<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

宝もの

白金も黄金も珠もなにせむに優れる宝子にしかめやも
万葉集に出てくる、山上憶良(やまのうえのおくら)の句ですね。
可愛い子どもは宝物。その又子ども(孫)も宝物!
f0088569_209834.jpg

わたしは1968年、結婚三年目にして男の子に恵まれました。
お腹の中、居心地が良かったのかな。予定日を10日近くも過ぎて生まれてきました。
丸々と肥えて3800グラムもあったのよ。桜の花が満開の日でした。

明治から数えて100年目なので、友人は百治(ももはる)と命名したっけ。
閏年の子どもはその後、米大統領選挙とオリンピックの年には、年齢が解かりやすい
4を掛ければどうにか端数は割り出せるといった按配なんです。
f0088569_2017663.jpg

風邪ひとつひかなくて。母乳が良かったのかな、医者代の掛からないこと。
唯一つ、欠点は大人しすぎて外で遊ばない息子だった。
性格も、母親とは正反対で参観日には不思議がられたよ^^;;

勉強もフツーなので、困ることなく受験はすんなりと。大學もどうにか。
なんといっても体が元気でさえあれば・・・と言うのが大方の意見なのですが。
この息子、15歳で十二指腸潰瘍を患い、胃の三分の二を切除しました。

この時ばかりは亡き夫に心で詫びました。大きく反省をしたものです。
希望の高校に受かったので、潰瘍の治療から開放してあげたかったのですが。
その後、何となく体力的に弱い息子の様に思えてなりません。

結婚して15年もなると嫁に全てを託しているので暢気な母親してまっす^^♪

男の子は成長して結婚すると妻の方へ傾いてしまいますね。
私なんぞは遠くでもあるので年に1~2回しか会う事も無いです。嫁の実家へは・・・?
友達同士、いつもそれが自然であって、有り難いことよねと話しています。
私は、年がら年中旅行していたほうが多く、孫の所へ行くなんて事滅多に無いです。
f0088569_20312148.jpg

5月の「七宝焼きの額」が届きました。
可愛らしいこいのぼりです。みんなに大好評です。素晴しいね!
或る人は携帯に撮り、待ち受けで楽しんでいます。5月らしいなぁ~!

写真を撮っていたら息子の生まれたころの事思い出しました。そうそう!
ひと月検診に行ったら、体重が5.1キロもなっていたんですよ。大きな息子でしたっけ!
この先、健康には充分気をつけて、家族仲良くして言って欲しいと思います。

                 ♪♪♪~♪♪♪~♪♪♪~♪♪♪~♪♪♪~♪♪♪

マネッチァ
去年のクリスマス、鉢植えを戴きました。
花といおうか、実とも思える赤い可愛いモノが鈴なりに付いて居ました。
年を越したある日、二階に持って上がりました。お日様の当る窓辺においていたら
スルスルと・・・!
f0088569_20454081.jpg
 
あっと言う間に、二倍の丈に伸びてしまったのだ!

伸びることより。私が枯らさなかったことのほうが問題なのです!
「ウッソー!」「あの花が・・・?」なんて。
みんなに言われます。南米パラグァイ産のマネッチャさん。
どうぞ、このまま元気で育っておくれよ!
f0088569_20483752.jpg


ありがとう!
[PR]

by kazumi1713 | 2011-04-30 20:01

豊作だぁ~♪

風薫る
昨秋、思いっきり、目一杯ハナミズキの枝を落としてもらいました。
この春
ここまで酷いとは・・・。なんと言う貧相な花になったことよ^^;;
去年とは余りにも、想像もできないような有様になりましたヨ!

全部、散ってしまう前にっと。何枚か撮りました。綺麗な一枚を!↓
f0088569_10201459.jpg

上から目線で一枚撮りました。カメラを持ったついでに庭(猫の額ほど)の花を!

