その日は・・・いつ?

いつか来る きっと来る!
「いつまでも、いつまでも手を振ってるんよ。
ふたりが、並んで・・・私が見えんようになるまで。涙が出ちゃった」
そういって清ちゃんは、本当に目が濡れていた。私もしんみりになっちゃったよ。

清ちゃんは友だち夫婦を長距離バス乗り場まで送っての帰り
ガラッパチの清ちゃん、いつもにもなくしんみりとY夫婦の事話した。
f0088569_962220.jpg

お友だちのYさんのご主人が軽い脳溢血で倒れたのは4年も前の事。彼は運転が好きでね。
清ちゃんはY夫婦と3人でよくドライブに出かけていたんよ。

4年前のその日、Yさんは自分の体の調子が思わしくないので早引けして帰って来て休んで居た。たまたま寄った清ちゃんは、自分の車で脳外科に運んだ!判断が良かった!
早期治療をえて退院後、車を手放した。勇気ある英断だと思った。
「車を手放す」って事は本人より同居の息子さんの意見のほうが強かった。

そういえば・・・Gさんもそうなんです。ほんのチョッとしたミスで接触事故を起こしたんです。
息子さん夫婦の勧めで車を手放しました。見た目は若いが、彼はもう直ぐ80歳になります。

大体、ここは車の無い生活考えられない所なんです。と私は思っていますが。
思ったとき、いつでも、どこでも運んでくれる車のある生活。ありがたいです。
でも、最近考えます。免許証をお返しするのはいくつになってからかな?
80歳は無理かも?それなら75歳か!余り長くは無いなぁ~!車がなくなる日もって!

Yさんは、退院後無気力になりました。涙腺も弱くなって、妻に全身でよっかかってるような。
その日は、二人で四国のお兄さん宅へお出かけでした。清ちゃんはバス乗り場まで。
バス停まで送ってくれた友の優しさが思いっきり嬉しかったのね。
老妻とふたり、四国のお兄さん宅まで泊りがけで行かれる幸せ、心弾んでいるでしょうね。
いつまでも、いつまでも見送っていたんだって。なんでもないお話だけど心がウルルン^^;;
f0088569_9424838.jpg

カメラを提げてお散歩。
よそ様の玄関先、田圃の中、春がいっぱい!
f0088569_9535932.jpg

「いつかなぁ?もう近いかな」
心ひそかに思っていることが有るんです。笑わないで聞いてね!
「おばあちゃん」って子供から(他人様の子)呼ばれる日はいつかな・・・って!

孫達はわたしの事、「〇〇ちゃん」って名前で呼びます。バアバは向うのお母さん。
だから、だれからも、いまのところ、おばあちゃんって呼ばれたこと無いんです。
お店の人は奥さん、宅配便の人は姓で呼びます。それから・・・
f0088569_1063653.jpg

いつか、小学生の子がおばちゃんって呼んだのです。
それは、玄関先で100円を拾ったときの事。おばちゃんって言って入って来たのです。
おばちゃんとおばあちゃんの差は大きいですよ。ウハウハ^^♪
この調子だと、いまのところおばちゃんのようです。いつかなぁ?そう呼ばれる日は!
f0088569_10113452.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-27 09:06

信頼関係

全ておまかせ!
自慢話になるかも。
ウチから300mくらいの近くに私のセンセが居ます。
実は、みんなの先生(医師)なんです。でも「わたしのセンセ」と思っている私なんです。

それまで、少し離れた所の内科に通っていました。
今から20年ほど前、近いからと言った些細な理由でこのセンセから降圧剤をもらうようになりました私より10歳位若い小柄なこのセンセ、何でもお話できるんです。
それから、病気以外のお話に花が咲くんです。何でも良く知っているんですよ。
f0088569_12151189.jpg

今から10年ほど前、便秘で2時間近く苦しみました。その時
内科なのにセンセに連絡して助けて頂きました。もうもう、恥も外聞も無いワタクス(泣)
あの時から、私はこのセンセに何でも相談する人間になってしまいました。
このセンセは私の全てを託せられるような気がしました。
f0088569_1221134.jpg

