<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

名優たち

「わが母の記」

テレビの画面いっぱいに母がいた(様にみえた)!
ドキッとした。
よく見ると、それは映画「わが母の記」の映画のワンカット樹木希林さんだった。

私の顔は樹木希林さんに似ているが、この映画の樹木さんはもっと、母にそっくり!
この映画見なくっちゃ!
そう思いました。封切りが待たれました。そして

映画見てきました。初日です。封切りの28日です
第35回モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリに輝いた「わが母の記」(原田眞人監督)。作家・井上靖の自伝的小説を映画化したもので、原作者の“分身”である主人公・伊上洪作を役所広司さんが、その母・八重を樹木希林さん、洪作の三女・琴子を宮崎あおいさんが演じている。
f0088569_10245676.jpg

さあ、泣きなさいといわんばかりの作品ではなかったよ。悲しい場面はあるが、どこかサバサバとしていて、笑いさえ漏れる。それぞれに“わが母”の姿を八重に重ね、自分が感じるところで笑い、あきれ、涙する人もいる.
そんなふうに、誰もがどこかに共感できる作品だった。

役所さんはもとより、樹木さん、宮崎さんら出演者の演技が重厚で素晴らしい。
洪作の妻役の赤間麻里子さん、長女役のミムラさん、次女役の菊池亜希子さん、そして、洪作の2人の妹、キムラ緑子さんと南果歩さん、さらに洪作の運転手の三浦貴大さん、すべての人物が厚みのある描かれ方をしていました。
f0088569_10501010.png

5歳の時に母に捨てられた・・・洪作の思いは痴呆になりかけた母親からは
引き出されず、思いもかけぬ妻の口から語られる日までの心の葛藤は長く続く。

時代は昭和3~40年代です。洪作の娘三人の姿は細雪の姉妹にも似ていて!
会話の中には小津安二郎の「東京物語」なんぞが語られていたり
冒頭の雨のシーンでは「浮雲」の中村鴈次郎と京マチ子の映画を思い出しました。
原田眞人監督って、会ってみたいなぁ~と思いました。
f0088569_10524155.jpg

息子におんぶされた母親の笑顔はまるで少女のよう!(一枚目の写真)
母の姿を見に来たのに、わたしは!!!
息子におんぶしてもらった自分の姿が重なったシーンになりました。

誰でも人は老いる。この世に生まれて親の愛情をたっぷりと注がれ、
やがて親は子供に戻り我が子の愛情をたっぷりと注がれる。
これが日本の家族の核となる風景ではないだろうか。
[PR]

by kazumi1713 | 2012-04-29 10:07

落ち椿

花のじゅうたん
落ち椿なんて言葉あるのね!知らなかったよ!
今日は「椿の花」のお話です。

私、椿の花大好きなんです。いけない花よ・・・っていう人がいます。
f0088569_20194210.jpg

「屋敷内に植えちゃだめよ」そういわれてたんだって。
私、知らないから植えました。
淡いピンクの花で。とってもかわいいの^^♪ 今はとっても大きくなっていますよ!
きっと・・・。こんな風にポトリと落ちることで嫌われているのよね。
f0088569_2026574.jpg

                      ☆~~***~~☆

     赤い椿白い椿と落ちにけり

                  河東碧梧桐


          「椿の花が落ちている。
           赤い花が落ちたと思ったら、次は白い花だ。
           ひとつだけでも鮮やかな色だが、
           このように落ちていく花びらの
           赤と白の対比もまた目に鮮やかに映る。」
f0088569_20343634.jpg

「岡山の矢掛に、国勝寺という椿の美しい寺があるのよ。
貴女の大好きな花、見に行ってごらん!私行ってきたのよ。綺麗だったよ!」

友達からそう聞かされました。赤くて八重でその綺麗なことって聞けば、
行かざなるまい!!!!
聞いた次の日にはもう、飛び出していた私です!
f0088569_20414025.jpg

家から30キロほどのところです。駐車場が少ないと聞いてたので早朝に!

