♪ゆっら~と 柳川♪(5)

気ままに舟遊び
どんこ舟に乗りました。船べりに寄りかかって座ります。向かい合って10人ずつ
そしたら・・・足元に軽い布団が掛けられました。暖かいです。冬は炬燵だそうです。
f0088569_9353039.jpg

ここは北原白秋のふる里「柳川」です

細かな掘り割りに、柳の緑が映る水郷の郷。川面に映る枝垂れ柳、赤レンガの町並み
詩情豊かな情景が広がります。

「街のうらがわ そとがわ やながわを」ちょこっとみてみませんか!
f0088569_9401360.jpg

橋の欄干に掛かった絵です。この下を通りました。
f0088569_9411243.jpg

いつもは遠くから見ている「おともだち」
今日は目線でお迎えに来てくれます。上げるものが無くてごめんね!
f0088569_943116.jpg

「まちぼうけ、ある日せっせと のらかせぎ・・・」北原白秋
f0088569_9595416.jpg

どちらさんの裏口でしょう!ちょっと、通らせてね^^♪左折しまぁ~す!
f0088569_9481078.jpg

船頭さんは渋い喉、思わず拍手!低くて狭い橋を潜ります。このときも拍手!
f0088569_9491519.jpg

なにか、祭りごとのあとですか?綺麗ですね。水の祭事はわかりませんねぇ~?
f0088569_9503050.jpg

宮柊二(みやしゅうじ)歌碑が見えてきました(ひーちゃん、「柊」の文字直したよ、アリガト^^)
f0088569_9565034.jpg

ゆっら~とは柳川の方言で「ゆっくりと」だそうです。舟の乗り場は9箇所有って
1時間乗ってる間に、それは沢山の舟とすれ違います。
f0088569_1074980.jpg

柳川の小路を歩きたぁ~い、でも、今回はツアーで時間が無いの^^;;
2月の「さげもん」のときがいいそうな。さげもんってつるし雛(2月の頃)
f0088569_10123869.jpg

               (行きたいなぁ~!パンフレットから)
f0088569_10173427.jpg

のんびりと、ゆったりと、秋の舟下りのひと時は、流れていきました!

サンタが・・・来ました^^!
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-27 09:35

海の紅葉 (4)

有明海のシチメンソウ
ホテル正面に次々と横付けされる大型バス。
人々は今日の観光地「九年庵」に向けて飛び出していく。心がはやる!

鳥栖JCTから二つ目の「東背振」というICで降りました。ここは吉野ヶ里町です
今日の最初の観光は「九年庵」です。
f0088569_8383351.jpg

元来九年庵とは現邸宅の西北端に建てられた14坪の茶室(現在は解体)の事をさし
九年とは、この庭園が九年の歳月を費やして築造されたことに由来するとか!
f0088569_841436.jpg

駐車場から庭園まで延々と列は続きます。たった9日間だけなのです。
なだらかな坂道を2キロ位歩いたかな。庭園に入ると全てのものが楽しませてくれて!
f0088569_8432752.jpg

人・人・人、どこで写真を撮っても人の頭が入ります。でも、やっと来ることができました!!!
シリーズ1回目で紹介してますね。↓

さて、ここからバスは干拓地を抜けて有明海まで走ります。
「北海道みたい」と後部座席の人の嬉しそうな声が聞こえます。笠岡の干拓地と一緒
広い野菜畑がどこまでも続きます。
f0088569_854071.jpg

干潟よか公園から有明海を眺めた所です。いま、干潮時でした。水鳥が餌を求めて。
堤防からは、海(有明海、干潟)と陸(佐賀平野、脊振山地)を見渡すことができました。

それより!
堤防から広がる景色に圧倒された私たちです。海の紅葉なんです!
f0088569_8562274.jpg

コンクリートの歩道と捨て石で囲まれた保護地に、幅約10m、長さ約1600mの広大な場所が広がり真っ赤なシチメンソウの花が今満開だったのです!
f0088569_8581327.jpg

一年に一回11月中旬に咲くと言うシチメンソウ。ここは群生地なんです!
赤から紫に変色するので、七面鳥に似ていることから名付けられたそうです。
f0088569_90991.jpg