昨夏、集団検診の結果「子宮がんの再診」という通知をもらった。さて、どこにしよう!
そこで相談をしたのが「わたしのセンセ」なんです。内科の先生が婦人科?
直ぐに産婦人科に紹介状を書いてくださいました。

そこの先生は女医さん。でも、ガラッパチの性格なんでしょうね。私と同じ口調なんです!
「ガンなんだけど、そんなに心配な種類のものでもないのよ。わかる?
 じゃぁ、どっちかな・・・って所で3段階に疑いが有って、貴女はその一番下。心配ないのよ」
そのことを調べる検査、一週間掛かります。って言うので先日結果を聞きに行きました。

という事で、白でも黒でもないわたし、5ヶ月に一回、検査に通う事になりました。
この先生は、全身で信頼できる立派な先生だと信頼の一語の私なんです。
f0088569_12322437.jpg

それから、も一人は歯医者さん
それまで20年も通っていた先生が引退なさって、30代の息子さんに代わりました。
まぁ、丈夫な歯を持ってるから、当分行くことも無かろう・・・と構えてましたが。
ぬぁんと、最近奥歯が1本、続いて2本と傷んで来たのです。どうしよう!
そういって、延ばしていても快くはならない所です。思い切って出かけました。

「あ~ん」といって、大口明けて、若いわかいセンセに診て貰うんです。
何度か通ううち、口の中は大工事となっていったのです。
〇〇クンといって見ていた息子センセ、「ダイジョブかいな?」と思うと思わず口がすぼむ。
病院からの帰り道は・・・いつも不安感いっぱい。ダイジョブかいな?
f0088569_12412524.jpg

2度三度と通う内、大先生(父親)と変らず、確かな手ごたえの治療の様な気が!
そうなんです。信頼することの大切さを知ったのです。良いセンセ、わたしのセンセなんだと。

そしたら、お口が大きく開くようになりました。素敵な歯が入ったような。
若い頼りないセンセなんて見ていた自分を恥じました。

お医者さんって、信じて任せる、この信頼感が治す力になるんですね。そう思います。
我が息子より若い先生って、自分が勝手に未熟と決めつけて
お父さん先生の方しか見てなかった。いけなかったのは私のほうなんですね!
そのことに気付いてからこっち、行く事が楽しくなりました。快くなるぞと楽しみに!
f0088569_12555176.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-24 12:13

あやかりたい!

おったまげた事!
雪の降った次の日高松稲荷へ行きました。
(もう、一週間も前になるのね。はやいなぁ~!)
三寒四温、この頃は暖かく日も長くなったようですね。
f0088569_2074090.jpg

雲の間からの写真が後光がさしてるみたいで綺麗でした。全く、別の写真ですが!
(写真、差し替えました。出ますか?調子悪いわたしのPC君です^^;;)

2月の中旬とあって高松稲荷さん、空いていました。
いつもは置かれそうに無い高い場所まで登って行きました。降りた所で
「笹川良平氏」の像がありました。この階段をお母様を背負って登られたのですね。
f0088569_13272952.jpg

80代のお母さんだとして・・・笹川氏は60代の時かな?
これだけの石段歩いたのか!しっかりした足なんじゃなぁ。
健康の確かさを感じました。また、両親に頂いた丈夫な体にも感謝も覚えました。
f0088569_1331671.jpg

チャリンと少ないお賽銭を投げ入れ
「健康一番」「家内安全」「商売繁盛」なんて、沢山のお願いをして!
なんだか、全部のお願いを聞いて貰えそうな思いを頂いて降りてきました。
こうして又、一年間頑張れそうです。

               ☆~~~~~~~~~~~☆

「94歳になるんよ」とおばあちゃん!
へぇ~~~~!

ここは稲荷山健康センターです。雪景色の庭園を見ながら露天風呂に浸かり
アレコレお湯にハシゴして、それから、寝湯に横になってました。
f0088569_13465512.jpg

                 (パンフレットから)
足元の悪い寝湯へ一人のおばあちゃんんがやって来ました。
モッコリモッコリ、着膨れの「着ぐるみのクマさん」が跨ぐように、スローモーで。
手間暇かけて入ります、足元の浴槽内の段差が危なっかしいけど・・・無事着地!

