<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

し・あ・わ・せ

サンタさんと会ったじいじ
クリスマスイブの夕方
ふと、つけたテレビ画面に映し出された都心の上空からの映像です!
f0088569_1252065.jpg

あの明かりの中にたっくさんの出来事がちりばめられているのよね!
上空から眺める東京の夜景の美しさ。。思わずパチリ!

イブとクリスマスと欲張りに楽しめるのは若い人々の世界かな!
ばあやは一人でご飯を食べました。「孤食」と言うんだそうですよ^^;;
f0088569_12132915.jpg

明けて25日のお友だちの話から
 彼女は3歳のお孫さん(娘)の混ざる賑やかな家庭です。
 まぁまぁ、聞いてくださいよ。昨夜の我が家のお話を・・・と笑顔で切り出す

じいじが早めのご帰還。こっそり入って来て先ずはプレゼントをソット置き
改めて、堂々と「ただいまぁ~♪」
爺ちゃんっ子の孫はすっ飛んできて、一番にプレゼントを見つける。

 「表でサンタさんに会ったよ」ホントぉ~~~♪
 どうして見せてくれなかったの? どんな服着てた? 乗り物は? トナカイは?

矢継ぎ早の質問を汗びっしょりでかわしながら、やっと部屋に上がれました。
その孫娘ちゃんを知ってるだけに、私は情景が見えてくるようでかわいいのです!
ハイジとじいじの姿が見えてきました。

「しあわせ」を絵に描くとしたら、きっとこういった画面かも!
いいお話をありがとう!

その夜。
最後のお客さんが「いいクリスマスになったよ」と礼を言った。
アッ、そうか!今日は25日、クリスマスなんだ・・・とボンヤリ考える私!
ワイワイ騒いで飲んだ夜更けに、お礼を言われて俄かに思い出すような「日」

チキンも無い! ケーキも無い!
そんな我が家の25日の夜更けでした。それでも病気一つせず年の瀬を迎えられる喜び
皆さんにお礼を申し上げたい私です。一年間ありがとうございました。
f0088569_12284481.jpg

 27日から南の島へ行ってきます。
 2日には帰ってきます。一年間ありがとうございました!!!


姫路ナンバーでした
[PR]

by kazumi1713 | 2010-12-26 11:46

来年こそ!

趣味の豊かさ
ねぇねぇ、クリスマス近くなってきたね。
待ち遠しいなぁ!
f0088569_16232195.jpg

今朝のイギリス・ヒースロー空港は滑走路が使えんらしいよ!
そうなんよ!大雪なんよ!クリスマスに「雪」って!
ホワイトクリスマスってか♪ いいな!いいな!
f0088569_16301197.jpg

お孫さんたちにプレゼント買った?
ウゥン。毎年「何か買って」って、お金にするんよ。子供たちって楽しみにしてるのよね!

その頃
一生懸命荷造りに追われている人! アッ!サンタさんだ!
f0088569_16281541.jpg

こんな会話が弾んでる・・・雪んこさんたち見てて思ったよ^^♪

お友だちが作ってくれた「七宝焼き」の作品2点です!
f0088569_16591919.jpg

                   ♪*******☆*******♪

今日は又、来年の干支が届いた!
これまでは「木目込み人形」だった。12年で一巡したから。
去年の「寅さん」で終了!寂しいなぁ~^^;;
f0088569_17253851.jpg

そしたら・・・♪
陶芸を始めてもう5年にはなるかな?
土をひねって、可愛く創って、焼いてきた♪
f0088569_17263658.jpg

二つも居る!我が家は賑やかになったぞ!
どんな風に置いたらいいのかなぁ? 台まで作ってくれたのか!
離しちゃ駄目。お父さんはこっちよ!おかあちゃんはヤッパリ右側かなぁ~?
f0088569_17311187.jpg

こんな風に納まりました。「これで いいのだ!」

寅さんの絵も、置物も、折り紙も退散、退散!
一年って早いなぁ!あと数日になっちゃったよ!

