<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

JR米子駅からJR境港駅へ

鬼太郎列車に乗って
「いったん~もめん え~きぃ~」
エエッ!そんな名前の駅が有るの!有るんですよ!

米子市から境港市を結ぶ境線、16ある駅名は全て妖怪の愛称名がついていて!

「鬼太郎列車」のんびり45分、ローカル列車で妖怪の世界へ行ってきました。
f0088569_8551610.jpg

こんな小さな一両の電車。ここ米子駅は「ねずみ男駅」なのです。
f0088569_857987.jpg

夕方乗りました。学生さんが多いのでもう一両、ガタン!
f0088569_911516.jpg

駅員さんが、慣れた手つきで連結。僅か2~3分で終了!
f0088569_92979.jpg

前の車両のまん前に座り写真を撮りました!
単線なので、「3分間待ち合わせ」なんて!2回も有りましたよ!
f0088569_9473247.jpg

コロボックル、ざしきわらし、そでひきこぞう駅・・・なんてありました。
f0088569_992437.jpg

「あずきあらい駅」です。本当は弓ヶ浜駅なんです。6っこ目の駅ですね。
皆生温泉が近くに有るんですよ!
ちょいと、地図をみてくれますか^^♪
f0088569_9105452.jpg

地図の下(南)の方の米子駅、上(北)の境港駅・濃い文字が見えますか!
♪米子のお隣に「安来」って見えますか。ここが「ゲゲゲの女房」のふる里です♪
(カンケー無いけど!水木しげる夫妻の足元に浮かぶ島が牡丹の花の島・大根島なんです
橋で繋がっています。庭園の美しい由志園は年中花が美しいのよ!)
ハイ!たっぷりと、宣伝料を貰ってますので^^♪オホホ(^-^)
f0088569_9164918.jpg

「つちころび駅」ここは和田浜といいます。井上靖記念館が近くにあります。
f0088569_917822.jpg

「べとべとさん駅」米子鬼太郎空港が近いです
f0088569_9172458.jpg

「こなきじじい駅」カメラマンはいそがしいです。よく・・・撮れたものです!

そしてこれが、「一反木綿駅」です。
f0088569_9175475.jpg

クルマだとこの辺りから、橋をわたって牡丹の島・大根島へ行くのよ!

休み(昨日)の日、「ゲゲゲの女房ゆかりの地」というツアーに混ざりました。
そこで乗った「鬼太郎列車」のお話でした。そして境港では。
f0088569_9314724.jpg

暑い中、待ってて呉れてました!!! モチロンつづきが有りますよ!それも一杯^^♪

みんなで22名
[PR]

by kazumi1713 | 2010-07-07 09:02

カードが異常です!

晴れ間のお出かけ
明るいお日様が顔を見せている。お墓参りに行こうか!

お花を買いに下りた農道を走っていると、白やピンクの蓮の花が見えてきた。
「良い時にきたなぁ」蓮の花(レンコン)が丁度見頃でした。
カメラを出して。アレッ? 
「カードが異常です」と文字入りなんです。モチロンシャッターが落ちません。
こんなこと初めてです。どうしよう?

お墓参りもだけど、瀬戸の風景を撮ろうか・・・なんて出かけたのです。
いきなり、白い蓮の花がボケてしまいました。
f0088569_12412864.jpg

早起きして出てきたのになぁ~(^^;;)
二日ぶりに晴れたっていうのにな~♪
それから、それから・・・
カメラ、買い替えかな、修理に出すのかも? そしたら当分写真は撮れんな?
このカメラ、もうどのくらい使ってるかしら?