先週「椿祭り」を終えたところとかで花の見ごろは過ぎたころとか^^;;
でも、いいもん!アタシはこの美しい椿の木で十二分に満足。うれしいな!
f0088569_2044462.jpg

カメラを向けてる顔に手に、虫が寄ってくる!画面にも映っている。
花に群がる虫たちって、アタシの若いころの人生のよう・・・なんて見栄張っちゃって!
f0088569_20514839.jpg

庭箒を手に、手入れをしていたおじさんに見ごろを聞いた。
「桜の満開のころが見ごろと覚えておいで。桜は3日間じゃが椿は長いで」と!
f0088569_2233927.jpg

この人たちの手入れがあって、こんなに立派な椿の樹を見せてもらえること感謝。
お天気がよくってね。花々が生き生きしていました。
f0088569_2161369.jpg

「落ち椿」新しい言葉をまた一つ覚えました!
そして、散ってまた、健気で美しいってことも!ありがとう!
f0088569_2273358.jpg

総社の国分寺

カーラジオで「国分寺のレンゲ祭り」と言ってました。
f0088569_837229.jpg

出たついでに、総社までまわろうと、カーナビに打ち込みました。45キロも!
来た道より、遠くて。まぁ~、いいっか!で・・・国分寺まで!
f0088569_21121899.jpg

レンゲの花には、少し早くって!期待していたムラサキのじゅうたんとは違ってて。
f0088569_8375568.jpg

この通り、緑のじゅううたんでした。来週あたりは美しいかな!

大歓迎に
[PR]

by kazumi1713 | 2012-04-25 22:28

百花繚乱

桃源郷かしら!!!

まぁ~、見てください!
花の苑へ迷い込んだ、アタシの見た花々を!!!(みんな大きくできますー^^♪)
f0088569_12484896.jpg

f0088569_12492820.jpg

f0088569_12503654.jpg

f0088569_12542029.jpg

f0088569_14154968.jpg

f0088569_1252049.jpg

京都北西・原谷苑

夢の天国さくらの園
花の下行く人々は、みんな笑顔、口々に「きれい!綺麗!」を連発して!
ここは、都の北西・金閣寺の裏山を上って降りて、原谷というところ!
30年来の夢「はらだにの桜」に来ることができました。
f0088569_13143353.jpg

すこし、私のおしゃべりにお付き合いくださいね^^♪
30年前、渡辺淳一の小説で原谷の桜を知りました。小説の題名は忘れました。

主人公の男性が車に乗ると運転手に向かって「原谷」に行ってください。
女は「原谷って?」
京都で一番遅くまで桜の花が楽しめるところだよ・・・といいます。
f0088569_1318269.jpg

その時「京都の北西の原谷」という地名を、深く記憶していました。

それから、月日は流れて
f0088569_1320975.jpg

旅行社のパンフレットに、私に合った(出かけられそうな)日にちがあったので
ツアーに申し込みました。気持ち的にはちょっと早かったかなって…思った!
f0088569_1495622.jpg

18日のその日。抜けるような大空だった。初めての御室寺に大満足の後原谷へ
原谷苑とは村岩農園の4000坪の私有地でした。駐車場もない小高い山の中腹
私たちはタクシーに分乗して金閣寺から15分ほど細い丘の峠を上ります。
f0088569_13313031.jpg

外からは、入口さえ見落としそうな原谷苑でしたが。
入口を入って2~300歩、坂道をとろとろ人の後について。いきなり
f0088569_13254286.jpg

しだれ桜、源平しだれ桃、シャクナゲ、レンギョウ、ボケ・・・その花々の多い事!
「わぁ~!」「きゃぁ~!」
行ったことはないけど^^^;; 桃源郷ってこういうところだわね!
行きかう人々は全く見ず知らずの人なのに、自然と笑顔のご挨拶、おともだち^^~♪
f0088569_1336146.jpg

小高いところに一軒の茶店!「甘酒ください!」
ソフトクリームもください・・・ゆっくりのんびりさせてください!
f0088569_13374260.jpg

カメラを、ちょっぴりのぞいて、上を見上げて、歩く人々を見て・・・ウフフ(^0^)
夢ってかなうんだ! やっと来れたんだもんね! うふふ^^♪ ひとりでに笑えた!
f0088569_1344276.jpg

タクシーへは、最後の人になっちゃった。時間ぎりぎりまで園内にいたんだ^^;;
上がってくる人々をかき分けていそいでおりました。花の下行く人たちの小さい事!

