言います。
f0088569_1849254.jpgf0088569_18495788.jpg









  ふぅ~ん。銀行ってひと様のお金なのに、かくも固きガードをしてくれているのか?
  あ・いや、ワタクスはとってもボンヤリの騙されそうな前期高齢者丸出しだったのか?

  無事送金を終え出てきたら、ホッとしました。いつもは隣で簡単に済んでいたのに。
  みんなのお金預かって旅行社へ送ったこともあったような。うぅ~ん、思い出せない^^;;
f0088569_1856367.jpg


不思議な屋敷
[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-24 19:04

働き者

一機で5人前?
  裏の田圃、11月から工事に入っています。来春4月にスタートします。エッと・・・
  フィットネスクラブ、カルチャースクール、6診療所・・・とかに。
f0088569_915843.jpg

  プロの手に掛かるとあっという間ですね。
f0088569_96847.jpg

  奥に見えるのは中学校の校舎です。掘って掘って、掘り返します!
f0088569_98280.jpg

  田圃も駐車場に変身です!先ず、40センチ幅の基礎工事。
f0088569_991696.jpg

  この「ボク」の出番です。掘ります、砂を運びます、おもいブロックを抱えてホイ!
f0088569_9103195.jpg

  流石に、4段のブロック塀は職人さんの手で、数日掛かりました。
f0088569_91369.jpg

  この頃の職人さん、キッチリ日曜日・祭日をします。それでも段取り6割(?)
  遅くまで・・・投光機って言うの、明るく照らして8時ごろまで残業している日も有ります
f0088569_9185584.jpg

  二階の窓から、毎日現場監督しています。建設現場って見ていて飽きないです!
                                         つづく

680円也
[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-23 09:24

生名島(いきなしま)

愉快な仲間たち
  やっとる? 受話器をとると、いきなり唐突なだみ声が響いた。一瞬、エ・エッと考えた!
  「ハイ、開いてますよ。どうぞ、来て下さい」と応えながら顔が浮かんできた。

  尾道の向かいの島、因島から船・渡しで3分の島・生名島からのお客様。Oさんの声。
f0088569_7413178.jpg

  しまなみ街道からチョット離れた島、因島の向いなのに橋が掛かってません。
  愛媛県の離島、人口2000人ほど。この島からOさんグループは月に一回のお出まし

  5月ごろ、ワタクス報告もなしに休みました。グループで島からお出かけなのに。
  来たら閉まってた・・・こんな酷いことをやっちゃったんです^^;;以来電話が入るように
f0088569_81024.gif

  しまなみ街道は尾道から愛媛・今治市まで、橋と島を結んで、海上60キロですね。
f0088569_8154983.jpg

  生名島からウチまで30キロ位か。今まで知らなかった(生口島と弓削島に挟まれた島)
  こうして掲載するに当って調べてみました。ここから来て下さってたんだ!!!
f0088569_861886.jpg

  ホレッ、そういってミカンを下げてきました。不揃いの出荷できない農家直接のみかん。
  コレが又、器量は悪いけど(ワタクス並み)、甘くて美味しいんです。アリガトさん!

  今日は7名の団体さんです(10名も入ったら一杯の小さな店なんですよ^^;;)
  全員でメンバー組んで、どこぞへ出演したら・・・って言うのど自慢の人達ばかりなんです
  お年は・・・平均して、前期高齢者かな!皆さん、楽しく、上手く、明るく時間を過します。
f0088569_8212243.jpg
 
  70代の人がポップス系の歌、振りをつけて歌うんですよ。Oさんがセンセーなんです。
  もっと、大きな声ださにゃぁ~、なんて時々活を入れてます。島の人は声がいい!