こんな風にして載せると。いつも口の悪い友人にけなされます。
「裏に? こんな? 木が在った? 花が咲いた? お宅の庭って・・・?」

有るんですよ。ほんのチョッピリ、ささやかな庭が!
f0088569_10215482.jpg

いつも行くスーパーの店先に転がっていた鉢植えの小さなフジの花。
身の丈20センチほどの小さな、目立たない、雑草の様な鉢植え。
値段を見ると400円、フム、高いから買わないのかな。可哀そう!一個貰おうっと!
 (次の日行ったら半額・200円になってた。グヤジィ~~^^;;)
f0088569_1028482.jpg

一週間もすると満開になった。モミジの枝に置いてパチリ!
まぁ、可愛らしい!美しいお花なんでしょう!簪(かんざし)みたい~☆

モミジの新緑も美しいけど。
今日はこのことが言いたかったことなんだけど  梅の実が鈴なりなんです!

植えてから5~6年にはなるかしら?加賀梅と、豊後梅なんです。
ついこの間まで白い花が沢山咲いていたような!散った花びらが足元に夜目に白く
ボンヤリとそれは美しかった事は覚えて居るけど!東北大震災の大事件で忘れていたよ!
f0088569_10334865.jpg

「桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿」って、バカ呼ばわれしますが。
この梅、去年も収穫が有りました。2キロ位あったかも、買ってきた梅に混ぜて漬けました。

昨秋、この木も思いっきり、バッサリ落としてもらいました。2メートルくらいの高さにです。
梅ノ木は背が低いほど収穫がいいって聞いてました。目隠しに充分の高さです。それに
切っても切っても、暑い夏にはグングン背が伸びてひさしを追い抜いていくのです。
f0088569_1047393.jpg

大きな写真欲しいけど。さっきからまたもや、雨になりました。↑隅っこを拡大、トリミング!
今年は豊作だぁ~☆

                     ☆~**~☆~~**~☆

お茶を一幅
 堺の町までお茶をいただきに参りました。
 いえ、これも造幣局のお花の通り抜けの帰りのスケジュールの一つなんです。
f0088569_1110299.jpg

「伸庵」と言う、名匠仰木魯堂の堺市茶室があります。
立礼席提茶を戴きました。一幅300円なりは会費に含まれて居ます。
f0088569_10585958.jpg

団体さん、21名が椅子にかけて、頂くさまは和気あいあいの楽しいものでしたよ。
f0088569_1102495.jpg

頂いた和菓子は印鑑をあしらったもの。食べたけど味は感じられず、と言った不調法者の私
堺市博物館前のこの茶室は竹林を抜けていきます。風情の有るお庭でした。
f0088569_113342.jpg


仁徳陵古墳
[PR]

by kazumi1713 | 2011-04-28 10:21

大阪城

観光客も少なくって!
 カメラがめげたんよ。修理代1万円も掛かるんだって!
 昨年末、旅行に備えてカメラ屋さんに相談に行きました。

 オート、マニュアル、ナイトスナップ、映像を見る・・・・って言う切り替えのダイヤル!
 固くて、簡単に押せなくって。爪が折れそうになるのよ。

 新しいのを買ったほうがいいですよ。
 ホラッね!やっぱり買い替えを勧められたのよね。でも、それを持って旅に出た。
 撮れるけど。昼間なのにオートじゃなく、ナイトスナップで撮ったけど。
f0088569_10152039.jpg

というわけで。
先日の和歌山旅行も、今回の造幣局もこのややこしいカメラで撮ったのよ!
まぁ~、正確に言えばこの半年間の写真は全て、「めげたコンデジ」作品
f0088569_10284110.jpg

一緒に行った友達の作品が素晴しいのでスキャンしようとしたら。使えない!

ウチのプリンターは複合機なんです。
コピーとスキャンとプリントと、それは働き者で大好きだったのに。めげて使えない!
調べてもらったら、修理代が1万5千円掛かりますって^^;; オーノー(泣)
f0088569_10311621.jpg

造幣局から大阪城へ向かいました。
歩道橋の上から、その・・・めげたカメラでナイトスナップにして撮ったものです!