でも、こんなに美しいさくらの園へ来られたこと、とっても嬉しかったよ!

                    原谷苑のご案内
                  (村岩造園内のさくら苑)
原谷苑は金閣寺より衣笠山を、御室より八十八か所の山を越えた洛北原谷の不毛の土地を、戦後の原谷開拓団から依頼を受けて昭和32年から、花好きの二代目(村岩)が景色のよい丘を選び数百本の桜やモミジを植樹したことから始まります。当初は親類、友人などの身内だけでお花見をしていましたが、人伝に評判が広がり、現在は桜、梅、紅葉のシーズンは一般公開しております。
京都市内の桜が満開のころには、早咲きの枝垂桜が満開となり、また遅咲きで有名な御室桜が終わったころでも原谷苑ではまだ、散り始めの八重枝垂桜と共に遅咲きの黄桜、緑桜、牡丹桜、菊桜など名残の花見も楽しんでいただけます(パンフレットから)

はな
[PR]

by kazumi1713 | 2012-04-21 14:36

お多福桜

京都へ行ってきました!

御室寺(おむろじ)
仁和寺の桜を見てきました。写真はすべて大きくなります。
f0088569_18355585.jpg

ガイドさんが言ってました。
「関西の桜は、紀州の「紀三井寺」から始まって、仁和寺の御室桜で終わるって!
近所の桜は散ってしまって 葉桜です!・・・と言うわけで最後の桜を見に!

仁和寺の桜には特に「御室桜(おむろざくら)」の名が付いている。約200本あり、八重咲き。樹高が低いのは、この地の岩盤が固く、深く根を張れないためという
f0088569_2194369.jpg

のろのろ進むバス車内の私の目に、仁和寺の正面門が近づいてきました。
入口に大きな立て看板があって「桜は満開」とありましたヤッター!
f0088569_21123166.jpg

お多福って?なんでやぁ~?
「花(鼻)が低い」ということから「お多福桜」というらしいです。
f0088569_21133420.jpg

根っこを踏むと樹が痛みます。木道が設えてあって、その上を進みます。
塀には5本の線があります。線が多いのは格式のあるお寺っていうこと。それもそのはず
皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)で、出家後の宇多法皇が住したことから、
「御室御所」(おむろごしょ)と称された!
f0088569_21261347.jpg

それにしても大勢の人出です。
全く関係ないですが、血圧計などの会社・オムロン創設者はこの地の出身者だとか!
f0088569_21372695.jpg

世界遺産のお寺です。
向こうから、五重塔が顔を出しています。まぶしい新緑のシャワーですよ!
f0088569_21391296.jpg

桜吹雪が舞ってます!明るい日差しの中では撮れない(腕が悪い!カメラも^^;;)
そこで、舞台を終え、くつろいでいるところを^^♪ 失敬^0^)
f0088569_21455161.jpg


『徒然草』 第52段.仁和寺にある法師
仁和寺に暮らしていたある坊さんは、老体になるまで石清水八幡宮を拝んだことがなかったので、気が引けていた。ある日、思い立って、一人で歩いて参拝することにした。八幡宮の付属品である、極楽寺と高良神社だけ拝んで「これで思いは遂げました」と思いこみ「八幡宮はこれだけか」と、山頂の本殿を拝まずに退散した。
f0088569_21483653.jpg

帰ってから、友達に「前から思っていた事を、ついにやり遂げました。これまた、噂以上にハラショーなものでした。しかし、お参りしている方々が、みんな登山をなさっていたから、山の上でイベントでもあったのでしょうか? 行ってみたかったのですが、今回は参拝が目的だったので、余計な事はやめておこうと、山頂は見てこなかったのです」と語った
f0088569_1913295.jpg

どんな些細なことでも、案内が欲しいという教訓ですね。
f0088569_192146.jpg

さて、この二枚の写真も案内が欲しいです。・・・・が
次回に回します。このなだれのように咲き誇る枝垂桜はどこでしょう!