94歳と聞いちゃァ、特派員の心が弾けます。「巳年ですかぁ」
23年前に亡くなった母が巳年なんです。いつもこの辺りが私の物差しなんです。
「そうです。巳年の94歳なんです」って!一人で来たの??
だって、周りを見ても、手を貸す人もだれもいない。滑りやすい浴槽はあぶなっかしい!

「送り迎えは息子です」まぁまぁ、一人なんですか。当て外れの返事でした。
それでも、一人で脱ぎ着し、ここまで歩いて・・・出たり入ったり!
すんげぇ~!おったまげた!と思った!
f0088569_21305211.jpg

私の知ってる94歳は、こんなにシャンとはしていない。
一人は週3日ディサービスに通って、月に一度はお泊りしているかな。
も一人は認知症で遠方から見舞いに来られた娘さんなのに
「お世話になります」と言ってます。
元気なもう一人は、娘さんと一緒の行動しか出来ません。一人で出歩けるなんて!

「息子は独りもんでね。最近一緒に住むようになって。私は一人が好きなんよ」
そうでしょうね。ここへ一人で来られるなんて。いくら送り迎えがいるったって。
こんな老い方だったら、良いなぁ!だれもこのようには生きられまいと思った。

                  ☆~~~~~~~~~~~☆

町なかのお寺の門にお地蔵さんが居た。
f0088569_2143534.jpg

朝日を受けて、綺麗なお花を頂き、そこだけ「春」のようだった!
f0088569_2144437.jpg

お母ちゃんに無性に会いたくなった。
年に数回、いや月に一回・・・もチョットかな!
会ってお喋りしたいなぁ~と思う事がある。似た人を見たときは嬉しい!
人ごみの中に探す。似たような人と訳も無く喋ったりする!
f0088569_21472459.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-21 13:24

雪のある風景!

 みんなの作った川柳が発表されましたね。
 こんなの、可愛いですね! ばあばだって悩んじゃいますよ!
  「命名を 祐樹か遼と 悩む親」
f0088569_1072511.jpg

雪の降った次の日15日は、私はお休みの日でした。
どこか出かけたい、でも、運転に自信が無い。
実はスタットレス・タイヤじゃ無いのです。はめればいいけど、そうすると
出ベソの私しょっちゅ出かけるようになるかも。でもヤッパリ雪道は怖い!

今から10年ほど前、年末旅行で会津若松へ出かけました。ところが・・・
考えられない大雪で。生まれて初めて見る景色は良かったんだけど!
怖い体験をしました。この話、長くなるので今回は省略。
f0088569_10193819.jpg

雪の見える露天風呂(日帰り温泉)に入りに行こうっと!
そうして、半額料金の高速に乗りました。「キャッホー!」
景色は充分に雪の町でした!
f0088569_10212412.jpg

いつものことながら。
この興奮を分かち合う人も(アイボーも)無く、例のひとり言ドライブ!
f0088569_10225396.jpg

10分も走ると岡山県、正面の山頂の丸い建物は玉島・遥照山の天文台山頂(406m)からの夜景はとってもすばらしいとか。いつか行ってみたいな。
f0088569_10441652.jpg

今日のも一つの目的、それは商売の神様高松稲荷様のお参り、ついたちと15日には
お礼とお願いとかで母が参ってました。
f0088569_10595620.jpg

手前で降りて国分寺へ寄ることにしました。「塔見の茶屋」って言う喫茶店があるのです。
ここから見る岡山(総社)の国分寺は格別なんです。
f0088569_1049519.jpg

思ったより雪は少なかったです。でも、こんな景色何年に一度しか見られない。
わたしにすれば・・・今回だけかもしれないなぁ!美しいなぁ!

郷土の生んだ偉大な画家・平山郁夫画伯の描く「国分寺」には菜の花が多い!
無粋な電線は無く、広い岡山平野となだらかな丘陵が続く風景。
f0088569_1256547.jpg

春が、待たれますね!

