<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ありがとう!

かぼちゃ食べたよ!
毎日惣菜が届く!
「今日は、かぼちゃを食べる日よ」と、かぼちゃが届いた。
f0088569_15395982.jpg

「冬至」の日は、かぼちゃを食べるって?
f0088569_20555947.jpg

早速、お勉強です。
今日は1年で最も日が短いということで、明日から日が長くなっていくということ。
冬至は太陽が生まれ変わる日ととらえ、古くから世界各地で祝祭が行われていました

みんなが上昇運に転ずる日という事なんだそうです。

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。
にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん……など
「ん」のつくものを運盛り といって縁起をかついでいたのです

かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつなのです!
特にかぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的
f0088569_2113869.jpg

美味しく戴きました。明日から上昇運で、風邪や中風が逃げていく・・・と思います。

年末は、旅行に出かけます。
今日で、掲載は終りにします。帰って来たら又、伺わせて頂きます。
一年間、仲良くしていただいてありがとう!どうぞ、良い年を迎えられますように!!!

f0088569_21261446.jpg


記念硬貨
[PR]

by kazumi1713 | 2011-12-22 21:44

自分流

年の瀬は、忙しい!

しまったぁ~!
次の瞬間、左足の膝小僧をドンと土間に打ち付けた!痛ッ!

暫く、起き上がれなかった。立ち上がろうと側にあったものにしがみ付きやっと立つ!
上げたつもりの足は上がってないのね。弱い足。打った膝は大丈夫やろか^^;;
「もし」と考えたらゾッとした。その時になって、いつも思う以上に日頃の用心を思ったよ!

次の日の朝、ソロリと気をつけて身体を動かしながら起きた!!!
「うふふ~♪ 大丈夫(^-^) 痛むけど、それほどでもないや!良かった!」
f0088569_946693.jpg

病院へ行かなくてもいい!この元気!起きたついでに降りていった。
裏の庭のモミジは、最後の「美」の饗宴!なんという美しさでしょう!
頑張らなくっちゃァと思った。今日は大仕事、片付けようかな。モミジさんとジャンケンポン!

「グー」を出して、負けたので大仕事に掛かるか^^;;
・・・って、いうより最高にお日様が輝いているのよ。椅子を干さなくっちゃ!
f0088569_103928.jpg

こんな事は誰にも頼めない肉体労働。でも、息子と同居してたら頼めるかな?
ふと、そんな事思ったりしますが、ヤッパリこれはあたしの仕事。

椅子を出して空っぽになった部屋の掃除をしていたら、おじさんがコンニチワ!
「なんぞ、家電品で不用になったものは有りませんか。エアコンでも持って帰りますよ」
何もないけど。助かるなぁ~、そんなことしてもらえたら。そう思った。
f0088569_1072846.jpg

いつも、カーテンに隠れている窓も拭きました。外へ廻っても拭きました。
こんなに綺麗に成りました。午前中だけあけている窓なんです。

さて、半日干した椅子、おじさんに不用品といわれない内に取り込みましょうか^^♪
棒で叩いて、雑巾で拭いて。大変お世話に成りましたって! 取り込みました。
f0088569_10101019.jpg

私の掃除、前とちっとも変りません。とても・・・掃除したようには見えないのです^^;;
マッ、いいか!痛い足引きずって遣ったんだから。80点にしときましょう(涙)

                   ☆~☆~*☆*~☆~☆

カモさん
お昼ごはんには少し早いので、裏の土手を歩きました。
毎年、この頃になると、何処からか飛んできます。多いときは20数羽で泳いでます。
この時間帯は少ないのよ^^;; 一寸待ってよ。アタシの歩きは遅いのよ。
足元から急に飛び出した一羽のはぐれ鳥さん!バタバタと!
f0088569_10155998.jpg

水面下では「どんだけ」足を使って漕いでいるんやろ?凄い水の輪です。
いきなり足音がしたので吃驚したのね。
f0088569_10215934.jpg

優雅に向うで泳いでいるカレの元へ。もっと、慌てたら水面を歩くように飛んで逃げるのよ。
もう、何年もこの子達とお付き合いしてるので、アタシも詳しい!
f0088569_10234946.jpg

なんだか、充実のお昼でした。
夜はテレビが忙しい!!!

