♪~五月晴れ~♪

大型連休!
暖かい日が続いています。
やれやれ、やっと春らしくなってきました。良かった!
f0088569_1995986.jpg

合鍵を作りに行った。携帯みたいに
「ここよっ!」って返事して呉れたらいい子ちゃんなのにねぇ~!

アッ、こちらでサインを送るとブザーが鳴るのをボクは持ってたんよ。でも
スイッチの入れ忘れとか、電池切れでもう・・・止めました。と鍵屋さんの主人!
f0088569_12351263.jpg

呼んでも返事してくれないので、行方不明の侭未だに現れないで居るのがメガネ
不自由して、根負けして新しいのを作った。高くついた、その点鍵は安い!
f0088569_19174344.jpg

受付の女性の方は、私の事覚えていてくれた。
「あのキャリーバック使ってます?」えぇ、と。昨秋、鍵を直してもらったんだわ
商売をしていて、この顔を覚える人は武器なんです。羨ましいです!
f0088569_19211530.jpg

覚えの悪いうえ、最近は思い出せないで居る事の多い私です。

帰りは「し〇む〇デパート」へ回る。なんぞ・・・掘り出し物は無いかな!
早っ!半袖物ばかり並んでいる。チョット寒そうだわって年寄りはひとり言^^;;
f0088569_2092120.jpg

連休の中日(なかび)です。駐車場はいつもの様に込んでいました。
テレビでは高速道の大渋滞が40キロとか50キロって放映っていました。
f0088569_20472070.jpg

「連休には、お孫さん帰ってこないの?」って聴かれたけど。そういえばそうか。
どこへも行かないし、誰も来ないし、連休も無しで、働いているんです。アタシ!

年中、遊び歩いて、飛んでばかりいるアタシ。ハイ、いい子して働きますってば!
f0088569_20501482.jpg


エジプト土産
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-30 19:10

また、来年会おうぜぃ!

美しい花をありがとう
「今年は終わりかも?」そういってツクシを貰った。
卵とじにして食べた。今春の、初めてで終わりかもしれない。

4月ももうサヨナラです。4月一杯桜の花には癒してもらったナァ~♪
忙しい中、「お花見」と称してこの春は美しい桜と3回会えた!
その一
f0088569_2101778.jpg

岡山県・津山 鶴山公園の桜です!
「本能寺の変」の森蘭丸の弟さん・森忠政公(1570-1634)が徳川時代に入封したお城
f0088569_2112513.jpg

いつもの様に、8時過ぎには現地到着のワタクス。
人の少ないお城と満開の桜に迎えられ、十二分のひと時が持てました。
これまでも何度か訪れたけれど、やっと満開の桜とで会えて興奮しましたよ!

その二
f0088569_21145160.jpg

満開のの桜に囲まれた「尾道美術館」
この日は曇り空。それでも朝日を狙ってカメラマンが数人!
一人は金沢の人、夫婦ずれの一組は遠く静岡・浜松からでした。晴れてたらねぇ!
f0088569_2118370.jpg

大晦日にはこの鐘突堂から除夜の鐘が打たれます。眼下には尾道水道が広がってて
平山郁夫画伯はこの尾道市・生口島出身でここの絵を何枚も描いていますよ!
f0088569_21315128.jpg

①さくらって、富士の頂から花の種をまいて花を咲かせる此花咲耶姫
”この花(桜)のように美しい姫から来ているとか。
②「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものとされた・・・とか?
 染井吉野は江戸時代に、江戸駒込の染井村から植栽が 始められたのよね!

その三
f0088569_21334219.jpg

京都は枝垂桜が多いのね!アチコチで見ました。嵐山の桜です。
そういえば100円硬貨の表には桜の花が咲いているよ。
f0088569_21351555.jpg

毎年、花は同じ所で同じ様に咲く。
でも、それを見上げる人は、必ずしも同じ人ではない!
来年も美しい桜の花に出会いたいものよと思いました。美しい4月さん、ありがとう♪

出番に備えて
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-27 21:12

信じていいのかなぁ?