                   ~**~☆~☆~☆~**~

前置きが長くなりましたが、大阪城へ登ったお話聞いてね!
f0088569_10341183.jpg

大阪夏の陣で「外堀を埋めよ」と徳川家康の和睦の条件、呑んじゃったんよね。豊臣方は
その堀も今は水が満々と張られて、緑濃く、お城はおいでおいでをして、待っててくれたよ!
f0088569_12251141.jpg

ハローと挨拶した外国の人、案内板をしっかり読んで、歩幅は足の長さだけ早く^^;;
f0088569_10364996.jpg

ドンドン先へ行っちゃったけど。今どき外国からの観光客は少ないですね。
彼女達にとって大阪城はどのように映ったのかしら・・・ねっ!
f0088569_10393982.jpg

緩やかな石段を抜けるとお城が目に飛び込んできました。
この庭は、千姫様はお駕籠にゆられてかなぁ~!
f0088569_10411225.jpg

下から見上げると、こういった感じです。一国一城の主になって、この城へ入った時の太閤様
(この写真は、友だちの写真をさらにカメラに撮らせてもらいました。スキャナーが欲しい)
f0088569_10432813.jpg

10年ほど前、家のローンが終わりました。ふぅ~ん、この家がわたしの・・・
そんな気持ちでこのお城に入って行きました。モチロン太閤様のお気持ちなんです(フフフ)
f0088569_10454825.jpg

五階まではエレベーターで。そこから8階まで歩いて登ります。
学生さんたちと並んで、天守閣から大阪の町を眺めます。
シャチホコの尻尾の先辺りが、造幣局の通り抜けの方かな?

そして、南側からは
f0088569_1051473.jpg

南の繁華街かな。通天閣も見えました。ホンニ、今日は日本晴れ!
先週から、「江三姉妹」もこの大阪城に住まいしておいででしたっけ^^♪
f0088569_1057285.jpg

カメラ、新しいの買うには、このカメラ勿体無いし!
複合機、無かったら不自由やね^^;; あぁ~、悩み多い春じゃなぁ~~~~?
[PR]

by kazumi1713 | 2011-04-23 10:20

八重桜350本

造幣局の桜の通り抜け

「寒波が入ってきてるって!」
そういって、皆で心配してました。明日は行く・・・って前の日の18日の事なんです。

ポカポカ陽気が何日も続き、寒い一日なんて想像もして無かったよ。
それなのに暖かく、お天気に恵まれ、その上こんなに美しい八重桜の歓迎を受けましたよ!
f0088569_11452625.jpg

大阪造幣局・桜の通り抜け」行って来ました。

出発は6時曇り空でしたが雨は無し。、30キロ先の集合地までマイカーで。
初めての旅行社なんです。どうしても行きたかった通り抜けの八重桜!

今年は14日~20日まで一週間、今日までの観客は20数万人と聞いてます。ドキドキッ!
f0088569_11531379.jpg

ここは南門、北門まで560mの道通り抜けます。
帰りは下の桜並木の土手を南門まで戻ります。通り抜け一方通行路なんです。
ガードのおじさんが一杯立っています。逆戻りしていると静止されます。
f0088569_1156764.jpg

人の背中を見て、歩くのよ。
止まらないで下さい。そのまま進んでください。
写真なんて撮ってる間、ないよ。押されるよ。人が一杯なんじゃけん。
とにかく、人、人、人なんじゃけん!
f0088569_1158543.jpg

そう聞いてました。それなのに人が少ないのです。
朝早い到着が良かったんかな、曇りだといってたからかな?
f0088569_124875.jpg

お日様はニコニコ^^♪ 花の下も順番取りもなく和気あいあいと写真が撮れます。
f0088569_1254852.jpg

御衣黄もお出迎え!
f0088569_1262711.jpg

ウコン桜・鬱金の桜 (クリックすると大きくなります^^♪)
f0088569_1274966.jpg

行きつ戻りつ、友達を探したりさがされたり・・・・・っと(^^;;)
f0088569_12152954.jpg

今年の桜妹背です。
f0088569_12164930.jpg

明治4年(1971年)から続いている「通り抜け」
一度は見たかった。やっと来ることができました。お天気にも恵まれ良かったなぁ!

