歌の流れる道路(5 岡城址)

荒城の月の生まれた町
  1879年(明治12年)東京生まれ。代々日出藩(現・大分県日出町)の家老職をつとめた
  上級武士の家柄である。
f0088569_9395176.jpg

   父・吉弘は大蔵省に勤務後内務省に転じ伊藤博文のもとで中央の官吏として務めた後
  地方官として各地を転任、ここ竹田の地にも2年間赴任してきた
f0088569_9401579.jpg

  1901年(明治34年)4月、日本人の音楽家として2人目にヨーロッパ(ドイツ)の
  ライプツィヒ音楽院(メンデルスゾーン設立)に留学する。
f0088569_9405859.jpg

  ピアノや対位法などを学ぶが、わずか2ヶ月後に肺結核をわずらい一年後帰国
  その後父親の故郷である大分県で療養す。
f0088569_9421781.jpg

  彼とは・・・滝廉太郎なんです。荒城の月のモデルになった岡城址へ行って来ました
  阿蘇の町から東へ5~60キロ、早朝の山越えをして大分県・竹田の町まで!
f0088569_9462556.jpg

  「荒城の月」のメロディーが流れます。道路に仕掛けがして有ります。もう一箇所
f0088569_9444669.jpg

  「廉太郎トンネル」ここを抜ける時もなりました。心地よいオルゴールの様な音色です
f0088569_9485218.jpg

  少年期(12歳から2年間)を山紫水明の故郷で修学し岡城(おかじょう)は
  絶好の遊び場であり 四季に移ろう自然の中から音楽の天分を育みました
f0088569_9531394.jpg

  不朽の名曲「荒城の月」を作曲し、23歳の若さで夭逝(ようせつ)しました。
 
   荒城の月 花 お正月 鳩ポッポ 鯉のぼり 箱根の山 箱根ハ里  他
f0088569_9561672.jpg


ひとりぽっち・・・じゃぁないのね!
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-30 09:38

阿蘇五岳(4 中岳の火口)

地球の鼓動を聞く!
  早朝の高千穂峡から始まって、 神話の里を歩いたワタクス。今夜の宿阿蘇へ向けて!
   宿のある高森って所の峠の茶店でヤマメの昼食を戴いたのは2時過ぎでした。

  宿からの眺めは抜群!阿蘇五岳が正面にドンと!!!
f0088569_104264.jpg

  温泉に入って、のんびりして・・・っと。
  イヤイヤ、勿体無い。これから阿蘇の噴火口へ一気に行こうじゃ無いか。
f0088569_10184134.jpg

  クルマは南登山道から。目指すは中岳(1506m)
  
  阿蘇山ってフツー言いますが。1000mクラスの五つの山を言います。 中岳(1506m)
  杵島岳(1279m)高岳(1592m)烏帽子岳11337m)根子岳(1408m)
f0088569_10265444.jpg

  みんな(観光客)はロープウェイで登るけどワタクスは車で一気に火口まで!
f0088569_102848100.jpg

  風の激しく吹きつける日でね。帽子を押さえ込んで火口を覗きながら撮影です
f0088569_1112971.jpg

  「火山ガス警告」の日です。吹き上げる空気は喉を刺します。
f0088569_10315630.jpg

  吹き飛ばされそうになりながら、咳き込みそうになりながら、恐々覗き込む。
  ツーンと鼻を付く臭いは亜硫酸ガス、卵の腐ったような臭いは硫化水素!
f0088569_10362461.jpg

  ここまで来て、火口が見られること感謝です。
f0088569_10402024.jpg

  寒いのでそこそこに。古坊中を抜けて草千里ヶ浜まで
f0088569_1042283.jpg

  草千里では烏帽子岳の麓、馬達がのんびり草を食んでいました。
f0088569_10433287.jpg

  これから山は若草で覆われますね。
f0088569_11114120.jpg

  上りと下りは方向を変えて楽しみました。米塚です↑
f0088569_1045382.jpg


花ざかり
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-28 10:03

天岩戸と仰慕窟(3 天岩戸) 

初めて知りました!
  地図を渡してくれながらバイトの若いお兄ちゃんが言いました。
  「高千穂神社」と「国見ケ丘」と天岩戸」・・・は絶対見て帰るようにって!
f0088569_953157.jpg

                    高千穂神社は杉林の中
f0088569_9541218.jpg

                  国見ケ丘(513m)の山頂から
  さて、天岩戸は市内から8キロほど北の山中。どんな岩屋かなぁあ~。
f0088569_1011735.jpgf0088569_1023347.jpg








 