春が来た!!!
お天気に恵まれ、温かい日が数日続く!
ゴミを出した帰り、カメラを持ち出し撮ってみる!我が家のハナミズキが満開!
f0088569_7155593.jpg

「今年の花は、色がわるいねぇ」と友達が言う。
自慢の木に文句付けられちゃァ・・・外に出て並んで見上げる。ホント!
f0088569_7174689.jpg

私はいつも二階から、花芯を見下ろし、その美しさに心奪われていたが。

下から見上げると!そうなんです。淡くて、貧相で、全く別人(別花)の様(泣)
f0088569_7202184.jpg

人の見方もこれと同じか!
f0088569_723218.jpg

同じ花も。見方ひとつで!
f0088569_8114772.jpg


春が来た・・・と思ったら寒い日々に逆戻り。暖房もまだまだ要るぞと覚悟して
そんな日々の明け暮れ、暖かい土曜日「高速道・1000円ドライブ」に出かけた
f0088569_7254479.jpg

山陽道で朝日に迎えられた。
f0088569_7263421.jpg

思いっきり晴れたこの日、昨夜の雨が、こんな風景を魅せてくれた。サンキュー!
f0088569_728436.jpg

ワタクスの町は、山も海もこんなに近くて楽しいお庭!
右手の三角山は「讃岐富士」そう、四国は香川県の景色。瀬戸大橋からです。
f0088569_7374259.jpg

瀬戸大橋は別途1000円料金が加算されます^^;;でも奮発しちゃった!
正しくは往復で2000円也。行っただけじゃ無い、帰らなくっちゃあ・・・デス。
f0088569_7384687.jpg

今日のドライブ先は宮島でした。今年に入って2回目かな。
自転車を借りて島内を走りました。牡蠣を200円でゲット。
f0088569_7412247.jpg

今度は、もみじ饅頭の「天麩羅」
これは、行列の最後尾に並んで。ホッカホカを頂く。うふふ^^♪
f0088569_744034.jpg

外へ出ると、自転車の前かごに入れていたパンフレット、鹿さんに食べられました。
f0088569_7462523.jpg

足で押えて一枚の紙を三分の一ほどに裂き、それを3回に分けて、あっと言う間に!
島内の案内パンフレットをムシャムシャ!
f0088569_7484868.jpg

まぁ、ワタクスだって、焼き牡蠣ともみじ饅頭の天麩羅食べたんじゃから!
f0088569_7505794.jpg

厳島神社の前では友達にバッタリ!昨日エジプトから帰って来たんだって。
こんな所で、自転車姿の私に会ったので、相手もビックリ。目を丸ぁ~るくして(@ー@)
f0088569_7572029.jpg

潮の引いた鳥居の回りは人々が大勢歩いていました。
この日の走行距離は600キロ出ていました!!!如何に言うても!走ったものよ!
f0088569_811367.jpg

この暖かさ、信じていいのかなぁ~! **♪~はるが、きたぁ~♪** ♪♪
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-26 07:20

寒ぁみ~なぁ~や!(お寒ぅございます)

保津川下り(京都旅行・5)
なんちゅう~、寒さよ!
暑い日の次は、寒い寒い一日。気温の乱高下にみんな泣かされてますよ!