  もっともっと聴きたいって思うほど上手いんです。居合わせた他のお客様のヤンヤの拍手
  あっという間に時間が流れていきました。今度会うのは来年じゃな^^☆
f0088569_8292114.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-22 08:41

イルミネーション

今年は余り見かけませんネェ~!
  ドイツからやってきました!サンタのサンちゃんです。
  いつもは4階建てに住んでるのですがね・・・お忍び^^!今冬のクリスマス、静かですね。
f0088569_011788.jpg

  ジングルベルの曲が、余り聴かれません。それから・・・家々のイルミネーション!

  今年は飾ってないのよネェ~!そうmarriさんが言ってました。
f0088569_93558.jpg

  私の国ではそれはもうとっても賑やかです。そうねぇ、こちらのお正月を迎えるのと同じ位
 
  友達宅を訪ねたあと、丘の上のレストランに回ったmarriさん。「お茶しました」
f0088569_945960.jpg

  朝日に輝くわが町の町並みを見ながら。500円の贅沢をしました。コレッ!!!
f0088569_96714.jpg

  BGMが流れる静かなレストラン、週刊誌を読んでる背中はお日様にやかれてアッチ・チ!
f0088569_9121284.jpg

  marriさん・・・てば。話しかけても私を無視するのですね。食べる方が忙しいの^^;;
  4階建てのお家に帰ります。でも・・・私チョコレートだから!いずれmarriさんのお口に?
f0088569_9143576.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-20 09:16

ほっこり、冬の夜

三男坊
  ひとしきり歌った後、Tさんはお喋りを始めた。他に誰も居なかったらいつものパターン。
  皆さん、お話をドッサリ抱えてきている。言ったり聞いたり・・・これが一番かな^^♪

  彼は定年には後2年ある。息子が三人、みんな社会人になった。ホッ!(^0^)
  優秀な息子も居て海外に出したりして、お金に忙しい時代も聞かされている。

  長いこと来なかったね。どうしとったん?母が一時危篤になったから・・・・
  今年92歳になるお母さんはワタクスも良く知ってるんです。へぇ~~!
  それが良くなってねぇ。あらあら~、凄い生命力だこと、良かったね。
f0088569_7345186.jpg

  この日曜日、病室に居た時、女房が居ないのにオシメを替える事と成ったんよ。
  一瞬躊躇した時、来合わせていた三男坊がスルスルと替えてくれた。
  看護師さんを呼べば済む事、そんなことを考える間もない感覚でやってくれたよ。

  「あらら」とそこへ来た看護師さんがビックリ、そして誉めてくれた。25歳のお孫さんが
  おばぁちゃんのオシメをサッサと変えるなんてと。Tさんはその日から息子を見る目が
  変ってしまったと言います。そりゃァそうじゃ・・・とワタクス。

  今夜も「行っておいで」といって、お小遣いをチョッピリ呉れたんよ。と顔をクシャクシャに
  あのぉ~、シツレイだけど。勉強を余りしなかったとか、一寸手の掛かった子じゃァ
  無かったっけとまぁ、いつものひと言多いワタクス^^;;

  そうそう、そいつです。と又顔をクシャクシャ^^♪ ウッシッシ♪
  外は寒い師走の不景気の風、ちべたいヨ!でも、ここはホッカホカでした(^-^)♪
f0088569_23124558.jpg
  

クリスマス・プレゼント
[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-18 23:20

良い湯だなぁ~♪

温泉事情!
  月に何度かお風呂に行く。地下深く掘ったから・・・温泉なんていうけど。
  スパっていうの。何種類もの循環泉で楽しませてもらう近くの温泉・銭湯です。
f0088569_19515964.jpg

  はやっててねぇ。いつ行ってもイモの子を洗うようなのです。無料券をしっかり出している
  とかの評判。ここへ来ると色んなスタイルにお目にかかれます。

  その①
  タオルを半分に折って腹の上に乗せたおばちゃん。落ちないように両のたらちね(乳房)で
  押えていました。こうして・・・ノッシノッシと歩きます。
   (湯船の中から・・・ソンケーの眼差しで見ているワタクス^^;;)
  