              ☆~~~~~~~~~~~~☆


あはは^^♪
[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-18 10:07

雪の日

8年ぶりの積雪
昨夜から降っていた。
「明日は積もるぞ」といって、皆と別れた。

朝、起きると一番に窓を開けてのぞいて見た!ヤッパリ!
f0088569_10492020.jpg

南天に付いた水滴の美しいこと!

こんな日は空いとるぞ・・・と思った。
嫌な事、でも遅かれ早かれ自分の仕事。確定申告に行こうっと。

道路は心なしか車が少なかった。雪道に弱い私達なんです。
バスを待つ人、道を駆け足で抜けていく人達。寒そうなこと。
こんな日は父母を思います。暖かくして家に居るかな、寒さで膝が痛むかな!
そして・・・アッ、もう亡くなってたんじゃ。心配せんでもエエんじゃと寂しく思う。
年寄りには、寒さが堪える。豪雪の村は厳しいだろうな。
f0088569_1145866.jpg

番号札を渡されました。長くなるのかなぁ?
所があっと言う間に順番が来て、あっと言う間に終わって帰ってきました。

「2月になったら来なさい。忘れず、横着せず、必ず来なさい」
去年の秋、精密検査の結果子宮がんの再診を受けた時、センセにそういわれました
雪の日、出かけた、この勢いで、嫌な事は済ませようっと!
f0088569_11114565.jpg

産婦人科は3キロほど離れています。
思う時、思うように行ける私、運転出来る事、乗れる境遇に感謝です。

ぶっきら棒であけすけな女医さん。細胞検査なんです。
サパサパしてて、私には合うのです。半年に一度の検査、安心を頂いて帰りました。
f0088569_11255376.jpg

雪の日に、気になってたシゴト、二つも片付いちゃったよ!

              ☆~**☆**~☆ ☆~**☆**~☆ 

ご無沙汰してまぁ~す!
[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-16 10:49

何をしよう?

心地よい刺激
「元気でしたか」
スーパーで、買ったばかりの品物を袋につめていたら、声かけられた!
「孫で、てんてこ舞い。娘家族と同居をはじめちゃってね。忙しいったら!」
困ったような口調とは裏返しに、とっても楽しく弾んでいる。
あらら!賑やかでいいこと!笑って言い返す。ひと言二言立ち話!
「じゃぁね」とバタバタ駆け出していってしまった。Yさん。
f0088569_20381718.jpg

わたしとYさん。浅からぬ因縁の人なのよ。
もう、20年以上も前の事。彼女は酒飲みの夫の事で悩んでいました。

飲んだくれては仕事を休むは、生活費はいれてくれない。生活も困窮してました。
彼女は私に愚痴ってはいつも嘆いてばかりの生活。
いつも同じ話ばかりを繰り返しては、いつの間にか同情も程ほどになってしまった私。
そんな彼女の愚痴も聞かなくなったある日、人が居なくなった時
彼女は「離婚届」の用紙を差し出しました。
「保証人になってくださる」

人間って、愚痴らず、話さなくなった頃には、本物に向かって行く時なんですね。
最近、来ないなぁ~、愚痴らないなぁと思っていたら、こういう事か!!!
f0088569_20514661.jpg

ドキッとしましたが、迷わずなりました。
離婚するには二人の証人がいるのです。彼女のお兄様の名前の下に押印しました。
一人の稼ぎでやっていかれるのかな・・・年子の子供・兄妹二人は中学生なのに!
これまでのお話をジグソーパズルの様に埋めて行きながら保証人になる私のほうが
いっぱいいっぱい、力んでいたように思う!

頑張ったよ!
彼女、毎日の仕事以外に、2時間ほどのアルバイトも頑張った!
市役所に行って、貰おうって思った手当ては全て断った。胸張って生きていきたいから
f0088569_214395.jpg

私の前でメソメソしていた彼女からは想像できない母親がそこに居た。
女の人って、母親って強いね!あの日から20年!
忙しさを口実に余りあわなくなったけど!今日の、あの生き生きした笑顔だったこと

              ☆~**☆**~☆ ☆~**☆**~☆

今日、Kさんがアルバム写真を抱えてきた!
「孫の写真、みてくれる?」
そうだった。先月成人式で着物着たのよね!見せて!見せて!
f0088569_2116928.jpg