それにしても、絵を描いたり、七宝焼きをしたり、陶芸を続けたり
社交ダンスをして居る友も居る。趣味を持って生きるっていいなぁ!
何一つ出来ない、ワタクス。頂くばかりで感謝の一年でございました。アリガト^^♪


忘年会
[PR]

by kazumi1713 | 2010-12-22 16:28

気合が入らず

タラリン、トロリンと!
綺麗なんです。お日様が当ると真っ赤に輝いて。
なにが・・・って!
我が家のモミジです。ゆく秋を惜しみます。楽しんでます。
f0088569_848509.jpg

年末のおそうじ、片付け、窓ふき・・・。明日にしよぅっと!
なんで、そうなるのかな。

映画「ノルウェーの森」行って来ました。
f0088569_8512333.jpg

撮影場所の風景なんです。
何の映画を観ても、いつも背景の場所が気になるワタクスです。
ここは砥峰高原・ススキの高原(12/10)の風景なんです。いつか行かなくっちゃぁ!
f0088569_8541581.jpg

小説「ノルウェーの森」の 発行部数は1000万部を突破し、日本の国内小説累計発行部数歴代第1位の記録を更新し続けている。現在までに36言語に翻訳されて各国で熱狂的なファン(ハルキスト)を生み出している。
f0088569_90832.jpg

主人公の僕(37歳)はハンブルグ空港の飛行機の中でビートルズの「ノルウェーの森」を聞きながらある女性の事を思い出していた。60年代の学園紛争の激しい東京の大学生時代の思い出なんです。
生と死、人生、青春、恋愛、淡々とした日々の生活が描かれていていました。
掴めそうで掴みどころがないのよ。「性」の言葉が氾濫してたよ。
f0088569_9275216.jpg

               ☆~~~~~~~~~~~~~☆

寒い朝、家を飛び出した。今乗ったばかりの車は暖房も効かなくて、寒いったら!
公園でゴルフをして居る人が居た。寒くないのかなぁ~!アッ、Yちゃんだ!
f0088569_9305682.jpg

「一緒にしようよ」そういって棒(パター?)を渡された。
3回で旗の中にいれるんよ・・・と言われ、見ていたが、大抵2回で入る(ウマイ)
たまぁ~に、一回ではいる。これはホールインワンだ!
f0088569_9392949.jpg

Yちゃんは私と同じ年、数年前からゴルフに熱中、今や町内のイチロー選手^^♪
考えられんけど、ちっとも寒ぅないんよ。夢中になって玉を追うからかなぁ!
今から映画を見に行くとも言えず、早々に退却した。
エアコンで暖まった車内は飛びっきり暖かかった。急に公園が寒い所になっちゃった!

               ☆~~~~~~~~~~~~~☆

これは重大ニュースなんです。
花瓶の水替えを忘れたり、鉢植えの花を枯らす名人。
モチロン、庭で花を育てたりなんて・・・とっても無縁のワタクスなんです。
f0088569_951459.jpg

その、私が花を咲かせたサボテンなんです。どうしてかな紅白の花が咲いて!
三分の一位が白色です。紅白歌合戦向けかなぁ~?

桜咲く春の花の頃から、暑い炎天下の夏も、アロエの花の蕾がグングン伸びてくる秋も。
外へ放ったらかししてただけ。それなのにこんなに綺麗に咲いたのです。驚き!
f0088569_9551577.jpg

カメラのどこを押したのかな?綺麗な一枚が撮れました!
こんなになると水遣りが心配なのです。放っておけばいいのに。
子育てに似てませんか?これでいいのだ!