 太陽の神、天照大御神(アマテラスオオミカミ)は、弟の荒ぶる神、須佐之男命
  (スサノオノミコト)の乱暴ぶりに耐えかねて、怒って岩屋の奥に隠れてしまい
  世は闇に閉ざされてしまった
f0088569_1075031.jpg

                   東本宮・大神をお祀り
f0088569_1093263.jpg

  西本宮・神楽殿・天照大神がお隠れになった天岩屋戸を御神体とする西本宮

  社務所に行って「天岩戸」を見たのですがと言いました。
f0088569_10144687.jpg

  20分程掛かりますよ、と言われ神職の若い彼に導かれて。
  拍手を打ち柵の留め板を外し社の裏側、遥拝殿に出ました。神域ですからと撮影禁止
f0088569_1134740.jpg

  西宮本殿裏手にまわると、岩戸川の渓谷を挟んで、対岸はうっそうと木が茂る断崖。

  「山自体が神域で、あの木々も自然のままです。ちょうど向かいの断崖に窪んだ所
  あれが当宮の御神体である天岩戸です」

  昔は洞窟だったらしいが、今は天井が落ちて窪みのようになっている。
  それも生い茂る木に隠れて、どんな形かわからない。
f0088569_10231862.jpg


天安河原の仰慕窟
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-26 10:22

新緑の歓迎(2 高千穂峡)

目も覚めるようなみどり色
  夜来の雨も上がり山々は輝いていた!
  高速を降りて朝もやの中を高千穂峡までひた走り。ボート乗り場まで一気に。
f0088569_12272974.jpg

  東国原知事に会って来ました。いやぁ~、宮崎県ってこの県知事さんのお膝元だったのね
f0088569_12263072.jpg

  今回の旅は熊本、大分、宮崎と歩きましたが。宮崎って凄く身近に感じたなぁ!
  観光地のお土産屋さん、レストランの店先であの知事さんの写真にいっぱい会ったヨ
f0088569_1293463.jpg

  五ヶ瀬川が阿蘇溶岩を浸食して生まれたV字型の渓谷・高千穂峡
  真名井の滝は日本の滝100選に選ばれ、この滝の下を手漕ぎボートで遊覧もできます
f0088569_12113886.jpg

  ボートに乗りました。一人だと漕ぎます、撮ります、見ます、騒ぎます^^;;

  上を見上げると・・・遊歩道を歩く人々が見えます。
f0088569_121452100.jpg

  遊歩道を渓流に沿って歩きます。平日なのに人がイッパイ。新緑を楽しんでいます。
f0088569_12161629.jpg

  目に染入るような新緑の中を歩きます。甲斐の国の昇仙峡を思い出しました
f0088569_12174691.jpg

  向うから来る団体さんもいます。石川、名古屋と言った遠方からの人々でした
f0088569_12193078.jpg

  やがて広場に出ました。観光客の写真スポット、三つの橋が見える所に出ました
  奥から神都高千穂大橋、高千穂大橋、神橋といいます。
f0088569_12222191.jpg

  来た道をも一度帰らなくては成りません。タクシーの人、バスの人は迎えが来てます
f0088569_12233699.jpg

  こんな美しい自然の中、歩かないって手はありません。し・あ・わ・せ^^☆
f0088569_1223133.jpg


紅葉も見てみたい!
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-24 12:23

新緑が眩しい!(1 黒川温泉)

南の国はひと足早いぞ!
  夜、仕事を終えてから・・・クルマに飛び乗りました。
  大雨です!ヤダなぁ~^^;;それに風、横風注意で制限速度50キロ。ウッソー!
f0088569_1150720.jpg

  「そんな中、あんたぁ、どこ行くねんな」
  聞かんといてや・・・決めたもん!今度の休みは「黒川温泉」って!
f0088569_11515458.jpg

  地図を広げてみたら。九重高原の文字に隠れて小さな温泉。
  ナビで検索、500キロかぁ。そんなら・・・竹田の丘城址も行こうかな(^-^)
f0088569_11551413.jpg

  着いたら絶対晴れるがナ。ワタクスは「晴れおんな」
  
  で、最初の訪問地は高千穂峡、次いで天岩戸、阿蘇山の火口、丘城址・・・
  黒川温泉は帰る日になりましたがこのお風呂自慢したかったのよ!
f0088569_1157337.jpg

  あのな、渓流の見える露天風呂。こんなお風呂が一杯ある宿!そこ、行ったんヨ!
  土日は無理、何ヶ月も前から取らなあかんねん。そんな宿の風呂入って来ました。

  誰でも入れます。しかも400円で!!! 実は「入湯手形」です。
  旅館組合事務所で1200円で買います。それで3軒入れるのです。
f0088569_124468.jpg

  総檜作りの熱めのお湯でした。この宿は中心地から1.6キロ山間の中に入ります。
  皆は、タオル下げて、下駄はいて、からころ湯巡りします。ワタクスは車で飛ばします。

  何軒もハシゴしました。なんちゅうたって・・・美人湯なんです。美人にならなくっちゃぁ!

