読書

本を読むなんて久しぶり!
午前中映画を観ること多いです。
最近見たのは「ハゲタカ」「剱岳・点の記」「愛を読むひと」「ルーキーズ」「真夏のオリオン」

もう・・・片っ端から見ます。宣伝で知る事が多い作品の中から選びます。時間的には午前中に限られてきます。お昼から働くので、それまでに帰らなければなりません。「見た見たっ」って感じで帰ってきます。記憶力が悪く映画のタイトル忘れているときも有りぃです。

「もう一回、しっかり見なきゃァ」って思うのが良い作品です。「愛を読むひと」これはズシンと応えた作品でした。原作を読まなくっちゃぁと帰りには本屋さんへ寄りました。そして・・・読み終えました。こんな事はその昔「マディソン郡の橋」以来です。あの作品は映画で表現されなかった主人公の心情が余りに素晴しくて何度も何度も読み返しました。旅行に出掛けるときはいつも下げて出ます。南の島の海べりで読んだり、木陰で広げたりします。
f0088569_8415930.jpg
ストーリー:1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケル(デヴィッド・クロス)は、無期懲役の判決を受けるハンナと法廷で再会する。

罪を問われて投獄されたハンナのために、マイケルは物語を朗読したテープを刑務所に送り続けるが……。彼女が懸命に守った秘密とは。なぜ、テープを送り続けるのか?

15歳の少年と21歳年上の女性の情事。性の目覚めを描く青春映画のような始まりです。なんだ・・・こりゃぁポルノ映画かいなって思いましたよ。そうじゃぁ無いのです。ステージはドイツです。ドイツに生まれた者達は実は皆,戦争の犠牲者ですね。『愛を読むひと』はドイツに生まれどんな形であれナチス独裁政権のもとで生き残った者達、そしてその子孫がこれからもまた抱えていかなければいけない問題を浮き彫りにした物語なのでした。
f0088569_8504656.jpg

作者ベルンハルト・シュリンクは大学教授です。ベストセラー小説「朗読者」は20カ国で翻訳され500万部とか。本を読んでて映画を観るって事が普通かも、ワタクスは逆ですね。
f0088569_97425.jpg

クライマックスの意外な展開に驚かされます。「愛」の力を感じさせられます!!!

瀬戸の恵み
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-26 08:40

四国「88ヶ所巡り

「お四国さま」とも言います!
横綱朝青龍の本名知ってる?ドルゴルスレン、ダグワドルジって言うのよ。日本名は朝青龍明徳。相撲留学で高知の明徳義塾高校に来ました。2年生の時中退して高砂部屋へ入門

高校在学時に世話になったという高知県土佐市の青龍寺からと、「明徳」という名前は出身校である明徳義塾高等学校にちなんで名づけられたと聞きます。「青龍寺」は四国88ヶ寺・36番札所(ふだしょ)です。

f0088569_18582457.jpg

もう・・・20数年も前になります。ある日曜日友達に誘われて出かけました。軽いドライブと思いました。瀬戸大橋を渡り気がつけば阿波の徳島でした。所用を済ますとお寺に回りました。

「17番札所・井戸寺」でした。手を合わせて軽く参ると社務所に回ります。持っていた「お帳面」に朱印を押してもらいます。大きな軸を出して、ここにも同じ筆文字を頂きます。
f0088569_1962853.jpg

気がつけば、その日4ヶ寺(よんかじ)回りました。16番・観音寺 15番・国分寺 14番・常楽寺。このように順番を逆に廻る事を「逆打ち」と言います。全く訳も解からず付いて行ったと言う感じ!