  その②
  幅40センチ程のナイロン袋で腹回りをグルグル巻いてサウナに入ります。
  出て来ると汗びっしょり。ナイロン袋を剥いで冷たい水を何杯も被る小太りのオバサン。
   (しょっちゅう会いますが、お腹、なかなか引っ込まないのよねーー;;)
f0088569_2041860.jpg

  その③
  お日様サンサンの露天風呂、のぼせそうに成ると縁に腰掛け、又湯船にと。これは・・・
  どうやら本家の嫁らしい。親族の悪口をひとしきり聞いてもらってる様子。
  「で。。。ねっ!最近また、皆が出入りするように成ったのよ」と結ぶ。やれやれ^^☆

  その④
  二階の大広間で寝転がっていたら眠ってしまったような!床暖房でポカポカ。お日様も
  ニコニコ。隣で、近い所で大いびき!知らないおばぁさんが並んで寝ていた。キャー!
   (耐えて久しく、隣で寝てくれる人のない生活。しっかし・・・鼾で目が覚めたよ。幸せ)
f0088569_20131191.jpg

  一回・700円で入れます。朝風呂に入るなんて、昔だったら・・・おおごとです。
  戦争で苦労した人、農家の重労働を担った人、子沢山の子育てを終えた人・・・・

  80代の人々は何らかの形で苛酷な人生を送ってきた人達ばかり(勝手に決めて)
  朝からお風呂に入って、美味しいものを戴いて、のんびり一日を過せる裸のお付き合い
  
  いいなぁ~。安い贅沢やなぁ~。そんなことを思いながらお風呂に入ってるワタクスです
f0088569_20215815.jpg


下津井港
[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-16 20:45

お土産

暗いニュースが多いね!
  不景気、リストラ、アメリカの車のお話・・・。 アッ!円高は嬉しいね。

  なんだか、こちらまで心が暗くなってくる。テレビを見てもこの話多いね
f0088569_19103043.jpg

  ボク、ギブアップしてるんじゃぁないんだよ。これでもしっかり働くんだ!

  ドイツから来ました。このままで働きます。でも・・・オシゴトは背中でします!
f0088569_19121847.jpg

                     答えは・・・あとで^^♪

  朝のニュースで言ってました。半分以上忘れてるけど。
  ニューヨークのマンハッタン島へ通勤してくる車7時台で・・・30分調べました。
  通行車の数は忘れたけど。半分は日本車でした(トヨタ・ホンダ・日産)
f0088569_19172682.jpg

  ここで・・・ちょっと「グミ」をつまむね!これ、美味しいんだ。ドイツから持ってきたのさ!
  何の話だったっけ。あぁ~、車だっけ!

  アメリカの(自国)の車は35パーセントしかなかったのよ。
  アメリカって国は、10人に一人は車に関わって生きているんだって。
  それなのに、日本車、ヨーロッパ車に押されていちゃぁ、天下のフォードもさっぱりな訳。
f0088569_19212652.jpg

  ボク、なんのお仕事してるか分かりましたか。エッ、知ってましたか!すいやせん^^;;
  ハイハイ。答えは 「パソコン拭き」でした。顔を挟んで、お尻でキュッ・キュッ!
  marriさん喜んで、したことも無いパソコン磨き、頑張ってるんよ^^;;うふふ☆

ホルスタイン
[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-15 19:30

憬れの人の素顔

濃密な家族団らんの時間
  二人が出会ったのは盛岡。彼女はデパートの洋服売り場で働き、支局づとめの彼は客!