満ちて来ると花は海水に浸ります。有明海は目いっぱい干潮時でした。
f0088569_914577.jpg

泥水の中、ムツゴロウさんで有名ですよね。魚屋さんではたこの頭や
f0088569_924490.jpg

こんなもの↑が、売られていました。とっても珍味だそうですか(^^;;)
f0088569_934224.jpg

幅10m、長さ1,6キロも続く、真っ赤な海の紅葉は見応えが有りました。
韓国の「海が割れる島」へ渡った時にも、同じ様な赤い花を沢山見たっけ!
f0088569_910055.jpg

昭和62年、ここを訪れた天皇陛下が熱心なる関心を寄せられてからこのように
保護されるようになったとか。ここもまた年に一度の見頃なんです。
f0088569_9301852.jpg


走る車内から
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-26 08:48

旧友(3)

ゴージャスなホテル
目が覚めたのは5時過ぎだった。隣のベッドに寝ている人がいる!
「そっかぁ~、ここはホテルじゃった!」

昨日、関門海峡を抜けて東九州自動車道へ入ったっけ。そこから大分県の「青の洞門」
それから筑前の小京都「秋月」の紅葉を歩いたんだっけ。
f0088569_9361828.jpg

窓を開けると・・・真っ暗!いつ頃、明るくなるのかなぁ~?」お風呂は6時から。
ここはハウステンボス内の全日空ホテル(写真は朝7時前です)
f0088569_9401366.jpg

昨夜はここの料理屋さんで贅沢な食事をしたっけ。
だんだん頭がシャックリしてきたぞ。そうだった!お友達が会いに来て呉れたんだ。
f0088569_9403550.jpg

今回はお友達4人で、バスツアーに申し込みました。
家から500キロあっと言う間にハウステンボスに着きました。
f0088569_942656.jpg

ひとり旅では、決して泊まれないような大きな豪華なホテルに泊まりました。
おまけに、ここは天然温泉つきなんです。茶褐色の有馬温泉の「金泉」みたいなお湯!

何気に掛けたお友達(ここから近いところに住んでます)、「会いたい、行きます」って。
あらら、あららと言ったご対面。今から35年ほど前、呉時代の友達です。
長崎・佐世保に転勤して帰って行きました。その間に幾度かは会ってますよ。
f0088569_9473840.jpg

お喋りしている、彼女の背中越しにポンポンと花火が上がります。
「毎晩挙がってるのよ。平日は少ないけど」ほんとぅ~、ちょっとゴメンね・・・なんていいながら
f0088569_9532247.jpg

撮りました。レストランの窓越しです。座ったままのところから、よくぞ、撮れたもの!

「履いてくれる」そういってワラジが差し出されました。古布(こふ)を裂いてほつれを手入れ
編みこんでいます。鼻緒はお江戸から仕入れた布ですって!
一日おきに人工透析しているご主人のお手製、頂きますとも。あの頃は若かったなぁ。
f0088569_9573811.jpg

でも・・・履くなんて。勿体無いから飾っておきたいな、そう思いました。
短い時間だったけど、積もる話を、顔を見ながらお話できました。良かった!
f0088569_1012534.jpg

さて・・・と。
だんだん明るくなってきました。ハウステンボスの美しい町並みと大村湾が一望!
f0088569_102044.jpg

屋根がついてるから・・・バルコニーなんだ。これも一枚・パチリ!
f0088569_1024895.jpg

迎えのバスが来ました。
外観はアムステルダム中央駅をイメージしているそうです。ここの外壁にもサンタさんが!
これから九年庵と晩秋の有明海沿岸を真っ赤に染め上げるシチメンソウを見に行きます。

クリスマスバージョン
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-25 09:36

30年の歳月(2)

青の洞門
  昨日は山口県の「角島(つのしま)」へ行って来ました。
  寒いのに、日本海の青海島海上アルプス巡り? なんて言われました。
  幸いお天気にも恵まれました。美しいブルーの海に会って帰ってきました。
  このお話は、後日改めまして。


家を出てから3時間もすると関門海峡です!(先週の九州旅行のつづきです)
f0088569_2126231.jpg

右奥のほうに「最近まで、護衛艦が在りました」とガイドさん。そうなんです。
つい最近この狭い海峡で海難事故が有った所です。ここで休憩しました。
f0088569_21125886.jpg

高速道を降りてこ一時間も走ったでしょうか!田園風景が続きます。
「ここは福澤諭吉翁の生まれた中津市です」なんて聞いてる間に着きました。

そうなんです。ここが「青の洞門」です。
f0088569_21145934.jpg

菊池寛の小説「恩讐の彼方に」でよく知られる話が残っている。
f0088569_212739.jpg

            (↑中央の丸い穴の様な箇所・明り取りの窓穴です)
人を殺めてしまった償いに難所であったこの地にトンネルを掘ろうと決意した禅海が、
ノミとツチだけで30年かけて完成させたと言う話である。
f0088569_2118198.jpg