「坂の上の雲」「南極大陸」「トンイ」見るのよ。毎日忙しい!だって、年の瀬なんだもん
[PR]

by kazumi1713 | 2011-12-19 10:31

折り紙

来年の干支

辰・竜
年賀はがき、書き終えました。毎年この頃に郵便局に投函します。

竜は古代中国の神話で神獣とされているため、中国では皇帝のシンボルとなっています
角は鹿、頭は駱駝、目は鬼、身体は蛇、鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛に似ており、
髭をたくわえ、あごの下に1枚の逆さの鱗が一枚

竜の図柄って、難しいよね^^;; あまり好きじゃ無い(怖いヨ)ヘビにも似ていて!
f0088569_20474273.jpg

♪~今日ね。来年の干支「辰(竜)」を折って、持ってきて下さいました
   この竜(辰)は二枚の折り紙を繋いでいます。毎年先生が考えるそうです~♪

f0088569_2054247.jpg

これは、今年のうさぎさん!これもお友だちからのプレゼント!一年間、ごくろうさん^^♪
一寸早いけど、交代です。よく頑張ったうさぎさん。今年は波乱の年でしたね!

一年間の埃を払って挙げました。
こうして、引っ張り出すまで、忘れられてるほど、隅っこで頑張ってたよ!すまん^^;;
f0088569_2133751.jpg

竜といえば
・竜宮
海の底にあるという竜王の宮殿。乙姫が住むとされ、浦島太郎さんで有名よね!

・逆鱗にふれる
触れてはならないものに触れ、相手を怒らせてしまうこと。
 (顎の下に一枚だけ逆さの鱗があって、それに触ると凄く怒るんだって)

・竜頭蛇尾
初めは勢いが盛んであるが、終わりは奮わないこと。
 
竜にまつわる言葉って、色々ありますね。私の好きな言葉なんですけど

・登竜門
鯉が滝をのぼって竜になったという古代中国の故事から、立身出世の関門のこと。
鯉のぼりの由来にもなったとか。
f0088569_8293015.jpg

可愛らしい蕾さん!寒いのに次々咲くんですよ。切って飾って、あたたかい部屋へ!
一週間位頑張って開くんですよ!フレー、フレー!

                    ★~★~★~★~★

北風ピープー

買い物に出ました。風がきつく、今季一番の寒い日(16日)でした。
風花が舞っています!時々ワイパーを使います。寒い!寒い!

家から1キロ程の所にニトリが有ります。このお店買い物しなくても楽しいのよ!
「寒ッ!」
車から降りてほんの少し歩くだけなのに、冷凍庫のなかに入ったようでした。
f0088569_8351047.jpg

赤い葉っぱのお出迎え。風に吹かれて右、左に大きく揺れています。
寒い中に在って、いじらしい彩を放っています。思わずパチリ^^♪
f0088569_8373646.jpg

ほんの・・・2~3枚撮るだけだったのに。手が冷たくなって、体が冷えてしまいました。
花は、少しの間も止まっててくれません。ユラリ、ユラァ~リ!!!
f0088569_847426.jpg

こんな寒い日、珍しいです。
明日は暖かくなってくれるかなぁ~?
[PR]

by kazumi1713 | 2011-12-17 08:43

毎日が記念日

今日は何の日?

「今日は美容室の日」です!
カーラジオからこんな言葉が流れてきた。
f0088569_18162689.jpg

ホント!そんな日が有るの?耳を傾けていたら・・・こういう事だった。
美容室の日
美容師の正宗卓さんが2003年に制定。12月は美容室に多くの客が訪れる月で、
13日は「13」をくっつけるとBeautyの頭文字Bになることから。
美容界全体で社会貢献をしようと、盲導犬育成のための募金を呼び掛けている
f0088569_19541432.jpg

帰ってからネットで調べて見ました。はぁ~。そういう事ですか!更に

双子の日
1874(明治7)年のこの日、「双子の場合は、先に産まれた方を兄・姉とする」という
太政官指令が出された。それまでは、後に産まれた子を兄・姉とする地方もあった。

以前は、図書館に行ったり、友達に聞いたりと、それは、一つことの解決に時間が掛かった
今は、パソコンに向かえばスルスルと答が返ってくる。
ついでに、本日生まれた人の名前が一杯!一人や二人じゃ無い。
 ★ エドワード=ドイジー 【医学者(生理学)】 〔アメリカ〕
 ★ 岸 信介 (きし・のぶすけ) 【政治家】 〔山口県〕 ※元・総理大臣
 ★ 水野 成夫 (みずの・しげお) 【経営者】 ※産経新聞社、フジテレビ 元社長
 ★ 滝沢 修 (たきざわ・おさむ) 【俳優】 〔東京都〕 ・・・・・・・・

数十人の人の名前が。有名人の欄では、写真入で掲載されていました。
f0088569_193347.jpg

13日だったから、こういった記念日だったのかな・・・?
それじゃぁ、明日の14日は? きっと、何の日でもないかも!調べなくっちゃ^^♪

12月14日は何の日?