  彼の白いワイシャツの胸ポケットに、いつも歯ブラシを指して居るのが不思議でした。
  「なんで歯ブラシを差しているんですか」って聞きました。
  歯が弱いので母親から食後は必ず歯を磨くようにって言われた・・・そうな。

  七歳違いの彼と彼女、自然とお付き合いが始りました。彼は一年後東京へ転勤
  彼女は柳ごうり一個を持って上京、六畳一間のアパートで「神田川」を地でいくような
  生活を2年続けた後、結婚しました。
f0088569_13222690.jpg

  彼とは・・・この11月、肺がんで亡くなった(73歳)ジャーナリストの筑紫哲也さん!
  このお話は、彼の妻・房子夫人のお話を「婦人○論」で読みました。その一部分です。

  昨年の5月、末期の肺がんを「筑紫哲也NEWS23」で告白しました。その日から
  41歳の長女夫妻、39歳の次女、35歳の長男が家族一丸となって彼を支えたのです。
  「パパから一杯幸せを貰った、恩返しをしたい。できる事は何でもしよう」と!
f0088569_13335724.jpg

  本屋さんの店頭でこの記事を見つけました。「夫筑紫哲也との出会いから別れまで」
 
  どんな奥さんかなぁ~。きっと素晴しい人なんだ」勝手に想像しました。
  買って帰って・・・大急ぎでめくりました。一瞬エッとおもいました。なんだぁ~とも!
  だって、そこには丸顔の平凡な、お隣の奥さんみたいな人が映っていたからです。
  それから(ムニャムニャ)。何となくワタクスとそっくりなんです。ホントよ^^♪嬉しかったヨ
f0088569_1341593.jpg

  一進一退を繰り返し、今年の7月鹿児島に転院しました。放射線を照射する範囲を最小限
  に押えられるという医師の元へ。それからの4ヶ月間家族はずっと一緒だったそうです

  鹿児島での4ヶ月間は、40数年の結婚生活の中で一番濃い時間だったようです。
  「もう少し家族との時間をとりたかったな。今、一生懸命帳尻を合わせているんだ」と
  語っていたらしい。帰京して、聖路加病院に再入院11日目の11月7日亡くなりました

  「新婚旅行に行った鹿児島、職場のあった築地、そして育った練馬の家
  なんだか家族みんなで筑紫の人生を辿る旅をしたみたいで不思議な感覚です」と。
f0088569_1424175.jpg


お似合いの夫婦
[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-11 14:26

頂き物

ジングルベルが賑やかですね!
  早いものです。12月に入ってもう10日・・・に成ろうとしています。
  
  今日、来年の干支「丑さん」の木目込みが届きました。
f0088569_22174985.jpg

  「はい、こんにちわ」って喋りそう!お目目が可愛いでっしょ^^☆

  「丑」は易学では十二支の第2位(子・丑・寅・・・・) 月暦では、十二月、
  時刻では一~三時(丑三つ時は2時半ごろかな)、方位は北北東(子が真北)
f0088569_2226736.jpg

    (一年間、ゴクローさん。「子」って添えないとネズミさんに見えない子です^^;;)

  「丑」の字は紐を意味します。万物が厳しい寒冷の地中にあって、やがて来る春を待ち
  ながら忍耐強く鋭気を養い、活動に備え、力強く働き始める様子を意味しています。

  牛さんってそんな「丑」に通じるものが有りますね。友達に丑年の人が居ます。
  とってもとっても・・・・頑張り屋さんです。ヤッパリ合ってますよ。ワタクスは「跳ね午」ダス
f0088569_22335690.jpg

  地名に「牛」が付く所が有ります。それは備前の国・日本のエーゲ海として知られる牛窓
  この地域は飛鳥・奈良・平安時代には、大阪「境」に次ぐ「須恵器」を多く造っていたとか

  この「牛窓」の地名には面白い伝説があります
  「昔、神功皇后(第14代仲哀天皇のお后)が備前の沖合いを通り給うとき、大牛が出て
  船を覆そうとした。住吉明神が、その牛の角をとって投げ倒したので、
  その地を牛転び(うしころび)と名付け、後に牛窓になったという。」
f0088569_22423173.jpg

  柚子も柿も食べきれないほど戴きました。皆さんにお分けしました。
  菊の花も「お墓に持って行ってね」といって沢山戴きました。モォ~!行かせて頂きます!
f0088569_22475656.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2008-12-08 22:42