              ☆~~~~~~~~~~~~~☆

ホントにホント!今日もまだ「我が家のモミジ」は綺麗なんです!
f0088569_106215.jpg


逞しく
[PR]

by kazumi1713 | 2010-12-17 08:54

12月もはんぶん過ぎて

なんだか、気忙しい私
ちっとも、年末らしゅうないないなぁ~!
友だちがそういったけど、私はバタバタ忙がしゅうしとるよ!

島ひとつ 土産に欲しい 鷲羽山
f0088569_1045312.jpg

昨日お墓参りに行きました。34回目の祥月命日。
とってもお天気がいいので鷲羽山に登りました。
f0088569_1095367.jpg

展望台から歩いて600m、ここは瀬戸大橋道のトンネルの上。
橋が正面から見ることができるんです。
f0088569_1124515.jpg

海抜140mの鷲羽山ですが、とってもお天気がいいので坂出の工場までクッキリ!
f0088569_10174012.jpg

高い煙突から登る煙が右(西)になびいてみえますね!
若いアベック(今はツーショットってか)と一緒になりました。
f0088569_10251824.jpg

サック・サックと落ち葉を踏みながら。なんと足の早いこと!羨ましい!
f0088569_10214962.jpg

一年間のお仕事を終えた「落ち葉さん」たち。
しっかりお仕事、し終えた充実感は・・・なんだか解かりそうよ!

それから
f0088569_10244477.jpg

落ち葉の中から生まれた家族さんかな!
松ぼっくりさんも頑張ってますね!
f0088569_10283669.jpg

こんな事(作品)できる人が羨ましいな!
気忙しい中。ホッ!!!

バリ、バリッ!もの凄い音してバイクの集団が通り過ぎました。
f0088569_10453095.jpg

若い人々の日曜日って「集まる」のんね。
行きしには見なかったけど。駐車場は車が一杯!
f0088569_10442235.jpg

早速取材、月に一回ここに集まるのだって。お互いの車の見せっこ。
そりゃぁ、高そうでカッコいい車がずらぁ~り!凄かったよ!
若いお兄ちゃんが、こんな車の維持は大変でしょうね!

             ♪~~~~~~~~~~~~~~~♪

今日は雨です。
「お兄ちゃん、これからどうする?」
そうさなぁ~。雨が上がったらすること一杯だけど。今日はお前とアソボーかな!
f0088569_10341369.jpg

フツー、2羽だと夫婦って見えるけど!
ワタクスには兄妹に見えますがナ^^;; 孫たちの事ふと考えたのかな!

こんだけぇ~~~~!
年賀はがき書き終えました。いつも15日には持って行ってます。エヘン^^♪
f0088569_10365814.jpg

考えてみたらパソコンを始めて、こんな芸当が出来るようになったワタクス。
感謝してます。一枚ずつ書いてたらとってもタイヘンそう!

            ♪~~~~~~~~~~~~~~~~♪

それから・・・
[PR]

by kazumi1713 | 2010-12-13 10:04

宿題

現在・過去・未来
なんと、寒いこと!
スーパーまで買い物に行って、外の寒さに驚いたよ!
慌てて、車に駆け込みました。自転車の人は寒そうだった!

葉っぱが全部振り落とされて、木々も寒そう!
目の覚めるような美しい紅葉はどこへ行ったのかな?
f0088569_1332323.jpg

比叡山の根本中堂でありがたいお話を聞いた日「宿題」が出された。
ちょっと、難しくて、どんなに考えても私には解からない。
その時の話をしては、友だちと出来ない難問に入り込んでしまう。
f0088569_13362964.jpg

比叡山のお坊さんが群馬から来た修学旅行生の一団を前にしたお話でした。
縞ボケの入り口に立つワタクス。記憶の範囲内で話しますね。

昨日は過去ですね。明日は未来、そして今ここにいる事は現在ですが。
この比叡山の麓にある琵琶湖に行って、水を両手ですくったとする!
両の手の間に在る水は「今(現在)」と、言うのじゃ無いかな。
この水は今まで「琵琶湖の水」だった。すなわち水の過去は琵琶湖の一部だった。
でも、両手の中の水は琵琶湖とは言わない。手のひらの中の単なる「水」だ
また、両手の水を手のひらから戻せば・・・。この水はもう、手のひらの水とは言わない。
つい、さっきまでの水は「琵琶湖の水」となり、水の未来は琵琶湖となる。
f0088569_13452376.jpg

宿題を出そう!
この手のひらの水は一体どういう事かな?答を見つけたらお話に来なさい。
何年後かに、答が見つかったら「手のひらの水」のお話を聞きましょう!