たった一人で・・・コツコツと30年掘ったとか(終わり頃には村人達も手伝ってくれて完成)

バスを降りてトンネルを歩きました。並んで歩いても広くて、曲って、石段もありました。
右手に綺麗な川が流れていました。道々は紅葉も進み長閑な風景が広がっていました
f0088569_21215098.jpg

左は険しい岩山が連なり、右手は川です。ここにこんなトンネルがついた事は
当時としては艱難辛苦の業だった事でしょう。今は車で一分で通れます。
f0088569_21243735.jpg

結構近いのに、初めて訪れました。今回の旅の始まりはここからでした。
f0088569_2133323.jpg


筑前の小京都
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-23 21:06

一般公開(11/15日~23日)・9日間のみ(秋の九州・1)

国の名勝 九年庵
 佐賀の大実業家・伊丹弥太郎が、明治25年に造った別荘と
 明治33年から9年の歳月をかけて築いた庭園。

毎年紅葉の時期に9日間、一般公開されます
f0088569_9241397.jpg

「行きたい」と毎年思い続けて来ました。今回は思い切って出かける事にしました。
f0088569_924431.jpg

今回の旅は、こんなに沢山巡りました。
「耶馬溪・青の洞門」「筑前の小京都・秋月」
「九年庵」「有明海のシチメンソウ」「北原白秋の町・柳川」「大宰府天満宮」
いったい、何から紹介しましょうか。
f0088569_9283565.jpg

紅葉期間の9日間だけしか一般公開されない庭園
メーンである「九年庵」の紹介が一番でしょうか!
f0088569_9474483.jpg

庭一面に広がる苔と真っ赤に染まる紅葉の美の競演、いい時にいきました。
f0088569_94821100.jpg

かなり遠くの場所に臨時の駐車場が設けて有ります。そんな中平日の、午前中の早い時間帯スムーズに並んで登って行きました。道端の景色が目を楽しませてくれます。お喋りしながら列は緩やかな坂道を進みます。
f0088569_9345825.jpg

行き着く先に仁比山神社の紅葉が待ってます。その手前を折れて九年庵の庭園に
足元の苔が散り敷かれた赤い落ち葉とのコラボとなって美しかったです!
f0088569_9382370.jpg

いつか行った・・・「京都御所」の行列の様な人々。ゾロゾロと列は進みます。
f0088569_9395464.jpg

人の入らない写真・・・なんて、とっても望めそうに有りません。パンフレットで見た写真は庭園内からこちらを撮っているのでしょう。そんな事は望むべきも有りません。
f0088569_9412633.jpg

沢山写真を撮りました。こんな「秋」も有ったんだ!
f0088569_9505698.jpg

そういった九州の旅でした。続いて報告させて頂きますね。
また、暇つぶしに寄ってくださいな。お待ちしていますヨン^^☆
f0088569_9522792.jpg


花より団子
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-20 09:21

約束

菊の花を抱えて!
昨夜来の雨も上がり、土曜日の高速道は忙しそうだった。出掛けに、ゴソゴソしたので、
今日は9時過ぎに高速に乗った。案の定いつもより混んでいた。

窓から見える木々は紅葉には今いちだった。
アッと驚くほど綺麗な紅葉も飛んで来たが、矢張りもう1~2週間は掛かるかな!
分離帯のさざんかの花が、大きく揺れながら、それでも健気に花咲かせ綺麗だった。
散り敷かれた花びらが一本の白い帯状に連なっていて目を楽しませて呉れた。
f0088569_19432371.jpg

先月位から、菊の花が咲き始めた。去年、友達が挿し木してくれた黄色い菊の花!
今年は真夏の暑さにも負けず、グングン伸びて花咲かせてくれている。
f0088569_19455413.jpg

「お墓参りの花くらい・・・。我が家の庭で咲かせた花を下げていくようじゃ無いと」
亡くなった母が、いつも、口癖のように言っていた。
母は、確かに四季折々の花を咲かせていた。お墓参りの行きしなに立ち寄って切っていた

小さな、小さな庭しかない私。お花なんて!第一、草を延ばし放題生やしているこの性格
貰った鉢植えの花も、活けた花も、年中枯らしている・・・。そんな私!
一年に一回だって、我が家のお花を切って行かれるはずが無い!
f0088569_1952642.jpg