大阪の街
[PR]

by kazumi1713 | 2011-04-21 08:45

桜の下

花に誘われて!
今年の初め頃だったかな!
皆で寄って新年会をした。会費1000円なのよ。お喋りがご馳走なんよね。

その時、4月の「花見のうたげ」を約束しあった!
というのも、なんとも桜の眺めの美しい会場なんです!
「奮発しようよ」と誰かさんの声。そこでその日の食事は「1280円のお花見ご膳」となった!
f0088569_20304154.jpg

思惑通り4月の第二日曜日、その会場のお花の見える最高のテーブル席が予約(と)れた

前の日からワクワクしていた。
いつもの、お喋り(前期高齢者の)仲間達の「太った」「痩せた」の会話を期待し
早めの時間からお出かけのワタクス。
f0088569_20392599.jpg

そこは、家から3キロほどの丘の上にある会場。早めに出かけました。狙いは桜の花!
f0088569_7411532.jpg

カメラを提げて歩きます。ハラハラと桜の舞い散る樹の下を歩くの・・・いいなぁ~♪
チチチと、小鳥が飛びます。花から花へと!ここもあそこも、パチ・パチリ!
f0088569_20418100.jpg

黄色い花は、何の花?
お弁当を広げる人が居る。写真撮って~、といわれ「いち たす いち は?」にぃ~^^♪
f0088569_20483173.jpg

もう、ツツジが咲くのかなぁ? 風も爽やかで、心地よい!
f0088569_20441212.jpg

あっと言う間に、時間が来た。忘れ物を取りに帰る速さの歩調で、急ぎ会場まで。
心せかされる時ら小走りって、そんな感じに早足になるよね。

                    ♪~~~~~~~~♪

今日は12人の参加です。このグループは13人なので、一人が欠席と言うこと。
ふたりが少し遅れての参加。90歳過ぎの母親の看護をしています。
時間をやり繰りして必ず参加するといういじらしさ。しかも、二人とも仕事を両立させながら
こんなお付き合いもこなす。素晴しい生き方を手品をするように演じてくれます。
遊び人の私は尊敬してます。
f0088569_2056767.jpg

桜の花が添えて有りますね。可愛らしいな!

すかさずパチリのわたし。
苺大福を人数分、2個いりだから24個、早朝より起きて作ってきた友が居ます。
パクリと食べてしまい写真がありません。美味しかったヨ
f0088569_20583012.jpg

話題はやはり「東日本大災害」が多かったですね。

スーパーの店頭から水が無くなった・・・なんてニュースが伝わったけど。
いつかのオイルショックのときの様な、商業関係者の
「便乗値上げ」も「抱き合わせ販売」も無かったことが嬉しかった。
それから
「犬も猫も助けよう」といった運動が、明るい気持ちにさせてくれた。
人が3万人近くも亡くなったんです。犬だって猫だって、さぞかし多くの犠牲が遭ったかも!
f0088569_75832.jpg

ほろ苦い味の宴かな。
この毎日が、明日も、明後日も続く・・・なんて、信じて疑わなかった東北の人々。
自然災害って、本当に怖いですね。ささやかなお喋り会の報告でした。
f0088569_821781.jpg


人生の扉
[PR]

by kazumi1713 | 2011-04-16 20:30

似合いますね!

和歌山城と桜
早いかな?来週の方が良かったかな!

ウチの周りの桜は、どうやら来週の様な。和歌山はどんなのかなぁ~と、モヤモヤ!
そんな思いで出かけた今回の日帰り旅行、道成寺も紀三井寺も満開で迎えてくれました。
f0088569_201368.jpg

今回の三つ目の観光は和歌山城です!
「お城と桜」似合いませんか。いつも、そう思ってしまう私です!

