崔さん(桂林・2)

旅はみちずれ
その日、目覚ましもならないのにきっちり5時には目が覚めた!
5時にはいつものように、友だちから確認のモーニングコールが鳴った!

空港集合は7時過ぎ。今回は岡山空港離発着です。何時も関空か広島なので
どんな人達との出会いが有るかな・・・とワクワクしながら車を走らす私でした
f0088569_10203546.jpg

高く澄んだ空を見上げ、飛行機を見つけると ♪~あぁ~、どこか行きたいな~♪ って思う私
今日はその雲の上なんです!!!
f0088569_10224798.jpg

中国東方航空は毎回食事がつきました。この日は5回も食べた勘定になります^^;;

岡山空港を飛び立った飛行機は「上海」に着きます。2時間のフライトです。
上海で下りて国内線に乗り換えます。添乗員は居ないので上海では現地の人に手伝ってもらっての国内機移動です。ここで中国についてお話しておきましょうね。崔さんというベテランガイドさんから聞いた話を混ぜながらの紹介になります。

「崔さん」
枯葉桂林で3日間案内してくださったガイドさんです。今年33歳、5歳の娘さんがいます
彼がお話してくださったので中国がよっく解かった私です。
f0088569_10271084.gif

地図をみて下さい。ニワトリの形しています(そう見えませんか?)
向かって右側が頭です。黒龍江の辺りはトサカ、吉林は口ばし、
のど首辺りの赤い字の首都・北京。反対に
左側が尻尾になりますね。新疆とチベットの境界線から卵がポトリと・・・。なんて!

ついでの話
河北、河南、かほくかなんは黄河の北と南ということでしょうか。
湖北、湖南は長江に流れる湖「洞庭湖」から来ている南北と書いて有りました。

桂林はふっくらした胸が切れ掛かった所「広西」と言うところに有ります。解かりますか?
国内でも尤も南に位置し亜熱帯地方という事でした。

中国では2人目の子から300万元国に支払わなくてはなりません。払わないと証明書が下りないので病院も入れないし、お産も出来ません。戸籍がないので学校も行けない。全ての道が閉ざされます。人口は13億人と言ってるけど16億人位いるかもしれない。農村では自宅出産して、戸籍のないまま百姓で、同じ身の上のもの同士で結婚して一生を終えるんです。崔さんはそういいました。

崔さんから聞いた話です。少子化政策のひずみですね。
私の話は・・・アチコチ飛びますね。話を戻しましょう!

連日30度を越して観光は汗を拭機ながらでした。夏服を買いましたよ!
ツアーの仲間は3組の夫婦、三組の女性づれ、私とも一人のおじさんのひとり参加さん
f0088569_1048797.jpg

桂林空港は別名「両江空港」といいます。市内を流れる「り江」と「桃花江」を現しているという
f0088569_11213687.jpg

空港からホテルまで車窓からは金木犀の並木道が延々と続いていました。こちらでは
半年間も開花時期が有るとか。そろそろ終りになるかなって。
f0088569_10551786.jpg

ホテルの前に大きな木が有ったのでパチリ。南国らしく椰子の葉が写ってますね!
こういった円卓を7人で囲みました。つるつる滑る箸はむつかしかったよ^^;;
f0088569_11341062.jpg

食欲は余りなかった。それより便秘が気になるアタシでしたよ!
f0088569_11235178.jpg




桂林ではコンドミニアムに三連泊!
ドアを開けて入ったところは、20畳位のリビング。ここに寝そべってテレビを!
f0088569_11252339.jpg

正面からお風呂場が見えます。
片側に二部屋ずつ拡がっています。奥の両サイドはベッドルーム。4LDKでした。
f0088569_11274290.jpg

一人参加の私に、4個のベッドがお迎え^^;;
f0088569_11272398.jpg

最上階5階の窓からは桂林の奇峰が見えます。
窓を開けると金木犀の香りが馥郁と^^♪ サイコーの部屋でした!
f0088569_11291326.jpg

見える木はみんな、金木犀です。桂林って言うのも頷けます!
[PR]

by kazumi1713 | 2011-10-18 11:29