説明が拙いけど。そういったお話をされました。
確かに、この水は「現在」を言ってる事だと思う。いま、このときだと思う!
けど・・・?

ひとりの友達が言いました。
食事中に電話が掛かってきたとする。相手が「今、なにをしてたの」って聞いたら
「ご飯食べてたよ」と言うけれども、それは違いなのよ。今は電話中なのよ!
「今」と言うのは「一瞬の事。あっと言う間に今でなくなるって事なのよ!」と!
手ごたえのあるしっかりした回答だなって思った。彼女はその場で宿題が出来たような!
旅行から帰って2週間になる。ある日、ふと私は気付いた!
f0088569_1461728.jpg

大きな湖から飛び出して、私は手のひらの世界で7~80年生かされているのかも?
それを終えたら又元の大海に戻されるんだわ!小さな、狭い、手のひらの中の様な世界、
人間はそんな所で、涙し、笑い、人生と闘っているんじゃないかな!
比叡山の高僧の法話、この先が聞きたい!また、行かなくっちゃァ~^^♪

師走
[PR]

by kazumi1713 | 2010-12-09 13:36

阿宇池

宇治平等院・鳳凰堂
紅葉だ!京都だ!なんて!
美しい紅葉のお話や写真が・・・なんとなく不釣合いになっちゃって。

そうなんです。
12月と聞くと、何となく、気忙しいのは私だけでしょうか!
f0088569_10593450.jpg

たった一週間前なんです。あの日から・・・もう一週間ですか!
そういう感じでこの一年間もあっと言う間に過ぎるんですね。
気を取り直してっと!

比叡山の美しい紅葉を後にして、一路ワイワイバスは宇治まで。
10円銅貨の「平等院」って、その事だけしか知識の無いワタクス。ガイドも出来ず。
f0088569_1185870.jpg

皆の最後尾を歩いて院内へ。突然屋根の上の鳳凰が。
f0088569_1181539.jpg

屋根に留まっているから鳳凰堂。
東向きの正面です。平等院は池の中に浮かんでいるようでした。
f0088569_11103968.jpg

お堂の中には金色の丈六阿弥陀如来坐像が端坐し、周囲の壁および扉には九品来迎図、阿弥陀仏の背後の壁には極楽浄土図が描かれています。そして左右の壁の上部には52体の雲中供養菩薩像が懸けられています。

  ↓(4枚は対岸に立ち、ズームして撮りました。
    曇り空のなか、距離もあるのに、コンデジはいい仕事してくれて)
f0088569_111499.jpg

300円払ってチケットを買います。一回に50人入れます。私の番号は50分待ち
その時間まで時間を潰します。
f0088569_11154149.jpg

時間が来て入ります。カメラは禁止です。
f0088569_1116321.jpg

一瞬、仏様の後方から明るいライトが照らし出されました。
高さ3mの阿弥陀如来様は座して、膝の上で手を合わせて、伏目で清々しいお顔!
f0088569_111855100.jpg