道成寺を早めの引揚げて紀三井寺へ。
所が事故のトラブルで1時間遅れで着きました。紀三井寺は20分時間短縮しました。
f0088569_20155772.jpg

イライラするのは私だけ。帰り時間を逆算して・・・割り出すと観光をちょんぎるしかない。
少しずつずれ込んで来たので、和歌山城も20分ほど少なくなりました。
70分の観光時間を設定して天守閣まで登りましたが皆頑張りました。
f0088569_20152437.jpg

風のきつい日でね!
四方を見下ろして、吉宗公の気分で「余は満足じゃ」
f0088569_20172419.jpg

和歌山市って大きな都市ですね。海に近いお城って珍しいよね!
f0088569_20184849.jpg

北側になるのかな?帽子が吹き飛ばされそうになる方向でした。
f0088569_2020062.jpg

お日様が沈む方向だから西かと!
紀ノ川が流れ込む大きな海は太平洋かなぁ~!
二代目の大名の六男坊だった吉宗公はここから江戸へ行ってしまったのね!
f0088569_2022297.jpg

あの時代から300年ぐらい経ったかなぁ!城の広場では若い人々が踊っていました。
なんか、よさこい祭りの様な衣装を纏っている若人達でしたよ。
f0088569_20243992.jpg

天守閣まで登らない人も居ましたが、この踊りを見て楽しんだそうです。

足の悪い私はお城から下る時、ヨタヨタしていました。友達の肩を借り降りてきました。
でも、こうして皆と同じ行動が出来る事とっても良かったです。みんなありがとう!
f0088569_20402911.jpg

 「早く帰って良かったんよ。大変だったんよ!」
後日談ですが。
その日の仲間に聞かされた話。留守宅には帰宅時間は10時頃って決めて出かけ
それって、6時までに和歌山の高速道に乗ってないと、無理な時間帯。

バスは順調に中国道、山陽道と抜けて帰ってきました。
彼女が帰り着きわずか数分後、寝ているはずのつれあいが、へんな咳。
慌てて駆け寄ると真っ赤な血をいっぱい吐いていました。大慌てで救急車を!

その日のうちに入院。現在は入院中とか。あの日遅れて帰ってたら・・・
そこに自分が居合わせたからって。胃潰瘍がきれたとか血を見ると私卒倒しそう!
早く帰って、時間どおりに帰ってよかったと言い合いました。
f0088569_20505951.jpg

いいお天気に恵まれ楽しい、欲張りな紀州路の旅はいい思い出作りとなりました!

水ぬるむ
[PR]

by kazumi1713 | 2011-04-13 20:01

春がいっぱい!

池を巡りて
満開の桜を求めて飛び出しました!桜の花咲く近くの池まで。
お出迎えは亀さん
f0088569_14201610.jpg

       ♪~かめさん かめさん~♪
       ♪~つるさん つるさん~♪
       ♪~スネーク スネーク~♪ ♪~スネーク スネーク~♪
 

友達から聞いた、肩がこった時の体操の歌を思い出しました!

 かめさんは、両肩を上下して、首をすくめます。オーノーのゼスチャーですね。
 つるさんは、両手を後ろ(背中)に廻してヒラヒラ
 スネークは、右手右斜めへ延ばし、左手は斜め後ろに伸ばし(斜めに一直線の手)
        手首をクネクネ 今度は左手を斜め前にして、右手は後ろへ一直線に

 ♪鶴さん・鶴さん、亀さん・亀さん、スネーク・スネーク♪ スネーク・スネーク♪
f0088569_1429127.jpg

アララ!仲間に入りたいの? アナタは誰かに似ているわ!
f0088569_14311550.jpg

暖かい日、お天気に誘われて池の畔を歩いて見ました。
みんな・・・春の到来を喜んでいますヨ!来て良かった!
f0088569_14323240.jpg

土手に咲いてたお花です。目線に降りて撮りました。可愛いね!
f0088569_1573248.jpg

うらうらとさく!それで・・・咲くうら・さくらなんちゃって!