と、まぁ、瞬時に色んな事考えるもんですね。
そのまま、どこへも回らず帰って来た。
f0088569_15545563.jpgf0088569_1555985.jpg








高速を下りると直ぐにヤマダ電器へ直行!
f0088569_1811980.jpg

日曜日の11時過ぎ。開店間なしの店は賑わっていた。
そろそろ買い替えかもね・・・。その時はそんな事に落ち着いていたわたし。

「同じギガ・要領のカード買って交換したらどうかなぁ」そういって同じものを買えと。
何千円もするのかと思ったら、たった580円のSDメモリーカードだった。
お兄ちゃんが入れ替えるとゲンキになったカメラ!3172枚も撮れるって^^♪
f0088569_1818178.jpg

私も元気になった!
だって、カメラが無いとなにも出来ない!こんな私だったかしら?

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平岩弓枝先生の作品が好きな私。
作家人生50年になるのですね。「女と味噌汁」も好きですが御宿かわせみ」も好き!
彼女の作品からこんな言葉を見つけました。

<人は誰しも幸せを望んで人生を歩いている。
 それでも、打ちのめされ、ふみにじられて失望や絶望に慟哭することなしに生涯を
 終えられる人は皆無であろう。
  人間に与えられた最高の幸せは、どんな哀しみや苦しみも、その人が勇気を奮い起こし、
 努力を重ねれれば、いつか忘れる日が来るという事ではないか。
 そうでないと、人はとても生きて行けない。
  それでも多くの人は忘れようにも忘れられない心の痛みをひっそりと抱えていて
 時にはそれが生きる支えになったりもする。>

「いつか忘れるという事が最高の幸せ!」かぁ!むつかしいなぁ!
でも、頑張って、そうしなくっちゃぁ・・・って!そう思う私です。
[PR]

by kazumi1713 | 2010-07-04 12:41

会いたかった!

Hちゃんの話
夕方、友だちが箱いっぱいの枇杷の実を持ってきてくれた。
私、大好きなんです。スーパーで6個入り398円なんて並んでいる。
いったんは手にとって眺めたりするけど、これまで買ったのは2度ほどです。
f0088569_0321643.jpg

その昔、中国では、すべての病気を枇杷の葉に頼っていた時代があるという。
枇杷の木があると、病人たちが「その葉っぱをください!」「私にもください・・・」と
集まってきて、しまいには長い行列ができたと言われる。健康に良い果物!
f0088569_0331877.jpg

枇杷の形が、楽器の琵琶の形に似ているから付いた名前らしい。
こんなにドッサリ貰った事は初めてです。ありがとう!

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

琵琶の話とは全く関係ないお話ですが。

ある晩の事です。40歳前後のお客様がやって来ました。
当店のお客様は50歳以上の高齢の人が殆んどといっても過言では。
別名「ボケ老人の店」と云ってるアタシです。
こんなに若い、アラフォー世代のお客様って年に数回かも。

真ん中のRちゃんがお友だちの娘さんです。あとの二人は知りません。
「おばちゃん、彼女はHちゃんと言います。見覚え有りませんか?」
はてさて、いつ頃誰と来た人だっけ!最近こういう話弱いのよね。コンピュータめげてる
カチャカチャ回しても出てきません。降参!

そこでHちゃんが話した事はまるで、何も覚えてないような昔のお話でした。
T君、お元気ですか。ええ、息子なら元気ですよ・・・から始まりました。
(息子は今年42歳になります。神奈川に家族と住んでいて元気、ゲンキ^^♪)

長男・Tが高校合格発表の日「イルカ」のコンサート見に行きました。
チケットは以前から買っていました。でも受験しくじってたら行かなかったかも?
無事受かったので、電車に乗って出かけました。友人と3人で広島まで行くという。
帰りの時間を聞くとかなり遅くなる。電車の時間の事も有り、迎えに行く事にした。

当時は高速道も無くって。広島の郵便貯金会館まで3時間近く掛かったような。
行きましたよ。夜中の国道2号線を走りましたよ。探して行きました。
f0088569_0563810.jpg

少し遅れて着きました。迷いながら、探しながら走ったので^^;;
驚いたことに三人の中に女の子が居ました。エエッ?