まぁ、アルバムなのね!豪華な表紙。
f0088569_21171141.jpg

和服2回も着替えたの。どうして?
母親が着たのを着たいからって。それから今年作ったのを・・・それでふた通りなの。
f0088569_21274735.jpg

30年前の振袖の方がよく似合ってるね。そうなんよ^^;;
なんとも、恵まれたお孫さんよねぇ~!ペチャクチャパチャクチャ♪♪♪

こちらは遠縁の娘さん。
先月、写真の前撮りで、着付けた時やって来ました。
f0088569_2130487.jpg

1月8日だったので、まだお正月の花が入っていましたよ!
やっぱり、ママの着た振袖。お下がりって言うのかしら!それが良く似合っていて!
女の子にはお金が掛かるね。そう思いました。そしてそういいました^^;;

               ☆~**☆**~☆ ☆~**☆**~☆

お友だち、パソコンを買い換えました。
それで、無料のパソコン教室、当っちゃって市の勉強会へ行ってます。
彼女、趣味が豊富なんです。何でも挑戦しています。
お習字、ヨガ、カラオケ、そしてパソコン教室。なにでもこなします。
「今年こそ」
私だって思います。何をしても中途半端な私、不器用な性格、長続きしない横着者
毎年、思うのです。和太鼓、銭太鼓、日舞・・・。何ができてもイベントに参加できそう
それなのに毎年、言うばっかり!みてるだけ!
f0088569_21445470.jpg

写真教室へ行こうかな!写真上手く撮りたいな!
そんなこと。無理、無理!もう一人のワタクスがケケケと笑う!
[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-11 20:51

プランバナン寺院遺跡群(10)

皆で祝う70歳!

                  **~☆~♪♪♪~☆~**

あったかい日が続いていますね(笑)
今日、彼が庭に咲く「紅梅のひと枝」を折り、胸にささげつ・・・持ってきた!
おぉ~、なんてかわいらしいことか!!!
f0088569_1225304.jpg

暖かい部屋で、蕾はあっと言う間に開いてきた!
春は近いぞ・・・みんなの胸にも、パッと花が咲いたようだ!
花を真ん中にして談笑が続いた!
こころなしか、みんなの顔が明るく見えた。
f0088569_21442814.jpg

「今日は誕生日なんよ!」 Yちゃんが、突然ボソリと言いました!
ホント!じゃぁ、皆で歌のプレゼントよ!そういって名前入りで合唱した!
 ♪~ハッピーバースディ トゥ ユー~♪

いつも、誕生日には、そこに居合わせたみんなでこの歌を歌うんです。
70歳になっても、「〇〇ちゃん」って、ちゃん付けで謳います!
f0088569_12303015.jpg

「これっ!孫からお祝いに貰ったんよ」・・・と、Yちゃん!
ガサゴソ、袋から取り出したのは可愛らしい靴下が五足」あらら、可愛いの!
小学生の三人の孫達が、乏しい小遣いの中から買ってくれたのよ。精一杯の品ね!
いいな、いいなって!みんなで喜んだ!

                  **~☆~♪♪♪~☆~**

さて、本題に戻しましょうね!

ジャワ島の世界遺産
ジョグジャカルタから車で20分、ブランバナンには約2kmにわたり、
ヒンドゥー教の寺院遺跡が点在している。
f0088569_21551930.jpg

ロロ・ジョングラン寺院は856年に建てられたといわれています。
三つの神殿の中央に位置する「シヴァ神殿」は高さ47mで見応えが有ります。
f0088569_21575116.jpg

左右のヴィシュヌ堂とブラフマ堂。石像が安置されています。
f0088569_9351690.jpg

急な石段を登って入ると堂の中央に祀られていました。4つの顔の石像です。
f0088569_9371142.jpg

背伸びしてカメラを頭上に掲げて・・・適当にパシャッ!撮れてました。ウレシー!
他の堂内は階段が嫌なのではいらなかったのヨ。貴重な一枚となりました。
f0088569_2211783.jpg

若い子達も参拝しています。どこの国も同じ、賑やかで可愛いです。
数年前の地震で破壊された建物の残骸が放置されたままです。
f0088569_22225473.jpg