新緑って瑞々しいね。
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-23 12:04

前頭連合野

賢い頭は創られる!
  桜の花、今年は吉野山だけ・・・って決めてたワケじゃないけど!
  なんでしょうねぇ~!あっという間に。 ♪~移りにけりな、いたずらに・・・~♪
f0088569_8572298.jpg

  朝早く、近くの山に出かけました。
  人の訪れも少なく、ましてや早朝、たくさんの小鳥さん達に会いました。
f0088569_8585367.jpg

  野イチゴの花が咲き乱れる丘の斜面を、歩きながら、小走りに去っていく小鳥さん
  大慌てでパチリ!帰ってから拡大すると、なんてまぁ~美しい!あなたってだぁ~れ!
f0088569_925166.jpg

  「賢い子供を育てる」 そんなことが出来るって!一歳までの赤ちゃんの時だって!!!
  昨夜、何気なく見ていたら・・・テレビでしていました。
f0088569_9285437.jpg

  ① おむつ交換のとき、声を掛けてやる(単語を沢山吸収する)
  ② 「いない、いない、ばぁー」を一日5回以上する(次への期待感)
  ③ 子供服はカラフルなものを着せてやる(色彩センスが決まる)
  ④ なるべくおんぶする(平衡感覚を養う)
  ⑤ 「マンマ」「タイタイ」幼児語を使わない(二度手間を省く)
  ⑥ 箸や鉛筆はいきなり使わせない(人間本来の真似する感覚を養い発展さす)
  ⑦ 「どっちが好き」と質問する(選ぶ事から本人の意思を決めさせる)
f0088569_925502.jpg

  このお母さんが育てた二人の息子さん、どちらも東大に受かったって!
  「前頭連合野」ってみんな持ってるのよね!頭の先っちょのほう。ふぅ~~ん!
f0088569_9263175.jpg
 
  4月のはじめ、近くの山で撮りました。お喋りに絡めた花々、もう次の花とチェンジかな^^

More
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-20 09:21

中千本の桜樹の中で

知らぬことが多すぎる!
  吉水神社の登り口から上千本を見ました。柵に並ぶ人の波は三重、四重にも膨らんで
  順番を待って最前列へ。そこから左に寄って・・・特等席^^
f0088569_20431651.jpg

  この一軒だけ、谷にせり出してある建物は昭和天皇様ご宿泊の旅館でした!
  そのお話は後にして。

  源義経・静御前の潜入先「吉水神社」は後醍醐天皇南朝の皇居跡でもあり
f0088569_21474531.jpg

  太閤様豪華花見の本陣でもありました。↓後醍醐天皇玉座
f0088569_20544833.jpg

  桜のこの時期「豊太閤・愛用金屏風」が特別大公開していました。
f0088569_21577.jpg

どこへ行っても人・人・人。まぁ~、この性格ゆっくりってトコないけどね^^;;
f0088569_2181156.jpg

  あれや、これや・・・撮るだけ撮って。次の五郎兵衛茶屋まで小走りに!
f0088569_2110198.jpg

  ヒョイと・・・手を伸ばせば当たる所に、無造作に展示して在りました!
f0088569_21122565.jpg


如意輪寺
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-17 20:55

ハプニング

奇跡的な話!
  暑い初夏の様な日が続き、あっという間に開花した桜花も雨に散らされてしまいました
  なんだか・・・桜の花のお話もピンボケのように感じられますね

  今日も昨日に続いて、吉野山行きのおはなしです。
f0088569_20371566.jpg

  高速道を順調に走って来たバスも、奈良に入ってからなかなか思うように進みません
  特に、吉野山を近くして、4キロの道を1時間も掛かるという大渋滞!
f0088569_20404651.jpg

  吉野川に沿ってトロトロと進んでいた車、やっと大橋を渡った所辺りから進みだした

  「煙草を吸います」そういってMさんが降りた。混んでるからまぁ~いいか?
f0088569_20421275.jpg

  ところが・・・思わぬ前進で、車の前があっという間に空いた。
  トロトロ進むかと思ったバスは、あれよあれよとMさんを積み残し5キロ先の駐車場まで

  後続車も有り、知らない道でもあるので皆は、バスのなすままに任せていた。
f0088569_2045342.jpg

  添乗員さんがどこかに電話を!ウチの車が後から来ている、頼んで乗せて貰えたら
  2号車は40分遅れで出発、この渋滞の中どれ位遅れて着くのかなぁ?