帰り道、我が家までの真ん中当りに「三原」という町が有ります。
その町のファミレスに寄って好きな料理を振舞いました。3人とも受かっていました。
「ステーキやハンバーグを戴きました」とHちゃんは全てを覚えていました。
息子と友人のK君とその友人のHちゃんの三人は夕食抜きのコンサートだったのです。
腹のすいていた3人はパクパク!

「そんな食べ方はいけないでしょう」突然私がK君を叱ったそうです。
彼はステーキをバラバラに切って美味しい所だけ食べ、後は残したのです。
Hちゃんにもなんだかきつい事を云ったらしいです。その事が気に入ったんだそうです
「息子はもう、大学生になりました。下にもう二人居ます。子供の躾をするときいつもおばちゃんのことを思い出します。会って一回、あの時のお礼を言いたいと、この26年間ずっと思い続けていました。あの時はありがとう!遠くまで迎えに来てくれて、ご馳走で合格を祝ってくれたこと。一度会って、そのときのお礼を言いたいといつも思っていました。

末っ子のクラスが同じでRちゃんとお友だちに。Rのお母さんとおばちゃんが友だち同士って事を知り・・・いつかつれてってと言ってました。今日やっとつれて来て貰いました」
f0088569_892936.jpg

26年前、息子の合格発表の有った日、広島の街まで迎えに車に乗って。
男友達三人で来てたのかと思った中に同級生の少女が一人。Hちゃん!
帰り道ファミレスで囲んだ4人の「祝い膳」その時よその子に強烈なお説教した私
フムフム・・・。そんな事有ったっけ?
あの時の15歳の少女が、あの頃の私の年齢になってここに座ってる!
PTAを通じて親友になったRちゃんの会話の中から私の事聞くにつれ、会いたい思いが募ったんだと。なんとまぁ、会話の中心は26年前のワタクス。恥ずかしくって汗がタラタラ(辛)

そこから今に至るお話がたっくさん!楽しいお喋りは夜更けまで続きましたよ!!!
[PR]

by kazumi1713 | 2010-07-03 00:33

七月の花

半夏生(半化粧)
休み前になると、退屈の虫がムズムズし始める。
退屈の虫ってのは、その昔、私が子供だった頃東映映画の時代劇・シリーズものだった
「旗本退屈男」という映画のの主人公の名台詞!
市川歌右衛門という東映映画の役者(こういう言い方が古いなぁ)が居た。片岡知恵蔵と二人して当時の時代劇を二分していた。早く言えば北大路欣也のお父上だ!
f0088569_92568.jpg

その退屈の虫の矛先は大抵旅行社に向く。
「明日、日帰り旅行いきたい。ひとり、どこか有りませんか」
「アジサイ祭りの三室戸寺が有ります。それから特別拝観・建仁寺両足院の白く輝く「半夏生」が彩る庭園が有ります」と言う。
f0088569_9142521.jpg

去年の今頃、川床料理につられて出かけたが生憎の雨。サッパリだった。
その日は一日中降っていたが、午後からは雨足も深まった。
雨の日の花はサッパリです。半夏生の花、見たいけど・・・旅行は諦めた!

七月の花が届いた。いつもながら友だちの無償の作品展示です。
f0088569_917565.jpg

50センチ位は有ろうか、長めのお手製の花瓶です。花もモチロン自作品!
梨地のカーテンの前でいささか地味ではあるが、大ぶりでいつもながら見事な作品!
f0088569_9253618.jpg

で、結局映画『FLOWERS -フラワーズ]を見に行った。これが良かった!
6人の女性の生き方「母から娘3人と孫娘二人」エッ・・・と。6人になるよね!
f0088569_9304789.jpg

「告白」とは、また違っていて、この作品の美しい画面だった事!
こうして退屈の虫は、映画鑑賞で終わりました。お昼から仕事しました。

ところで。半夏生の花って!夏らしいわね!
f0088569_934129.jpg

今日から七月に入りました。
大きなイベントを抱えています^^;;8月が近づきます(クシュン)
f0088569_951911.jpg


スタミナつけて^^♪
[PR]

by kazumi1713 | 2010-07-01 09:13