12月14日
○四十七士討ち入りの日,忠臣蔵の日
1702(元禄15)年のこの日、赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げた。

1701(元禄14)年3月、江戸城松之廊下で播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩[あさのたくみのかみながのり]が、幕府の礼式を司る高家[こうけ]筆頭の吉良上野介義央[きらこうづけのすけよしなか]に小刀で切りかかるという事件が起った。浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられたが、吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となった。

こりゃぁ、みんな知ってる日だったわ!
改めてみることも無かったわ!

じゃぁ、15日も、何かの記念日だわ!!!
f0088569_19463673.jpg

観光バス記念日
12月15日
1925(大正14)年のこの日、 東京乗合自動車により日本初の定期観光バスである
「ユーランバス」の運行が開始された。

皇居前~銀座~上野のコースを走った。

ホントだ!タイトルどおりだ!
「今日は何の日」「毎日が記念日」だ!面白い!

ついでに、自分の誕生日も調べてみた!同じ日の誕生日の人も見た!
アタシって、何てヒマな人なんでしょう(泣)

                 ♪~♪~~~★~**~★~~~♪~♪

お天気が良かったので写真を撮った。
小さな薔薇が可愛く、美しかった。
f0088569_2052745.jpg

この頃に紅葉した我が家のモミジも残さなくっちゃァ!
f0088569_2055794.jpg

日曜日にお墓参りに行った。
「お墓に供える花位、我が家で育てなきゃァ~!」と、いつも母が口癖の様に!

私は、この黄色い菊を年に2回だけ備えることが出来る。毎回買った花です^^;;
f0088569_2075183.jpg

前の日に、束ねて、バケツに浸けました。鼻がひくひく膨らみます!
「年に一度の、自分で育てた「花」じゃわい」って!

こんなお話にお付き合いくださって、ありがとう^^♪
f0088569_2012637.jpg

[PR]

by kazumi1713 | 2011-12-13 20:29

百済寺(3)

元は「くだらじ」って読んでたのよ!

ちょっと、寄り道

「坂の上の雲・第三部」に入りましたね。
9回目の「広瀬死す」録画して、もう一回見ました。画面の中に引き込まれてしまいました。
美しい風景と恋人アリアズナの世界に居た私(?)でした。男の友情っていいなぁ~♪

いよいよ、日露戦争ですね。乃木将軍と私の大好きな児玉源太郎の登場です。
f0088569_2035956.jpg

共に近代日本の礎を築いた人達ですね。
f0088569_2064956.jpg

私には6歳下の妹が居ます。この子だけ戦後に生まれました。
今から50年も昔の頃のお話です。
あるときこんなしりとり歌(?)を唱えるように詠います。
 日本の→乃木さんが→凱旋す→すずめ→めじろ→ロシヤ→野蛮国→クロパトキン→
 キンの玉→真っ黒布→フンドシ→締めた→高ジャッポ→ぽんやり→李鴻章の鼻ペッチャ→
 ちゃんちゃん帽子を被って→帝国万歳大勝利 

f0088569_20185262.jpg

「誰に習ったの?」と聴きました。武ちゃんよ。武ちゃんのおばあちゃんが教えてくれたんよ!
幼馴染の武ちゃんと妹は姉弟の様にして育ったんです。
その武ちゃんは母親を肺結核で亡くし、おばあちゃん子で育ちました。賢い子でねぇ~!
f0088569_20211831.jpg

ただもぅ、唱えるように私までその日のうちに覚えました(うろ覚えなんですが記載します)

月日は流れて・・・
NHKのドラマで日露戦争を見ます。沢山の人の登場です。その中にクロパトキンも李鴻章も
ちゃんと登場てくるじゃ有りませんか。1903年の頃の日露戦争のお話です。
f0088569_20273043.jpg

乃木将軍って第10話で見る限りではロシアの陣地を余り調べもしないで突っ込んでいき、そこで初めて近代というものを目のあたりにした様な。もう少し早く旅順要塞をあきらめる決断をしていたらよかったのかもしれないなと想った。
f0088569_20334749.jpg