             *~☆~*~~~~~~~*~☆~*

紀三井寺
紀州にある、三つの井戸の有るお寺
それで紀三井寺と言うそうです。ここの桜は関西では一番早く咲くとの事。
f0088569_15242838.jpg

バスを降りると・・・。そこは赤い楼門です。はぁ~、あの一番上まで上がりますか!
なんと、231段あるとか。それが又急な坂なんです!
紀伊国屋文左衛門が若い頃、母親をおんぶして登ったとか。急な坂ですこと!
f0088569_1533996.jpg

みんな、お喋りもせず、黙々と上りました。
10年前の西国巡礼の時は・・・こんなにきつくは無かったような?
ハァ~、ハァ~とものもいえず、懸命に上り詰めた所に六角堂が。桜の綺麗な事!
f0088569_15353280.jpg

心地よい風に当たりながら上ってきた下界を覗きます。ワンダフル^^♪
f0088569_15363263.jpg

こんなに、桜が、散ってたかなぁ~!もっと急な坂道だったよ・・・なんて!
f0088569_15375086.jpg

皆さん、記念撮影をしてます。ここが本堂ですね。
「おみくじ引いたら、この記念品貰っちゃった」そういいながら友だちが袋をひらひら!
並んで買ったおみくじは「末吉」だったけど、貰ったものが大当たり。
大好きなバッグでした。
「吉宗祭り」とか聞きました。巫女さんはとっても忙しそうでした。
f0088569_15454082.jpg


椿咲く窓辺
[PR]

by kazumi1713 | 2011-04-11 14:20

絵解き説法

道成寺
今朝、ドアのノブに引っ掛けてあったのよ^^♪
「ワラビ」だ! コレッ!大好きなんです。
f0088569_19513146.jpg

こんなにたくさん! だれかなぁ~!

昨日スーパーで売ってた。一束150円かぁ~!高いなぁ・・・と帰って来た。
あの束の二倍はありそうな。沢山のワラビ。これ採るのが楽しいのよね。
f0088569_19541751.jpg

その前は、潮干狩りのアサリがたっくさん届いた。大鍋でしっかり作って皆で頂いた。
春を頂くっての! こんないただき物大好きです。

「ドアのワラビ、僕からよ」
昼前、彼から電話が有った。先日の和歌山旅行のお礼だって。そんなぁ~!
もとでいらずよ。うちのうらに一杯有ってから。刈るぐらい・・・。てへへ^^♪
みんな、温かいね。優しいね!ありがとう~♪♪♪
f0088569_200585.jpg

今、桜の花が満開なんです。明るい、うららかなお日様の元で元気一杯ですね!

                   ☆~~~~~~~~~~~☆

さて、先日の旅行のお話ですね。
和歌山まで、2回ほどの休憩を入れて4時間チョット走ります。目的地は道成寺
「安珍・清姫」で有名なお寺です。桜は境内一円満開のお出迎え!

いつかテレビで見たこと有ります。ここの縁起堂では「絵解き説法」が聞けるのです。
f0088569_209264.jpg

一日平均10回程、僧侶の軽快な話術の説法は素晴しい!一年間では数千回@@!
絵巻物をスルスル解いて。紙芝居を見てるように語られるお話が40分、あっと言う間でした

一家の光はお母様、いつも明るく楽しい母親で我が家は安泰とかのおちが付いた様でした。
帰りに「道成寺が良かったね」って声が多かったけどこの説法が良かったのですね!

その後宝仏殿では国宝の千手観音像を拝観。
f0088569_2018449.jpg

写真も撮りたい。お土産も買いたい。食事時間に追い立てられる
そこここで、侭ならぬ短い時間を奪い合いしながらの思い出作りでした。
f0088569_20203065.jpg

写真は本堂、三重塔、宝仏殿の順です。
お天気は生憎の曇り空。この日の和歌山は寒かったです。
f0088569_20261385.jpg

添乗員の私は、時間の割り振りで。食べても、見ても、寄っても・・・上の空。
f0088569_2147503.jpg

参道のお店の二階で頂いた昼食の美味しかったこと!あたふたと頂き(私は)
大急ぎで次なるお寺「紀三井寺」へ向かいました。
[PR]

by kazumi1713 | 2011-04-08 17:33

廻せ!廻せ!