パソコン君は2日間お休みいただいてました。
皆様のお薦めによりハードディスクを買いました。買った所でバックアップ!
なんか・・・・そういった事をして貰ったので置いて帰りました。

京都・嵐山旅行のお話、ハイライトの保津川下りで今日で終わりとなりました。
f0088569_8583936.jpg

「一日で二日分の旅をした」
皆にそういわれました。今回のお花見はボリューム満点でした。
 亀岡(船着場)ー舟下りー嵐山(自由散策)-トロッコ列車
スケジュールはこんな一日でした。
f0088569_935438.jpg

保津川下り
 早朝6時半に出発したバスは予定通り10時過ぎの舟下りに間に合いました。
f0088569_98994.jpg

丹波に源を発する保津川、亀岡から嵐山までの16キロを2時間掛けて下ります
スリル満点の早瀬やゆったり流れる淵など渓谷美の行程を楽しめます。
f0088569_911102.jpg

途中トロッコ列車に出会いました。1時間に一本通ります。今日はこの後乗ります
f0088569_9161252.jpg

この日は亀岡ー嵐山を舟とトロッコ、同方向から見上げたり見下ろしたり!
f0088569_919947.jpg

新緑の中ヤマザクラが咲き誇り眼下に広がるパノラマは最高でした!
トロッコのお話は今回は省きます(話が長引いてしまいました)
f0088569_9324770.jpg

私たちは二艘の舟に分かれて乗りました。キャーキャーとボロ布を裂くような嬌声
水量の増した保津川は十二分に楽しませて呉れました。
f0088569_9231351.jpg

嵐山に入ると水上マーケット舟が近づいてきました。ビールにイカ焼き、焼き鳥と
「花より団子」ですわナ!そこへ芸妓さんを乗せた遊興舟、豪勢だ事!
f0088569_925354.jpg

遠くに「渡月橋」の見える船着場に着きました。なんと言う人出!
f0088569_9332691.jpg

人々をかき分けて、みんなが間違わないようにレストランまで歩きました。
ここで3時間の自由時間を取りました。みんな思い思いの過し方をしたのです。
f0088569_9301688.jpg

タクシーコースの4人組
 ◎竹林ー二尊院ー祇王寺ー化野念仏寺ー愛宕念仏寺ー釈迦堂ー大覚寺
自転車組・6人と二人組
 ◎愛宕念仏寺ー化野念仏寺ー竹林 その他
殆んどの人は松尾大社、天竜寺、竹林・・・と。渡月橋の周りを楽しんだようです
f0088569_9363174.jpg

変化に富んだ美しい渓谷美、42名の私達は感動の風景に出会いました。
「秋も保津川下りしたい。今度は紅葉に会いたい!」が同じ思いでした!

さすが、プロ!
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-23 09:04

愛宕(おたぎ)念仏寺

京都・嵐山旅行(4)
「化野(あだしの)念仏寺もいいですが、私はこちらをお薦めします。まぁ、行って御覧なさい」

嵐山で拾ったタクシーは個人タクシーで75歳の運転手さんでした。
ものの弾みで・・・2時間お願いすることになったのです。さて、そのいきさつですが
f0088569_21123692.jpg

実は、こちらは足腰の弱い4人組なんです。目的地は嵐山の一番遠い北の化野念仏寺!
「そこから、次に大覚寺へ回りたいのです。待ってて欲しいナァ~?でもどれくらいかかるか」
そんな会話から、始まった私と運転手さんなのです。
f0088569_2120104.jpg

3時に嵐山の駐車場集合です。2時間も有れば自由時間は充分に楽しめます。

気がついたときは車は、既に、竹林の中に在りました。
降りて写真を撮りました。
今度車に乗ったときにはこんな案内図が渡されました。
f0088569_21224456.jpg

「注」
 一番下中央・渡月橋。ここから地図の一番左上の化野念仏寺
 続いて右上、大覚寺・大沢池。 この2箇所を回りたかったのです。
f0088569_21261787.jpg

「この赤い丸印がこれから行って降りるところです。緑の丸は車内から見るだけです」
エエェ、もうもう、それで充分です。お任せします。ですです^^♪

と言うわけで何気に乗ったタクシーの運転手さんは俄かにガイドさんに変身です。
知識も豊かで、長い人生経験から来る垢抜けたジョークは、それは楽しいものでした。

化野念仏寺で降りた時「30分位ゆっくりしてください。どれ程掛かっても下で待ってますよ」
その言葉通り、ゆっくり回って下りて来てもドアーを開けて待っててくださいました。
f0088569_21332593.jpg