  でも、そんなに上手く行くかな!Mさんの事気付くかな!バスはいつ頃くるのかな?
f0088569_20472612.jpg

  「リーン」そこへ添乗員さんの携帯が鳴った!
  
  「うん、そうよ!紺色の上着の男の人よ!ええ・・・、ホント!!! 頼みます」とガチャン^^;;
f0088569_20495392.jpg

  添乗員さんは少々興奮気味に、しかも早口に言った!

  「電話した時、バスの傍を紺色の服を着た男の人が歩いていた。その人を乗せた」
  今、2号車の添乗員さんからそういって電話が掛かったのよ!
f0088569_20541960.jpg

  へぇ~~!そんなことって有るのかなぁ。積み残しも可笑しな話だけど。
  後続車に電話した時、当人がそこを歩いていたなんて。キャッチされたなんて!

  バスの中は一瞬心配から、喜びのどよめきに変った!
f0088569_2056343.jpg

  私たちの車に、そんなに遅れることなく後続車がこの坂道を登っていたのだ。
   
  しかも、電話が掛かった時積み残されたMさんが、バスの傍を歩いていたなんて!!!
f0088569_21122132.jpg

  なんて強運の持ち主なんだろう!バスに拾って貰えるなんて!

  「どうするつもりだったのよ」って聞くと、バスの帰りの集合時間までに間に合うように
  そんなこと考えながら登っていたのさ・・・だって。
f0088569_21145511.jpg

  添乗員さんは、みんなを下ろしてからタクシーで迎えに行こうと思っていたって!
  ハラハラドキドキのこんな事件も、思い出と成ると楽しいものですね!

金峰山寺・蔵王堂
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-16 20:55

吉野皇居

源義経、静御前悲恋の古跡
  文治元年11月6日(1185年12月15日)都落ちした義経の一行が
  九州へ渡るべく大物浜(尼崎市)から乗船するが、暴風雨によって難破した。
f0088569_8152930.jpg

  源義経は兄頼朝の追っ手を逃れて静御前、弁慶と共に吉野に潜入
f0088569_8204382.jpg

  それもつかの間追われるものの運命で。吉野落ちをされ奥州へ落ち延びた
f0088569_8225512.jpg

         吉野山 峯の白雪踏み分けて 入りにし人の跡ぞ恋しき
f0088569_8303878.jpg

  数年前、義経・静御前をタッキー(滝沢秀明)と石原さとみが大河ドラマで演じた。
  ここ、「吉水神社・吉野皇居」が天下に名高い大ロマンの舞台だった。
f0088569_8311596.jpg

  日本最古の書院造り内には「義経潜居の間」があります。
  室町初期の建物内に、禰宜のガイドの声が多くの観光客をひきつけていました。
f0088569_8374794.jpg

  広縁をグルリと回ります。ここは後醍醐天皇南朝の皇居跡、太閤様花見の本陣跡でも
f0088569_84020100.jpg

  金峰山・蔵王堂も見えます。麓の瀬古川のせせらぎも聞こえてきそうな紅葉の新緑
f0088569_841615.jpg

  そして・・・何よりは「見わたしの いとよき所」から眺める「一目千本」
f0088569_8421580.jpg

  上千本は、今まさに満開で迎えてくれました!良いときにいきました!

  12日は金峰山・お花懺会というお祭りの日、同じ時間帯の観光になり人、人、人の中
f0088569_8443335.jpg

  押されるような人々に落ち着かない観光でした。ゆっくり見るところですね!
f0088569_8515571.jpg


凄い人出
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-15 08:19

楽しい日々は短くて

旅の終わりに
  近くの駅に切符を買いに行った。小さな駅の窓口はひとつ。ひっきりなしにお客様。
  「日帰りで、九州まで子供だけ置いてくの」とか、岩国のお花を見に・・・なんて。
f0088569_2033852.jpg

  夕方店を閉めていたら友達がやってきた。駅まで送るよ・・・と。つづいてもひとり!
  彼女に送ってもらい東京着23時の最終便に乗る。清張の単行本を読んで時を過す
f0088569_2034914.jpg

  皆で行った高尾山良かったなぁ!
f0088569_20111854.jpg

  期待した富士山は見えず。春霞の町並みだけ見ました。
f0088569_2014467.jpg

  今回の旅はどこまで行っても花、はな、ハナと。花づくし!綺麗だった!
f0088569_20165256.jpg

  元気だったら、こんなカッコで来たいなぁ~!
f0088569_205188.jpg

  入学式に履いた靴が干して有りました。兄ちゃんは自転車だけの出演^^
f0088569_20174084.jpg


新幹線の中から
[PR]

by kazumi1713 | 2009-04-14 20:22