私の人生で一回位、我が家の花を下げて行きたいものだ^^;;

ところが。
黄色い菊の花は、グングン伸びて、蕾をしっかりつけて!
なんと、立派に花咲かせたんです!
f0088569_19534292.jpg

今朝は早めに起きて切りました。そして・・・束ねました。思ったより沢山有りました!
「よっしゃぁ!この花束下げてお墓参り行くぞ!」

月命日を大きく外してしまいました。菊の花が咲くのを待ってました!
お蔭様で、花束を抱えて墓前に参れます。うれしいなぁ~!
母と約束(?)してから20年の月日が流れています。ごめんなさいね!
f0088569_20391524.jpg

やれば、出来る!!!わたしだって!!!ぬぁんて、友達が挿し木して育ててくれたんだっけ!

やれ、うれしや!
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-14 19:46

3時間半

あっと言う間でした!
 いきなり、パッと明かりがついた。スクリーンに「10分間休憩」と字幕が出た。
 いつも早めに席を立つ癖のある私。館内が明るく照らされることになんか慣れてない。
 やがて、人々が席を立ち、ゾロゾロと外に向けて出て行く。
 ややあって・・・私も外に出た。トイレに走った。

 今日は雨の中、映画に行って来ました。渡辺謙の「沈まぬ太陽」を見た。
 24日封切りは知っていたが、3時間半もの時間、座ってられるかなぁと思っていた。
 「ゼロの焦点」が見たくて、14日の封きり時間を見に寄ったつもりが・・・弾みで見て
 仕舞いました。
 出たところに大きな看板が立っていました。あらすじが書いて有りました。

 あらすじ
 昭和30年代―。巨大企業・国民航空社員の労働組合委員長、恩地元(渡辺謙)は
 職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な
 生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、
 救援隊として現地に行った彼はさまざまな悲劇を目の当たりにする。
f0088569_21582353.jpg

 ここまでは、前半なんです。
 御巣鷹山の遭難現場、体育館に並んだ沢山の棺、人々のここにいたる人生の背景
 それは、沢山の俳優さんの出演です。どの画面も涙無しでは見られなかった私です。

 「アカ」のレッテルを張られてのパキスタン、イラン、そして路線の就航もないケニア
 このままで終わるはずの無い彼の人生よ・・・と後半が楽しみで。またもや館内へ。

 つづき
 そんな時、政府より巨大企業の再建を託される国見会長(石坂浩二)が任命される
 国見会長は恩地を室長として迎えてくれる。その他の配役は
 恩地の同僚ながらも袂を分かち対照的なエリートコースを歩む行天四郎に三浦友和、
 恩地の同僚で行天の愛人・三井美樹に松雪泰子、恩地の妻・りつ子に鈴木京香などなど
f0088569_22132331.jpg

 原作は山崎豊子・全5巻からなる長編作、内容からすると3時間半では表しきれない
 事でしょう。作品を読んでないけど・・・きっと読み応えのある作品なのでしょうね。
 大企業を内側から克明に語っていて、息も付かせぬ迫力ある展開に仕上がっていました

 終わったのは1時20分でした。
 ケニアの風景が壮大でした。お話が胸につかえたような内容だっただけに
 遠く広がる大地を、多くの動物達が疾駆するアフリカの地平線と太陽が素晴しかった!!! 

いつの間に^^♪
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-10 21:53

クイズ

退屈な日に。テレビ番組から!
 11月2日の寒さには惑わされましたね。
 思わず、これからの、寒い冬を予感して・・・身構えちゃった^^;;

今日も昨日もポッカポカの陽気!ヤレヤレ!こうでなくっちゃぁ^^
どれ、全国の紅葉のグワイは・・・どうかな?この行楽日和、どこぞへ・・・っと。
f0088569_9301367.jpg

パチンとつけた画面からは「クイズ番組が流れていました。

「テラス」と「バルコニー」の違いは?
 テラスって、布団を干せるところ。
 バルコニーは、テーブルと椅子を置いて「お茶」する所。

エッ!そうじゃぁ、無かったの!バルコニーなんか、ウチには無縁よねぇ???
f0088569_9344831.jpg

答え
  屋根付きのものをベランダ、屋根なしをバルコニー


そうなんですか。じゃぁ、テラスって?
 それは一階に張り出したバルコニーの事です!