「この国の役人は、賄賂ばかりでしごとしないよ」とワンさん。
聞こえぬ振りして聞いていました。でも石ころゴロゴロの世界遺産なんて・・・っと!
f0088569_2245076.jpg

緑の美しい、広大な面積の史跡公園内は、人々の憩いの場所になっていました。
かなり離れた所まで遺跡が見えました。
三毛作の緑の田園を抜けて、ホテルまで帰って来ました。最後の夕食は和食を囲みました。

サヌール
[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-07 12:25

暮らしぶり(9)

まったり、ゆったりと!
「明日は王宮へ行きます。帽子は被ってはいけません。服装は整えて」
ガイドのワンさんに言われました。それなのにランニングシャツ人が居て!
大急ぎで、整えました。どうにかパスしました。やれやれ!
f0088569_2115680.jpg

南国なんです!
戸障子の類は無いです。どこもかも開けっ広げて、そのオープンな事。

この国の人々の暮らしぶりなんですけど。大体3万円もあれば生活できると聞きました
普通7万円位の給料だといってました。
f0088569_214277.jpg

クルマを縫うように、自転車が多いこと。
王宮の門前には、露天商がズラリ!
f0088569_2195659.jpg

わが者顔の私たちも悪いのですが、クルマもついゆっくりと!
f0088569_21105440.jpg

今日が格別人が多いって事も無いのです・・・そうです。
カメラを構えて、車内から撮れるから、進み具合も解かっていただけますね。
f0088569_2112882.jpg

宮廷内を横切って、建物を移動します。
左端のオレンジのユニフォームのうしろ姿はワンさんです。日本語は不慣れ?
説明もチンプンカンプン、聞いても返事がハッキリしないことが多い!
こんなもんでしょなんて、まぁまぁのガイド振りも、マッ、良いかの私達!
f0088569_21152129.jpg

この花、なんていう名前って聞くと「ハイ、知りません」
10分ぐらい経って。「〇〇てした。思い出しました。あはは^^」って!
ワンさん、遅れてシゴトするのねって言うと、一緒になってあははって!
f0088569_2125834.jpg

だから、私もええかげんな事でして^^;;写真だけ掲載してっと!!!

          ♪~~~~~~~~~~~~♪

王様の水の宮殿・別荘へ行きました。
花々が乱れ咲いている庭を横切るとプールに出ました。
f0088569_21281313.jpg

暑い日でした。水の中に入りたくなりました。
並んで、もう一つプールがありました。
「これは、メカケテカケのプールです」一瞬皆は聞きなれない言葉に怪訝な顔
昔人間、一番年かさの私が説明すると全員絶句です。「妾」と言う単語!
f0088569_2131058.jpg

「ワンさん、今度からその言葉使っちゃ駄目よ。日本でも使ってないよ」と。
そして、考えた挙句「側室」って教えてあげました。ワンさん58歳なのに!
いつも、そういってガイドしてきたのかなぁ。困るなぁ~!
f0088569_22115353.jpg


バッグ
[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-04 21:06

南南東

食べたぞぅ!
「今日、これで何本目かな?」
夕方、仕事帰りの友だちがそういって巻き寿司を一本下げて寄った!
そうだった!今日は巻き寿司を食べる日だったよ!
貴女の一本だけよ。アリガト!
f0088569_20494194.jpg

節分とは「季節を分ける」ことを意味し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日を指します。中でも、新年の始まりに相当する「立春」の前日にあたる節分がもっとも重要視されたため、現在の形として残ったといわれています。

節分には豆まきをするのよね!
昼間、MちゃんとY ちゃんと3人で豆まきをしました。裏口から撒いたのをYちゃんが
拾ってきて(袋入りの豆)3人でたべたよ。
季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、その邪気を払うために
豆まきをしたのよ

f0088569_20555898.jpg

そういえば、昼間鰯を二匹買って帰った。鰯を食べる日だったんだ!
焼いたイワシの頭の悪臭と、ヒイラギの棘で鬼を追い払うという風習らしいよ。

物忘れがひどいなぁ。昼間の事すっかり忘れていた。
「家にも買って帰るの?」彼女に聞くと、主夫のダンナが巻いてまってるって^^;;
彼女の夫は台所が大好きで、いつも料理に挑戦している。

そこへもう一人悪友が入ってきた。アララ、巻き寿司ダァ~♪
「私は今夜主人と一本ずつ南南東(指差して)向いて食べたよ!モチ、買ったお寿司よ」

恵方巻きを食べる
恵方(吉方位)を向いて太巻きを丸かぶりするという、関西発祥の行事。
2011年の恵方は南南東!