引き込まれそうな温かいご自愛の表情でした!この間たったの10分くらいです。

写真は撮れません。外に出て対岸のこちらを、すなわち鳳凰堂を見ている人々
その写真を撮らせてもらいました。
f0088569_11212696.jpg

日曜日でかなりの人々でしたね。
外に出て、先ほど見た対岸に立ち、次回の堂内のライトアップを待ちました。
f0088569_11364961.jpg

やがて次の団体さんの説明に入り、ライトが灯されました。
f0088569_11561875.jpgf0088569_11563950.jpg











鳳凰堂の本尊阿弥陀如来像は、日本の仏像作家を代表する仏師定朝によって
平安時代後期、天喜元年(1053)に造られたものです(パンフから)
f0088569_1252884.jpg

丸窓から阿弥陀如来様のお顔が見えました。目一杯ズームして撮りました。
中央の扉の内側格子の上部に円窓が設けてあるのは、庶民が阿宇池を隔てて
阿弥陀如来を拝むことができるように設計されたものである。
像高278.8cm 髪際高242.1cm 木造、漆箔
f0088569_11415283.jpg

ここでも2時間取りました。皆さん、思い思いに散策され秋を楽しみました。
[PR]

by kazumi1713 | 2010-12-05 11:01

法話

個々が思いやりを持って 一隅を照らす人になる
比叡山
「初めてなんよ」「何年振りでしょう」「行きたかった所なんよ」
皆さん、秋の旅行が比叡山と決まった時、ワイワイガヤガヤ~♪

私ですか?ウン、2回ほど行った事あるのよ!
でも全然覚えてない。ただ・・・寒かったって事、しっかり記憶してある!
f0088569_824893.jpg

28日、11時に比叡山の東塔に着きました。

ドライブウェイからの紅葉は素晴しかった!
赤や黄色の紅葉がお日様にキラキラ輝いてその美しいこと!
f0088569_8272959.jpg

比叡山三塔十六谷の中心・根本中堂のある東塔(とうどう)で1時間半の見学です
今回は西塔(さいとう)と横川(よかわ)は行かれません。

薬師如来像の前の「不滅の法灯」が開創以来1200年の間
消えることなく灯り続けているのです。根本中堂でそれを見ました。
f0088569_8345962.jpg

私達のいる外陣より3m低い所に内陣があって護摩がたかれていました。
丁度目の高さの所に「不滅の法灯」が吊り行灯にぶら下がっていました。毎日
ヤマブキの芯に油を注ぎ、灯はずっと絶えることなく1200年の間灯っているのです
f0088569_8404135.jpg

ドヤドヤと修学旅行生の一団が入って来ました。ひとりの僧侶が立って待っています
「これは聞かせてもらわないと」オバサンの直感が働く私です(苦笑)
「一緒に聞かせて頂いていいですか?」どうぞどうぞってんで。学生の一団に。

そのお話は下りの「坂本ケーブル」車内からの風景を添えて続けましょう!

           ♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪

f0088569_8544922.jpg

788年、最澄は比叡山に仏教を開きました。それは遷都より6年も前の年でした。
f0088569_8551179.jpg

日本の国の安泰と国民の幸せを祈って日本人にあった仏教を開いたのです。
f0088569_8594760.jpg

その教えの根本は
「個々が思いやりを持って一隅を照らす人になる」
f0088569_922364.jpg

法灯も必ず護っている人が居ます。1200年もの間見えない所で、自分の仕事として
灯してくださる人がいるからこそこうして消えずにいるのです。

「自分の出来る事を精一杯行うことが、周りがよくなって行くことに繋がるのです」
f0088569_12445790.jpg

ふぅ~ん!今、自分がして居ることを、精一杯やってれば皆と繋がっているんだ!
f0088569_12494740.jpg

それから、「今、このひととき」と「いただきます」のお話をして下さいました。
覚えていたら、次回お話できるかしら(危ない)待っててねっ!!!
f0088569_12504781.jpg

たった15分なのに、群馬からの男子高校生の人々はしびれがきれたって^^;;
f0088569_12515784.jpg

比叡山の高僧の法話が聞かれて良い時間を過しました。ありがとう!
[PR]

by kazumi1713 | 2010-12-02 08:24