児玉と乃木は共に長州の出身で、お互いに尊敬しあっている関係です。乃木の人間性が好きで、乃木がいなければこの国を指揮できない。しかし戦争をやらせると今ひとつうまくない。そこは自分が代わりにやろうという事で・・・乃木も児玉の為なら命を預けるという思いを持っている。お互いの欠点を補いながら、共に生きて、共に日本のために役立とうと(第10話)

                  ☆~~♪~**☆**~♪~☆

三つ目のお寺

ドラマのお話は終わります。本題の百済寺ですが、ここの庭園は見事でした!
       龍應山 西明寺  蓬莱園
       松峰山 金剛輪寺 名勝庭園(池泉回遊式)
       釈迦山 百済寺  喜見院の庭園
どのお寺も山の上に本堂が有ります。ここも中々の坂道を登って進みます。
f0088569_20563147.jpg

樹齢何百年もの杉の木の中を歩きます。
f0088569_2058241.jpg

暫く進むと道は二手に分かれます。なだらかな坂道の方は二倍ほど多く歩きます。
このお寺は1400年も昔に建立されたという事です!
推古天皇の御世に聖徳太子の御願により百済人のために創建されたという古刹!
f0088569_2141315.jpg

本堂は年代を感じさせられました。鐘の音が響きます!
f0088569_2151666.jpg

順番を待つ人々が行列をなしていました。下りは平坦地を選びました。
f0088569_2164790.jpg


喜見院(きけんいん)は別称「天下遠望の名園」といわれるお庭、ゆっくり廻りました。
f0088569_21185183.jpg

池の川面に映った紅葉が美しい!
f0088569_21104620.jpg

この石段を登って行くと高台の遠望台へ。そこからは湖東の平野が眼下に展開する。
流石にここまでの歩きにしました。

これで、三つのお寺めぐりのお話終りです。お付き合いありがとうございました。

思い出づくり
[PR]

by kazumi1713 | 2011-12-06 21:36

健脚を問う!

金剛輪寺(こんごうりんじ)

湖東三山(2)

琵琶湖の東南、鈴鹿山脈の西側に、天台宗の古刹が連なっています。
北から順に西明寺、金剛輪寺、百済寺。三寺の総称が「湖東三山」なんです。
f0088569_207539.jpg

私たちは北から南へ下るコースを選びました。西明寺→金剛輪寺→百済寺
f0088569_2085030.jpg

早昼を済ませ一番寺の西明寺は午前中に参拝で出来ました。
西明寺に続いて、二番目の寺金剛輪寺へ向かいます。
f0088569_20111449.jpg

三つのお寺は其々に10キロ位離れた所に在る(?)様に思えました。近い所でしょうが
なんといっても行楽シーズンなんです。山道に差しかかってからが、前へ進みません
f0088569_20142755.jpg

金剛輪寺の「血染めの紅葉」、今回の一番目玉、この言葉に心奪われたアタシ^^♪
1200年の歴史を持つ天台の古刹!春はさつき、石楠花の花が咲き夏はアジサイ。
なんといっても・・・秋に本堂脇の血染めの紅葉鮮やかな赤に染まることを知りました。
f0088569_20195614.jpg

予定では上の駐車場までバスで行き本堂に近い石段の所で下ろして貰う事になってました
所が思っても居ない車の多さ!みんな降りて山門から歩くことにしました。
f0088569_20232165.jpg

歩いて上まで登れない人が5人居ました。山門を入った所に庭園が有ります。
ここが又とっても見どころの有る、紅葉も美しい庭でした!
f0088569_2026499.jpg

上に上らなくても、ひと安心だ。自分も弱い足を抱えていながら、頑張って登りました

                   ☆~~~~~☆~~~~~~☆

黒門から本堂までの道のり。一緒に歩いてみませんか^^♪。

車は5分以上、山門の前から動かなく成りました。
f0088569_20285536.jpg

1時間の時間を取り、みんなはここで降りました。
左手に立派な庭園が見えましたが、帰りによることにして紅葉の下をスタスタと!
f0088569_20324539.jpg

両脇に千体地蔵さんが並んでお迎え!ここでは沢山のお地蔵さんが!
f0088569_20341387.jpg

一番息切れがして苦しかった所でした。止まってお地蔵さんをお参りしました。

最後に、もの凄い急な石段が待っていました。
f0088569_20441314.jpg

大きなワラジが下っていました。七難即滅を願うものだそうです!
f0088569_2058527.jpg

ヨッコラショッと! やっと本堂に着きましたよ!
f0088569_20464766.jpg

血染めの紅葉は・・・? っと!