それから、化野念仏寺より更に北(地図で一番左上の赤丸)へ向かいました。
f0088569_21384972.jpg

愛宕念仏寺です。仁王門からも見えます。千二百羅漢は昭和56年から10年間、
一般の参拝者自身の手によって彫られたもの。表情がひとつずつ違うのですよ。
f0088569_21422183.jpg

ホント、この地に住む運転手さんが薦められるとおり、とってもいいお寺へ参ったものよ!
ひとつずつ異なった、無心の表情の、心癒されることでしたよ!

人と人との出会いの妙をひしひしと感じるひと時でした。
f0088569_21454067.jpg


出会い
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-19 21:17

大沢池(おおさわのいけ)

京都・嵐山旅行(3)
♪ きょうとぉ~ らんざん だいかくじぃ~~♪

「お客さん、よぉ知ってますな!皆さんいつも・・・京都、大原、三千院っていいます」
運転者さんが嬉しそうにそういいました。心の中で
♪塩沢絣に 名古屋帯 耳を澄ませば 滝の音♪ と歌ってるワタクス^^♪
f0088569_19211183.jpg

嵐山で3時間のフリータイムを取りました。
 ①貸し自転車を借りて嵯峨野巡りをする(一日・1000円)
 ②竹林、ひばり座、天竜寺など、近くをゆっくり散策する人
 ③お茶して、ゆっくりバス車内でお喋りする人
などなど、41名の皆さん、銘々の時間の過し方をされたようです。
f0088569_19253262.jpg

                   式台玄関(江戸時代の建造)
私は足が弱いのでタクシーで「旧嵯峨御所・大覚寺」まで行くことにしました。
同じく足腰が弱く歩行の困難な人達4人でタクシーを停めました。
f0088569_1929933.jpg

             御影堂(心経前殿)嵯峨天皇の尊像をお祀りしています
乗った途端ついでにこのまま2~3箇所回ってもらおうって思いました。
折からの花見客の大勢さ、なかなか捉まらなかったら困るのでチャーターする事に
手短にコースを言って交渉成立、2時間8000円で回ってもらうことに!
f0088569_19345768.jpg

櫻もきれいだけど。大覚寺は年に一度の華道祭りの真っ最中。綺麗なベベの人で一杯!
いけばな嵯峨流の総司所なのです。
f0088569_19365743.jpg

         (五大堂(嵯峨天皇が天下泰平・五穀豊穣を祈念して建てられた)
弘仁九年に春、日本国中疫病が流行して多くの死者が出ました。その折、弘法大師上奏により、般若心経一巻を浄書された所たちまちに効験が現れ疫病が治まりました。その後この浄行に習って全国幾千万の人々が心願を込めて写経し奉納し功徳を積まれているそうです
f0088569_19471596.jpg

写経の順番待ちの人が数列に渡って待っておいででした。ワタクスは東の端っこまで
大沢池を見に!櫻が見たかったです!「唐門」脇の枝垂桜の見事な事!
f0088569_1949443.jpg

歩かなかったけど、池の畔には茶室、心経宝塔、石仏、名古曾の滝跡があります
国指定の指定地になってるそうです。歩けば1キロ、櫻は満開でした!
f0088569_1953352.jpg

雨上がりの澄んだ美しい春霞の中、遠く東山三十六峰を眺めながらの景色は最高でした!

百花繚乱
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-18 19:21

続・わぁ~、大変!