お寿司を用意しない私、夫が巻いて妻を待つ家、出来合いを買って帰る妻!
3人三様の巻き寿司の話。
f0088569_21124016.jpg

「Kちゃんの家はいいわよね。今夜の巻き寿司。銘々がまくのよ」
そういって、お友だちが教えてくれた。
キッチンのテーブルの上に、海苔、具、を並べておくの。
 
彼女の娘二人は近所に住んでいて、年中集まるらしい。全員寄れば10名の大所帯!
長女、次女宅のどちらも小学生の孫が二人ずつ。それは仲良しの賑やか家族。
今夜は、来た順に、自分の一本を巻くと言う。男の子だって上手に巻く。
f0088569_2132242.jpg

写真に撮って、切って、今はお腹の中!食べたぞぉ~!節分の巻き寿し!
[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-03 20:47

ショッピング(8)

2月になりましたね♪♪♪
昨日は休みでした。
久しぶりに、車に乗って、ぶっ飛ばしました!爽快^^♪
というのも、先週「車検」が終り帰って来たんです。大好きなマイカー!

長いお付き合いのクルマ屋さん。自分の都合のいいときやって来て代車を置き
3日目には(土曜日を挟んだんです)車検済みの車を持ってきて(乗って来て)
サッサと帰ります。代金は・・・?
「安いよ!請求書送るから!心配要らん」
てな事言われても、コチトラも都合があるってんの^^;;で、安かったデス(安心)

とっても、乗り心地のいい仕上がりでした。メカに弱い私ですが前と同じで良かったです

                ☆~~~~~~~~~~~☆
f0088569_1025331.jpg

さて、話は変って
トロピカル・グリーンの庭はインドネシア・ジョグジャカルタのホテルです。
その日は11時集合で午前中、とってもたっぷり時間が取れました。
あの奥に見えるテーブルでバイキングを戴いたのですが
f0088569_10553461.jpg

食事は美味しかったです。プールでは子供さんが泳いでいました。

今日は、ジョグジャカルタでの、私の4時間フリータイムのお話です。
f0088569_10295491.jpg

ひとり参加の旅は一人部屋代金が要ります。こんな広いベッドが用意されています。
f0088569_10342324.jpg

どうやらロビーとは反対側の部屋の様です。右下に駐車場が有って車道が見えます。
f0088569_1036338.jpg

左側も都会らしく屋波が並んでいます。どこと無く南国ですよね!
ホテルの隣は大きなスーパーなんです。大好きなショッピングに!
f0088569_1038108.jpg

こちらのエスカレーターは階段でなくスロープです。クルマも売ってます。
横目に見て一階を歩くことにしました。
f0088569_10393388.jpg

ステンの食器がびっしり並んでいます。チョコレートを探して歩きました。
f0088569_10403532.jpg

こちらのリンゴはとっても小さかったです。とっても安いんです。
f0088569_10484798.jpg

買って帰っても切るものが無い、どうやって食べるんだろう・・・と見てるだけ!
f0088569_10495054.jpg

言葉が喋れたら、しっかりレポート出来るのになぁ~^^;;ザンネン!
ここでは機内持ち込み用の袋を買いました。
と言うのも、台湾で買った品物を空港で受け取るのです。良いのが有りました。
f0088569_1053778.jpg

155円です。帰ったら孫娘に上げます。沢山入って重宝しました。
それから、自分用に2個買いました。コレッ!
f0088569_1113115.jpg

買ったものの使うことも無く、棚を飾っています。こちらには無い柄が目に付いたのです。
もう一つは!
この話、してたら長くなります。改めて次回に回します。又聞きに来てねっ~♪
[PR]

by kazumi1713 | 2011-02-02 10:25