太陽の塔
[PR]

by kazumi1713 | 2012-04-19 22:15

慈愛のこころ

良寛荘

倉敷・玉島にある円通寺「良寛荘」へ,お花見に出かけました。
春を迎えるころ児島の実家への行き帰りに、毎年のことながら、踊るような心地で
小高い丘の上に数百本の桜(はな)を探します。

瀬戸内海の明るい降るような日差しを浴びて山の花々は笑っているように見える春四月
f0088569_20452356.jpg

「行こう!」友達を誘って早くに家を出ます。30分もあれば着きます。
この日も、8時過ぎの駐車場はガラガラ^^♪

国民宿舎「良寛荘」はこの時期、お客さんが多い!円通寺の境内まではここから10分程
暖かい日差しの中、本堂に向かって歩きます。
f0088569_11223695.jpg

いつも一人歩きの多い私。今日はぺちゃぺちゃ喋りながらのガイドさん!
f0088569_20551329.jpg

円通寺はどうして良寛さんの名前がついたの?
はい、よくぞ聞いてくださった。
f0088569_19565042.jpg

その昔、円通寺の国仙和尚が越後の出雲崎を訪れた時、20歳だった良寛さん
和尚について玉島まで来たらしい。それからの…22年間を当寺で修行なされたとか!
f0088569_2003692.jpg

「童と良寛」という像の横に説明書きが!(台座石「童と良寛」は良寛様の文字↓拡大)
寄ってみましょうか!読めますか?
f0088569_2015077.jpg

「童と良寛」の文字は、本人の遺墨の中から集成拡大したものとか!
f0088569_21163857.jpg

そう思って、触れると、何となくぬくもりを感じてしまいそう!
良寛様ってそういった人柄のような!!!
f0088569_20273.jpg

桜の花の上に座って、ニッコリしてみていなさる。心がほっこりの笑顔になっちゃった^^♪

この頂からは水島工業地帯が見え、その向こうに瀬戸内海が広がっています
桜の花が今を盛りに花開いています。
f0088569_2032126.jpg

江戸時代、千石船で栄えた玉島港は手前左奥になります。

この景色、数百年の昔、良寛さんも見ていたことでしょうね!

桜の園を下って帰ってきました!
f0088569_20455482.jpg


                  ~~~~~~~~~~~~~~~

笠岡干拓地

「菜の花畑が見たい~♪」
そういわれて、どうせ帰り道なので・・・、回り道!

とにかくひろい、広いところ。笠岡の干拓地といいます。1192ha有るって?
f0088569_7225350.jpg

夏はひまわり、秋のコスモス。今は菜の花畑なんです!
広い広い干拓地は、まっすぐに伸びた道路が縦横に走っています。
まっすぐ伸びた一直線の路、一本道は2キロ以上は続いています。ぶっとばして~♪
f0088569_723242.jpg

北海道の富良野を走っているような!!! やがて向こうに道の駅が見えてきました。
この花を目当てに走ってきた人々で、店内は人々でいっぱい!

瀬戸内のとれとれの海の幸、お手製のお漬物、花卉農家から切り出された花々
思い思いの品物を求めてお買いもの。
f0088569_7235290.jpg

わたしは・・・お花畑に入って写真を撮りました。むせ返るような花の香り!春の風!
花粉が衣服に降るようにまとわりついてきました。

そして、買ってきたコンビニのまつり寿司をひろげて平らげました!
とっても、広くて、美しくって、うっめぇ~・・・・・かった!
[PR]

by kazumi1713 | 2012-04-16 07:45

色んな路

お花見

伊予の国で見た満開の花
f0088569_20441547.jpg

今年は、あの桜(はな)で「お花見」としよう!
そんな風に思っていました。それで十分よ・・・というと、友だちもうんうんって!
f0088569_20445814.jpg

でも、やっぱり桜の花に逢いたくて!逢いたくて!
出かけました。2~3か所!

桜(はな)の路
 「路」という字を書くと、石を敷いたみち、また太みちをつなぐ横の連絡みちとか!
 トンネルって、言ってしまえば色気のないこと!
 このみちは、はなの路って言いたいな!
f0088569_1958565.jpg

出発(たびだち)の路
「道」とは、頭を向けて進んでいくみち 人のの行うべきみち
 この電車、金光駅発・上り線なんです!
 桜の花と電車って!やっぱり、未知の世界へと踏み出す若人の出発の「道」のような!