京都・嵐山旅行(2)
突然に、起こるのですね!
ある日、突然に訪れます。パソコン君に次いでやって来ました。

「ガス漏れしてます。検査しますね」
f0088569_12313943.jpg

おじさんが二人やって来ました。ガス会社の人です。
なんで・・・ウチが漏れているっていうの??
「先日、ガス検針に来たら、紅いランプが点滅していました」
f0088569_12345655.jpg

手にした用紙を見せてくれました。ランプのつき方が幾通りか図示してます。
一番上の、連続して赤いランプがライン状に付いている図がウチのサインのようです
f0088569_12375087.jpg

はぁ、そうなんですか。調べてみて下さい!

「火周り」をアチコチ見ていましたが、ガス台関係は漏れは無かったようです。
応援にもうふたり駆けつけてきました。手にガイガー機の様なもの下げてます。
f0088569_1240290.jpg

まもなく・・・呼ばれました。
裏口のガス管が掘り起こされて裸で見えてました。「ここです!」

「ここから漏れてました。応急処置して止めておきましたが、ここだけやり替えか
それとも、全管やり替えますか。古いからそのうちアチコチから漏れてくるかも?」
f0088569_1243814.jpg

見積書持ってきますって。十万円は越えると思います?エッ!
たった今、パソコン君の入院事件が発生したばかりなのに(--;;)
f0088569_1245273.jpg

「営業は出来るようにして置きますが、お風呂は入れませんよ」

もう、建ててから30年以上になるもんナァ~!ガタが来るよなぁ~!
見積書を貰うまでも有りません。決断素早く新しくすることにしました。
f0088569_12483724.jpg

日曜日は京都旅行です。週明けの月・火曜日の2日間で工事して頂くことに。
ガス漏れってなんだか怖いことです。・・・で、もう終わりました。

毎度お馴染み、とりとめの無いお話でして^^;;
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-16 12:35

ワッ!一大事!!!

京都・嵐山旅行(1)
ご無沙汰いたしました(ぺこり)

不幸は、突然にやってきます。
その朝、ワタクスのパソコン君は突然「シゴト放棄」したのです!
f0088569_20583849.jpg

ブルーの画面になって、訳のわからん横文字が踊ってます。
ここを押せ、あそこを押せ・・・なんて画面ばかり^^;;ワタクスの理解出来ないことばっかり!
f0088569_20555447.jpg

なにか、悪い事したかなぁ~?どうしてなったんかなぁ~?
慌てて、いつも行くお店へ持って行きました!
f0088569_20571431.jpg

「アッ、これはメーカー送りになります。これまでの記録は消えます。
 料金は4万円位見といてください」
f0088569_2104250.jpg

「じぇ~~んぶ消えるの。そりゃぁ、困る!ここにサインするの!」
調べて呉れたら買って4年目、5年間の保障付きだから。半額の2万円にします、だって!

でも、それよりなによ、2週間掛かかるんだって!。高いわ、消えるわ、時間が掛かるわ!
f0088569_2183928.jpg

「じゅう・住所録が要るんだわ。残したい写真もあったんだわ!」
瞬時に頭の中はセンソーです!このまま持って奥に引っ込まれたら困る!

困ったときの神頼み、いつものセンセーに頼まなくっちゃァ~!
f0088569_2181351.jpg

あのぅ、チョット電話したい所有ります。待っててください、大慌てで言いました。
それから、先生に電話かけて・・・かくかくしかじかと。
受話器を渡して会話して貰いました。なんだか・・・お話が終わりました。
f0088569_21122898.jpg

このセンセーは忙しくて捉まえにくいのです急ぐときにはこのお店のほうが早いのです。
今回は慌ててお店に持ち込みましたが、そういうわけで持って帰りました。

結局次の日の午後から来てくださいました^^;;
f0088569_21163191.jpg

センセーも、ヤッパリお持ち帰り。直るかナァ??

直りました。時間は掛かったけど記録も全部回復しました!良かった!