当時は50歳前だった。お寺なんて・・・と言う思いのほうが強かった。
それでも日曜日になると、機会あるごとにお寺参りに行くようになった。
f0088569_1916730.jpg

旅行社に頼めば都合の良い日に入れてもらえる。月に一回参加して一年間、あっという間に結願(けちがん)した。全部のお寺を廻って納経帳と額が一杯になった。

回ってない所はマイカーを使って埋めていった。額は表装してもらって立派なものになった。
f0088569_19191486.jpg

続いて「西国観音巡り」をした。近畿一円と岐阜県にまたがってこちらは33ヶ寺。それでも和歌山のお寺から始まって琵琶湖の竹生島、信州の善光寺までと、矢張り一年間掛かった。

牡丹の長谷寺、紫陽花の御室戸寺、桜の石山寺・・・なんとまぁ、物見遊山の感覚で楽しく廻らせて貰いました。その時お軸を拵えなかった友達はこの頃に又2回目を楽しく廻っています
f0088569_1933133.jpg

弘法大師様はお四国様、観音様は西国です。西国の観音様のお顔が好きでいつも掛けています。足腰が元気で楽しそうに歩いている自分が見えてきます。

ガソリンスタンドにて
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-24 18:58

趣味の折り紙

私は、だれでしょう?
  加藤 清史郎(かとう せいしろう、2001年8月4日 )
  日本の子役である。劇団ひまわり所属。神奈川県出身。血液型はA型

  これだけじゃぁ~。解かりませんね!では・・・
  「わしはこんな所、来とうはなかったのじゃ」のセリフ
f0088569_8295110.jpg

 わずか2回の出演で、大人たちのハートをしっかりキャッチした与六を演じた。加藤清史郎(せいしろう)。1歳になる前から子役として活動を始め、早くも7歳にして“泣くシーンでは自然と涙があふれる”という抜群の演技力“泣き虫与六”を見事に演じきりましたね。
f0088569_13213387.jpg

わずか5歳で喜平次の小姓となった与六。親元を離れ、雲洞庵で修行をすると決まったときの「家を出たくない」と訴える泣き顔に、思わず涙を誘われた私です。また、雲洞庵に入った日、謙信との対面の場で言った「わしはこんなとこ来とうはなかった!」というセリフは、ひそかな流行語となっているとか……。
f0088569_13261123.jpg

  NHK大河ドラマ「天地人」 見てますか。面白くなってきましたね。
  直江兼続役・妻夫木聡 少々優男ではあるが役に成りきって頑張ってくれてます。
  実際にはもっと大男で無骨者のようであったらしいですが、この役柄女性に持てますね
f0088569_8304662.jpg

  つい、先々週この「愛」の兜が登場した所です。

  折り紙の会に入ってる友人が兜を折ってきてくれました。
  いま、大ブームの直江兼続の愛の兜です。手のひらに乗るサイズのものです。
  こうしてみるとなんだか立派に見えますね!
f0088569_6194999.jpg


More
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-22 13:12

目先を変えて

トマト丼
充電中の携帯を半日ぶりに手にした。
「美味しかった!この夏・・・はまりそう^^」 そういったメールが有った。

なんだっけ? 表題に「トマト丼」と有った。そっかぁ~!!!
彼女、作ったんだ。そして・・・その美味しさを知ったんだ(^-^)
f0088569_8482956.jpg

何日かまえ、テレビの番組でゲストだった西城秀樹が言ってました(彼、NHK朝ドラ「つばさ」で893さんやって頑張ってますよね)
「簡単、一分間料理教えてあげる。美味しいよ!」

① トマトをサイコロに切る
② 生姜少々(小指大)下ろしてトマトと混ぜる
③ あら塩をまぶす
f0088569_8375921.jpg

条件は一つ!ぬくぬくご飯にかける事。はぁ~ん、簡単じゃぁ^^

そうして、テレビでは皆に振舞っていた。美味しい、おいしいとみんな言っていた。
なんだか・・・信じられないなぁ。
f0088569_844492.jpg

あったかご飯、ぬくぬくご飯が有って、トマトも揃った日。いざいざ^^♪

ぬぁ~んと、美味しい「トマト丼」が出来たでは有りませんか。たった1分間で!
生姜の味が、全体を引き立てていますね。とっても美味しかったです!
f0088569_8484971.jpg

ある日、作って、居合わせた人達と食べた。美味しかった!トマトの代わりに胡瓜も行けます。食欲の無い暑い一日、目先を変えて、色合いの美しい「トマト丼は如何でしょうか!