 歩道橋の上で待っていたら、こんなに撮れました。うれしい~♪
f0088569_20124117.jpg

土手には土筆がいっぱい生えていました。足の踏み場もなくって。
桜の花が二番!土筆が一番!
f0088569_20173156.jpg

そこへ、また列車が入ってきました。今度は電車が一番!
f0088569_20101351.jpg

線路は道と道をつなぐから「路」となるのかなぁ~?

「はなの路」
水仙が固まって咲いていました。ちょっぴり難しいけど桜を入れて。
f0088569_2020736.jpg

「明日への路」
林の中に入るとツツジが咲いていました。まだ早いよね^^♪
周りの花々は、まだ固いつぼみでした。おませなツツジちゃんですね!
f0088569_21233290.jpg

未来への路
 菜の花畑でお友達になった子
 「モデルさんになってよ」というと、このガッツポーズ!
 どんな娘さんに育つのだろう!まっ黄色の菜の花よりまぶしい未来が感じられる!!!
 
f0088569_20265252.jpg

もう3年近く会ってない孫娘の顔が重なりました!
 (写真はすべてKして頂きますと大きくなります。良かったら見てくださいナ~♪)

                  ++++++++++++++

お寺の本堂の戸障子に映った桜!
カメラの力って!違った世界を見せてくれるのね^^♪
f0088569_2111024.jpg


その他の草花
[PR]

by kazumi1713 | 2012-04-10 21:24

咲いた!咲いた!

友が咲かせた蘭の花

 私たちは日ごろから、友達の事「ちゃんん」付で呼び合っている。
 たみちゃん、すぅ~ちゃん、さいちゃん・・・なんて!
 「ごろちゃん」って、呼ばれて振り向くのは80歳の男友達^^♪

さて
 今日のお話はさっちゃんと、としちゃんのこと
f0088569_11361237.jpg

としちゃんが新聞紙にくるんで花を一本、捧げてきました。ほんと、捧げるって感じ。

「まぁ~立派なシンビジュームだこと。大きな花ね」
Kちゃんが、花の名前知ったらしく物知りに歓声を上げた。

ちょっと変わっている色でした。真中がピンク色!大ぶりの備前焼の花入れに!
f0088569_1139564.jpg

としちゃんは一昨年、ご主人に先立たれました。そのふた月前に家から失火。
火事に続いてのご主人の死。夫の死は彼女の心を閉ざしてしまいました。
「あのころ、さっちゃんが蘭の花を一鉢くれてね。大きな花が5本もさいてたの!」
さっちゃんらしいなぁ~!
彼女の優しさには、いつもわたしたちはたすけられていました。
その時のかぁ~!!!
f0088569_1154481.jpg

昨年、花の時期が終わったとき、葉っぱを3分の一だけ残し、丹精込めて育てたらしい!
「二本だけ芽が出てきて!これはその一本」
花を育てたこともないとしちゃんが咲かせた、根限り難しい蘭の花のお手入れ。

みんな、よく頑張ったねぇ~! と心を込めてほめていた。
「まぐれで咲いたんよ。来年も咲かせるのよ!」と、相変わらずきつい言葉しか出ない私
咲かせるわよ!絶対に!
としちゃんは、力強くそういった。あんたの悪い口には、負けとられんよと笑った!!!
としちゃんはしっかり立っている!さっちゃんの真心が私たちの心にも花咲いたよ!

           ***~~~☆~~~***~~~☆~~~***

おとうと

3月の終わり、弟夫婦が東京から来て一週間滞在した。
f0088569_12144549.jpg

私は五人兄弟の真ん中っ子。子供のころは子だくさんで嫌だった。
姉・兄・・弟・妹の順で女三人、男の子二人のまことにバランスのとれた両親の生み具合!
・・・・というわけで兄と弟の中で育ちました。でも、大人しかったと思っているが(?)
f0088569_12375649.jpg

数年前兄が亡くなった年から弟との付き合いが始まった。定年を迎え時間の一杯ある弟
(弟は)理由有って実家に寄り付かなかった。再会した時にはかなり糖尿病が進んでいました