さくら花咲く紀州路へ!!!
   元気ですか?
   ブログの更新が止まっているので 近況がわからない・・・なぁ!
   こちらは、頻繁に地震が有りますが普通です。
   問題はありません。

昨日、神奈川に住む息子からこんな携帯メールが届きました。
日頃から、余り連絡の無い親子関係の私達。これでフツーの状態ですが。

そう云ゃあ、確かにブログ長いこと止まってしまって。
f0088569_6301769.jpg

大きな自然災害が起こりました。その日は金曜日でしたね。
私は来週の火曜日から‘八丈島‘へ行くことになってました。所が土日を挟んでしまって。
旅行前日の月曜日、この旅行のキャンセルをしました。40%のキャンセル料覚悟でしたが
そういったこともなく、これまでにない対応でした。

日を追って、災害の多くが報道されます。テレビの画面に釘付けの日々が続きました。
毎日、涙が溢れるような心温まるお話や映像が流れること!そのひとつひとつに涙したり、
感動したり、静かに見守っているだけの私でした。
f0088569_643970.jpg

「そうだ!4月3日は当店のお花見旅行だったんだ。どうしよう?」
今年は「道成寺(安珍清姫)」「紀三井寺」「和歌山城」と初めてのコースを選んでます。

年に2回のバス旅行、一台借りきっての旅行をもう10年以上続けていますが。今年も
雪の降る寒い2月ごろ、桜の開花を睨んで、4月3日に設定、バスの予約も頼み人を募り・・・
「でもなぁ、今年はなぁ・・・」と、深いため息をつく日が続きました。

自分の旅行はあっさり止められる私(?)なんですが。
幸い、人数も集まって、キャンセルをいってくる人も無く。わたしの考え一つになった頃
f0088569_6543194.jpg

ある人がこういって呉れました。
「自粛、自粛と言って、箱根や伊豆の温泉地はホテルも土産屋さんもキャンセルばかりとか
 お金は出せる人が、出来る所で廻さなくっちゃァいけないんだよ
 時間と経済の許せる人は、お金を廻して、活性化して、頑張るという術があるんだよ」

そういって、私の背中を力強く押してくださいました。
そうなんだ。観光地はどこも困っているんだ。私達はこうした頑張りが出来るんだ!

「よし!いくぞ!行ってお金を落として来るぞ!、廻してくるぞ!」
そうと決まれば、初めての紀州路。みんなのはしゃぐ声も頼もしい。

そうして・・・行って来ました。予定通りバスに乗って先週の日曜日

バスの最前列の台の上には「義援金箱」が一個、チョコンと載ってます。
皆は、ドンドン・ジャンジャン入れてくださいます。うれしい!良かった!
観光地はどこも例年よりは少なく感じたが、こうしてこられたことに感謝しながら手を合わす
f0088569_782392.jpg

桜の花は、どこも、満開で迎えてくれました。

吉宗の育った、紀州の町を、お城の天守閣から見下ろしました。
おおきな紀ノ川が太平洋に流れ込むその辺りに夕陽が沈もうとしている風景!
あぁ、日本っていいなぁ!このふるさとをみんなの手で守らなくっちゃァ、復興させなくては

今回ほど
自分に、何が出来るか?何か、出来る事は無いかな?
そういった思いで、しかし無力を感じた事は有りませんでした。
3週間経って、思ったより復興の進んでいることに、胸なでおろしたり、もう少し・・・なんて
もどかしく、ただただ思うばかりの私です。
f0088569_7215710.jpg

長いこと、休んでしまいました。
のんびりと・・・これもまた良いものなんですね(^^;;) なんて、休み癖付いちゃった!
今日から再開いたします。長いこと勝手しました。また、仲良くしてね(^-^)ヨロシク!!!
[PR]

by kazumi1713 | 2011-04-06 06:30