電話セールス
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-21 08:29

水不足

雨が欲しいよう~☆***
  「缶ビール 素麺 ドリンク」 昨夏売れたお中元、上位3位商品だそうです。
f0088569_1074077.jpg

話は変わって・・・
もし、亡くなったご主人が還って来たら。貴女はどんな話をしますか?
f0088569_1093363.jpg

先日テレビを見ていたらそういった質問が有りました。作家の司馬遼太郎さんは72歳で亡くなりました。亡くなって10年経ったころ、奥様・未亡人にこう聞きました。
f0088569_10165928.jpg

司会者は紳介さん、回答者はお笑いタレント数名。
あはは^^♪ これをここらでは「やっちもにゃぁ~」と言いますかしら。コホン^^♪
f0088569_10145962.jpg

  「積もる話、家族身内の話かなぁ」うん、誰しもそう思う!
  「次回作の小説のお話するかなぁ」そうやなぁ、良きアシスタントやったからなぁ!
f0088569_10203917.jpg

  「坂本竜馬さんに会ってきた? 彼は貴方の思ってた通りの人やったかしら」
  この回答、一番ええわ。正解とちゃうけどポイントあげるわ・・・と紳介さん!!!
f0088569_10231021.jpg

  答 「10年ぶりに会った主人とは悪口を言い合いたいわ」でした。
  エッ!一瞬拍子抜けしました。悪口ですって^^;;
f0088569_10272093.jpg

そうかもしれない。この世の中で、だれ憚ることなく手を口に当て
「ねぇねぇ、そうそう」とだれかれの事無責任にお話して、10年ぶりのご主人と心行くまで話し合うのか。天下の司馬遼太郎さんご夫婦といえども。そうかも知れないなぁ~!
f0088569_10312650.jpg


菖蒲
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-19 10:07

やっちもにゃぁ~!

埒(らち)も無いことを、方言でそういいます!
「とりとめも無い」とか「たわいもない」事を、当地では「やっちもない」と言います。
名古屋の言葉と一緒で、全てが「にゃぁ~、にゃぁ~」に変ります。
f0088569_21105245.jpg

ここ福山城は関が原の戦いの後、徳川家康の従兄弟に当る水野勝成公が築城しました。三河の刈谷城主水野信元の弟忠重の嫡男として岡崎城に生まれた勝成公。一族郎党をともなってやってきた・・・と聞きます。
f0088569_21111845.jpg

30数年前、当地に引っ越して来たとき、この名古屋弁に驚いた私。呉も福山も同じ広島、それなのにみんなにゃぁ~にゃぁ~と言います。こっちへおいでは「こっちに来にゃぁ」です

あれれ?ワタクス何の話しようかな・・・と思ってたのかなぁ~!まぁ、やっちもない話よ^^;;
f0088569_20304448.jpg

今日、近くの温泉へ行きました。従業員の人と話しました。
「何時まで、働くん?」6時までよ。「長げぇ~なぁ」
「これから、暑つぅ~なろう。考えよるんよなぁ~や。」そうそう、最後になぁ~やが付きます!
f0088569_22232521.jpg

「通勤が自転車じゃけん、大汗かくんよ。これから暑ぅ~なるけんなぁ~や」
若く見えるけど、年齢喰ってるそうな!
f0088569_22264976.jpg

元気で働ける幸せ。どうやら・・・ワタクスと同年齢みたい。頑張ってる^^♪
「仕事、出来る幸せ感謝せにゃぁ~、なぁ~や!」といって話した!
f0088569_22323384.jpg


あったかい方言
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-17 20:19

旅ゆけば(Ⅴ)