母の患っていた病を弟が継いだ。歩くことが困難なようであった。さらに視力も劣っていた。
よろよろ歩いている姿からは、昔の面影もなく80代のおじいさんのようだった。
f0088569_19234358.jpg

一昨年来福した時には、二つの病院に連れてった。手遅れですよと言われた。
車の横に座ったとき、何やらボソボソつぶやいている。エッ!なによ?
「目が見えなくなるの、怖いよ」ぼそぼそ^^;;
そうだろうな・・・と思った。視野の狭い弟は、どこへ出かけても張り合いのないこと。
f0088569_19553499.jpg

尾道へ出かけても弟嫁の解説付きで風景が語られるだけ。坂の街なので歩くことをやめ
ロープウェイで下って、上って。そんだけ^^;;
でも、楽しそうにしていたっけなぁ~!あの日から半月ほどたったけど思い出される事ばかり
f0088569_2075039.jpg

元気で長生きが理想的だが、そうはいかないのよね。「ぎんさん家の四姉妹」
見習って、これからでもできることをがんばらねばと思っています。

咲き乱れて
[PR]

by kazumi1713 | 2012-04-06 20:28

空はどこまでも青く、海は広く果てしなく!

おひさしぶりです~♪
パソコン君のストライキに遭って!捨てられちゃいました^^;;
新しい彼に替えました。でも・・・あまり相性よくないような。
なかなか、仲良くできなくて(泣) そろそろ、進めていきますね!
また、仲良くしてくださいね。よろしくお願いいたします。

佐田岬
行ってきました!愛媛県・佐田岬!(K拡大)
f0088569_9354564.jpg

よく似てますが鹿児島県の「佐多岬とは違います

ここは瀬戸内海の西の端っこ、愛媛県八幡浜から西へ40キロ
瀬戸内海と宇和海に挟まれニョキニョキと細長く続きます!
f0088569_943093.jpg

大きくしますね^^♪
f0088569_9412048.jpg

「しまなみ海道」という西瀬戸大橋(尾道ー今治)を1時間で渡り、さらに西へ向かって
大洲IC 半島の先っちょの町伊方町へは3時間半かかりました。

この道(40キロ)はメロディーラインと名付けられています。
車が通ると童謡「みかんの花咲く丘」が流れてきました。おもわず・・・
♪~みかんのはなが さいている おもいでのみち おかのみち~♪ 大合唱!

右に瀬戸内海、左は宇和海、太平洋です。有名な豊後水道へ向かってます!
f0088569_10265179.jpg

窓越しに満開の桜並木や
f0088569_10272521.jpg

菜の花の道を進みます。「わぁ~!」「キャー?」のにぎやかな声。
やがて、九州からのフェリーの見える丘につきました。
f0088569_10285327.jpg

ここを下れば民宿の漁師料理が待っています(ごっくん)
家から3時間半、ここが有名な「関さば」の町なんです。こちらで獲れたら「三崎サバ」
向かいの大分側で獲れれば有名な「関サバ」と呼ばれるそうです。

なんでもいいです!
早く食べたいみんなです^^♪ 
f0088569_10352762.jpg

食事の後はクルージングです!

こんなに晴れて、出迎えてはくれましたが、波と風の大歓迎にも会いました。
向こうに見える山の上からはたくさんの風車が見守ってくれてます。
f0088569_10373466.jpg

昨日は海が荒れて、船が出せなかったと言ってました。
デッキに立つと、波しぶきが容赦なく、舞い散ってきます。
「海水って、しょっぱかったんよね!」
久しぶりに海の水なめちゃった・・・と、興奮しながらはしゃぐ人。
f0088569_21235255.jpg

青い海と空に感動して、激しい波風を楽しみながらデッキに立つひと!
海水を頂き、マフラーを飛ばされそうになりながら写真を撮ってる私^^;;
f0088569_1041220.jpg

灯台は瀬戸内海と太平洋に波がぶつかるところに立っていました。
「今日の波は高いのでここから先の瀬戸内海側には行きません」と
船頭さんに言われました。次回は陸路を灯台まで行こうっと思いました。
f0088569_10551650.jpg


漁師の料理と風車
[PR]

by kazumi1713 | 2012-04-03 11:01