この「血染めの紅葉」は,奈良時代,僧・行基が本尊の観世音菩薩を一刀三礼,拝みながら掘り進んだところ,木肌から一筋の血が流れ落ち,その時点で観世音に魂が宿ったとして,荒堀りのまま安置されたとの伝えにちなんだものだそうです。
f0088569_20485329.jpg

白い桜と仲良く撮りました。
f0088569_20494429.jpg

紅葉越しの三重塔です。視界を阻まれているけど、一年で一番美しい日かな!!!
f0088569_2052597.jpg

皆さん、見上げて撮っています。金剛輪寺は真っ赤な紅葉で迎えてくれました!

庭園
[PR]

by kazumi1713 | 2011-12-02 21:26

湖東三山

近江の国の紅葉めぐり

西明寺 金剛輪寺 百済寺


「今日は、どこへいくのでしょう?」
バスに乗るなり41名の人に問いかけました。
さぁ~、何処だったかなぁ。聞いちゃぁおるんじゃが・・・と、銘々に騒ぐ。
余り返事を期待してない私。湖東なんて言葉も、三山も説明に手間取る^^;;
f0088569_14111813.jpg

秋の旅行、今秋は「湖東三山」 西明寺、金剛輪寺、百済寺の三ヶ寺の紅葉狩り。
11月最後の日曜日、これまで、暖かかったり冷え込んだり、早く成りそうで遅れてみたり
モヤモヤ、ハラハラさせられましたが。
f0088569_14145442.jpg

その朝、6時半にバスは出発しました。片道350キロほど。時間にして4時間ほどかな。
高速道なので、トイレ休憩をしながら、お喋りしてたら着きますが、なんせ・・・
シーズン真っ只中の京都を通過する、渋滞してない事をねがいつつ、進めてきました。
f0088569_14171917.jpg

京都の南ICも東ICもスイスイと。30分はやめてのスタートは効を奏したかの如く。
しかしまぁ、なんと言うお天気に恵まれたことか。
f0088569_18209100.jpg

雲の中に隠れていた太陽も、神戸辺りから顔を見せて上機嫌。ヤッター!
これで14回目と為る貸切旅行、いつもお天気には恵まれてます。
f0088569_14331411.jpg

昨年から、真っ赤な二階建てのバスに切り替えました。高い所から見下ろす大都会は爽快
みんなの声音もテンション高く、日常の生活を置き去りにして^^♪
f0088569_14245972.jpg

時間より30分早く彦根ICの高速道を降りました。先ずは腹ごしらえ!近江牛を頂きます!
f0088569_14272917.jpg

美しい紅葉の景色を披露しましたが。もっともっと、アッと声を呑む景色が一杯。
少しずつ、お話進めて行きましょうね。

                   ☆~☆~☆**☆~☆~☆

西明寺(1)

平安時代に開創。平安、室町、鎌倉の各時代を通じては祈願道場、修行道場として栄えていたという。源頼朝が来寺して戦勝祈願をしたと伝えられている。
バス駐車場から山門をみたところ。
f0088569_14485553.jpg

本堂入り口、二天門まで250段の石段が。
f0088569_18252555.jpg

参道へ入った所でみんな絶句!息を飲む極彩色の錦繍のトンネル!
f0088569_18264359.jpg

アタシの大好きな赤色!歩きながら・・・素早く、カチャッ!
f0088569_18272476.jpg

黄葉ってのも、中々エエなぁ~♪ 立ち止まらないのよ。みんなと離れるから^^;;
f0088569_2054421.jpg

着きました。二天門。ここを抜けると国宝の本堂と三重塔です!

f0088569_9355875.jpgf0088569_9374811.jpg







  
     三重塔は工事中でした。
 パンフからお借りしました。


                   ☆~~~☆~~~☆~~~☆

名勝庭園 蓬莱庭
早めに下りてきました。庭園を見たかったからです!
f0088569_2010059.jpg

チラホラと、「不断桜」が咲いていました。先日の小原町の満開の桜思い出しました。
f0088569_20113859.jpg

1時間の見学時間はあっと言う間に終わりました。
大急ぎでバスに駆け込みました。次は金剛輪寺です。混んでたらどうしよう!

優しさ
[PR]

by kazumi1713 | 2011-12-01 20:28