楽しい一日は短いなぁ~!
ビフォー
  バスの車内から撮りました。
f0088569_19544388.jpg

アフター
f0088569_19554638.jpg

  さすが、水木しげるの出身地・境港を走る電車ですね。

  では、このお城は何でしょう!米子高速道を降りると直ぐに目に飛び込んできます。
f0088569_19581456.jpg

  5階建てなんです。築城15周年だとか!
f0088569_1959124.jpg

  答 お菓子の寿城です。ツアーのバスは必ずここに止りお土産を(トイレ休憩)
f0088569_2015742.jpg

  1・2階の中はこのように華やかな店内、3階から上は天守閣に通ずる螺旋階段
f0088569_2033842.jpg

  モチロン!特派員は上がりますよ!
f0088569_2044057.jpg

  ここまで来る・・・おバカさんはワタクスだけでした!まいどぉ~~^^;;
f0088569_2074381.jpg

  大山を探しました。曇り空で見えなかった。帰りの高速道で会えました(^-^)↓
f0088569_2085126.jpg


夏つばき
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-16 19:54

いのちの洗濯(Ⅳ)

身をゆだねる!
綺麗なお花が一杯、素敵な庭園をのんびり歩く、友達の他愛ないお喋りのハーモニー^^
↓ここまでお見せして来た花々は大根島の由志園の夏まつりの花々でした!
f0088569_10395396.jpg

kimiちゃんが「どこか行こうな・・・と言って来ました。利尻旅行行かれなかったんです。旅行社のパンフレットの中から安い旅を見つけました。「6500円じゃが、行こ・行こ!」
f0088569_10444473.jpg

境港位、車で飛ばせば2時間ほど、早朝割引でいけば・・・なんて思います。
のんびり、乗って、降りて、見て、食べようよ。お風呂もついとるじゃんとkimiちゃんは熱弁!
f0088569_10484932.jpg

kimiちゃんなんて、ちゃん付けで呼んでるけど大のオッサンを何人も使ってる運送屋のおばちゃん。毎日ハンドル握って昼夜も無く働いています。そんな仕事柄、利尻島は行かれなかった。とっても楽しみにしてたのに。
f0088569_10524550.jpg

この火曜日、休みじゃ無いのよね・・・てな恩を着せながら心は牡丹園に飛んでった!別に珍しい所じゃない!最近よく来ています。でも菖蒲は初めてだった。嬉しかった!
f0088569_10552646.jpg

庭園は職人さんの手が入り、美しく整えられている。ここに立ち、あちらに立ってお喋りする。
kimiちゃんははしゃいで誰かれなく騒ぐ。そして程よく私と合流しては又はしゃぐ!
f0088569_1058261.jpg

今回はカメラは重たいので持っていかなかった。これらの写真は↓全てコンデジです。思ったより綺麗に撮れていました。自己満足です。うふふ^^☆
f0088569_110328.jpg

ここは・・・って思うところ、カメラを立てて太陽を待ってる先客あり。こんな小さなカメラを持ってるとどこででもパチリ、何気なくパチリと。沢山撮りました。知らない花が一杯咲いていました。も少し歩きたいなあl~、って所で切り上げたから「また、行こう」なんて良いんですよね♪
f0088569_1173968.jpg


奉公少女の笑顔
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-15 10:39

フリー(Ⅲ)

或る一日
「リ・ロン」と鳴り、料金は875円ですとETC機が言っていた。

前日買っておいた花束を下げて7時前の高速に乗った。今日は土曜日、1000円乗り放題の日。所がワタクスの下りるICは60キロほど、こうなると半額料金が適用されるのかな?
f0088569_13174934.jpg

このまま降りずに進むと「瀬戸大橋」が千円(別料金)で、降りる所で千円。合計2000円です(先月利用)

どこへも寄らずに、お墓参りを済ますとそのまま引返した。途中道口(倉敷・sapa)へ寄った。
f0088569_13253584.jpg

変った衣装の女性が目の前を横切った。「ん」?一瞬考えた。
f0088569_13291951.jpg

憑いて行って・・・「写真を撮らせて」と言った。笑顔でウンと言った(ような!)