パソコン離れ
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-14 20:57

春うらら

お城にはさくら
ゼェーゼェーと息を吐きながら石段を一歩ずつ上がっていきました。
タッタ・タッタと追い抜かれました。息子ぐらいの若き男性です。
「お兄ちゃん、早いなぁ、元気やなぁ、若っかいなぁ」
f0088569_9253287.jpg

荒い息しながら・・・こんなに喋らんでもいいのに。
f0088569_9263839.jpg

「そんなに変らんじゃぁ、ありませんか。直ぐに追いつきますがな」
関西弁が返って来ました。
「あなた、大阪の人。これからどこへ行くの?」
「この後、衆楽園、それから備中の高松城回ります」
f0088569_9292413.jpg

さくらって、お城と合う・・・と思いませんか。
f0088569_9514192.jpg

あそこへ行った、ここが良かった、今さくらは満開よ!
来る人、会う人、皆さん、今が最高に美しいさくらを語ります。
f0088569_935403.jpg

11日に出かける「嵐山のさくら」と決めている私。でも、心がムズムズしてきました。

いっちょ、出かけましょうか・・・と。軽いお腰をちょいと上げました。
f0088569_9392659.jpg

「何年かすると僕だって、ヨイショ・ヨイショって言いながら、石段を登る様になりまっせ」
あらら、ワタクスそんな・・・声にだしてヨイショだなんて言ってたの^^;;
f0088569_9435928.jpg

「ドッコイショ」っと!
そばの椅子に腰掛けながら不覚にも、このドッコイショが言葉になった!
あわてて、手で口を押えながらおにいちゃんを見上げた!
ここは岡山・津山の「鶴山公園」です。桜の花が満開!!!
f0088569_946985.jpg

今年のさくらは、どうやら「さくら百選巡り・三大名所」になりそうです! <つづく>
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-07 09:32

美味しい思い出!

振鷺閣の刻太鼓(ときだいこ)
      停車場はすぐ知れた。切符も訳なく買った。
      乗り込んで見るとマッチ箱の様な汽車だ。
      ごろごろと5分ばかり動いたと思ったら。
      もう降りなければならない。
      道理で切符が安いと思った。
      たった三銭である。
                              小説「坊ちゃん」より

昼食は瀬戸の「鯛釜飯」だった。
大き目の箸袋に、坊ちゃん風呂の写真と一緒に漱石の名文が書いてあった!

早めの食事を済ませ、誰もいない大浴場を撮った後一番風呂に入る!
それから「坊ちゃん風呂」までひとっ走りしました。
f0088569_10153382.jpg

今回で3度目のお風呂です。入湯料は400円からです!
f0088569_1016525.jpg

真ん中、灯篭の後ろに隠れているのがチケット売り場、右側が男性用出入り口
男の人が出てきますね。私は一応女なので左側から入ります。
f0088569_10195674.jpg

白く見えるのは何かナァ~!近寄ってみると鷺でした。その昔、一羽の傷ついたシラサギが
湯につかって傷を治したことから、湯治場として知られるようになったという謂れからかな!
f0088569_10204728.jpg

建物のテッペンにもシラサギがいます。ズームしてみますよ!
f0088569_1025665.jpg

塀の中に、なんか説明書きが有りました。
f0088569_10291844.jpg

「振鷺閣」しんろかくって読むんだ。この本館の一番高い所(屋上)に見えるナァ!
あぁ~、あのシラサギが止まってる一帖ほどの広さの所じゃな!と見上げる!
明治27年、(1894)から道後の朝を告げてきた。あとは正午に12回、夕方6時に6回
太鼓を打ち鳴らして時を告げているんだって。

今日のお昼も鳴ったんだ。聞きたかったなぁ。12個ドンドンって打ったのかな!
f0088569_10404855.jpg

1500円払うと個室です。二階には坊ちゃんの部屋も有ります。
f0088569_1047747.gif

パンフレットからお借りしました。
多くの浴客と一緒に古くて、良き風呂に入りました。
f0088569_10484663.jpg


ドルチェの「塩ジェラード「
[PR]

by kazumi1713 | 2010-04-02 10:06