次は「関東圏」と「首都圏」の違いです。
 関東って一都6県ですよね。東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・神奈川・千葉かなぁ!
 はい、それは合ってます!
f0088569_9392378.jpg

 「首都圏」って?東京都内かな?
 いやいや、東京都全域かな?

答え
 東京の中心地からコンパスで150キロの円を描きます。
 その中に入った県を首都圏と言います。と言うわけで一都6県に「山梨県」が入ります!


 コンパスで描いた円の中に長野県も入っていましたが、全県スッポリではなかったです。
f0088569_9465042.jpg

また、「パスタ」と「スパゲッティ」の違いなんて!
どうでもいいですか。すみません。こんなクイズで^^;;
          *:・’゜☆。,:*:・’゜★゜’・:*:,。,:*:・’゜:*:・’゜☆
f0088569_9551227.jpg


一億円札
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-07 09:30

早ッ!

スーパーにて
何か良いもの有るかな・・・・と近くのスーパーに行って来ました。
あらあら、もう。。。こんな感じ。。。店内は「クリスマスモード」でした!
f0088569_10114328.jpg

急に寒い日が2~3日続きました。
なんだか、秋を追い越して冬が微笑みかけているようで。でもチョット待ってよ。
f0088569_10152993.jpg

秋の旅行が有るのよ。
私、まだ、紅葉を見てないのよ!それなのに・・・雪とかサンタさんなんて^^;;
f0088569_10164892.jpg

昨日、近くのヨーカドーへ行って来ました。
2キロ以内に、ヤマダ電器、ニトリ、ドンキホーテ、ヨーカドー・・・なんか。
たっくさんの店がひしめいている、そんなところに住んでいます。
でも、
こうして、人々がひしめく場所へ出かけるのは珍しいことなのです。
近く、皆で楽しむビンゴゲームの景品を買いに重い腰を上げました。そんなお出かけです。

知らぬ間にバッグの前で立ってます。いけないいけない、もう買っちゃァいけないのに^^;;
あらら、軽そうな靴だけど!いけない、いけない!

久しぶりの外出は、気が多くアチコチ目が走ってしまう^^;;だめねぇ~!
f0088569_10254271.jpg

折角来たんだから・・・婦人服も。いえ、買うのじゃないのよ。見るだけよっ!

エスカレーターの前を行く女の子の足首に目が行きました。ぷっくりと太くて丸くて!
カメラっと。あぁ、間に合うかな、早く、早くぅ~~。
「セーフ」です。可愛い女の子は4~5歳かな。しっかり繋いだオテテの絆を感じます。
何を買ってもらうのかな。ふと、七五三を祝う孫娘の事考えました。
f0088569_10301039.jpg

物思う・・・秋ですね^^☆

すずめ
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-05 10:16

11月になりました!

11月3日は何の日?

   金色の ちひさき鳥の かたちして 銀杏ちるなり 夕日の岡に
                                         与謝野晶子


 霜月とも言いますね!いきなり、今年も短く・・・なんて思います。
 月日の流れが早くって、とてもついてゆけそうにありませんね。

 スーパーに行きました。
 今にも話しかけて来そうな「アッ子ちゃん」に会いました。良い笑顔だこと!
 一日に何回、こんな顔していられるかしら。こうありたいですね^^☆
f0088569_10104423.jpg

          *:・’゜☆。,:*:・’゜★゜’・:*:,。,:*:・’゜:*:・’゜☆
            。,:*:・’★゜’・:*:,。,:*:・’゜:*:・’☆。,:゜


 3日は文化の日です。
 1946(昭和21)年、平和と文化を重視した日本国憲法が公布されたことを記念して、
 「自由と平和を愛し、文化をすすめる」国民の祝日に定められた。
 戦前は、明治天皇の誕生日であることから、「明治節」という祝日だったそうです。

 そのほかにも
 ☆レコードの日 「レコードは文化財」ということから、文化の日を記念日とした。

 ☆ハンカチーフの日
  フランスのルイ16世の王妃マリー・アントワネットが、国内のハンカチはすべて正方形に
  するようにという布告をルイ16世に出させたことから、マリー・アントワネットの誕生日
  11月2日に近い祝日を記念日とした。

 ☆いいレザーの日
  「いい(11)れざー(03)」の語呂合せ。

 まだまだ、いっぱい有りました。そんな日とは知らなかったです。
f0088569_10352188.jpg

 今月は紅葉に忙しい月です!元気です!

秋三題
[PR]

by kazumi1713 | 2009-11-02 10:00