「インドの人ですか」目が大きくて彫が深くて浅黒い肌してて。
「エジプトです」と言った。気がつくともう2~3人居ました。男性ドライバーさんも!
f0088569_13325142.jpg

車は黒い乗用車、ナンバープレートを見たら神戸で、レンタカー(わ)では無かった
「私たち、神戸に住んでいます」もう一人の女性がハッキリした日本語で話してくれた。これから広島へ行くという。彼女達も1000円乗り放題の日を選んだかな?
f0088569_1335296.jpg

帰ったら9時前だったので映画に行くことにした。今日封切りの「真夏のオリオン」
昨日、友達が呉で撮影したんよ・・・と言ってたので見に行く気持ちになったのだ。
f0088569_13373114.jpg

温泉入湯券なので、朝から露天風呂に入り10時過ぎの映画を観た。オリオン座は真夏に見る事は少ない。だから見えた日は「吉兆の知らせ」とかいう!戦争映画だった。知らない俳優さんが一杯。それでも先日見た「ルーキーズ」よりは何となく知ってる人が多かった。
f0088569_13424235.jpg

帰って1時から店に立ち仕事した。
夜寝るとき考えた。なんと・・・一日って長いんだろうって!ホンマ、色んな事が有ったよなぁ!

民族衣装
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-14 13:17

塩梅(Ⅱ)

母に近づきたい!
どうして・・・梅とラッキョウは同じ頃出るのでしょう。毎年この頃になると忙しくなります。

信じてもらえるかしら?梅を23キロ、ラッキョウを11キロと、沢山漬けました。こうなると、PCの前を素通りです。全身臭い臭いを浴びて幸せな気分で忙しくしています。
f0088569_1535223.jpg

今から40数年前、ワタクスは呉で新妻してました。
あるとき、実家から梅が届きました。お隣の大家さん家に持って行きました。
f0088569_15372029.jpg

「お母さんは梅漬けの名人ですね」大家の奥さんは母と同じ年。身を乗り出して梅の話になりました。料理自慢の彼女が漬け方を聞きますが、ワタクスは応え様が有りません。「こんなに美味しい梅をこれまでに食べた事が無い」といいます。お世辞だったのかもしれませんが嬉しかったです。
f0088569_15403116.jpg

母の漬けた梅を毎年当たり前のようにしていただいてました。自分で漬け様などと思う事も無く。そうしてある日、母は心不全で急死しました!
f0088569_15432543.jpg

いつの頃からか・・・買って来た梅を食べるようになりました。
f0088569_15443075.jpg

ある年、青梅を沢山戴きました。そういう事は何度か有りましたが自分で漬けようかとは・・・思わ無かったです。「いっちょ、漬けたろか」と思いました。塩を一杯振って漬けました。

辛くてからくて・・・大失敗。底に4~5センチも塩が溜まっていました^^;;
f0088569_1644983.jpg

次の年はカビが生えました。これは塩が少なくて水が上がら無いのが原因でした。減塩すると「重し」が要る事に気付きました。そんな失敗ばかり続きました。でも諦めません。

ある年、南光梅の安いのに当たりました。最高の梅です。塩は大体分かりかけてきました。後は重しです。身近にとってもいいものが有りました。ここからは・・・ナイショです。うふふ^^
f0088569_20155389.jpg

ぬぁんと、なんと!!! 2~3日もするとたっぷりの水が上がってきました。塩の振り加減もバッチシ!その年、どこの誰にも負けないようないい梅が漬かりました。皆に分けてあげました。美味しい、美味しいと言います。それで毎年ドッサリ漬けるようになりました!
f0088569_20465083.jpg

亡くなった母の梅干を惜しみながら食べていた頃が有ります。あんな美味しい梅は真似ができません。聞いてなかったワタクスが残念です。母は20年前72歳で亡くなりました。その年まで頑張ったら、もっともっと上手に漬けられるかな^^♪
[PR]

by kazumi1713 | 2009-06-12 15:35